teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


もう一度・・お悔やみ申し上げます。

 投稿者:萌え子  投稿日:2007年 8月 2日(木)01時00分50秒
  失礼しました。題名がおかしくなっていましてすみません。

Takaさんの熱い想いがとてもよく伝わってきました。
ホントにたくさんの功績を残された方なんだと改めて感動しました。

偉大な方が亡くなられて、とても惜しいですね。
まだドンキング氏を知って間もない私でも訃報は切なく寂しいのに、
深い付き合いのTakaさんはもっと複雑な気持ちでしょう。

こんな大事な時期にたくさんの思いがこもったTakaさんの講習が受けれることを
感謝しています。

私からもご冥福をお祈りします。
 
 

億夜も上げす

 投稿者:萌え子  投稿日:2007年 8月 2日(木)00時52分54秒
  Takaさんの熱い想いがとてもよく伝わってきました。
ホントにたくさんの功績を残された方なんだと改めて感動しました。

偉大な方が亡くなられて、とても惜しいですね。
まだドンキング氏を知って間もない私でも訃報は切なく寂しいのに、
深い付き合いのTakaさんはもっと複雑な気持ちでしょう。
 

読みました。

 投稿者:米澤メール  投稿日:2007年 8月 1日(水)23時00分23秒
  時代に流されないものやスタイルを残すことは大変な事だと思います。

創作活動をしてる人ならみんなわかってるとおもいますが、

是非会ってみたかったですが、残念ですね、僕の革に取り組む気持ちがまた変わってくると思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

http://homepage3.nifty.com/takeshi/

 

読ませていただきまして・・・

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 8月 1日(水)10時19分14秒
  彼のすばらしき人生の片鱗がうかがえて、とても悲しく ですが私もシェリダンカービングに魅了され始めるきっかけになったのは事実 死を迎えるまでサドルを愛した精神は、男としての魅力がいっぱいであり、見習わなければいけないといつも以上に考えさせられました。

そして、Takaさんの講習会があり、遠い島国でシェリダンカービングが広まっていることをむしろよろこんで亡くなっていったのではないでしょうか?

あまり詳しくない私からは、どんな言葉も安物になってしまいますので、一言

何かを残すと言う事、認めてもらえる事の難しさ、それはもうシェリダンスタイルと言う形で『ドン・キング』と言う偉人は、忘れません

お悔やみ申し上げます
 

改めまして

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 8月 1日(水)05時54分42秒
編集済
  偉大なサドルメーカー、カービング職人であったドン・キング氏の訃報に伴い、独自に追悼のホームページを作らせていただきました。
あくまで個人的な思い入れと主観を前提としたページであり、決して彼を語る代表者というつもりはございません。
少しでも多くの人に彼が遺してくれた功績と遺産を知っていただきたいと思い、このようなページを作りました。
http://www.taka-fine-leather.com/don_king/legend_forever.htm

もしよろしければ、皆さんなりに想う事、彼への言葉などをこの掲示板に書き込んでください。
「僕なんか」「私なんか」と思わず、どんな言葉でも結構です。
きっと天国のドン・キングさんに届くと思います。
そして一緒に彼の死を悼み、悲しみを分かち合いましょう。
 

お返事と・・・訃報です

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 7月31日(火)04時28分52秒
編集済
  夏期講習にご参加くださった皆さん&お友達の皆さん、講習会の好評、ねぎらい、バースデーメッセージ、あーてぃすとマーケットの報告等、どうもありがとうございました。
講習会終了後そのまま横浜に移動し、翌日(29日土曜日)に横浜で仕事があり、帰宅が深夜となりました。
日曜日は自宅でダウンしていまして、お返事が今日となってしまいました。遅くなってしまって申し訳ありません。

せっかく温かい書き込みをたくさん頂いているのに大変申し訳ないのですが・・・ご挨拶もそこそこに、非常に悲しいお知らせがあります。

すでにご存知の方も多いかと思いますが、シェリダンスタイルカービングの創始者、ドン・キング氏が去る7月28日に逝去されました。
何をどう書いたらいいのか分からないまま今にいたってしまい、お知らせが遅れた事をお詫びします。

皆さんにとって大きなショックであり、悲しい事であるのは充分に承知しておりますが・・・しかし、敢えて書かせていただきます。
「シェリダンスタイルカービング」というものが日本で知られる前からシェリダンスタイルに特別な思い入れを持って取り組んできたレザークラフター達にとって、この衝撃と悲しみは言葉では言い表せないものがあります。僕自身もそのようなクラフターたちの1人であると自負しております。

そこで、大変大変僭越ながら、ドン・キング氏の存在、そして彼の死というのが、僕たち日本のレザークラフターにとってどういうものなのかというのを、明日、改めてホームページを作って「個人的な主観」と強くお断りした上で、書かせていただきたいと思います。

そして以下、クラフト社主催の(シェリダンスタイルの)夏期講習会の真っ最中にドン・キング氏が他界したという現実について、僕の想う事を書かせていただきます。
お願いですから、決して「彼の死を利用した、講習会の宣伝」とは受け取らないで下さい。そう思われるのだけは本当に悲しいです。

先週の夏期講習会は僕にとって、ドン・キング氏が生きていた時代最後のシェリダンスタイルの講習会であり、来月2日、3日の、僕の恩師K先生が数年ぶりに「シェリダンスタイル」と銘打った夏期講習会は彼が亡くなった後の最初のシェリダンスタイルの講習会です。
そして来週には僕の追加講習、お盆休み明けにはK先生の追加講習も控えております。
ご存知の方も多いかと思いますが、K先生の尽力なく、日本でシェリダンスタイルに取り組むためのこれほどの土台(工具、情報の充実、講習会)はありませんでした。

ドン・キング氏が他界した日を挟んでこれほど集中的に僕とK先生のシェリダンスタイル講習会があるというのは・・・運命と言ってしまうとカッコつけているように聞こえてしまいますが・・・それでも縁のようなものを感じざるを得ません。
奇しくも、(ご存知の方もいらっしゃると思いますが)僕のシェリダンスタイルの夏期講習会は今年が最後で、特別な想いを持って臨んでいる中、ドン・キング氏の訃報が届きました。

僕の講習に参加された方々、追加講習に参加される方々、K先生の講習に参加される方々には是非とも、この時期にこれらの講習会に参加した事、またはする事が、どういう事なのかというのを、皆さんなりに実感していただき、考えていただければ幸いです。

個人的な思い入れがあまりに強く、時期的に講習会を前提とした文章になってしまい、講習会に参加されない方にとっては失礼かも知れないものになってしまった事を深くお詫びいたします。
決して部外者と思っているわけではありません。

第3者が冷静に読んだり、僕自身後から読んだりすると・・・気持ちが高ぶりすぎて滑稽かもしれない書き込みでしたが・・・今の僕にはこれが精一杯であり、色々な意味で疲れました・・・。
見苦しい点も多々あるかと思いますが、ご容赦下さい。

明日、追悼のためのホームページを製作し、ドン・キング氏について想う事を僕なりの言葉で綴らせていただきます。
この場では、敢えて彼への追悼の言葉は書かずにしまっておこうと思います。
 

ありがとうございました

 投稿者:HIDE  投稿日:2007年 7月30日(月)13時43分16秒
  Takaさんこんにちは。

『あ~てぃすとマーケット』無事終了しました。
Takaさんはじめ、ここで出会えた方々が来て下さり本当に心強く、うれしく思えました。ありがとうございました。
また、差し入れまで頂いてしまってすみませんでした。
Takaさんにせっかくここに告知をしてもいいと書き込んでもらいましたが、準備がぎりぎりまでかかってしまい書き込むことができませんでした。すみませんでした。
今回出展してみて、いろんなことが勉強になり、今後の活動にそれらを活かしていきたいと思っています。
簡単で申し訳ありませんがお礼まで。

P.S. デシさんの髪型に一番びっくりしたかも・・・^^;
 

アリガトウ御座いました!

 投稿者:JakeBoy  投稿日:2007年 7月28日(土)14時57分43秒
  TakaさんデシのO君、クラフト学園関係者の方々、講習会に参加された皆さん
2日間、ホントにお疲れ様でした! そして大変お世話になりました!
毎回参加するたびにクラフトに対する新しい発見と刺激を与えて貰ってます。
また今回の講習会では受講者の方々とも親睦が深まり大変充実のある講習会になりました!
またお会い出来る日を楽しみにしています。
それまで、皆さんお体には充分に気をつけてお過ごし下さい!!
では、また!!!
 

お疲れ様でした

 投稿者:こまち  投稿日:2007年 7月28日(土)09時28分20秒
  あれもこれも「ウチに帰ったらやってみよう」なことばかりで、
ありがとうございました。
ロープをきっちり巻いた私と、それよりややゆるめのお隣さんとでは、
また違う感じで面白いなと思いました。
やってみて初めてまじょーあバッグのすごさを実感しました。

指がからまりそうな縫い方にも挑戦してみます。
デシさん実演のコバみがきは、即実行です。
ヘアスタイルはもう少し長いほうがいいな~
病気でもしたのかと思いました。
開頭手術をした人がいたもんでね。

ぜんぜん「こぶた」じゃないですね。
まぁ、私も「こまち」じゃないですがね。
挨拶できてうれしかったです。

恥ずかしくて(ほんとですよ)話せなかった方もいましたが、
とてもパワーとヒントをもらうことができました。
またいつかお会いできることを楽しみにしています。
ありがとうございました。
 

お疲れ様でした!!!!

 投稿者:米澤メール  投稿日:2007年 7月28日(土)01時06分31秒
  お疲れさまでした!とお誕生日おめでとうございます!!

沢山の刺激と収穫がありました。以前より革細工の環境が良くなったので頑張ろうと思っています!

ではお体に気を付けて下さいね!また会うのを楽しみにしています!!!!

http://homepage3.nifty.com/takeshi/

 

誕生日おめでとう!

 投稿者:OGI  投稿日:2007年 7月28日(土)00時52分39秒
   講習会おつかれ。毎度の事ながら早く寝ればいいものを、私からのケータイメールにわざわざパソコンでお返事。それも遅い時間というか早い時間と言うか・・・。お互い体はそろそろ大事にしないとねぇ。
 ところでうちの相方の髪型が不評とのこと。う~ん、いいと思うんだけどなぁ。なぜって私が刈ったから・・・。へあ~すたいりすとの兄(最近小力に似てると噂・・そして私はそんな小力と同じ誕生日のしかも同級生・・・)を持つ私としては少しは才能があると自負していたのだが。また出なおしかっ。

まっ、とにかく亜誕生日おめでとう。あとでクリームソーダでもおごるよ。
 

ありがとうございました

 投稿者:ドラコ  投稿日:2007年 7月27日(金)23時02分44秒
  TAKAさん2日間の講習会お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
最後に手縫いの実演を見ることが出来ず残念でしたが、今回の講習会も非常に勉強になるものばかりでした。
TAKAさんはまだ追加講習も残っていて大変だとは思いますが、体調崩さぬよう頑張ってください。

そういえば帰りに『私がドラコです』と言い忘れました。
また暫くは秘密ということで…
 

お疲れ様でした!!

 投稿者:こぶた  投稿日:2007年 7月27日(金)22時56分43秒
  怒涛の夏期講習二日間が終わり。なんだかぼんやりしております。内容は濃く、深くとてもためになりました。
今年も色んな人とお話出来て楽しかったです。

まじょーあさん、米澤さん、JOKE BOYさん、(でしたよね?京都のお洒落な方)こまちさん、それからこまちさんのお友達のコニーバックだった方。(Rさんでしたっけ?)四月からクラフトをハジメたとおっしゃってたがんばってたカウボーイさん。そのたこぶたとお話して下さった方々へ
ありがとうございました。そしてお疲れ様でしたぁ!!
またいつの日かどこかでお会いしましょうね。

K屋敷先生、H田さん。その他スタッフの方々、本当にお世話になりました!!ありがとうございました!!!
機会がありましたらまたお邪魔したいと考えてます。
次の講習のお知らせを楽しみに待ってますね!!

にーさんデシさん。
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。いつもながら懇切丁寧、考え抜かれたデザインの課題に豊富な内容。ほんとに感動しました。

トニーさん、その他追加講習にご参加の方々へ
期待していいっすよ。本当に楽しかったです。盛り沢山でいつもの事ながらこんなに教えて頂いちゃって良いんだろうか?って感じです。
本番をお楽しみにぃ~♪

あ、たぶん何方も書いてないと思うんですが。
7月27日から29日まで、あーてぃすとマーケットにHIDEさんが出展していらっしゃいます。

http://artistmarket.info/

さっき電話で確認したところによると処によると横浜の居酒屋さんで「一人打ち上げ」だそうです。
HIDEさんと言えばお酒。居酒屋。
あまりにも予測通りの行動についつい笑ってしまいました。
昨晩は「40分しか寝てない」そうなので今夜は飲んで爆睡かな?
ということで代わりにご紹介しておきますね。こぶたは明日ちょっと覗きに行こうと思ってます。

今、外国人のかたとおぼしい集団に取り囲まれ、何気なくブースを出ろというオーラを感じます…(汗

あ。そうそう。
最後になりましたが…
にーさんお誕生日オメデトウございます!!
今日から「35歳より40歳に」近くなりましたね。今年一年がにーさんにとって素敵な一年でありますように!!
ついでみたいでごめんなさい。
やっぱり個性って財産だと思いますよ。スタイルが違っても、誰が見てもにーさんだって分かるって素敵じゃないですか。
なのでばればれのTさんのカービング、結構好きです♪

なんだかもんのすごーーく長くなっちゃったのでこの辺で失礼しまーす。
 

本番前の緊張②

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 7月26日(木)02時57分31秒
編集済
  こんばんは、緊張と闘っているTakaです。
持参したノートパソコンの設定がホテルの部屋のネット環境と合わなかったらしく、なかなかネットに繋がらず、諦めて寝ようとしていたら、幸か不幸か繋がってしまいまして・・・「緊張をお届けする書き込み」の公約は果たせましたが、睡眠時間を削る事になりました。

