teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 5月16日(土)19時07分25秒
  皆さんこんばんは!
頻繁に登場してしまうのは気が引けていたのですが・・・・。
これだけはお伝えしておかないと気が済まない!と思い、またまた登場。笑
Takaさん、大山さん、昨日は充実した濃い~内容の講習会をありがとうございました!!
ニコチンタイムの油断した時にバッタリとお二人にお会いしてしまったので、思わず手が勝手に握手を求めてしまいました。笑
また、エル社のスタッフの方々にも感謝!です。ありがとうございました!

そして・・・・多くの受講者の方々、お疲れ様でした!!
昨日は僕ら受講者の大前進の一日でしたね!!
席の遠かった方とは、なかなかお話ができなかったのが心残りですが・・・・。
いろいろな出会いがありました。そうゆう事は今までの講習会ではなかったのですごくありがたく、嬉しく思いました。

こまちさん、mayumiさん、ハンニバルさん、おかえりなさい!
遠方から来られていた方があんなにいらっしゃるとは思いませんでした、本当にお疲れ様でした!

mayumiさん>失礼なこと?フォークのお話でしたか?違うかな。
失礼だなんてまったく思ってないので大丈夫ですよ~。

こまちさん>節約モードに入られましたか!
僕も・・・・なんて思ってると、いつもの刻印依存症がでてきます。笑
あの刻印いいな~・・・・みたいな。

最後に・・・

Takaさん>電車の中で思いついた!という例のお話、現実になるといいですね~。
楽しいだろうな~。
そしてお誘いいただいたので、遠慮せずに伺わせていただきますね!笑
まさかトラックが止められるとは・・・・。
そんでもって、○山さん・・・イケメンです!
 
 

講習ご苦労様でした

 投稿者:ハンニバル  投稿日:2009年 5月16日(土)10時53分41秒
  タカさん、大山さん、二回に渡るエル社春期講習御苦労様でした。
ワタシも一受講者として、カービングを嗜む者として
多いに学ばせていただいた事は既にお話したとおりです。
共に受講された皆様からも新たな刺激と
忘れかけていた新鮮な気持ち(共に学ぶ仲間がいる幸せ)を
与えていただきました事を感謝しております。

タカさん、色々と御都合もおありかと存じますが、
御自身の書き込みにもある様に、
沢山の方々が次回の講習を心待ちにしておられますね!
当然ワタシもです!!
訝しがらずに今後も参加させてください…(笑)
ワタシが参加してストレスを感じるならば
肩くらい揉みますから(爆)

最後になりましたが、
声を掛けていただいた沢山の方々に改めて
御礼申し上げます。
満足にご挨拶出来ずに失礼いたしました。
 

充実の一日でした。

 投稿者:こまち  投稿日:2009年 5月16日(土)10時24分52秒
  家に戻り、とりあえず道具をいつものところにもどし、
メモしてきたのをチェックし、使ったお金を計算し、
エルさんに注文した分の費用を寄せました。
あぁ~、実にオバサンっぽいですね。

タカさん、ありがとうございました。
オオヤマさん、ありがとうございました。
江東区のお嬢、墨田区のお嬢、三重のお嬢、ryuくん、皆さん、
ありがとうございました。
一人でコツコツやってますので、勇気百倍といったところです。
自己流(個性とは別物)に陥るんじゃないかという恐怖をすこし振り払えたかな。
自分の勉強不足を「一人でこつこつ」とか「自己流」のせいにはしたくないので。

それにしても、タカさんとオオヤマさん、若返っていますね。
何をたべるといいのかな?のど飴、効きますか?
オオヤマさんなんかズルですよ。ボーズ頭→ワックス効果頭で。
次はどんなんか期待大ですからね。
こんなにヒーローっぽい二人なんだから、
ポーズをきめた撮影会と握手会しなきゃね。
グンマレンジャーみたいに。
こまち県は「超神ネイガー」に守られてますよ。

次回の講習会参加に向けて、オバチャンは節約モード続行です。
 

お疲れ様でした

 投稿者:mayumiメール  投稿日:2009年 5月16日(土)07時33分45秒
  タカさん 皆さん お疲れ様でした。とても楽しく、勉強になりました。すばらしい一日を有難う。RYUさん初対面で失礼なことを言いましてゴメンナサイ。そして こまちさん 創造していたとおりの優しいお顔で、これからのコメントを楽しみに読ませて頂きます。
。私も田舎者のおばちゃんですが、これからも若い人に刺激を受けて頑張ります。

今回の講習会で、東海地区の方が多かったのにビッツクリでした。ので、タカさんぜひぜひお願いしますね。東海地区進出を・・・・近いうちに連絡します。

今回お世話になりました エルさんのスッタフのみなさん、いっしょに講習を受けた皆さん本当にお世話になりました。また、いつかお会いできるのを楽しみにしています。
 

直後の・・・ご挨拶

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 5月16日(土)03時01分50秒
編集済
  15日の協進エルさんでの追加講習にご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。
講習終了後、エルさんの革倉庫を見学させていただき、スタッフの方々と「反省会」という名目で実質「打ち上げ」のお食事会をご馳走になり、終電にて日付が変わる12時直前に工房に戻りました。

それにしても・・・講習会、盛り上がりましたねぇ~。講習会を兼ねた親睦会だったような・・・異様な昂ぶりすらありましたね。休憩時間や講習終了後にも、次から次に話しかけていただいて・・・休む隙も与えられなかったような・・・トドメは記念写真の撮影会とサイン会ですね(笑)。記念写真は予測していましたが、サインは予測していなかったので練習(?)していませんでした。汚いサインでごめんなさい。

そんな僕たちも皆さんから頂いた熱気と興奮が抜けず、クタクタなはずなのに帰りの電車で眠る事もなく、講習の事を2人で語り合っていました。
こうして気持ちが昂ぶっている今のうちに、ココにご挨拶を書いています。