今は緊張で何をしてもソワソワしてしまいまして、落ち着きません。
もしかしたらベッドに入っても眠れなかったかもしれません。

レザークラフト経験豊富な受講者(教室を持つ先生も多数)に取り囲まれて・・・計40個の目玉で固唾を呑んで注目される中、いかに失敗しないで実演をするか、20人もの生徒さん全員にいかに不公平感が生まれない平等な実技指導をするか、そして何より大変なのが・・・たった12時間(2日分)の講習の中に、あの課題作品を作るのに必要な実演、実技指導、説明をいかにして詰め込むか!
シュミレーションをすればするほど不可能に思えてくるわけでして・・・。
いや、でもやりますよ!!!過去2回なんとかしてきたし。

他にも、実演の時に失敗してもいかに失敗とバレないようにごまかすか、どんなに眠くて気絶しそうでも眠そうなそぶりを見せずにいられるか・・・いや、どうでもいい事ですけど。

横浜の取引先に、例の看板だけを借りに行ったのですが、他にもいくつかのモノ(僕が過去に納品したもの)が借りられました。
過去2回の夏期講習のサンプルもあります。
明日(もう今日ですね)まとめて展示しますので、皆さんお楽しみに。

受講者の皆さんのご期待に添えるよう、精一杯の姿勢で臨もうと思います。
みなさんどうぞよろしくお願いします(こんな時間になってしまいましたが・・・)。


>こぶたちゃん、ヨロシク・・・でもこれを読むのは1日目の講習が終わった後だね。
 

よろしくお願いします③

 投稿者:こぶた  投稿日:2007年 7月25日(水)23時29分48秒
  今日の早朝新幹線に乗ります。
なんだかバタバタしててお土産ひとつ買えませんでした。
現地でお会いする方々ごめんなさい。
今年も中身の濃い講習みたいですね!!
ワクワクドキドキも最高潮です。
よろしくお願いしますね♪
今夜は早く寝て、講習会に備えます。

それでは皆様よろしくお願いします。
 

本番前の修羅場と緊張

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 7月25日(水)11時19分16秒
編集済
  昨日、夏期講習会準備の追い込みをかけました。
講習資料の誤字脱字等を最終チェックして(今回は一人当たりA3サイズ10枚、A4サイズ9枚の資料となります)人数分のコピーをして、セットしてホチキスやクリップで留めて(追加講習の分と自分達の分を含めて42セット、合計800枚弱)・・・・・実演で使う工具を揃えて(写真の工具箱の中はギッシリです)・・・・・展示用の作品として「なにかないかな~」と工房中探し回り、結局何もなくて一度納品した商品をお客様からお借りして・・・その他諸々「あ、あれも必要だ、コレも必要だ」と・・・・。

済んでしまえばあんなに修羅場だったのがウソのように思えてしまうほど、テーブルの上にこじんまりとまとまってしまいまして・・・。

後は車に積み込んで出発するだけなのですが、今は毎度やってくる「出発前の独特な緊張感」にイジメられています。
今夜は「前夜の独特な緊張感」にイジメられて、明日の朝はクラフト学園でコーヒーをいただきながら「直前の極度な緊張感」にイジメられるワケでして・・・ああ、こんな事書いているだけで心臓が痛くなってきた・・・。

今日は荻窪入りする前に横浜に立ち寄りまして、今年のお正月にHPのトップページにUPしたカービングの看板(覚えていらっしゃいますか?)を借りてきます。
講習会場で展示しますので、写真ではない実物を見てやって下さい。

今夜また、荻窪のホテルから「講師側の緊張」をお届けする書き込みをしますです。
「みなさんよろしく」の言葉はその時までとっておきます。

>マジョーアさん
僕のあの時代の作風を褒めて頂いてどうもありがとうございます。やっぱりマジョーアさんにはまさに「バレバレ」でしたね。
ここ数年、シェリダンスタイルばかりだったのですが、最近またあの時代の作風を掘り下げてみたくなりました。そしたらまだまだモノ足りない部分がたくさん出てきまして・・・今は「あの時代の」をベースとして洗練&進化させるのを目標に取り組んでいます。
やっといくらか変化してきたのを実感できるのですが・・・でもな~んかこう・・・う~ん・・・機会がありましたら「Tのあの時代の作風、現在バージョン」の実物を見て感想聞かせて下さい。

>ドラコさん、こまちさん
書き込みどうもありがとうございます。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。
恒例の「怒涛の2日間」となると思いますが・・・怒涛ながらも、一緒にレザークラフトを楽しみましょう。
 

よろしくお願いします。②

 投稿者:こまち  投稿日:2007年 7月24日(火)22時21分10秒
  私も明日は移動日で、試験中の次男のトコに10泊です。
新聞もストップしました。
いろんな準備をしているとワクワク感がみなぎっちゃって。
これから「研ぎ」をして、最終チェックです。
あの彼女は仕事を終えてからの夜行なので、
やっぱりいまごろチェック中でしょうね。
ということで、タカさん、みなさん、よろしくお願いします。
 

よろしくお願いします。

 投稿者:ドラコ  投稿日:2007年 7月24日(火)20時47分24秒
  明日26、27日の講習会に参加する為東京入りです。
TAKAさんよろしくお願い致します。
講習会すごく楽しみにしています。
 

カービングの甘い香り

 投稿者:マジョーア  投稿日:2007年 7月23日(月)11時45分20秒
  バレバレのTさん; いくら作風を変えたって自分らしさがでるってのは 私は一番大事だと思うのですが...この素敵なカービングはカリフォルニアの匂いのする まさしくバレバレのTさんの作風。私はあの時代(?)の貴方の作風が大好きです。

久しぶり亭さん; 本当に独特でハイテクニックのカービングですね。Tool作りにしてもカービングにしても いつも物の本髄を追及して真面目に取り組んでらっしゃるのがとても良くわかります。 また見せてくださいね。

おたまさん; そうですね。 元気が取り得の私は あちらの国でも「90才になっても 貴方はきっと参加してくれるよね?」って言われました...

HIDEさん; もうすぐらしいですが頑張ってください。
 

たまにはこんなの

 投稿者:バレバレのT  投稿日:2007年 7月23日(月)01時30分4秒
編集済
  いつもと作風を変えて彫っても「その人らしさ」が顕れるのが、確立された本当の「個性」であるとも思うのですが・・・僕の場合は、「いつもと作風を変えると、名乗らない限り誰が彫ったものか分からないほどガラッと違う作風」を目標としています。目標というか、憧れるというか。

でもどーーーしても、いつもの「お決まりスタイルの僕っぽさ」が出ちゃうんですよね・・・。解決策はあるのでしょうか?
 

あのまま・・・

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 7月20日(金)05時59分30秒
編集済
  落ちていようと思っていましたけど、我慢出来ずにまた出てきてしまいました。
「やっと消えたよ」ってホッとしていた方には申し訳ないですけど、もう少し付き合ってくださいね。

マジョーアさん
お帰りなさいませ。ほんの数ヶ月の間に色々な季節に身をおいて身体がビックリしていないですか?ゆっくりと身体を休めて・・・なんて言っていられないお忙しいマジョーアさんのその元気はどこから来るのでしょう?
また次が控えていますよね。どうぞお体大切になさってくださいね。
それと、時間が許すなら本当にお土産話を書いてくださ~い。
世間の狭い私にはとっても楽しみにしている事の一つなんですから!

HIDEさん
ご無沙汰しています。あーてぃすとマーケットまであと1週間ですね。
夏休みに入って子供たちもいて、なんだかバタバタと落ち着かないかもしれませんが、慌てずに頑張ってくださいね。

久しぶり亭さん
久しぶり亭さんがここにカービングをUPしてくださるとは思ってもみなかったです。
ありがとうございます。
Takaさんが書いた久しぶり亭さんへの返事を「そうだ、そうだ」とうなずきながら読みました。
特に誰にも真似のできない絶対的な存在感。憧れます。
だから、私が久しぶり亭さんにお会いできる機会はないかもしれませんが、もしもお会いできたなら熱烈なHugをくださいね!!
あ、ちなみにあれはブックカバーです。黒いほうも後ろと同じ仕立てです。
仕上がりの感じは手で隠して見ていただくとわかるかもしれませんね。

Takaさん
脚色って「事実に色づけして面白くすること。」ってGoo辞書にはハッキリキッパリ書かれていますよ。
でも、どうして生徒さんに聞かれて返事に困ったんでしょ。
誤魔化したのはいったい何だろう??
私の書き込みなのかそれとも女好きの事実なのか・・あ、辛口は止めたんでしたね。

カービングは多分褒めてくれたんですよね。ありがとうございます。
でも、「なんともいえない不思議な感じ」ってそれって褒め言葉?
これを読んだ私がなんともいえない不思議な感じを受けています。
それと、メガネケースの裏はやばい事になっている(本当にモザイク必要)のでご勘弁を!
 

お返事です

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 7月20日(金)03時46分7秒
編集済
  みなさんお久しぶりです。
ご無沙汰してしまってすみません。ご無沙汰のイイワケはお決まりのセリフになってしまうので辞めておきます。

>おたまさん
そうですか、アレは脚色ですか・・・でも普通脚色っていうのは、イメージをアップするためにするものなんじゃないかと・・・。
しかも「女好きがバレちゃまずかった」って、トドメの念押しまでしてくれて・・・心よりお礼申し上げます。
アレを読んだ生徒の1人(女性)から「Takaさんって女好きなんですか?」って問いただされて、返事に困りました・・・とりあえず「確かに女性には優しいと思います」って誤魔化すのが精一杯で・・・。
あ、そうだ!「女好き」っていうのも「女性に優しい」の脚色ってコトにしといてください。

「その場しのぎ」発言は失礼を承知で書いちゃいました(ごめんなさい)。
これも「めがねケースの後ろ側見せて下さい」とか「もっと広い面積のカービングを見せて下さい」を脚色した発言ってコトで・・・。
それにしてもあのY.Masakoさんのネーム入りのカービングとその後ろの、両方ともカッコイイですね~。「男性っぽいシェリダンスタイル」という印象を受けまして・・・うかつにも感銘を受けてしまいました(本当に)。
「悪性」のちょい悪加減と、「両性」「中性」の何ともいえない不思議な感じが良く現れていると思います。本気で褒めてるんですよ!

>国際人マジョーアさん
お帰りなさいませ。日本を代表するレザークラフト親善大使は相変わらず忙しそうですね・・・。ぼくも貧乏職人を代表する(字は違うけど)寝前耐師として頑張っています!
ところで・・・南半球のある国では死エ逝クスピアのああいうカービングの事を「そごい!!」っていう形容をするんですか?今度意味を教えて下さいね(イジワルですみません)。
で・・・サドルの完成祝いのお食事会、まだやってないんですけど・・・どうしましょう?
多忙な親善大使様は時間とれますか?

>HIDEさん
あーてぃすとマーケット、一週間後に迫りましたね~。準備は順調ですか?
もし良かったらココでも告知&宣伝しちゃって下さい(リンク付で)。
ところでHIDEさんのブログの7月16日投稿の糸を染めた写真・・・一瞬、人間の髪の毛に見えてギョッとしました(恐)。記事を読んだ後も・・・やっぱり髪の毛に見える(恐々)

>久しぶり亭さん
捨て身の下ネタは修正してしまったのですね・・・久しぶり亭さんの「ああいうのも書こうと思えば書ける」事を証明する文章だったのに、ちょっと残念です。
死エ逝クスピアのアレは、やっぱり枝豆でした・・・が、彼があっちの世界に逝ったので本音を書きますが・・・正直、「小さい、細かい」という作風(?)は、「カッコイイ」とか「キレイ」とかの作風に比べて、感動も魅力も圧倒的に薄いと思うんです。
確かにすごく細かいのがすごく正確に彫れていれば技術的には優れているかもしれませんが、カービングの本当の魅力でもあり、そして一番難しい部分って「技術を超えて訴えてくる何か」だと思うんです。
僕の恩師はそれを「オーラ」とおっしゃいますし、僕は「殺気」「説得力」などと思うこともあります。もちろん「作り手の人柄、個性」も含まれますね。
それを表現するには、それに最適なサイズというものがあるはずだと思いまして・・・。
すみません、我ながら生意気すぎるのでこの辺で辞めておきます。
とにかく、そういう意味で僕は久しぶり亭さんのカービングに心酔するのです。
確固とした技術の上に、キレイでカッコ良くて独特で・・・誰にも真似できない絶対的な存在感があるんです。
今回のベルト(これで試作とおっしゃるんですかぁ?)も、ごく一部の写真ですが惚れ惚れと眺めてしまいました。シリアスでダンディな役を演ずるロバート・デ・ニーロやブルース・ウィリスを見て、ああいう人になりたいなぁ~=こういうカービング彫りたいなぁ~って憧れてしまう心境というのでしょうか?
きっと、ないものねだりなんでしょうね。
色々と生意気にすみませんでした。
後日、僕のシェリダンスタイルじゃないカービングの写真をUPしますので、「また忘れた頃」などとおっしゃらずに、見に来て下さい。
 

おかえりなさい!!!

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 7月20日(金)00時50分17秒
編集済
  マジョーアさま、お久しぶりです。おかえりなさい。お疲れさまでした。
世界を飛び回っていらっしゃいますね。お土産話を楽しみにしております。

ところで、私はもともとおしゃべりですよー。Takaさんの繊細なカービングを見て、久しぶりに書き込ませていただいたのですが、このサイズでこのカービングは描くのも彫るのも高度で困難な技術ですね。思わず書き込んでしまいました。短期集中で好き勝手なことを書いて恐縮でしたが、これからちょっと忙しくなりそうなので、そのうちまた忘れられたころにでも顔を出させてもらえればと思っております。やはりここはカービングの掲示板だと思いますので、私もひとつ画像を載せてから失礼しますね。花の中央の表情にひとひねりと思って試したものです。ものになるかどうかはわからないのですが、「朝顔タイプ」と呼んでいます。星のような表情のセンターになります。試作1号なので、いろいろと迷いが表れていて、効果的なデザインとカービングは難しいと感じております。中途半端なカービングですが、いちおう最近のものです。皆様のカービングも、ご紹介くださいね。楽しみにしております!

(パソコンのメインのOSをlinuxに変えたのですが、linuxで初めての書き込みと画像のアップロードを行うので、少々不安です。)
 

おかえりなさい!!

 投稿者:HIDE  投稿日:2007年 7月18日(水)10時38分49秒
  おはようございます。

≫マジョーアさん
おかえりなさいませ!!
オーストラリアどうでしたか?充実した滞在期間だったのでしょうか。
またお話聞かせてくださいね^^
とりあえず、ご挨拶まで^^

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"
 

参った参った!

 投稿者:マジョーア  投稿日:2007年 7月18日(水)00時24分52秒
  お久し振りで~す。今年は行ったり来たりの当たり年!昨日南半球のある国でワークショップを終えて帰ってきました。
憂いリアム・死エ逝クスピアさん、何ですか?このカービングは...見るのでさえ拡大鏡が必要ですわ。もうついていけないや。 そごい!! グミオ君も、おたまさんも...みんなBeautiful !
久しぶり亭さん、お久しぶりです。ぎゃはははわわわわ~久しぶり亭さんが こんなにお喋りだったとは 驚きです。嬉しいな~ 貴方は本当に久しぶり亭さんですよね?
 

おお

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 7月14日(土)20時22分53秒
編集済
  おたまさんのカービング、繊細ですね。何になるのでしょう。
もっともっと見たいですね。やっぱりHP楽しみにしております。
ところで、私は下ネタは好まないんですけど(うそっぽい?)、
花パンとエロいカービングに敬意を表しましたよー。
でも、この板には不似合いでしたね。ちょっと直しておこうかな。

破夢劣等さま、やはり枝豆でしょう。すごい!
小さい部分の基準円は15ミリくらいですかね。
この間のもすごかったけど、これはさらに細かいですね。
このサイズでこの密度のカービング・・・超絶技巧ですね!!
 

連休明けまで・・

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 7月14日(土)08時43分12秒
  ここに来られないと思うので、まだコバ処理の途中ですが・・・

久しぶり亭さん
もしかして、私は久しぶり亭さんを誰か他の方と勘違いしているのでしょうか?
あの書き込みでは、私の中で久しぶり亭さんの何かが音を立てて崩れていきました~

グミ男さん
画像のUPありがとうございます。
いつ見ても本当にきれいなカービングですね。またPCの前で「キレイ~」を連発しました。
あぁ、TFLからグミ男さんの作品が出たらいいのになぁ。
そういうのTakaさんは考えていないのでしょうか??
まずはベルトとか・・・ダメです?
残念ながら妥協と打算で生きている私には、渾身の作という物は多分無理。一生無理。
今はこんなところを歩いていますって感じですね。
まだまだ課題がてんこ盛りです。

Takaさん
捏造まがいだなんて・・失礼な!!!
これは脚色ですよ。
自虐王のTakaさんには褒めて貰えると思ったんですけど・・叱られちゃった・・クスン。
講習会前ですものね。イメージは大事ですよね・・・
特に女好きはバレちゃまずかったですよね・・・(ごめんよ~~

で、自分が書きたいだけ書いてこう言うのはまた叱られるかもしれませんが、そろそろ辛口に疲れてきたのでこの辺でやめても良いですか?
それと、年に両手指の数も作れない=そうそう画像UPは無理なのに作品UPしたんだよ。
「その場しのぎの写真」は、ちとかわいそうだし、そんな画像なのかって呼び出した方に訪問してもらえないかも・・
まあ、そう書かれても仕方ない流れですけどね。


ということで、二人のあとはホント出しづらいですが・・
デシさんがUPしたらって約束しましたから。

あ・・憂いリアム・死エ逝クスピアさん
お疲れ様・・
 

破夢劣等

 投稿者:憂いリアム・死エ逝クスピア  投稿日:2007年 7月14日(土)04時14分27秒
  枝豆かそら豆か、それが問題だ・・・


いや、それ以前に、オーダーを

受けるべきか断るべきか、それが問題だった・・・
 

フォロー

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 7月13日(金)07時30分16秒
編集済
  ありがとうございます。書き込み削除されるかと心配しておりましたー。
いろいろな雰囲気のカービングをされているようですね。拝見したいです。
公開してもかまわないのがあったら、画像見せてくださいね。
そして、「生カービングの物々交換」ぜひ!
私のはきれいじゃないけれど、それで良ければお願いします。

グミ男さん、きれいなカービングですね。この後も見たいですねー。
最近の作品もぜひ拝見したいですよー。画像アップしてください!
ところで、大きなグミ食べるんですか・・。私はグミは超苦手ですー。
 

お返事

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 7月13日(金)05時39分11秒
  >栃木の2310さん
キレイに仕上げましたね~。見た目もかっこいいです。初めての加工とは思えませんよ。
自分で手を加えた工具は、愛着もひとしおですよね。
早く手になじむといいですね。

>自他共に認める男好きのおたまさん
あのね、いくら僕を陥れたいからって、ああいう捏造まがいの文章はひどいんじゃないですか?ペテン師だから仕方ないけど・・・。
僕は「本当にUPしてみたら?」って書いただけで、懇願した覚えはないし、本当はあんたのパンツなんか見たかないけど、花柄だったらカービングの柄のモチーフになるかも、と思って「みんながドン引きする中で僕だけは・・・」って書いただけ。「オレ」なんて言ってないです。
よくもあれだけねじ曲げてくれましたね。
まるで週刊誌、スポーツ新聞、TV局、コッカイギイ・・・おっと!

それから・・・僕は「自他共に認める女好き」なんですか?そうなんだ・・・ふ~ん。
確かに女性っていいですよね。中性や両性や悪性と違って!!!
最近の僕のシェリダンスタイルが色っぽいとか(たまにだけど)言われるのは実話なんですけどね。
公開はしていませんけど、最近色々な作風のカービングをしているんですよ。僕は自分のシェリダンスタイルに関しては、ずっと美しさを追及しているつもりなので「色っぽい」って表現は僕にとっては最高の褒め言葉なんですけどね・・・きっとおたまさんにはあの文章が本当に下ネタに見えたんだろうなぁ~、さすがおたまさんだなぁ~。
「さすが」って褒めてあげたから、かぶせのチョロとかコーナーカービングじゃなくて、もっとよく見える(ちゃんとした)写真UPしてくださいよ。


>久しぶり亭さん
参りました。久しぶり亭さんの捨て身(?)の下ネタの下品ぶりにはかないません・・・。
でもですよ、普段あれほど紳士な久しぶり亭さんが僕の下ネタにしっかりと下ネタでフォローを入れてくれるところに、久しぶり亭さんの紳士ぶりがかえって際立っています。

しかし「エロTaka生カービング」の単語の並べ順はちょっと・・・泣。(わざとですよね~?)
この語順って、「エロいTakaさん」が彫った生のカービング、みたいに見えませんか?
とか言うと・・・また悪性のアイツが「だってその通りじゃん!」とか言いそうですけどね。
僕は「カービングがエロい」と言われたわけではなく、「ラインがエロい」と言われた事が一度だけある、いうだけですので(そいつは「ここモザイクかけた方がいいですよ」とまで言いやがりました)。
一口に「きれいなカービング」と言いましても、解釈は様々ですね。
刻印やカットが完璧で、技術的な「きれいさ」なのか、柄や作風の雰囲気として、感性の「きれいさ」なのか。
どちらも大切だし、どちらも難しい事だと思うのですが・・・作品として重要、しかも難しいのは後者かな、と(遅ればせながら)思うようになってきました。
ところでここ数ヶ月、シェリダンスタイル以外のカービングをする機会が頻繁にありまして、「カッコイイ」雰囲気の作風も研究しています。「カッコイイ」と一口に言いましても・・・と、またキリがなくなってしまうのですが・・・とにかくカッコ良さに関しまして、久しぶり亭さんのカービングから学びたいこと、山の如し・・・てんこ盛りなんです。
いつかお互いに時間が出来た時に、「生カービングの物々交換」いかがでしょう?

>カービングミ男へ
キミが掲示板に書き込みをしてた部屋、グミ臭くなってたぞ・・・また食っただろ?
おたまさんのその場しのぎの写真に対して、この写真はちょっとサービスしすぎじゃない?
あ、そっか、この写真はキミにとってはもう過去のものだから別にいいのか。現在の本気バージョン(脱シェリダン)はこんなモンじゃない!もんね。
 

こんばんは。

 投稿者:グミ男  投稿日:2007年 7月13日(金)02時02分21秒
編集済
  グミってとってもおいしいですね。グミ男です
お久し振りです。
せっかく振っていただいたので
カービングUPします。いつかのアレ、のその後です。
あの時のようにみなさん作品UPしてくれたら楽しいんですけどね。

これでおたまさんの渾身の作品もみれますよね?
今度はカービングもしっかり見えるようなアングルがいいな~
いいな~
いいな~・・・

クリオネグミうまい。そして・・・でかい←コレ重要
 

生カービング

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 7月12日(木)20時30分10秒
編集済
  本物見ると、そのきれいさに私がへこんでしまうような気がしますが、
エロTAKA生カービング(単語の並べ方はこれで良いのか)見たいですねー。
いつもTAKAさんのカービング画像を見ていると気持が高まりますよー。
鼻血は出ませんけど、目は血走っているかも。

おたまさん、花柄革パンティ持っているの?いいな~。
革なら頭にかぶっても、帽子に見える・・・わけないですね。
画像ありがとうございました。きれいに仕上がっていますねー。
今週完成の作品も見たいなー。
 

メールに・・2

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 7月12日(木)05時15分5秒
  本当に花柄パンツをUPしてくれって懇願してきた男がいます。
みんながドン引きする中でもオレは食いつくから・・・とか
彼を紳士と思っている方は、はやく目を覚ましてくださーい

Takaさん
こんな事を書いてきて、私が掲示板に書く事を完全に期待していますよね。
ご要望どおり書きましたよ。(ほんまに世話のやけるやっちゃ。
一瞬、花柄パンツ(革製)もUPしようと考えたのですが、そんなアホな事をやっている場合ではありませんでした。
もうすぐ夏休み。
それまでにやり掛けのあれこれをやってしまわなくっちゃ~
だから、私のは諦めて、TakaさんのでかパンでもUPして下さい。
それにしても、自他共に認める女好きのTakaさんらしいとは思いつつ、久しぶり亭さんにまでこんな事書いちゃって・・・
最近何かあったんですか?
それとも、何もないのですか?

お声掛けしようとしている方が当時の掲示板に頻繁に書かれていたかどうかは私もあまり覚えていません。ほんの数回だったような気がしますが・・
とにかく画像はUPしてみますね。
書き込みして下さるかしら・・・?

で、これをUPするので今週完成(しないかも)の方はUPなしでも良いですよね?
デシさんの名前が出たので、私も久しぶりにデシさんのカービングが見たいなぁ。
もしもデシさんがUPしてくれたなら私もあれをUPする事にしようかな?

四国M市のA工房様
お呼び立てしてすみません。
その節は大変お世話になり、ありがとうございました。
あの時に添付しました画像のものが完成しています。
このような流れでこちらに貼り付けますので、よろしければ久しぶりに書き込みされていきませんか?いえ、無理にとは申しませんけど・・
ご迷惑でしたら、苦情はメールでお伺いしますので、どうぞご遠慮なく。

2310さん
いきなり1センチって思い切りましたね。
慣れるまでしばらく掛かるかもしれませんが、頑張ってくださいね。
 

乗り遅れ・・・

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 7月11日(水)12時24分36秒
  上下5mm旋盤でイモネジギリギリまで削ってやりました。

わかるかな~???
使い心地は・・・なんか短くなってなんかこそばゆい感じですが、ぴったりフィット加工もきれいにできたので満足しております。

あとは、腕を磨かないと・・・
話に乗り遅れましたが見てやってくださいまし~
 

お返事遅くなりました

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 7月11日(水)04時52分0秒
編集済
  >おたまさん
ええ~と、お言葉ですが、僕はおたまさんに世話をやいた覚えはありません。おせっかいはたくさんやきましたけどね。
おせっかいをやいた結果、ありがた迷惑をかけてかえって困らせるという作戦です。僕は天敵に世話をやくほどお人よしではありませんし・・・「性悪男」ですので!!!

すみません、掲示板に昔頻繁に登場していた「僕にとっての懐かしい人」って・・・たくさん居すぎて、どの人だかよく分からないんですけど(その方には大変失礼で申し訳ありませんが・・・ごめんなさい)。
なので、おたまさんが呼び出してください。それにはもちろん作品のUPが必要なワケですよね?
ではもう一押ししてあげます。あなたの好きな若いイケメン(TFLのグミ食らい)が、「おたまさん作品UPしてくれないですかねぇ」って、毎日のように言ってますぜ。ホレホレ、早く早く。

>久しぶり亭さん
おたまさんは確かにHP(ヒドイペテン師)です。被害に遭わぬようどうぞお気をつけ下さい。
>TAKAさんの作品から、たくさん勉強させていただいていますよー。
>いつもいい刺激をいただいています。
そうなんですか???本当ですか?
最近、僕のカービングが「色っぽい」「艶っぽい」など・・・まるで妖艶と言わんばかりの意見を頂くことがあります。「ラインがエロい」とすら言われた事もあるのですが・・・もしかして久しぶり亭さんのおっしゃる「刺激」というのは、そういう種類の・・・男としては鼻血が出そうな種類の刺激ですか?
久しぶり亭さま相手に下ネタで失礼いたしました(謝)。
冗談はさておき、そこまで褒められると(例えお世辞であったとしても)一度久しぶり亭さんに僕のカービングの実物を見ていただいて正直な感想を欲しい気分にもなります。カービングって、どうしても写真と実物は全然ちがいますよね。

>tetuさん
見ていらっしゃいますか?
先日、とってもステキな貢物(?)が届きました。サイズピッタリでした!
早速着させていただいています・・・と言いたい所ですが、お世辞でなく本当に気に入ったので、勿体無くて普段着にできません。着用頻度はケチケチになりますが、大切にさせていただきます。本当にありがとうございました。
メールアドレスが分からなかったので、この場を借りて到着のご報告とお礼でした。
それから、tetuさんへの前回のレスで
>また同じオーダーが入ったら前向きに立ち向かいます
と宣言してしまいましたが・・・その次の日に、同じではないけど同じようなオーダーが本当に入ってしまいました(しまいましたって言い方はまずいかな?)。
tetuさんのベルトから刺激をいただいて頑張ります!!!
 

はいはい、

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 7月 8日(日)19時51分41秒
  見たいですよ、HP。・・・花の・・・パターン・・・ってことで。
楽しみにしております!
 