もちろん「親睦会」的な面だけでなく、講習そのものも充実感がありました。
8日の第1回講習もそうでしたが、僕たちの実演を熱心に見入り、説明に聞き入り、活発に質問が飛び交い・・・指導する側としてとてもやり甲斐があり、充実感と満足感満タンでした。
指導する側の「伝える」気持ちと受講する側の「受け取る」気持ちに温度差があると、なんとなく不発な気分になり、僕たちとしては充実感を得られないモノなんです。
そういう意味で今回の2回の講習は、僕もデシも「こんなに充実感と満足感のある講習は久々(もしかしたら初めて?)だった」という感想で一致しました。ゴマすりじゃなくて本当なんですよ。
8日も15日も講習開始時に「今日一日、一緒にレザークラフトを楽しんで思い出に残る講習会にしましょう」と申し上げましたが・・・多分、皆さんよりも僕とデシの方が思い出に残る講習会となってしまいました。

ベテランの方々、先生方、新人、若手クラフターの方々、様々な世代のクラフターが講習に参加してくださり、また、GW中のジョイフル2での実演も含め、シェリダンスタイルカービングへの機運の高まりというのを肌で感じました。
協進エルやクラフト社にて、シェリダンスタイル用、フラワーカービング用の工具類も今まで以上に充実しつつあります。ご存知の通りクラフト社より国産初のシェリダンスタイルカービングの図案集も出版されました。
そして僕たちの講習が、受講者の皆さんの飛躍のきっかけとなれば、これほどの喜びはありません。

最後に、このような素晴らしい講習の機会と出会いの機会を提供してくださった協進エルさんに、心より感謝申し上げます&感謝申し上げましょう!
皆さんにも、協進エルさんにも「どうもありがとうございました」。


オマケ1
多くの受講者の方から「次回はないんですか?」という言葉をいただきましたが・・・実は今年だけでもあと2回、内定しています。お茶を濁したお返事ですみませんでした。
そのうちの1回はすでにサンプル作品も完成していまして(その製作でゴールデンウィーク返上だったのですが・・・)、という事は内定と言うよりも99%決定ですね。
クラフト界の講習会情報にアンテナを張っておいて下さい。
またお会いするのを楽しみにしています。

オマケ2
すでにほとんどの方がお読みになっているかと思いますが、まだ読んでいない人のために・・・。
今日のシェリダンスタイルの原型を確立した故ドン・キング氏の追悼記事で、シェリダンスタイルの歴史のようなモノを紹介しています。
http://www.taka-fine-leather.com/don_king/legend_forever.htm
2年前に書いた記事ですが、僕自身いまだに時々読み返してはシェリダンスタイルに取り組む気持ちを引き締め直しています(自分で書いた記事なのに変ですかね?)。
きっとシェリダンスタイルに向かい合う気持ちが変わると思いますので、まだお読みになっていない方は是非読んでみて下さい(すでに読んでいる方も、「たまに復習」で)。
 

直前すぎますが・・・ご挨拶

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 5月14日(木)22時53分47秒
  あっという間に一週間が経過して追加講習前夜になってしまいました・・・いやぁ~、忙しいですねぇ~。

明日の受講者の皆さん、こんな時間に書いても読んで頂ける方はほとんどいないと思いますが・・・明日も、充実した楽しい講習会を目標に頑張りたいと思います。
とってつけたようなご挨拶でかえって失礼かもしれませんが、デシ共々よろしくお願い申し上げます。

>maoさん
せっかく書き込みくださったのにお返事できなくてすみませんでした。
ベベラの打刻の補足も含めて、後で改めてお返事させてください。
明日も新しい出会いを期待しつつ、浅草橋に行って来ます。
 

(無題)

 投稿者:mao  投稿日:2009年 5月12日(火)17時00分50秒
  TAKAさん講習会お疲れさまでした。
講習会後、初めてのカービングを今日少しだけやってみました。
ベベラを打ってる時に思い出したのが、
打った後刻印が、その反動でズレルと言うのを、他の講習生の方としていた会話です。

前までのモールの持ち方や打ち方、強さ、刻印も握りの強さを変えてみたら、
打った後に刻印が移動します!!!面白いほどベベラが進んでくれるんす。
多分以前より2.5倍位早くなった気がします。(前が遅すぎ・・・)
革の濡らし具合も気をつけたんで、打った後のラインもフニャりません。
サムプリントやバックグラウンドも革の切れ端で練習しようと思います。
本当に今回の講習会で色んな発見ができ感謝しています。

また講習後に、もえ子さん(Oさん)と新潟から一緒に来たKさんと
食事をしレザーについて色々お話が出来て、とても勉強になりました。
講習会での、こんな出会いにも感謝です。

本当に有難うございました。

http://maography.blog54.fc2.com

 

お返事有難う御座います。

 投稿者:kazuyaメール  投稿日:2009年 5月10日(日)12時42分15秒
  大塚先生、いや、タカさんに「気後れする必要ない」と言って頂けると、勇気がわいてきます。確かにあの講習はカルチャーショックで、これから先どうしよう・・・などと思ってしましました。
私には、まだまだ習得しなければならない技術が沢山ある事に気づかされ、タカさんに勇気をもらい、講習で同じ時間を共有した皆さんに感謝感謝です。

追伸
大山先生は確かにフク○マ似のイケメンっすね。大(オオ)を福に変えたら後の山は同じなので、この際・・・なんて冗談はマジで怒られそうですね。失礼しましたぁ。
 

ありがとうございました

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 5月10日(日)03時18分45秒
編集済
  >8日の春期講習受講者の皆様へ
受講者の皆さん、8日はどうもありがとうございました。
講習開始から、予定を大幅にオーバーしてしまった終了時刻まで大変熱心に受講してくださり、非常に嬉しく思っています。