え?

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 7月 7日(土)06時57分12秒
編集済
  えいちぴぃって、なんのこと??
花柄パンツなら以前持っていたような・・・

なんかやばくなってきたので、さいなら~





って、本来なら逃げるところですが。

ひさしぶり亭さん
どうして私の弱点を見事に突くんですか!?(ホント突然に~
作品UPなどしたら私がたいした事ないってバレてしまって、今後Takaさんに辛口コメントできなくなりますけど、いいんですか?
それでも見たいというのなら、今製作中が来週中には出来る予定なのでそれをUPする事を約束します。

でも・・・実は先日からUPしてみようかな~って思っていたのがありますけど・・・カービングはほとんど見えないんですよ。(しかも試作ですし
久しぶり亭さんが久しぶりに登場してくれましたし、tetuさんも本当に久しぶりに来て下さったし、それをUPすると、もしかしたらTakaさんにとって懐かしい人がまた一人書き込みをして下さるかもしれません。
私の記憶が正しければ・・その方は私がTakaさんに初メールを送る前、「この男大丈夫かな??」って観察していた頃に何度か書き込みされていた方ですけど。
今でもこの掲示板を訪問して下さっているそうなので久しぶりに是非と思っています。
(どれくらいの頻度で訪問されているのかはわかりませんけど)

私の掲示板でもないのに勝手にお呼び出しするのは遠慮がありますので、Takaさんからのコメントを待ってどうするか決めますね。
 

ほ~い!

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 7月 6日(金)21時10分52秒
  楽しんでおりますよー。

唐突ですが、おたまさんのHPはありますか。
作品を拝見したいですー。何か見せてくださいませんか。

TAKAさん、工具の持ち方の説明同じでしたか。私もなんだかほっとしました。
カタログの刻印の件、了解です。
何か意味があって載せているのかなーと、ずっと???だったんです。
TAKAさんの作品から、たくさん勉強させていただいていますよー。
いつもいい刺激をいただいています。
 

本能でしょ。

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 7月 6日(金)15時26分6秒
  Takaさんはマグロだから。やり続けていないと死んじゃうってか?

tetuさん
本当にお久しぶりです。
カタカナじゃないから別の方だと思って考えましたよ。
バイクシートの件。あれはもう3年も前の事になりますね~(早いもんだ・・・
ベルトすごいですね!
もちろん先の方までずっとこのフラワーが続いているんですよね。
私はベルトにこれだけのフラワーを彫る気にはなれないなぁ。
すぐに諦めちゃう根性なしですから・・
また力作をUPして見せてくださいね。楽しみにしていますよ。

Takaさん
本当は私がTakaさんの世話をやいた事なんてほとんどないですよね。
世話をやかれているのは私の方。しかも思いがけないやき方をしますよね。
なのにその厚意を踏みにじる事数回。しかも現在進行形ですわ。(ホント申し訳ない
だから、ちゃんとシカトしなかったでしょ。(だからってなんだよって??
久しぶり亭さんの煽りがなければシカト決定だったんですけど。

辛口な会話については久しぶり亭さんの「どきどきだー」に応えることが出来たかどうかですよ。
正直言うと、全国に○万人ものファンを抱えるTakaさんに「性悪男」とまで書くのは私の方がどきどきなのよ。(真実か否かは別としてさ)
でも、Takaさんのタンがこれくらいではヒリヒリしないでしょ。
ムズムズなんじゃないですか?

で、また同じオーダーが入ったら・・・って、やっぱり物足りなかったのね。

久しぶり亭さん
こんな感じで楽しんでいただけました?
 

お返事

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 7月 6日(金)05時36分27秒
  7月4日、(仕事は)ちゃんと休みました。
工房の作業台で保育園の催し物の風車を作って遊んでいたのですが、隣の作業台で黙々とベルトのカービングをするデシが羨ましく見えてしまったのは・・・明らかに職業病ですかね?

>久しぶり亭さん
いえいえ、そんな・・・謝られてしまったらかえって恐縮です。
僕は工具の開発には全く関わっていません。せいぜい「こんな工具が手ごろな値段であったらみんな喜ぶでしょうね。」と(恐る恐る)言う程度でして。
「あまりに酷なような・・・(笑)」と書いたのは、軽い冗談のつもりでした。気を遣わせてしまってすみません。
久しぶり亭さんの言葉にネガティブな意図がないのは充分分かっております。そのような事を(ずけずけと?)正直に言ってくれる人の存在は、メーカーにとってもユーザーにとっても双方にとって有り難い事だと思います。

工具の持ち方の指導方法、教えてくださってありがとうございました。
僕も久しぶり亭さんと全く同じやり方です。逆に「これはこう!」と明確に言い切らないと生徒さんがかえって戸惑うのでは?と自分のやり方を不安に思っていたのですが、久しぶり亭さんのやり方と同じである事が分かり、自信を持てました。これからもこのやり方でいきます。

カタログ表紙の真ん中の刻印は、言われるまで気付きませんでした。さすがの観察眼ですね。
多分「イメージ写真」という意味で、商品にはこだわらなかったのでしょうね。もしかしたら以前スポット商品として販売していた輸入刻印かもしれません。僕の記憶が正しければですけど。

それから、僕が久しぶり亭さんほどの人に教えることなんて何もありません。謙遜ではなく本当に。僕の方が色々教えていただく機会を楽しみにしていますので、その時にはどうぞよろしくお願いします。

>naho'デシさん
夏期講習会申し込んでいただいたのですね。ありがとうございます。
掲示板で知り合った人とお会いできるのって、特別な想いがあります。夏期講習会がそのような機会となっている事を、クラフト学園に感謝しています。
講習会は質問事項を事前に考えておくと、より有効だと思います。では当日よろしくお願いします。

>栃木の2310さん
スーベルナイフの加工頑張って下さい。始めるまで億劫でも始めてみると結構楽しいと思います。

>悪性おたまさん
あ、そうですか。じゃあ「世話をやかれて」あげるの、もう辞めます。では。
(久しぶり亭さんが煽ってくれた「辛口なお二人の会話」をどこまで激辛にしたらいいのか分からないです・・・そろそろベロがヒリヒリしてきてますけど・・・まだ行きますか?)

>tetuさん
どうもお久しぶりです~。
あまりにご無沙汰なので、実は「もうレザークラフト辞めちゃったのかな?」と寂しく思っていたのですが・・・そんなところにこの衝撃のベルトカービングとは!
身を潜めて着々と上達し・・・虎視眈々と登場のタイミングを見計らっていたという事ですね?
tetuさんのベルトを見て、自称プロを名乗っている自分があの2本のベルトで弱音を吐いているのが恥ずかしくなりました・・・ので、また同じオーダーが入ったら前向きに立ち向かいます(このモチベーションがずっと続くといいんですけどね)。
またちょこちょこ登場して下さいね~。
 

お久しぶりでございます☆

 投稿者:tetu  投稿日:2007年 7月 6日(金)04時07分16秒
  TAKAさん、おたまさん、お久しぶりでございます☆ 以前はバイクシートの助言本当にありがとうございましたッ! あれから幾つか作らせてもらっていますが、うまくなったのかどうなのかまだ良くわかりません、、 毎回「う~んもうちょっといい方法ないかなぁ~」が、出てしまいます。 カービングもやはり毎回「完璧」な物などできておりません、、 「おっ!図案はなかなかうまくいった」と思い、いざカービングすると「なんか違う」とか、「じゃあ、この図案でどうだ!」なんて思いつつ再度カービング。「なんかちょっと違う、」というように、まるで終わりが見えません、、、まるで宇宙にいるようです。(宇宙にはいったことありません)でも、まあ時間はたくさんあるので、ちょこちょこ人と被らない様にやって行きたいです! ところで、C社さんのスーベルナイフとてもいいですね! あれで、小さい刃が出れば、SSスーベルナイフを超えてしまうような気が致します。やはり日本製は全然精度が違いますね☆ 突然書き込み申し訳ございませんです、、また、お邪魔させていただきます☆   追伸 皆さん小ささが半端じゃあないですね!とても自分にはまねできません、、皆さんが本当の「プロ」です。 やはり道具から製作してるのでしょうか?? いつも皆さんの作品を楽しみに盗み見していますので、恥ずかしながら自分のベルト載せてみます。takaさんの「あのベルト再び・・・しかも2本・・・ 」4cmほどの幅にあのRのラインは考えられません、、、鬼です。  

メールに

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 7月 5日(木)05時47分49秒
編集済
  シカトすんなよって・・・世話のやけるお子ですわ、ほんまに

本当に今更の話ですけど・・・
Takaさんは私がゴールドスーベルナイフにこだわっていたのにあきらめることになって、
私が落ち込むだろうと励ましてくれたのですね。ありがとうございます。
実はゴールドスーベルナイフについて、私はぜんぜんこだわっていません。
こだわっているのはオルスムージーの替刃のほうです。
先回書きましたようにボディはとても手に馴染み非常に愛着があるのですが、今ついている刃が大きいので使いにくいと感じています。
ちょっと加工すればと思ってはじめた刃の加工があまり芳しくないので、このまま使いにくいと感じながら使っていくのかしらと思ったわけで・・・
愛着のある道具なのに妥協しながら使うなんてさみしいでしょ。
妥協と打算で生きている私には、私らしいのかもしれませんけど~

ゴールドスーベルナイフについて聞いたのは、自分で刃の加工をすることをあきらめた時の次の候補になるかしらと思っただけなのです。
ちなみに黒スーベルナイフについている刃は国産の幅の狭い刃を薄く加工して使っています。
これはこれで使いやすくて非常に気に入っていますが、でもオルスムージーの刃のほうがきれいにカットが出来ると感じています。(思い込みかもしれませんが)
刃の加工については今試している事がダメでもまた次を考えて挑戦しますよ。
久しぶり亭さんにも励ましてもらったしね!

で、Takaさんがヤキモチ~??
そんなのあるわけないじゃん
あったとしても久しぶり亭さんとは張り合えませんよ。
それと、私が悪性だとしたら、それはヒジョウーに性悪な男とメル友になったからだと思います。(間違いない!!

その性悪男の講習会は今年も参加は出来ません。
残念と言えば残念ですが、はじめから分かっているので仕方ありません。
せめて嵐が来ないよう祈りましょうね。
あと、悪性の生霊に取り付かれるかもしれませんよ。お気をつけあそばせ。
 

あ、そうでしたね♪

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 7月 4日(水)10時57分31秒
  おっしゃるとおり!!よくよく考えて見たら、日本が一番早く?日付が変わるんでしたね~
ボジョレーヌーボーの時にいつも聞くから、知ったかぶりをしてしまいました。
申し訳ないです。

デシさんは、休む時ちゃんと休むなんてすばらしい師匠だと思っているのではないでしょうか??????ふふふふっ

そして、またいつかチャンスが来る事を願っています。
あっなんか、話題に乗ろうと、スーベルナイフ上下5mm切断することにしまして、とどくのがたのしみです。1cm短くなると・・・ふふふふっ
 

kurahuto 夏期講座

 投稿者:naho'デシ  投稿日:2007年 7月 4日(水)10時50分38秒
  おはようございます!
takaさんの主催されている夏期講座、7月のほうはいっぱいで取れなかったのですが8月の方が取れました。
カービング技術が未熟な自分がこの講座に出てもいいのかかなり迷ったのですが、どうしても参加したくて行こうと思いました。

8月までにもっと練習して付いていけるように頑張ろうと思います、今からとても楽しみにしています^^よろしくお願いいたします。
 

申し訳ない

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 7月 4日(水)07時45分1秒
編集済
  黒ボディのネーミングの件、申し訳無かったです。お客さんに勧める時の、店員の感想みたいなものだと軽く受け取ってください~。長さは、私には長いんですけど、私の短く切断したものを試してもらっても、それでも長いと言われることもあるんですよ。残念!と思ってしまうのです。やはり、単純な手の大きさだけでなく、関節の可動域なども関係しているみたいです。ずけずけとずうずうしいことを書いてしまっておりますが、良い道具だけにもっと勧めやすいといいなーと思っているのでございますー。TAKAさんは工具の開発にも意見を出していらっしゃるのではないかと思いますが、私の言葉にネガティブな意図はないので、お許しを!!

刻印やナイフの持ち方の指導に関しては、いちおう基本かなと思うのを示して、それからバリエーションも簡単に紹介します。最終的には、使いやすくて結果が良ければそれでいいと説明します。あとは、実際の作業を見ながら、気がついたことはアドバイスします。私の指導は、生徒さんにまかせる部分が多いので、生徒さんはたいへんかもしれません。TAKAさんはどうされていらっしゃいますか?

ところで、C社のカタログの表紙の刻印のこちらを向いている3本の中の真ん中は、カタログには載っていないように思うのですが、なにゆえ表紙に載っているのでしょう? カタログが届いた日からの私の???です。どなたかの私物?在庫品?開発途中品?う~ん、何だろー?

休日の朝6時過ぎまで仕事をしていては、身体が休まらないと思いますが、健康には気を付けてくださいね。講習会は盛況間違い無しですね。私も、いつか大塚さんから教わる機会があればいいなと思っています。大塚さんの感覚や技術を生で見られる人たちは、幸せですね。では、体調に気を付けて頑張ってください。長くなって、すいませんでした。
 

7月4日

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 7月 4日(水)06時31分38秒
編集済
  アメリカ独立記念日、仕事休む事にしました(本当は休んでる場合じゃないけど、ほとんど意地で!)。
でも・・・当工房のクソマジメなアイツは「いや、僕はいいです。普通にやりますんで」だって・・・(チッ、せっかくの記念日(確かに日本は関係ないけどね)をTFLの公休日にしたかったのに・・・な~んか微妙な気分・・・)
師匠の意向に一言で背ける弟子って・・・もしかしてヤツの「独立記念」はとっくに済んでいるのか?いや、「Takaさんの分まで僕が働きます」という頼もしい姿勢なのか・・・どっちだ???