僕が最初のデモンストレーションを開始したと同時に、僕たちが今までの講習で経験した事のない張り詰めた空気が漂い、正直ビックリしました。
皆さんの真剣さ、熱心さ、眼差しの鋭さ・・・などが作り出した空気だったと思うのですが、あれほどの緊張感が漂う中での実演&説明は本当に初体験で、その熱心さに感動すると同時にビビリました。「これは相当気合を入れないと、皆さんの期待に背く事になるぞ」と。
実はこの事をお昼休みにデシ(大山)と話したのですが・・・彼も全く同じ空気を感じていたようです。

たった1日の講習の中に、僕たちの持てるものを精一杯詰め込んでお伝えしたつもりですが、ご満足いただけましたでしょうか?

ひとつ心残りなのが、しっかりしたご挨拶とお礼を述べることもできず、なんとなく講習が終了してしまった事です。
ですので、この場を借りて・・・
念願叶っての初対面と再会、思いかげない初対面と再会なども含め、緊張と疲労感の中にも僕たちは大変楽しい講習の1日を過ごさせていただきました。皆さんの熱心さと技術の高さに感動しました。
またいつか、どこかで皆さんとお会いできる事を願っております。
どうもありがとうございました。


>井口さん
初投稿ありがとうございます。
こちらこそどうもありがとうございました。
後でエルさんからお聞きしましたが、8日の生徒さんは自分のお教室を持っている先生や、プロ、セミプロの職人さんが大半だったそうです。
ですので独学でやっておられた方にとっては、ある意味カルチャーショックな場となったかもしれません・・・が、僕は井口さんのカービングを見る限り、何も気後れする必要はないと思いました。
また、あのような顔ぶれになる講習会は滅多にありませんので、そういう意味では井口さんは貴重な経験をされたと思います。特に井口さんの隣に座っていたあの方は・・・きっと全国のクラフターの尊敬と憧れの中心の人ですからね!!!(僕なんかの講習にどうして参加したんだろう?いまだに謎です)。井口さんにとっては本当にラッキーでしたね。

確かに「継続は力なり」と、僕が尊敬するクラフターは皆、口を揃えてそう言っています。
僕たちの講習が、井口さんのカービングがグレードアップするきっかけになれたら嬉しいです。頑張って下さい。

それから、大塚「先生」はやめてください。「タカさん」でいいです。どうしても抵抗があったら「大塚さん」にしてください。「先生」と言われるのはどうも・・・苦手です。大山はその辺気にしないので、何でもいいみたいです・・・が、「フクヤマ似」と言われるのは異常に嫌っていますので要注意・・・。
 

井口です。講習有難うございました!

 投稿者:kazuyaメール  投稿日:2009年 5月 9日(土)11時14分2秒
  お初投稿です。

昨日、協進エルさんにて大塚先生、大山先生の講習を受講させて頂きました。
今回大塚先生の講習と言うことで初めて講習というものに参加させて頂きました。

革細工(ハンドソーイング)を始めて8年目ですが今まで我流でやっていました。
レザーカービング自体は2年目ですが、全てが新鮮でどの工程も勉強になり
本当に充実した1日となりました。

受講者の皆さんは、アトリエを持っている方が多いらしく、飛び交う話は
専門的な言葉ばかりで、自分の勉強不足を痛感しました。

手帳カバーの完成は当分先になりそうです。
先ずは、昨日教わったカービングを繰り返し練習し、少しでも上手くなれればと。
継続は力なりですかね。

初めての講習は大満足の1日となりました。
次回、大塚先生の講習会があれば是非参加させて頂きたいと思います。

有難う御座いました。
 

ごあいさつ:アフター&ビフォア

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 5月 7日(木)20時19分46秒
編集済
  5月4日と5月5日のジョイフル2での実演は、お陰さまで好評のうちに無事終了しました。多くの方にお越しいただいてどうもありがとうございました。
思いがけない新たな出会いもいくつかあり、嬉しく思います。
僕たちの実演が、「カービングへのモチベーションを高めるきっかけになった」という人が1人でも居てくれたら、大変嬉しく思います。

実演の後片付けと、8日の講習会への準備が入り乱れてバタバタしているうちに、講習前夜を迎えてしまいました(そんなこんなで今年もTLFはゴールデンウィークの休みがなかったワケですが・・・)。

明日の受講者の皆さん、明日はどうぞよろしくお願いします。かなりグロッキー状態なので、何卒お手柔らかに・・・とは言いましても、始まってしまえば全力投球します!
レザークラフトを通じて、楽しいひと時をご一緒しましょう。
それでは明日、協進エルにてお会いしましょう。
デシ共々、よろしくお願いします。


>maoさん
どうでもいいウンチクをたらたらと書いてしまってすみませんでした。
余分な知識は勉強する必要はないと思いますので・・・貴重な脳みそのキャパシティを、僕と違って、有効に活用して下さい。
明日お会いできるの楽しみにしています!どうぞよろしくお願いします。

>Ryuさん
お返事遅れてごめんなさい。ずっと忙しくて・・・。
カービングがますますお上手になってますね。
スカラプ付きのアーカンサス、十分にアリなんじゃないですか?
サムプリントの方向と、それに合わせたスカラプのカットを吟味すると、もっと良くなるかな、と思いました。
ブログの方で、図案の全体像を拝見しました。感想や意見、僕なりにありますが・・・すみません、今忙しいので、今度エル社でお会いした時にお話しましょう。
 

こんなのもアリ?

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 5月 3日(日)21時24分29秒
  みなさんこんばんは!
前から考えていたアーカンサスリーフにスカラプ。
試しにカービングしてみました。
アリか?ナシか?でいうと微妙だとは思いますが・・・・・僕は気に入ってます。
これ、もうちょい良いカービングになりませんかね~、ご意見があれば是非!!
賛否両論お待ちしてます~


http://realcrafter32.blog116.fc2.com/
 

なるほど!

 投稿者:mao  投稿日:2009年 5月 2日(土)20時23分5秒
  こんにちは、
サムプリント!なるほど!
またまた詳しい、お返事を有難うございます。
これからは、技術以外にも色々な知識も増やす勉強もしたいと思います。
只今、図案の手直しをしていますが、講習会参加後に
もう一度手直しして、その後にカービングをしたいと思います。
では8日に伺いますので、宜しくお願い致します。

http://maography.blog54.fc2.com

 

実演のお知らせ

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 5月 1日(金)10時56分46秒
編集済
  ゴールデンウィーク中の5月4日と5月5日の2日間、ジョイフル2新田店にてシェリダンスタイルカービングの実演を行います(講習ではありません)。

5月4日はデシ(大山)がシェリダンスタイルでストーリーボードの製作をします。
5月5日は僕(大塚)がシェリダンスタイルでフォトフレームをカービングします。
時間はそれぞれ11:00~16:00の予定です。

「ストーリーボード」とは、カービングの工程を段階ごとに一枚の革に一覧で示したものです。今回は最初のナイフカットからフィニッシュカットまでを8段階に分けて製作します。
特に入門者や初心者の方にはきっと参考になると思います。
フォトフレームはA4サイズの革に、写真が入る部分をくり抜いて、残りの余白にフルカービングをします。それを市販のA4サイズの額に入れるだけなので、仕立ての実演はありません。

また、ジョイフル2は「アート&クラフト」というキャッチコピーが示すとおり、絵画や手芸の道具や材料全般を扱うお店です。
中でも新田店のレザークラフト用品の品揃えは全国のジョイフル2の中で最大規模を誇ります。
実演の見学と、工具、材料の購入を兼ねて、是非足を運んでみて下さい。

ジョイフル2のHP
http://www.joyful-2.com/
ジョイフル2新田店の地図
http://www.joyfulhonda.com/map/map-nitta.htm

※ジョイフル2はジョイフルホンダというホームセンターに併設されています。
ジョイフル2新田店はホームセンター隣の建物の2階になりますので、ホームセンター側と混同されないようお願いします。


>maoさん
お返事遅れてすみません。
そうですか・・・そういう理由での再チャレンジだったのですね。
「何となく・・・」という気持ちは分かる気がします。「なぜか理由は分からないけど、またやってみたくなった」に近いモノですかね?
「うまく出来ない」→「悔しい、イライラしてくる」というプロセスは僕も全く同じです。
負けず嫌いである事は、上達するためにはプラスな要素なのかもしれないですね。

ブログ拝見しました。結構な量のカービングを、一生懸命研究しながらこなしたのですね。
カービングの上達って(カービングに限らず何でもそうかも知れませんが)、「上手な人に習う」とか「ノウハウを知る」という事以上に、「絶対量をこなす」事と「自分で考える、研究する」ことの方が大切なのだと思います。
カービング歴半年にもかかわらず、maoさんがあれほどの柄を描いて彫った事に納得しました。
プレーンモノの作品も拝見しましたが・・・これに関しては僕からどうこう言うのは失礼じゃないかと思うくらいで・・・「お見事」以外に言葉が見つかりません。

ちなみに、サムプリントは、シェーダー、ペアシェーダーとも呼ばれている刻印で、昔からある普及価格帯の刻印で言うと「P」から始まる品番の、影を表現するための刻印です。
サムプリントは直訳すると「親指の跡」という意味で、洋梨の形の影(ペアシェーダー)とはシルエットもエッジの雰囲気も違うので、アメリカでは区別するために呼び分けている人もいます・・・が、影を表現する刻印全般を総称して「シェーダー」と呼んでいる職人さんが多いです。
刻印の呼び名って、アメリカでの呼び名がカタカナになってそのまま日本で使われているので、分かりずらいですよね。
その反面、意味を調べてみると・・・
「ミュールフット」→「ラバの足(蹄)」、「ベンナー(正しくはベイナー)」→「葉脈をつけるモノ」、「ベベラ」→「傾斜をつけるモノ」など、なるほど!と思う絶妙なネーミングがあって面白いです。
 

お返事有難うございます

 投稿者:mao  投稿日:2009年 4月25日(土)23時28分33秒
  Takaさん、お返事有難うございます。
イラストまで描いていただき本当に参考になります。
実は真ん中の葉は最初Takaさんの言われてる所にありました。
そうなると真ん中に空間が出来て僕のカービングの引き出しでは
埋められなかったのです。
そうです、妥協して仕上げてしまったのです(反省)
まだまだ枠の中を埋めるので精一杯です。
Takaさんが説明していただいた事を参考に、また図案の修正をしたいと思います。
非常に聞きにくい事・・・というか恥ずかしいんですが・・・
サ・サ・サム・サムプリントってなんでしょう・・・?