でもそんな僕自身、仕事は休むとは言っても、体は工房に来てエマの保育園の役員の仕事(保育園の夏祭りの備品やおもちゃの製作)をしなくちゃなんですけどね。
結局、製作しているモノがいつもと違うだけで、環境は日常となんの変わり映えもない1日となりそうです。


>久しぶり亭さん
今さら・・・という話題ですが刻印やスーベルナイフの持ち方の話で、ふと思った事があります。
万人それぞれ手の大きさ、指の長さ、筋肉のつき方、関節の柔らかさ、みんな違うわけですから、持ち方も十人十色ですよね?さらに刻印の種類によっても微妙に違ったり。
となりますと、カービング入門者の方に、「これはこう持ってこう使います」って言い切っちゃうのって、危険だな、と思いました。「僕はこう持ちますけど、自分で使いやすいように自由にアレンジしてください」と言うのが正解なんですかね?でもそれだとかえって戸惑わせてしまうかも知れませんし・・・。久しぶり亭さんはどのように指導していらっしゃいますか?

黒いスーベルナイフ、ホントいいですよね。僕は個人的にはあのボディのサイズでジャストでした。そう考えるとサイズひとつとっても、工具の開発って大変なんですね。
それにしても久しぶり亭さん、C社の新カタログが出たばかりの今、黒スーベルのネーミングについて言うのは・・・・・おっしゃっている事がごもっともなだけに、あまりに酷なような・・・(笑)。

>おたまさん
再び、今さらの話題なんですけどね・・・
僕は「ゴールドスーベルにこだわらなくていいんじゃないですか?」という意味で、あんなにもダラダラと親切に(おせっかいに?)書いて、最後にしっかり「工具って慣れ(使い易さも含めて)と愛着が一番大切なのではないかと、僕は思っています。」ってまとめてるのに・・・もちろんオルスムージーも含めてですよ。
それをどう取り違えたのか・・・「励ましはかえって少し寂しい気持ちになりました。」とは何ですか!!!
その一方で久しぶり亭さんに「刃やボディの加工頑張ってくださいね」って一言言われただけで浮かれちゃってさ・・・・・なんですか、この反応の違いは?
(ヤキモチ焼いてると思われるのもシャクだな・・・)

そこまでほれ込んでいるナイフ(オルスムージー)があるおたまさんは幸せじゃないですか!
オルスムージーは国産の刃とも互換性があるし、ちょっと加工するだけで済むのにメソメソ言うんじゃな~い!

で、思ったのですが、あなたは中性でも両性でもなく、悪性というのがピッタリだと思います。
悪性の中では確かに「とってもかわいくてきれい」な方ですね。

>お祭り男HIDEさん
どうもお久しぶりです。
HIDEさんがお酒で顔を赤らめながらお神輿を担ぐ姿、あまりにリアルに想像できて、しかもあまりにお似合いで・・・・・想像だけで充分祭り気分になってしまいました。

夏期講習案内ページ、ブログにリンクしてくださり大変ありがたく思います。
クラフト学園から郵送で講習案内が直接届く人というのは、過去の講習参加者やお得意様だけにどうしても限定されてしまいますので、レザークラフトやカービングが大好きなのに、夏期講習の存在すら知らない人が意外と多いみたいなんです。
でも僕としては、新規のレザークラフターや次の世代のクラフターにこそ、夏期講習会の存在を知って欲しいのです(もちろん「常連は来るな」なんて思ってないですよ!)
裾野を広げる意味で、普段直接指導を受ける機会のない人が(僕の講習じゃなくてもいいから)夏期講習を受けもらって、何かのきっかけ、ヒント、モチベーションなどを得てくられたら・・・と思っています(生意気ですかね?)。
そういう意味で、2007クラフト学園夏期講習会のご案内への入り口がせめてネット上で少しでも増えるといいな、と思っています。
HIDEさん、ありがとうございました。

>こまちさん
こんにちは、お久しぶりです。
そうですか、もうアカンサスモリスの花芽が伸びる時期なんですね・・・時間の経過が早いですね。
ロープロールエッジ・・・そうです、マジョーアバッグのあれです。
>ということで楽しみにしています。
ということは、講習会に申し込んでいただいたのですね。
ロープロールエッジ、ちょっと難しいですけど頑張って指導させていただきます。お手柔らかにお願いします。荻窪でお会いするの楽しみにしています。

>栃木の2310さん
ま、またいつか僕の講習を受ける機会はあるかも・・・かも・・・かも知れませんし、今回はそういう運命だったという事で。

ところで、時差を言うなら、バレンタインやクリスマスはどうしましょう???
それより、時差は日本の方がアメリカより早いので、次の日じゃなくて前の日ですね。
突っ込むならせめてその位は確認しましょう(笑)
 

あはは~

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 7月 3日(火)11時35分6秒
  なんか 悩んでいたことが切り替えられた感じです♪
そうですね~アメリカでは独立記念日 あれ~?アメリカとは時差があるから日本では次の日ではないですか?
な~んて ちょっと意地悪です!!

いつも遅くまで ご苦労様です。 書き込み朝の5時になってる・・・
それにしても 日本も建国記念の日があるけど あんまり気にしてない気がしますよね~

ってことはアメリカの独立はそれだけすごいことだと国民が意識していて、自国を愛しているって事なのかな? 日本のクリスマスみたいに祝いたいだけだったりして・・・

どちらにしても 開業10周年の7月4日休めるのかな~?楽しみにしてますよ~ふふふふっ
 

空が淡いグレーです

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 7月 3日(火)05時47分8秒
編集済
  いや、僕だってべつに好き好んで毎日毎日こんな時間まで仕事したり起きていたいワケではないんですけどね・・・。そりゃあ空がブルーグレイや白くなる前、黒い時とかネイビーなうちに布団に入りたいなぁ~と思いますよ。特に最近はそう思います。
同じ3、4時間しか寝ないにしても、明け方寝て朝起きるより、夜寝て明け方起きた方が、少しでも体にはいいのも分かってるんですけどね、でもさ・・・僕にも色々・・・ブツブツブツブツ・・・

「じゃあココ(この掲示板)で遊んでるヒマがあったら、その分寝れば?」っていう声が聞こえてきそうですけど、でもこの場はやっぱり僕にとっては大切な・・・ブツブツブツブツ・・・
それにしても、さすがに・・・深刻にお疲れ気味です。日曜日も朝から終電まで横浜出張でしたし・・・。

ところで、7月4日って何の日か知っていますか?
アメリカの独立記念日です。アメリカでは祝日(休日)で、盛大にお祝いする日なんです。
アメリカって、国際的に見るととんでもなく横暴だしおかしなところもたくさんある国ですけど、やっぱり今の僕があるのはアメリカがあったお陰ですし・・・それだけじゃなく、日本のカービング業界がこうなっているのもアメリカのお陰だと思うのです。

それで、TFL開業当初から「7月4日はTFLの定休日にしよう!」と思っていたのですが、実は今まで一度も実現したことがありません・・・。
今年は開業10周年だし、すごく疲れちゃってるし・・・を言い訳に、今年こそは!!!
いいですよね?オーダーを待っていただいてる皆様、および・・・・デシ様。

シェリダンスタイルカービング、およびアメリカンレザークラフトにのめり込んでいる皆様、7月4日はアメリカへの反感をグッと押さえて、心の中でアメリカの独立記念日を祝うのはいかがでしょう?

ああ・・・またお返事を返せませんでした。また後ほど・・・
 

ずるい2310

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 7月 2日(月)11時04分35秒
  夏期講習会・・・

できれば行きたかったのですが、まだ体の調子が悪く たぶんたどりつけないであろうと思い、断念 無念
そして、はっと 彼女に行ってもらえればと考え もう一度講義のページを見ていると・・・

なお カービングやレザークラフトがほとんど初めてに等しい、いわゆる入門者の方には、誠に参加をご遠慮していただいております。
とのこと・・・

ですよね~ 確かに、そうかもしれないですね!!
こんな事を書いたら 怒られそうですが とても残念だったので書き込みしてしまいました。

とても、的をえていて 知りたいところ満載です。
中級者の方以上には実りある事になりそうですね♪
教える方も 準備など大変でしょうけど がんばってください!!


それにしても くやし~
 

アカンサスモリスの花芽が伸びてきました。

 投稿者:こまち  投稿日:2007年 7月 1日(日)23時54分35秒
  マジョーアバッグの玉縁みたいなのを見て、
恐ろしくややこしそうで驚いたのは、
もしかしてロープロールエッジだったのかなと憶測しているのですが・・・
ということで楽しみにしています。
 

今日から

 投稿者:HIDE  投稿日:2007年 7月 1日(日)13時25分22秒
  Takaさんこんにちは。

祭りの準備が本格的に始って、午前中手伝ってきました。
今年も熱い季節がやってきましたねぇ^^
一年なんて早いモンです。

夏期講習、僕は参加できませんが、よろしければ僕のブログでも紹介してもいいですか?
今回で締めということでどんな講習会になるのかとても興味があります。きっと充実した講習会をされることでしょう^^
参加できる方々が羨ましいです。
Takaさん、がんばってくださいね^^

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"
 

ようやく

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 7月 1日(日)03時52分26秒
  夏期講習のご案内ページを作り終わり、UPしました。
予定より大幅に遅れてしまいましたので、「とにかく完成させてとりあえずUPしておこう」という事で、まだクラフト学園のチェックを受けていません。なので、後で訂正が出る可能性もあります。
ご案内ページにも書きましたが今回で3回目を迎えて締めとなる講習ですので、少しでも多くの方に参加していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

夏期講習案内ページ
http://www.taka-fine-leather.com/event/kakikoushuu2007.htm

リンクフリーとしますので、HPやブログをお持ちの方は募集にご協力いただけると大変ありがたいです。

>久しぶり亭さん
せっかく話題を振っていただいたのに申し訳ないのですが・・・明日、いや、もう今日ですね、朝一で横浜まで出張(ほとんど寝れないですね)なので・・・後ほどじ~っくりとおたまさんに苦言を呈したいと思います。
すみません。

>自称「とってもかわいくてきれい」なおたまさんへ
待ってろよ!
 

またの機会が

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 6月30日(土)22時20分10秒
編集済
  すぐに来ちゃいましたが、かわいくてきれいなはず!!
TAKAさんが、きっと後ほど何かコメントするでしょう!
辛口な?お二人の会話がどうなるのか、どきどきだー。

ところで、左手の人差し指をカッターでちょっと切ってしまい、刻印を持ちづらくなってしまいました。傷ができると、普段何気なく使っているがよくわかりますね。先日小指の先を切った時も、意外と不便でした。ケガをしないように、気を付けましょう!
 

私も・・・

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 6月28日(木)04時18分15秒
  とってもかわいくてきれい!! かな??

私も昨日バスケット刻印を打つ時に刻印の下の方をもっていることに気が付きました。
本当に無意識に変えているのですね~
では、また。
 

まったく

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 6月27日(水)21時33分16秒
  知りませんでした。おたまさんの名前の由来。
「カエルと一緒にするんじゃないわよーーー。」と言われたら、
「うちのカエルは、とってもかわいくてきれいな、モリアオガエルでーす。」
と答えるつもりだったのでありました!

ときどき、状態によっては私も刻印を4本で持っていることに気がつきました。無意識に持ち方って変わっているのですね。では、こちらこそ、また機会がありましたら、よろしくお願いします。
 

私の・・

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 6月27日(水)07時01分47秒
  「おたま」はまさにかえるの子。両性は両生類にかけました。
後輩がつけた呼び名です。(本当はおたまちゃん)
顔が似ているとかで・・って話したことありましたっけ?

表現が悪かったですが、人差し指は伸ばすというより、手を広げる感じといいますか・・
別にどうでも良いですね。
凹みかけている刃の加工はあきらめずに続けます。励ましをありがとうございました。
久しぶり亭さんと本当に久しぶりにお話できた事、とても楽しかったです。
こんなにやり取りしたのは初めてではないでしょうか?
また機会があれば、よろしくお願いしますね。

2310さん
豆炭行火でじっくり仕上げたハゲも是非!
心臓が弱いので入隊は遠慮します。
 

りょうせい

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 6月26日(火)22時46分12秒
編集済
  カエルを飼っています。両生類・・・。中性・両性には関係ありませんが、オスかメスかはわかりません・・・。
オタマから育ったのもいますよ~~。

TAKAさん、細かいのベルトの革に試してみました。6センチだけ。もう十分。
スイヴェルナイフの持ち方は、関節の動きの個人差ですかね。私は2本はできないんです。でも、3本では操作できない人もおりますし、関節の動きがみな違うのだと思っていました。あと、私は非力だから、3本のほうが力が入るかな。

おたまさん、刃やボディの加工がんばってくださいね。私は国産のスイヴェルナイフしか使っていないのですが、あんまりこだわりはないです。黒いのは、TAKAさんのおっしゃる通りで、コストパフォーマンス高いですね。最短で使う時でも、ボディとヨークの間に確実に隙間をあけないと、動きが少し渋くなりますね。注油した方が、動きが軽くなりますが、手には感じない程度かも。薄くて細い刃は私も欲しいかな。手が小さい者としてはボディがあと少し短いとありがたいですね。名前も変えると万人向けになるのかな。名前はプロ用だけど、初心者にすすめてもいい道具ですよね。

刻印は、おたまさんの持ち方は、私には難しいようです。低いところを3本持ちです。小指と薬指の関節の動きを、刻印を動かす助けにしています。
 

ばれたか・・・

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 6月26日(火)09時09分4秒
  スネに青タンとかまいたちの跡がある2310です。

紹介いただいた辻永様のHPさっそく拝見いたしました。工具でも、よりいっそう使いやすく&なじむようにいろいろ工夫しているのがわかってますます 勉強になりました。

ちょっと私のプロ用黒スーベルナイフをカットしたくなり絶対に使いやすいこと間違いないです。
私男なのに結構手が女性並みに小さいのでかなり参考になります♪
そして なにでカットしようかふふふっと悩んでいたりしていて、たぶん鉄ノコですこしづつ・・・

おたまさんへ
ダルンダルンは 今話題の 『ビリーザブートキャンプ』に入隊でOKです?
動けなくなるようなのでむりかな?
 