Takaさんからの質問ですが、また始めたキッカケは
何となく、また、やってみようか~くらいでした。
最初にやって、やっぱりヘタクソでした。
何回か書き直し彫ってみる→何故上手く描けない?→悔しくなってきた(イライラした)
→描く→彫る→描く→彫るを繰り返した→少し変化が出てきた。
上手くなってくると、人間ってのは、ちょっと楽しくなってくる。
その辺りから火が付いた気がします。前は火が付く前に止めてしまったのかな?
自分でも良く覚えてないんです。
それを繰り返していたら、もっと上手くなりたいという
今度は欲みたいな出て来ました。
で、楽しく苦しいカービング地獄に、はまってしまってます。

実はネットショップも運営しておりまして、
とりあえずブログのアドレスを載せておきますので、
宜しければ、ご覧いただければと思います。
ヘタクソなカービングの経過が少しアップされてます・・・

http://maography.blog54.fc2.com

 

こんにちは。

 投稿者:米澤メール  投稿日:2009年 4月25日(土)19時43分2秒
  こんにちは、この前Ryuさんにお会いしました。研究熱心でびっくりしました、、、。

教えてもらうこともあったりして楽しかったですよ!小さいバスケットで中抜きとかやってて驚きました(笑)

一ヶ月くらい前にサーフボードをぶつけて肋骨にひびが入っていたんですが、今日折れたみたいです、、、、。いたいですね~、、。
横になるのはまだ我慢できますが起き上がるのに45分かかりました、介護ベッドが欲しいです、もうおじいちゃんですね(笑)

http://hemis.web.fc2.com/

 

お返事

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 4月25日(土)13時43分36秒
編集済
  >Ryuさん
腹の上ではなく、腹の横のポニョです。厳密に言うと、真横よりちょっと後寄り・・・年齢的な問題で仕方ないのかも知れませんが。
皆気にしている事だから大丈夫という問題でなく、僕はボトムスはジャストサイズのジーンズしか持っていないので、ポニョ×1ならまだしも、ポニョ×2になると、何十本というジーンズが一気に穿けなくなるワケで・・・結構深刻です。頑張ります。

Y君って、鴨川のY君ですか?会ったんですね。
カービングの話だけでなく、海の話でも盛り上がったのではないでしょうか?
ところで僕を「アイドル」って・・・。
数ヵ月後には40歳になりますし、一応これでも職人を自負していますので、アイドル呼ばわりはカンベンしてください、ホントに。

ちなみに5日で15アイテムは、キーホルダー程度の小物を10点近く含んでいます。それでも僕としては多いほうですが、一般的なプロの職人からするとメチャクチャ少ないはずです。謙遜でなく本当です。
僕は「プロの職人たるもの、物凄いスピードで、しかも完璧にキレイな作業が出来て当たり前」という(憧れに似た)信念のようなモノがありまして・・・僕はこの部分がクリアできていないので、「やっぱすげーなー」には値しません。ゴメンナサイ。


>maoさん
初めまして。勇気を出して画像付きで初投稿どうもありがとうございます。
たった半年でこの図案にこの彫りですか・・・最近のクラフターは本当に末恐ろしい人が多いですね。

せっかくですので、maoさんの質問と画像を題材に、お勉強会(?)をさせていただきたいと思います。

まず、僕が思うに、カービングには図案にも彫り方にもルールはないと思いますので、「あり」か「なし」かという質問は存在しなくていいと思います。
「自分はこれがいい!こうが好き!」という柄を描いて彫れば、それは「あり」なモノだと思います。それを見て共感する人、感銘を受ける人が少しでもいれば言う事ないですね。
逆に・・・強いて言えば、自分がどんなに気に入っても、10人中10人が不快感を覚えるカービングは「なし」となるかも知れません。

このmaoさんのカービングは、細かく言えば改善の余地はあるとは思いますが、全体的にまとまったいい図案だと思います。
特に今回のように(これは多分お財布でしょうが、2つ折りになる事を考慮して)「どうしても真ん中を区切りたくなく」という明確な意図があり、その意図が実現できて、立派に成り立っている図案という点はすごい事だと思います。金具(ドロップハンドルかな?)がつく位置もちゃんと考慮してボーダーをとっていますね。
僕が初心者の頃は、「どこをどうしたい」という以前に、枠の中を柄で埋めるだけで精一杯でしたよ。

「カービングにルールはない」と言ってしまうと、アドバイスというのもなくなってしまうワケですが・・・「僕だったらこうする」という前提で、いくつか提案させていただきます。
下の写真の・・・
①このフラワーの向きをこうした方が、右下のフラワーと違った向きになり、柄に変化が出る。元のままだとフラワーが下向きの動きの印象を受けますが、こうした方が上に向かった動きになり、力強さ、躍動感が出ます。
②元のままだとこのスクロールに折り目がかかって勿体無いので、ちょっと右に移動して、折り目をよけます。元のサイズのまま右に移動すると枝分かれの部分が間延びし過ぎるので、スクロールを大きくするといいと思います。大きくし過ぎると他のパーツとのバランスが悪くなるので、その辺に気を遣います。
③上記の②と同じ理由で、ちょっと左に移動します。
④僕はクネクネした図案が好きなので、この④部分のカーブを可能な限りきつくします。補足として・・・逆に柄の中に敢えて直線的なラインを入れると、力強くて男性的な雰囲気が実現できます。

参考になりましたでしょうか?
僕からも質問です。
なぜ2年前にはカービングが面白く感じられなかったのに、今になってはまってしまうほど楽しいと感じるのですか?また、面白いと思わなかったものをまたトライしようと思ったきっかけは何ですか?とっても興味があります。カービングは細かくて地道な作業なので、一度やって苦手(嫌い)な人と好きな人にハッキリ別れると思っていました。もしよろしかったら教えて下さい。

5月の講習会でお会いできるそうで、楽しみにしております。
maoさんはサムプリントの打ち方を変えると、一気にカービングが洗練されると思いますので、僕の講習ではサムプリントに注目してみて下さい。
 

初投稿

 投稿者:mao  投稿日:2009年 4月24日(金)17時03分12秒
  はじめましてTakaさん、maoと申します
初投稿させて頂きます。
2年以上前に一度カービングをやったのですが、
その時気は余り面白く無く長続きしませんでした。
真剣にカービングを始めて半年ほど経ちますが
今はカービングという蟻地獄に、はまってしまい抜け出せません。
本当に楽しいし難しい。

勇気を出して画像も張ってみました。最近彫った一番新しい物です。
普通ならS字で茎を繋げて書くと思うのですが、どうしても真ん中を区切りたくなく
左下から右の花に繋げてみました。こうゆう描き方は、ありなのでしょうか?
直す所は沢山あると思いますが、宜しければアドバイスをお願い致します。

ちなみに5月の講習会に僕も参加させていただきます。
Takaさんに会えるのが凄く楽しみです。
その時は宜しくお願いします。
 

腹の上にポニョ?