洗剤みたい

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 6月26日(火)05時35分58秒
  Takaさん
私は中性ですか?
どちらかと言うと両性という気がしますが・・

回答をありがとうございました。
Takaさんの励ましは大変ありがたく、充分フォローになりました・・・と書きたい所ですが・・・
工具への慣れと愛着と言うお話。本当にそうだと実感しています。
私は黒いスーベルナイフのほかにオルスムージーのナイフを使っています。
私にはこのスーベルナイフのさらりとした手触りや幅の細いヨーク(最近まで売り出されていた物は幅広でしたけど、私は随分前に購入したので1センチです)やその丸みに愛着があり、動きも黒スーベルナイフよりも滑らかで、手にも非常に馴染んでいます。
これには現在幅の広い刃がついているので、幅の狭い物に替えたいと思っています・・・が、私の環境ではこのナイフ用の替え刃を手に入れることが出来ません。
ですから、今の刃を狭くしようとしたり、他の刃の差込部を合わせようと加工中ですが・・・(沈
ということで、励ましはかえって少し寂しい気持ちになりました。
でも、何とか工夫して使い続けます。
それと、私も欲張りなので黒いスーベルナイフの幅の狭い刃も欲しいに同感です。

久しぶり亭さん
私は刻印を小指以外の4本で持ち、人差し指を伸ばして刻印の高いところを支えています。
カービングを始めた頃は3本だったのですが、いつの間にかこうなっていました。
シェリダンスタイルを彫るようになってからかもしれません。
 

引き続きスーベルナイフ

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 6月26日(火)01時50分36秒
編集済
  >スネに青タンとハゲとかまいたちの跡があるらしいおたまさん
ええ、僕は女性にはそんな失礼な事は言いません。
当時はおたまさんを中性だとは知らずに女性だと思い込んでいたんです。勝手な思い込みをしてしまって失礼いたしました。

黒スーベルナイフ(C社プロ用スーベルナイフ)はボディを切って短くしているのですね?
となると、ゴールドスーベルナイフ(SSスーベルカッター)を同じくらいの長さに加工するのは無理だと思います。
6月24日投稿の写真の通り、シャフトを留めるネジの位置(見えますか?)が上も下もギリギリの位置ですので、カットしてしまうとシャフトを留める手段がなくなっちゃいますね。まさかネジのサイズピッタリのドリルとネジ山を切る工具(タップって言うんでしたっけ?)なんて持っていないでしょうし・・・。

ただ、黒スーベルを持っていてそれで満足に使えているなら、無理にゴールドスーベルに買い換える必要はないような気もします。
僕の個人的な見解ですけど・・・黒スーベルの、あの価格であの品質は世界的に見ても革命だと思います(世界と言っても僕はアメリカと日本市場しか知らないですけど)。
あのボディにふさわしい品質の刃も売り出されていますし(欲を言えば幅の狭いのも欲しいですね)。
僕は慣れとか、持ち心地、使い心地の好みとか、取り付け可能な刃とか・・・あとはシェリダンスタイル創始者の孫が現地で生産している、という自己満足的ブランド志向などでゴールドスーベルを愛用していますけど・・・あくまで道具ですからね、誰にとっても「僕が使っている工具が一番!」とは思っていません。
僕自身、シェリダンスタイルじゃないカービングスタイルを彫るときは全く違うスーベルナイフを使う事もありますし。
「でも一度は使ってみたい」という気持ちも分かりますけど・・・でも、工具って慣れ(使い易さも含めて)と愛着が一番大切なのではないかと、僕は思っています。
皆さんはどう思うのでしょうね?

ええと・・・こんな励ましでちょっとはフォローになりましたかね?


>久しぶり亭さん
そうですね、細かい柄って薄い革より厚い革に彫る方が難しいんですね。今まで薄い革にしか彫った事がなかったので、前回のあのベルトを彫ったときに初めて知りました。
「革が厚くても、単純に彫りだけを浅くすればいいや」という浅はかな考えで臨んだのですが、最初のカットの時から勝手が全然違って愕然としました。刻印もシャープにいかないし(特にベベラ)。
僕も「もう3本やって慣れたから、次回はもっとキレイに・・・」と言う気力は全くなく、「もう本当にこれで最後にしたい」が本音です。

7年ほど前にアメリカで「Gathering of Masters(マスター達の集い)」という、ずいぶんと思い切った名称のカービングセミナーに参加しました。実際、その名に恥じない約10人の名匠たちが4日間に渡って交代で講習や実演をしてくださいました。
その時にスーベルナイフの持ち方を片っ端から撮影してきたので、今回の「スーベルナイフの持ち方」の話題をきっかけに、改めてその写真を見てみました。
持ち方はもちろん十人十色なのですが、シェリダンスタイルの人は2本派が多かったです・・・偶然かもしれませんが。
でも、もしかしたらカットの雰囲気とか深さとかに関係してくるのかな、などとも思ったのですが・・・どう思いますか?
 

あらためまして

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 6月24日(日)09時07分39秒
  TAKAさん、おたまさん、お久しぶりです。

TAKAさん、まじめにあの細かさのベルトは私には無理です。薄い革だったら細かくても有る程度はできると思いますが、ベルトの厚さになると、私の彫り方では難しいように思います。いつか挑戦してみたい・・と書く気力が出てこないほど、たいへんそうに感じますー。

おたまさん、黒いボディは発売当初はシャンクの長さの問題で、今よりも長かったような記憶があります。私は指は3本掛けです。手は小さいほうです。小指はどちらかというと外に置きますね。スイヴェルナイフも刻印も、かなり下を持つほうだと思いますー。
 

そういえば・・

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 6月24日(日)07時56分41秒
  いつだったか、私が始めてTakaさんの夢を見た話をここで書きましたね。
覚えていますか?足相撲。
「Takaさん毛深いね~」って、ため口の私に、
「おたまさんだってすごいじゃないですか」って答えたTakaさんでした。
アレの返事にTakaさんは「僕は女性にそんな失礼な事は言いません。」って確か書いていましたけど、今なら何の躊躇もなく言いそうですね。
その上、「何でこんなに青タンがいっぱいあるんですか?」まで言われそう・・・
(ハゲもあるよ。あと、かまいたちの後も)

質問に答えていただいてありがとうございました。
Q4については、黒いボディの元の長さがわからないので確かとはいえませんが、5ミリは短いと思います。
もっと短い方がいいなら、まだ3㎜くらいは短く出来そうですね。
さらに、刃の軸(ボディに差し込むところ)も削るなら、さらに2㎜くらいは短くして使うことが出来るかもしれません。(いずれも試していないので、憶測ですが)
で、ゴールドはどれくらいまでなら短く出来そうですか?

久しぶり亭さん
本当にお久しぶりです
話題に乗っていただいてありがとうございました。
スーベルナイフは私も普段2本で持つのですが、久しぶり亭さんの書き込みを読んで3本でやってみました。
不器用なので中指と薬指を仲良く動かす事が出来ず、薬指だけで動かそうとしてしまいます。
小指は曲げるのではなく、革を押さえるのですか?(私は革を押さえないと出来ませんでした)
それと、薬指を刃にかけないと扱えませんでしたが、男性ならボディに置けるのかもしれませんね。
持ち方と言えば、刻印の持ち方も人によって色々ありそうですね。

栃木の2310さん
是非やってみて!
あと、水分取り過ぎなくてもわたしはダルンダルンです。(もどせません)
 

スーベルナイフ

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 6月24日(日)02時21分31秒
編集済
  >毛深い説浮上中のおたまさん
「2本じゃ物足りない」っていうのは、僕へのイジメとして物足りないって意味ですよね?

素朴な疑問に素朴にお答えします
Q1.スーベルナイフの刃はどれくらい短くなるまで使うのですか?
A.短かすぎる事による使いにくさが、その刃への愛着と新しい刃を仕立てる面倒くささを越えた時。
Q2.その後、新しい刃に交換した時に長さが違って扱いにくいと言う事はないのですか?
A.当然、慣れるまでは使いにくいに決まってるだろ。
Q3.ゴールドスーベルナイフは長さの調節が出来るのですか?
A.イエスです。
(みなさん、おたまさんの言うゴールドスーベルナイフとは、クラフト社のカタログで言うSSスーベルカッターの事です)
Q4.私はC社の黒いスーベルナイフのボディの場合長すぎるので短くしていますが、もしもゴールドスーベルナイフを購入した場合は同じ長さくらいに調節、または加工する事は可能ですか?
A.C社の黒いのをどのくらい短くしているか分からないのに、同じ長さに調節できるかなんて聞かれても分かんないスよ。
Q5.それとも、自分がなじむべきですか?
A.あなたが自分の基準以外のものになじむとは思えません・・・・
Q6.で、こんな事をここで質問してもよかったですか?(C社に聞くべき?
A.いえいえ、工具談義のきっかけを作っていただいて嬉しいです、ハイ。

>そのベルトを見ていると、今、自分が四苦八苦している事がバカみたいに思えて来ます。
とおっしゃいますが、僕はこの手のオーダー(前回のキーホルダーも含めて)を断れない自分、ブツブツ言いながらもなんだかんだやってしまう自分がBakaみたいに思えて来ます。


>久しぶり亭さん
こんにちは、お久しぶりです・・・・・本当にお久しぶりです!再登場してくださってすごく嬉しいです!!!
でも
>私はこんな細かいのできないなー。
>やったとしても、こんなにきれいにできないですね。
こういうウソはやめて下さい。
以前、僕のコレより細かいのをすごくキレイに彫っていたじゃないですか。
確かに
>自分でやることを考えると、気が遠くなってしまいます。
の気持ちはよく分かります・・・。
実は、僕も「やればできるかなぁ~」という期待を自分に抱きつつも、このようなパターンは考えただけで気が遠くなるので敬遠していました。
ところが、「やっぱりやってみなきゃ!」って思わせてくれるような刺激を与えてくれる出来事があったんです。
それで、3月29日にココに投稿した写真のを・・・一本彫ってみました。そしてもう二度とイヤだと本気で思いました。
そのベルトを「今回限りで」という約束であるショップに納品しました・・・が、先月「どうしても」と2本もオーダーが入り、しかもそれを断れない自分も含め・・・いわゆる「想定外」でした・・・。

スーベルナイフの持ち方は、特に意識した事がなかったのですが・・・そうですね、写真を見ると確かに2本で持っていますね。もしかしたら刃の長さとか、柄の細かさ、カットの浅さとかも関係しているかも知れないです。


>栃木の2310さん
工具を使いやすいように独自に手を加えるのは、僕が尊敬する人や一目置く人=いい仕事をする人はみなさんやっています。
工具の加工や工夫、仕立てに関しては僕のHPのリンク集で紹介している
「辻永クラフト工房」さん
http://www.tuzie.jp/index.htm
に、すごく参考になる事がたくさん書かれています。まるで教科書や参考書のようなHPです。
管理人の辻永さんが自分で調べたり試行錯誤した経緯や結果を、あれほど寛大に惜しげもなく公開して下さっている事に対し・・・大きなお世話かもしれませんが、敬意と感謝の気持ちを以ってご覧ください。


僕のSSスーベルカッターの紹介
(ひとつだけ違う刃が混じってますが・・・)
 

確かに

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 6月23日(土)08時16分35秒
  初めてから スーベルナイフが手より長い感じが

して使いづらい気がしてたのですが、切断とは 考えてなかったです。

何にしても これと言う物がなく 発展させることが 上達の一歩かな・・・

どうも 私は とらわれる傾向が強く 皆さんの言葉が とてもいろいろな意味で勉強になっています。

それにしても 暑さが増してきているので 水分の取りすぎで自分の皮が変形して

ダルンダルンに なりそうで、もどすのが大変そう。

皆さん気をつけましょうね~
 

細かい!

 投稿者:久しぶり亭  投稿日:2007年 6月23日(土)00時38分55秒
  ベルトがすごかったので、久しぶりに顔を出させて頂きます。
えらく細かいですね。私はこんな細かいのできないなー。
自分でやることを考えると、気が遠くなってしまいます。
やったとしても、こんなにきれいにできないですね。
スイヴェルナイフ、回すのは親指と中指の2本ですか。
私は薬指もかけるタイプです。

おたまさんと同じく、私も黒いボディは切断して短くしています。
ネジがあるから数ミリしか縮められないけれど・・。
 

ショック・・・・

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 6月22日(金)18時34分19秒
  今子供に「この手、お母さんみたいな手や」って言われました。
どこが!?
まさか・・毛深いところかな・・・?
 

けど・・・けどね・・・・・

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 6月22日(金)18時06分13秒
編集済
  たった2本じゃ物足りないんだよ~~ とか?

Takaさん
素朴に質問があります。
スーベルナイフの刃はどれくらい短くなるまで使うのですか?
その後、新しい刃に交換した時に長さが違って扱いにくいと言う事はないのですか?
ゴールドスーベルナイフは長さの調節が出来るのですか?
私はC社の黒いスーベルナイフのボディの場合長すぎるので短くしていますが、
もしもゴールドスーベルナイフを購入した場合は同じ長さくらいに調節、または加工する事は可能ですか?
それとも、自分がなじむべきですか?
で、こんな事をここで質問してもよかったですか?(C社に聞くべき?

いつかみたいに、おたまには何にも教えてやらないよ~
なんて言わずに差し支えのない範囲で教えてくれ!!
いえ、下さい。お願い致しますです。ハイ

そのベルトを見ていると、今、自分が四苦八苦している事がバカみたいに思えて来ます。
 

あのベルト再び・・・しかも2本・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 6月22日(金)02時25分30秒
編集済
  >naho'デシさん
nahoさんに伝言伝えてくださったようでどうもありがとうございます。
僕は革の名刺を作った覚えなど全くないのですが・・・?革の名刺入れの事ですか?名刺入れでしたら昔nahoさんが購入してくださったような記憶が・・・。
それを見てまだお会いした事もない人に目標にしていただけるとは光栄です。けど、僕などを目標とせず通過点として下さい。上には上の人がいくらでもいます。

nahoさんの仰るとおり、上手い人のを見るのは大事だと思います。幸いこの掲示板には色々な人が質の高いカービングを投稿して下さいますね。有り難い事です。

フラワーセンターの補足ですが、極小フラワーを彫る時、ちょうどいいサイズのフラワーセンターが入手できなかったら大き目のシーダー刻印(Sで始まる刻印)で代用するといいと思います。充分に見栄えします。


さて・・・・・もうちょっと仕事をしようかな・・・

どんなオーダーでも、オーダーをいただけるのは大変有り難い事です。
ええ、有り難いです・・・けど・・・けどね・・・・・
 

解説ありがとうございます

 投稿者:naho'デシ  投稿日:2007年 6月21日(木)18時20分13秒
  >Bakaさん
フラワーセンターのこと解説いただきありがとうございました!昨日naho師匠の教室へ行ってきたのでご好意をお伝えしました。
TFLのことは以前先生がシェリダンのお手本で、Takaさんの革名刺を見せてくれたことがあってそこではじめて知って以後自分の目標にしています(勝手に目標にしています。すみません;)
ここに来られる人達の投稿をよく拝見するのですが、とても素敵(変態的)なスゴイものばかりで見るだけで勝手に自分が上手くなった錯覚を起こしてます(笑)でも上手い人のを見るのは大事だと言われたので、あながちここに来ると+になるんじゃないかと思ってます。
僕はまるきり趣味人間ですが自分なりに頑張ります。これからもよろしくお願いします!