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 4月20日(月)21時59分13秒
  みなさんこんばんは。
Takaさん>崖ではなく腹の上にポニョですか?大丈夫、きっと皆さんも気にしてるハズ。笑
あっ、僕もですけども。
そういえば、あのカービングなんとか仕立てました。ホントに気がついてもらえてラッキーでした、さすが!!!ですね! ありがとうございました。
昨日、Y君にお会いしてきましたよ~、僕にはもう最高に刺激的で楽しい時間で持切りでした。
そんな中でやっぱ話題の中心だったのはTakaさんだったんですよ~(大丈夫です、悪口ではありません。笑)
僕らのアイドルなんですからそんな凹まないで下さいね~
ちなみに職人のTakaさんが5日で15アイテム・・・・それが多いのか少ないのかが分からないですけど素人ペーペーの僕からしたらそんな途方もない数ありえません、やっぱすげーなーと素直に尊敬です。

こまちさん>初めまして、15日僕も受講するのでよろしくお願いします。
遠方から来られるのですね、大変でしょうが頑張って行ってくださいね!!
あっ・・・・僕もエル社は初めてだから迷わない様にしなくっちゃ。笑


http://realcrafter32.blog116.fc2.com/
 

こまちさんへ

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 4月20日(月)03時35分6秒
編集済
  こまちさんこんにちは。毎度僕らの講習にご参加いただき、本当にありがとうございます。

こまちさんほど回数を重ねられてしまうと、正直僕たちとしてはネタ切れという感がありますが、「タカさんの言葉の合間のちょっとしたヒントを期待」のお言葉に応えられるよう頑張ります!

こまちさんは「田舎者の小汚いオバチャン」ですか???僕、ウソつきはキライなんですけど・・・。
むしろ僕のほうが「群馬の田舎者(しかももっとド田舎のアイダホ仕込み)の薄汚いオッサンですが、でもいつものもう1人の方の先生は、相変わらず小奇麗なイケメンを継続していますのでどうぞよろしくお願いします。

羽田空港からのアクセスですが、これはこまちさん以外の人にも参考になるかもしれないですね。

まず、京浜急行空港線の「羽田空港駅」から乗って下さい。始発駅なので方面は関係ありません。
エルさんの最寄り駅は都営地下鉄浅草線の「蔵前(くらまえ)」という駅ですが、京浜急行と都営地下鉄が相互乗り入れをしていますので、電車によってはそのまま乗り換えなしで到着できる事もあります。
乗換えが必要な場合でも、相互乗り入れですから、大抵同じホーム内で電車を変えるだけです。
このホームページ
http://norikae.keikyu.co.jp/transit/apps/N1?AN=0
で、所要時間、到着時間など具体的に調べられますので、検索してみてください。

蔵前駅からエル社までは、歩いて10分くらいです。
ただ、慣れていないと分かりずらい場所ですので、余裕を持って到着する事をお勧めします。駅から地上への出口がいくつもあり、出口によってとんでもない方に出てしまいますので、事前にエル社に確認しておいた方がいいかも知れません。
それからエルさん周辺は喫茶店ありませんので、朝コーヒーする場合は駅周辺にて。

それでは、久しぶりにお会いするのを楽しみにしています。当日はよろしくお願いします。
 

15日、日帰り予定です。

 投稿者:こまち  投稿日:2009年 4月19日(日)12時45分15秒
  田舎者の小汚いオバチャンですが宜しくお願いしますね。
今回は定額給付金をつぎ込みます。
夫の分もイタダキで、足代にします。
次男の分は本人が欲しいそうで残念。
タカさんの言葉の合間のちょっとしたヒントを期待しています。
エル社に行くのは初めてなので、迷子にならないか心配です。
掲示板で尋ねるのもナンですが、
羽田からの簡単な行き方をどなたか教えてください。
 

満員御礼

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 4月19日(日)04時52分22秒
  お陰さまでエルさんでの春期講習会が16日を以ちまして、追加講習も含めて予約満席となりました。
今回は春期講習としては異例の、ゴールデンウィーク後の講習日程となってしまったにもかかわらず、たくさんの方にお申し込み頂きましてどうもありがとうございました。

ご参加いただいた皆さんにとって、少しでも勉強になる講習にすると同時に、皆さんの思い出に残るような楽しい講習を心がけたいと思います。
また、新しい出会いと久々の再会の両方を、デシ共々楽しみにしております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

>Ryuさん
染色、間に合ったようでよかったです。
彫りあがったカービングをマジマジ見て、「ダメダメな箇所が多い」と凹むなら、まだマシです。というか・・・これって、僕にとってはいつもの事です。
僕が一番イヤなのは、図案の段階で「よし、これでいいか」と思い、いざ彫り始めた途端に「うわぁ~、ダメダメじゃん」と思ってしまった時。悲惨です。
大抵はベベラの段階でダメダメである事に気付く場合が多いので・・・そこから先凹んだ気持ちのまま、でも作業を続けなければならないのはこの上ない苦痛なわけです。
つい先週もコレがありました。ほとんど罰ゲーム気分ですよ。多分、ちゃんと図案を描けなかった罰なんでしょうね。

ところでここ数日間、カービングの済んだ小物をまとめて仕立てていました。5日間で15アイテムくらいかな?その時にふと、手縫いとコバ磨きが以前よりヘタになっている気がして・・・しかもやればやるほど。
デシは「いや、気のせいですよ」と、(無責任な)慰めをしてくれたのですが、ヤツの方が断然キレイに仕立てているように見えてしまい、なお更凹みました。
コバを磨きすぎて指の腹も凹んでるし・・・先週から凹むことだらけです。

最近の唯一の「凸」は、甘いものを食べ過ぎたのが原因の、わき腹のお肉くらいかな・・・。


>萌え子ちゃん
あ、萌え子ちゃんって、俺のファンだったの?知らなかった。
嬉しいなぁ~、俺は不安は事欠かないけどファンは希少なんでね。
ちなみに講習会でカービングの実演も不安になってきた・・・。
萌え子ちゃんの練習不足を指摘する前に、俺がカービングの衰えを指摘されないように特訓していかなくちゃ。ヨロ四苦だね・・・。
 

よかった!!

 投稿者:萌え子  投稿日:2009年 4月13日(月)20時58分31秒
  覚えていてくれて安心しました~^^
Takaさんの特技もファンの一人として知れてよかったです☆

私なりに??カービング続けてますが、練習不足を指摘されないように
予習して行きたいと思います。

宜しくお願いしま~す@@
 

セーフっ・・・・・

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 4月12日(日)20時56分11秒
  Takaさん>ご指摘ありがとうございます!!
あっぶね~。汗
たまにやるんですよね、アンティック入れた後に、あっ!!なんてのが・・・・
こうやってupした画像をマジマジ見ると全然ダメダメな箇所が多いんだなぁ~と実感して、案外凹みます。
もっと練習しなくては・・・・・

Takaさんでも訳わかんなくなることってあるんですね!
でも・・・・・分かる気がします。
僕もたまに何書いてんだか分からなくなる時が多々あります。(あっ、僕の場合は未熟なだけですが。笑)
画像のは円の配置がダメだったんでしょうね~。広いスペースを無理やり埋めた感じ。
パターン書いてて・・・・ん??と思ってはいたんですがそのままカービングしちゃいました。
次はもっと慎重に書いてみます。

きっと皆さん、ものすっごく期待されてると思いますよ!!(僕もですが)
Takaさんのニューカービング・・・・・想像しただけでゾクゾクします。笑
ってあんましプレッシャーかけてると迷惑でしょうから、のんびり~と待ってます。
きっと皆さんも!!


http://realcrafter32.blog116.fc2.com/
 

間に合うかな?

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 4月12日(日)03時24分15秒
  Ryuさん、写真の左下、メインステムのところのベベラを打ち忘れてます!
それと、そのメインステムの右上のバックグラウンド。
Ryuさんがこの知らせを読むのが先か、オイル&仕上げ剤を入れてしまうのが先か・・・僕の書き込みは間に合いましたかね?

ちなみに偶然ですが、僕も昨日彫りあげたカービングのステムが思い描いていたよりも太ってしまって・・・かなりショックを受けています。売り物ではなかったのがせめてもの救いです。
日替わりで・・・いや、日によっては数時間刻みで色んなサイズのカービングをしていると、目も指先もワケ分かんなくなってきます(泣)。
こんな状態じゃ、おニューカービングにチャレンジするのがいつになるやら・・・
 

ノペ~っとしたステム・・・

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 4月12日(日)02時03分58秒
  こんばんは!!
Takaさん>いいですね~、Takaさんのおニューカービング早く見てみたいです。
こう考えると刺激って重要ですね!
やる気がムダに出て来ます。  実は・・・・あれからいろんなフラワーを書いています。
独特なフラワーができればいいんですけど、なかなかむずいです。笑


ひとまずの100個のフラワー記念ですね!
年末までに何個いくか楽しみです!

うちのお嬢に作っている携帯ケースです、なんかステムがのぺ~っとしてる気がします・・・・
 

ようやく・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 4月11日(土)13時28分10秒
編集済
  つい先日、ようやく今年彫ったフラワーの数が100個を超えました。一概にフラワーの数だけで実質的なカービングの量を計ることはできませんが、僕のカービングの作風だとこれ以上の目安はないと思っています。
それにしても4ヶ月目に入って、やっとフラワー100個って・・・カービングがウリの職人としてどうなんですかね???しかも無地のオーダーひとつも受けてないんですよ。
「カービングよりも仕立ての方が倍以上時間がかかる」って言い訳があるとしても、なんか微妙・・・。去年は4月に入る頃には200個超えてたんです。
オーダーは途切れてないので、それほど不景気が影響しているとも思えないし・・・このスローペースはなんなんでしょうねぇ~。
数や量よりも質の方が大事だとは思っているのですが、でもやっぱり数をこなしていないと、何かが鈍りそうな気がして焦ります。
これからペースアップできるといいんですけど・・・。

>Ryuさん
ここ数週間の間、久々にシェリダン以外のカービングを彫る機会が何度かあったせいか、Ryuさんや米澤くんのオリジナル図案に刺激を受けたのか、それともK様の図案集のせいか・・・よく分かりませんが、最近、今までの僕と違う新しいカービングを描きたい、彫りたい衝動があります。ベースはシェリダンなんですけどね。
数年前、「ずっと同じじゃいけない。新しい作風を模作しなくちゃ」という義務感、脅迫観念から新しいものにチャレンジしました。でもやりたくてやったワケではないので、「結局いつもの作風が一番好き!」となり、あっという間に挫折しました。
でも今になって自然と「新しいことやりたい」という気持ちになりまして・・・こういうのって、突然やってくるモノなんですねぇ。
とは言っても・・・「Takaさん=あの作風」というイメージがあまりに強いようで、きっとお客様も講習会なども「いつものアレ」を期待されていると思うと、なかなか冒険するチャンスがないですけど。
改めて、(当たり前だけど)カービングって無限ですねぇ~。それが楽しくもあり、苦しくもあるんですけどね。
お互い頑張りましょう。