また遊びにきたいと思ってます。お忙しい中すみませんでした、失礼いたします^∀^)ゝ
 

ふふふふ

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 6月18日(月)22時44分18秒
  >Bakaさんへ
よかったですね~ これでズル師匠さんも報われますね!!

じゃぁ 貸してくださいなんて さすがBakaさんの 人柄がなせる 技では?
それか 蜂の巣セーターを見ていて 涙が・・・

キーホルダー 写真うつりが よかったのは ソフトのおかげと カメラ使いのうまさだったとは・・・

わらえましたw この頃まじめ投稿ばっかりだったから 久しぶりにお笑いねたですね♪
笑えないところもあったって? それは、 おいときしょ~
 

解説(?)

 投稿者:Baka  投稿日:2007年 6月18日(月)22時16分45秒
編集済
  >栃木の2310さん
このキーホルダーはあるショップからのオーダーだったのですが、親切なオーナーさんは3つとも買い取ってくれました。きっと、2310さんどころか誰にも負けない僕の貧乏ぶりを憐れに思ったのでしょう。
失敗のアレはお金を取れるレベルではないので「非売品」と言い張ったのですが、「じゃあ貸して下さい」と人質に取られました。
3つとも買い取ってもらった手前、かたくなに拒絶はできませんでした・・・きっと店に展示するんでしょうね・・・実物を見せられる代物ではないのに・・・。
というワケで、手元にはひとつも残っていません。

>naho'デシさん
はじめまして。書き込みどうもありがとうございます。
すでにお気づきかもしれませんけど・・・僕の仲間内では「変態的」というのは、ある意味褒め言葉という暗黙の了解があります。ですので決して「悪い言い方」ではありません。

あの写真は汚なさが露骨にバレないギリギリの解像度でUPしました。だからキレイっぽく見えるだけで、実物は本当に汚いです。特にフィニッシュカットなんて、まるで鼻毛のようです。
期待を裏切ってすみません。

お察しの通り、フラワーセンターは非売品の特殊なものです。昔、あるアメリカの職人さんからプレゼントされました。
「このフラワーセンターを使うほどの小さいフラワーが彫れるようになる事を願ってるよ」と、笑いながら手渡されました。その時はお互い冗談だと思っていましたし、僕自身、このフラワーセンターを使うことは永久にないと思っていました(笑)。
いつかまともにキレイに彫れるようになったら、この刻印をプレゼントしてくれた職人さんにキーホルダーでお返ししたいなぁ、なんて思いました。

ところでnaho'デシさんはお名前の通り、nahoさんの生徒さんなんですか?nahoさんとはなかなか接点がなく、ここ数年すっかりご無沙汰してしまっていますが、お元気にしていますでしょうか?どうぞよろしくお伝え下さい。

>HIDEさん
でっかいライターとノギスを探すより、画像レタッチソフトで・・・・・をオススメします。

はい、確かに目はあまり頼りにならなかったです。
図案描きの段階で、0.5ミリのシャープペンだと描きにくくて、0.3ミリのを使ったのですが・・・図案を正確に描いた意味がありませんでした。
というのは、革にトレスした段階でどうしても線はズレるし、しかもあの細かさだとトレスの線がボヤけてしまってよく見えないんです。
しかも僕のスーベルナイフの刃は(使いすぎて)砥ぎ減っていまして、長さが5,6ミリなんですよね。そうすると、ボディが邪魔をして作業している部分がよく見えないんです。かと言って新品の刃を研ぎなおすのも面倒だし・・・と、(HIDEさんの言う)手の感覚とイメージだけで強引にカットをした結果、アレです。
細かいカービングをする時は、せめて充分な長さの刃を使いましょう。
 

この・・・

 投稿者:HIDE  投稿日:2007年 6月18日(月)08時31分42秒
  おはようございます。
この写真のでっかいノギスとライターってどこに売ってるんですか?
僕もこんな写真撮って見たいんで^^
冗談はさておき、『1ミリ×3ミリのサムプリントと、幅が1ミリ強のベベラと、幅が2ミリ弱のミュールフットを作って』ってその部分だけでもかなりすごいのに、さらにこんなちっちゃなカービング・・・
米粒に般若心経を書く人を思い出しました^^
こういった極小のモノって目で見てどうこうできるものでないような気がするのですが、どうなんでしょう^^;もうイメージと手の感覚だけって感じなのかな?
とにかくお疲れ様でした^^

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"
 

はじめまして

 投稿者:naho'デシ  投稿日:2007年 6月17日(日)17時28分39秒
  はじめまして。いつもここの掲示板を見るのがとても楽しみです!
言い方が悪いかもですが、みなさんもう変態的ですね!(本当にすみません)でも僕もこんな風に変態的なすごいのを作れるようになりたいです。

Bakaさんの写真のすごくキレイだと思います。
質問なのですが、フラワーセンターもこんな小さなものができるんですか?売っているのでしょうか?
自作な感じもしますが。

ここで素敵な作品を見れるのがとても幸せです。またちょくちょく見に来ようと思ってます。失礼しまっす
 

こ、細か・・・

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 6月16日(土)07時21分24秒
  >Bakaさんへ

ものすごく 解るような気がします!!
その、微妙なニュアンス♪ サービス精神が多すぎですよ~ こんな細かいのさすがにBakaさんもお疲れになったことでしょうね。

残りの2つかなりきになりますが、写真を見る限り 全然いける気がするのは、私だけでしょうか?
むしろ、二つ 嫁入り希望ですよ。貧乏なので・・・買える範囲でしたら・・・
あ~でも、これの大変さを考えるとそんなわけにもいかないですねw

>ズル師匠さんへ
デシの弱みでしょうか・・・師匠の言葉は絶対?白も黒といえば黒な~んてことはないですねw
むしろ楽しそうなんて・・・まさか、ど、ドMでは?
 

実は・・・

 投稿者:ズル師匠  投稿日:2007年 6月16日(土)06時39分0秒
  BakaでズルいTFLのオーナークラフトマンは、後から彫った3つは染色から仕立てまでデシにやらせたのでした。疲れちゃいまして・・・。
でもデシは文句ひとつ言わず3つまとめて黙々と・・・いや、むしろ楽しそうにすら見えた(本当に)。
 

巨大なノギスとライター(?)

 投稿者:Baka  投稿日:2007年 6月16日(土)06時01分30秒
編集済
  2重リングを使った、いわゆるシンプルなキーホルダーだけどカービングを入れて欲しいというオーダー・・・・・「予想を超えた細かさのカービングをしてあげたらお客さん喜ぶかな?いや、驚くかも」というサービス精神とイタズラ心から始まったこの挑戦・・・。

コレだけのためにわざわざ1ミリ×3ミリのサムプリントと、幅が1ミリ強のベベラと、幅が2ミリ弱のミュールフットを作って臨みました。
でも刻印以前にカットが終わった段階で言い知れぬ危機感・・・どう見ても全てのパーツがプロポーション崩れまくり&茎の太さもバランスがバラバラ。ラインが0コンマ数ミリ狂うだけで印象が全然違っちゃうんですよ・・・。

「でも0コンマ数ミリの誤差なら刻印で何とか誤魔化せるかも」という逃げ道に淡い期待感を以って刻印作業に進みました・・・けど、淡い期待はあっさり打ち砕かれ・・・。
「色をつけちゃえば何とかなるかも」・・・・コレもダメ・・・「いや、仕立てちゃえばきっとそれなりに・・・そうだ!縫い目を異常に細かくしてそっちに目を引いちゃえば・・・」・・・・・やっぱりダメ。

あ~あ、完成した暁には達成感を満喫するつもりだったのに、この敗北感はなんなんだ???

こんなブレブレのカービングじゃ人様からお金を取れないよ・・・かと言ってあげるわけにもいかないし・・・とてももうひとつ作り直す気力はないし・・・
こうして憐れな負け犬は、大きい(?)フラワーがひとつだけの無難なキーホルダーを作り直したのでした。負けた悔しさへのささやかな反発で、3つも作っちゃったのでした・・・合計4つのうちの3つは売る宛すらないのに・・・。
やっぱり僕はBakaなんです。
 

なんか・・・こわいっす

 投稿者:HIDE  投稿日:2007年 6月 9日(土)08時50分1秒
  おはようございます。

≫おたまさん
すいません。ご期待に添えなくて^^;>イシシッの件
僕は落ち着いてもいなく、頼もしくもありませんよ^^;
いつも酒飲んでるし。気は利かないし。自分に甘いし^^でもそう言って頂けるとなんかうれしいですね。
作品も褒めて頂いてありがとうございます。素直にうれしいです。
^^これからもどんどんねって・・・ん? これからもコレが続くとなると神経衰弱でぶっ倒れそうなのでかんべんしてください^^;
赤くならないクレームのほかでって・・・穴が開かないとか?ですか?
ちょっと何か予想がつかないのでこわいですねぇ。。。。
でも、連絡待ってますね^^
ウチは学童(保育)ではなく、僕が小学校・幼稚園のせがれ二人とも時間に帰って来るといろいろと面倒をみながら作業したりしています。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"
 

いじめにならなかった・・

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 6月 9日(土)07時24分14秒
編集済
  HIDEさん
緊張させてイシシッっていうつもりだったのに
HIDEさんはとても落ち着いていて、なんて頼もしい人なんだって思いました。
はじめて2年とはとても思えないすばらしいカービングですね。ビックリです。
これからもどんどん送ってもらいたいです!(ダメ?
で、電話で話してたクレーム(じっと見つめても赤くならない)のほかにお知らせがあるので後で連絡しますね。
こちらこそ、よろしくです。
あ、HIDEさんちって、学童じゃないですよね??

では、では!Practi・・・  感染したかな・・?
 

いました

 投稿者:HIDE  投稿日:2007年 6月 8日(金)07時54分53秒
  おはようございます。

いましたよ~^^
まさかおたまさんから電話が来るとは思いませんでした^^;
文字のみでしか会話したことがなかったので、なんか新鮮でしたが、書込みから想像するより、落ち着いた感じの声をされていて、ちょっと意外(?)でした^^
「じゃあ今からあけますね^^」って電話越しにうれしそうにされているこの人は、ホントお茶目だなぁと思わずこっちまでワクワクしてしまいました。
おたまさん、作品を褒めてくださってありがとうございます。
ホント素直にうれしかったし、あの後作品製作にも気合が入りました^^
これからも子連れレザークラフター仲間としてよろしくお願いいたします^^

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"
 

新しい「いじめ」??

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 6月 7日(木)15時14分42秒
  昨日HIDEさんから荷物が届いたんですけど・・・
実はまだ開けていません。
私がHIDEさんの作品を見るというのが何故か緊張するらしいので、
HIDEさんには私が開封する時にリアルタイムで緊張してもらおうと思いましてね。
HIDEさんに電話が出来る時間までひたすら我慢していたのです。
では、今から電話しますね。
HIDEさんいるかな~??

マジョーアさん
やはり、電話で話してたとおり後からやってきましたか!
お大事になさってくださいね。
で、ミキサーと言えば調理器具しか思い浮かばないです。

2310さん
モウルをたたいてるんですか??
って、細かーいところを突っ込んでみたりして~
 

今頃...

 投稿者:マジョーア  投稿日:2007年 6月 6日(水)08時09分41秒
  アメリカではどうも無かった腕、肩、手が...今頃になって痛くなってきました。しかも右ばかりで、スーベルナイフもうまく使えない状態。 シェリダンでは病気だけはしないようにと 気をつけていたのですが、今気が抜けてしまったのかな~

こぶたちゃん お久し振りですね。ただいま~! そのうち通行手形発行するので サドル見にきてね。 カービングのバランスちゃんと見てくれたのですね。 さすが... コーナーだけのカービングなので バランスが一番大事なところ、曲線とのつながり...と一応気をつけて 制作しとのですよ。 私はハイテク音痴なので何のわかりませんが、ミキサーって な~に? ミュージックバンドが使っている あれ? う~ん それともお料理に使う あれ?

栃木の2310さん、 そうか~本物のサドル見てきたのだね? そのサドルって馬につけて人が乗れるのかな~?
私のサドルのフェンダーが短いのは わたしに合わせて作ったから...
いつか 挑戦してください
 

リアルサイズ

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 6月 5日(火)12時33分53秒
  今日 お買い物をしに レザークラフト ベベラにいってまいりまして、お茶を飲みながらいろいろな話をしってると、鞍の話になり そういえば昔つくったよ~なっておっしゃり、玄関においてあるよ~なんて 言うので、拝見・・・・

でかっ かっこいいw
ほっほしぃ・・・

これどうしたんですか?と聞いたところ むかし カービングだけして、したては頼んだそうです。
???

どこで仕入れたのですか~?と聞くと クラフト社のカタログに載ってるよ~って いわれたので見せてもらいました・・・
ほんとだ 載っている!! 値段 初め 18万 次12万 最後15万 かたちもビックながら 値段もビックだw しかも 為替の影響を受けて値段が 変動していた そうです。

むかしのカタログをいっぱい持っていて ちょっと楽しくなってしまいましたが、現在は消えてなくなっていますよね~ やっぱり 実用性がないからなのか カタログからも 消えてなくなってしまって ちょっと残念ですね。
いつかは 作ってみたいですが ちょっとむりかも・・・

写真で見ただけでは 実感がわかなかったのですが 本物をみると マジョーアさんの大変さが数% 感じられました。 製作している Takaさん ならもっと感じているのでしょうね~。

あ、インターナショナル大会?って本に モウルをたたいてる Takaさんを発見バックと一緒に 掲載されていました(笑)
最近はじめた 私には 新鮮でたのしかったですよw

そういえば、サドルキットが・・・ あ、催促なしでしたね♪
 

遅ればせながら

 投稿者:こぶた  投稿日:2007年 6月 4日(月)23時43分42秒
  暫くサボってたら物凄いことになってますねぇ・・・。

まじょーあ様
遅ればせながらお帰りなさい!!そしてサドルの画像ありがとうございました!!
サドルの見方なんて全くわからないんですが。
何故かマジョーアさんのお姿と似通っているような気がします。
決して派手でなく、曲線が綺麗でカービングのバランスも絶妙で・・・。
これだけなら繊細な作品だなぁって思うだけなんでしょうが・・・。
何故か物凄くパワフルな感じがします。
分厚い革の迫力といえばそれまでなんですけど、なーーんか元気にさせてくれますね。
いつの日か実物見せて下さいね!
長期間の重労働+慣れない環境だったのに「元気になって」帰ってくる辺り…やはり魔女ですね。
ところでまじょーあさんってミキサー持ってます?

Takaにーさん
ご無沙汰してます。書き込みってタイミング逃すとなかなかしにくい物なんですね。
お元気でお過ごしですか?
ちょっと仕事がバタバタして来てるのでなかなかクラフトの時間を捻出するのは難しいのですが。

え?こんなところに書き込みしてる時間があったらクラフト出来る?
確かに…orz
 

(無題)

 投稿者:マジョーア  投稿日:2007年 6月 4日(月)15時20分10秒
  沢山のお褒めの言葉 ありがとうございます。 写真だけでは良いところも悪いところも分からないとは思いますが...
クリントが攻められない様に 精一杯作ったことは事実です。
タカさん、シート美しいでしょう? 最後に神経をいっぱい使ったところです。 そうね、こちらの世界の通行手形を持ってたらいつでも来られますよ。

おたまさん、そうなんです。 その時は力仕事ばかりで 心豊かなんて 考えるゆとりはありません。夜になって物音一つしない部屋で ピアノやフィドルのレコードを聞いているそのひとときが 後になって振り返れば 心豊かな生活だったかな~と。 確かにベートーベンやモーツアルトを聞いていると 心の栄養になりましたよ。

デシ君、 そうね、次はお金を貯めてからかな~...でもそんなことしてたら 先が短い私にとっては 行けなくなってしまうかも... 馬も持ってないし乗れないのに 何でサドル作りたいのかしら...? 第2作目 いつになるかな~

こまちさん、 ピート・ゴレールはどうしたのか分かりませんが、私だったら あれは腱鞘炎かもね。  5月に御目にかかった時はなんでもなかったので 多分大丈夫でしょう。  ちなみに今年のアル・スツールマン アワードは 彼がゲットしましたよ。 とても優しい素敵な方です。

栃木の2310さん、 どうもありがとう!  そうね、ドン・キングとの対面は会場ではなく その前にお見せしにいったのですよ。 神さまは そこに座ってらっしゃるだけで もうオーラがあふれ出て いっぱいあびて帰ってきましたわ。

HIDEさん、 歯をきれいにして見てくださって どうもありがとうね。
あなたもいつかは....と 考えていますか? 頑張れ!
 

しつこいけれど・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 6月 4日(月)13時05分39秒
  見れば見るほど魅力的(マジョーアサドル)
ついつい何度も見てしまいます。特にシートの部分の曲線がそそられます。
失礼ながら、思わず「本当に初めて作ったの?」と言いたくなってしまうような完成度。
マジョーアさん、そろそろガマンできないので、近いうちにマジョーアさん宅に実物を拝みに押しかけてもいいですか?
魔女の自宅って、一般人でも行ける場所にあるんですかね?
 

感謝・・

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 6月 3日(日)04時58分23秒
編集済
  マジョーアさん
報告と写真のUPありがとうございます。
マジョーアさんが彼の地でフェイ先生のきびし~~い指導のもとで、それでもなお心豊かに製作されたと感じます。
でも実際の作業(なれない工具や厚みのある革との格闘)は、心豊かなんて言ってられないよ~かも知れませんが・・・
フェイさんがフィドルを演奏してくれたってLittle House on the Prairieのチャールズを思い出しました。
彼は家具職人でしたね。

私はいつかその美しいサドルに出会うことができるでしょうか?
その日が来る事を願いつつ、改めてマジョーアさんが示してくださった勇気と行動力、
そして与えてくださった感動に敬意と感謝を表したいと思います。

ありがとうございました。
 

!!

 投稿者:デシ  投稿日:2007年 6月 2日(土)19時12分59秒
編集済
  おぉぉ~
あまり専門的には分からないですが
カッコイイですね。

女性が作ったとは思えない力強さがあると思います。
説得力があるというか何かを感じさせてくれる作品ですね。
アメリカでの生活がいかに充実していたかを物語ってる感じです。

マジョーアさん、もう次作りたいと思っているのではないですか?

いいにおい。シェリダンのかほりがします。
お疲れ様でした。
 

ウッ・・・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 6月 2日(土)17時01分38秒
  マジョーアさん、報告と写真どうもありがとうございます。

マジョーアサドルの出来栄え・・・衝撃です!!!(知り合いだからというお世辞は全く抜きで本当に)。

師匠(クリント・フェイ)にはやり方を教えてもらっただけで全く手を入れてもらわずに、全部自分でやった、とお聞きしていますので、それを前提として写真を見ました。

そして「初めて作ってここまで完成度の高いサドルというのが作れるものなのか!」という印象を受けました。
マジョーアさんのカービングの質の高さは言うまでもありませんので、仮にカービングのないPlain(無地)のサドルであったとしても、サドルメーカーという専門的な目から見て、本当に立派なサドルだと思います。
ライン取り、バランス、(視覚的な)安定感・・・どれも一人前のサドルメーカーが作ったサドルとなんの遜色もなく、いわゆるサドルとして「美しい」です。見心地のいいサドルです。
見心地のいいサドル・・・美人をずっと眺めていたいのと同じように、ずっと眺めていたいサドルという意味です。

アメリカでカスタムサドルメーカーを名乗る職人が作ったサドルで、マジョーアさんのこのサドルの完成度に遠く及ばないものもたくさんあります(実話です)。
そういう意味で、「これはカスタムサドルメーカーが作ったサドルなんだよ」と言っても、皆信じてしまうでしょう。アメリカ現地であっても。

シェリダンでお披露目をした時に多くの人から賞賛されたとお聞きしましたが、お世辞ナシで本音として賞賛したことは間違いないと思います。サドル製作の経験がある人にとっては、衝撃(僕と同じく)でもあったのではないでしょうか。

同時に、サドルメイキング初体験のマジョーアさんにこれほどのサドルを作らせた指導者(フェイさん)のすごさも特筆すべきだと思いますし、それに応えたマジョーアさんは彼にとって誇りの生徒でしょう。

べた褒めだけしてもわざとらしいので敢えて言わせもらいますと、細かく見ていくと完璧とは言いません。
でもひとつのウェスタンサドルという作品として見ると・・・・・
もうアメリカで言われすぎて聞き飽きているかもしれませんが、僕からも敬意とねぎらいをこめて
”You did excellent job!!!"
です。
お疲れ様でした。
 

(無題)

 投稿者:こまち  投稿日:2007年 6月 2日(土)14時02分43秒
  新しいクラフターズが届き、P17~21を眺めつつ、
こんな感じでやってるのかなと想像していました。
かわいい雰囲気のサドルですね。
大変な作業があったなんて思えませんよ。
ほんとにステキです。
さわってみたいです。
ところで、クラフターズP19のphoto15と16の間に
なにが彼の右手首に起こったのか気になるところです。
 

現実は小説より奇なり

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 6月 2日(土)09時22分46秒
  マジョーアさんの作品とってもすばらしですね♪

それにしても、ドラマの様な展開、そしてエキシビションでのDon King氏との対面へのクライマックス!!

その場にいたら 目がうるうるしてしまいそうな場面でしょう そして、マジョーアさんががんばったからこそ その反動も大きく感動が押し寄せてくるのでしょうね。

サドルが作れることが アメリカの文化 なんて いまさらながら 考えにふけってみようと思います。

それにしても 無事に帰ってこれ そして、作品が完成したことが とってもよかったですよね!!
 

うおお!!

 投稿者:HIDE  投稿日:2007年 6月 2日(土)08時15分33秒
  >マジョーアさん
今歯磨きしながらPC立ち上げて、ここにきたら!!!あるじゃないですか!!!!
スッゴクきれいなサドルですね!!^^
早く実物が見たいッッ!!
これ、今日本にあるんですよね??
改めまして完成おめでとうございます!!!
 

それで・・・

 投稿者:マジョーア  投稿日:2007年 6月 2日(土)02時22分34秒
  そのサドルがこれです!
(シェリダン現地にて撮影)
 

My first saddle

 投稿者:マジョーア  投稿日:2007年 6月 1日(金)23時10分40秒
  うふふふ~ん...えらいことになってしまってたのですな~ 箒を捨ててアパルーサにピカピカのサドルつけて登場!としたかったのですが、あまりの気はずかさに またもや箒に乗って...
みなさ~ん ただいま~! 元気もりもりマッスルつけて帰ってきました。
4月3日シェリダンに着いた時はあちこちに雪が残りクリントの工房への道は1m位に積み上げられた雪が沢山残っていて驚いたのですが、翌朝起きてまたぎっくり、あたり一面真っ白な新雪に覆われていました。そしてシェリダンを去る時は、ライラックやりんごの花が咲きも誰、コットンウッドの綿が飛び交い美しい春になっていました。 そんな長い間サドル作りに没頭することが出来 本当にハッピーな毎日でした。 師匠(クリント)から今回は初めてのサドルなのでカービングは考えないでサドルを作る事に専念したほうがいいよ、とアドバイスをいただき、もっともだと 刻印は一本も持参しませんでした。 しかし作業が進むにつれ、「ここに 少しカービングしてみたら? 今度はこっちにもした方がいいよ...」と、結局はバランスを考えて16箇所にコーナーカービングを入れました。極めつけはサドルに取り付けた革に直接カービングをしたことです。 体をひん曲げ、足腰震えながら、頭にも血が上り 久し振りに緊張感を味わいました。刻印は我がClint FayとJim Jacksonのもの...あ~KING達の刻印のなんて使いにくかった事でしょう...??カントリーミュージック聴きながらクリントと向き合ったワーキングベンチでもくもくと、時に<あ~今クリントはべべラを打ってるな~あら この響きはバーグランダーだな>なんて想像しながら、私もトントントン...
サドルはエキシビションにエントリーする前日にできあがり、出品前にDon King氏に見ていただけて、これは本当に嬉しかったです。師匠も私も本当に緊張した瞬間でした。Don King は丁寧に全部を見てくださり、とてもいいサドルだね 感動した と言ってくださり、これは私の一生忘れる事のできない感動の一時でした。我が師匠のあの大きな目も輝いていました。
サドルを作ってわかった事は アメリカの革の世界ではサドルを作れると言う事がいかに重要視されているかということです。アメリカの歴史が生んだ文化、国民性もほんの少し見ることができたような気がします。 沢山の収穫を得る事ができたシェリダンでのキャビンの生活でした。ハプニングも沢山ありましたが、車もなく、テレビも無く、ご近所もず~と遠く、...朝はローピングの練習をしたり、庭に住むラビットの夫婦やギースに見とれ、アンテロープやタカ、鷲に驚き、夜はレコードに針を落としカントリーワルツを一人で踊ったり(誰もいないんだもん)フィドルの演奏に耳を傾けて...シェリダンでは時はゆっくりと流れていくようです。そうそうクリントがフィドルを弾いて聞かせてくれました。

エールを下さったみなさん、そしてTAF Round Upをしてくださったタカさん、栃木の2310さん、デシくん、おたまさん、こまちさん、HIDEさん たくさんの拍手どうもありがとう!感激しています。...いや~~テレるな~
デンバーのSandyいろいろとありがとう!

写真のUp 挑戦してみます。
 

拍手六

 投稿者:HIDE  投稿日:2007年 6月 1日(金)19時07分48秒
  パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

さあ!はやくはやくぅ^^んもぉ待ちきれないっす(泣
ドルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル・・・・
 

拍手5

 投稿者:こまち  投稿日:2007年 6月 1日(金)18時28分0秒
  マジョーアさん、元気いっぱいとのことで安心しました。
帰ってきて一番最初にナニを食べましたか?
私が13年の転勤生活を終えてこまち市にもどった時は、
スーパーマーケットでいちいち感激してましたよ。
もうすぐ力作登場!期待しています。
 

拍手4

 投稿者:おたま  投稿日:2007年 6月 1日(金)13時42分19秒
  パチパチパチパチパチパチパチパチ・・(8回いるの??
これ以上待てないよ~

ファンファーレなんかもどうでしょう。
パンパカパーン、パッパッパ、パンパカパーン

プチって・・・やったね!
 

拍手3

 投稿者:デシ  投稿日:2007年 6月 1日(金)11時57分27秒
  おぉ~いよいよか。ドキドキしますね~
パチパチパチパチパチパチパチパチ


あ~Takaさんっ
 

拍手2

 投稿者:栃木の2310  投稿日:2007年 6月 1日(金)11時22分31秒
  (*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

待ってました♪
 

拍手1

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 6月 1日(金)11時10分4秒
  パチパチパチパチパチパチパチ破血(?)・・・パチパチ破血・・・・プチッ  

オープニング

 投稿者:司会  投稿日:2007年 6月 1日(金)11時01分49秒
編集済
  みなさんこんにちは。

「マジョーアサドル完成祝賀パーティー@TFL Round UP BBS」の司会を努めさせていただきます、Baka 大疲です。

マジョーアさんは先日帰国し、長旅(修行)の疲れにもかかわらず元気一杯の声で帰国の一報をくださいました。
そしてつい先ほど、いろいろな片付けも一段落してこの掲示板に書かれた皆様からの激励と期待に満ちた書き込みを全て読んだので、そろそろ報告とサドル写真の公開をしようと思う、との連絡がありました!

それでは皆さん、いよいよマジョーアさんご本人とサドル写真の登場です!

盛大な拍手を以ってお迎え下さい!!!
 

レンタル掲示板
/13