あ、ところで「志」のアイツからはなんの仕打ちも受けていません。多分、ココで勝手にリンク貼ったの気付いてないみたいです。ご心配おかけしました。

>SHINさん
お久しぶりです。素晴らしい作品の写真をありがとうございました、すごいですね。
「いつまでたっても勉強なんだから・・・」というお父様の言葉も、くどいくらい言われる価値のある名言だと思いますよ。
こんな作品を作って、こんな言葉を言ってくれるお父様がいるなんて羨ましいです。

SHINさんは東京になかなか来れないことを嘆いていらっしゃいますが、嘆くことではないと思いますよ。上を見ればキリがないですしね。
今のクラフターはみ~んな、十分に恵まれていると思います。
ネットで作品を見るのも「ネットでしか作品が見れない」と考えるか、「ネットがあるお陰で写真が見れる」と考えるか・・・。
僕が駆け出しの頃・・・あまり具体的に書くと嫌味になるので割愛しますが・・・その頃に比べたら今の環境はネットに限らず「あらゆる意味で」ありがたくて仕方ありません。
そんな僕でさえ、自分よりさらに先人たちの環境を考えると、自分が恵まれた環境でクラフト道を歩んで来た事に感謝しています。
時代は変わるものなので、昔と今を比べてどうこう言っても・・・ですけど、不遇な環境の中、わずかな手がかりでどん欲に努力し、成就した先輩方はたくさんいますね。そういう人の方が、懐と奥行きの深い成就をすると思います。
逆に恵まれすぎて、情報や環境に対する価値や有り難さが麻痺してしまう人もいます。そうなるとアンテナもガッツ(古い?)も退化してくるんですね。
だからSHINさんのような渇望は、きっと成長のモチベーションになると思うんです。

説教がましくなってしまってごめんなさい。
でもせっかくでしたら、自分の環境を嘆くよりは、自分は十分恵まれてる!って実感しながら・・・または「恵まれてないけど恵まれてるヤツより上手くなってやるモンね!」っていう気持ちでクラフトに取り組んだ方がやりがいがあると思いませんか?

>萌え子さん
ごめんなさい・・・どなたでしたっけ?
最近、北海道産の生で食べられるとうもろこしというのが出回っているらしいですが、新潟産の青いとうもろこしの情報は一向に入ってこないもので・・・。
というワケで、もちろん覚えてるよ~!
ニックネームの名づけ親として、忘れるわけにはいかないよね。それに俺は美女は忘れないという特技(?)があるのだ。
あまりに音沙汰ないので、むしろ俺の方が忘れられていると思ってた。
春期講習申し込んでくれたんだね。ありがとう。
萌え子ちゃんに「なんだ、本人はすっかりジジィになったけど、カービングは何も成長してないじゃん」って言われないように頑張ります。よろしくね。
 

ご無沙汰です。

 投稿者:萌え子  投稿日:2009年 4月10日(金)15時27分44秒
  タカさんお久しぶりです!!!萌え子です。
誰だか忘れられてそうですが・・・
わかってくれますか??

8日の講習参加させていただくことになりました^^

久しぶりに、お会い出来るのでワクワクしてます!
宜しくお願いします^^
 

東京は良いところですね

 投稿者:SHIN  投稿日:2009年 4月 8日(水)23時44分56秒
  お久しぶりに投稿させていただきます
東京はやっぱり良いところですね
有名な先生が教えてくださる
講習会などに参加したくても
なかなかわたしの住んでいるところからは行くこともできず
親父の作品を見て学ぶことしかありませんので
他の人の作品を実際に見てみたいと
いろんなHPを見るたびに思ってしまいます
フィギュアカービングをいつかはやりたいと思っていますが
まだまだ先の話です・・・
いったい何年先になるのやら・・・

親父からはいつまでたっても勉強なんだから
同じ柄であっても
いつも考えて打たないとダメだぞ!とくどいくらい言われてしまいました

身内なのでこんなこと書き込むのも変な感じですが
親父のフィギュアカービングには
いつも感動してしまうので
ちょっと投稿させていただきます
 

怖い思いをしてまで・・・・

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 4月 2日(木)22時28分9秒
  皆さん、こんばんは!
Takaさん>お褒めのお言葉とても嬉しいです!!  僕にはもったいないくらいですね。笑
そうですね、カービングを始めてから、5月で2年目になります(というか、よく覚えててくださりましたね。ビックリです。)
仕事の合間にパターンをいろいろ書いているので、そのおかげでしょうかね?
掲示板にupさせて頂いたカービングパターンはマグレで出来たような感じです。まだまだ初心者ですよ~。
Takaさん、デシさんをおびやかすなんてとんでもない!!
でも、なるべく自分らしさ(好きな)のラインを捜しながらパターンを書く様に心がけてはいます。

講習会>はい、たとえ重病になっても這ってでもいきますよ。笑
僕にとってはそれほど意味のあるものなんです!  もう、こうして書き込みさせてもらいながらもアドレナリンがドバドバ~っと・・・・・もう大変です。

フィギュアカービングをやってる!!なんて僕が言ったら真面目にフィギュアをやってる方に怒られます。
いや、真面目にやってない事は全然ないんです。いつでも本気ですから。笑
でも、ほんのお試し程度ですから・・・・虎のカービングが少しうまくいったので調子にのってるだけなんですよ~

志さんのHP拝見しました!  実は以前に拝見させて頂いた事はあるんですよ~、HPリニューアルされてたのですね! 確かに素晴らしいフィギュアカービングですよね、実際に見たらもっともっとすごいカービングなのでしょうね!!
勉強になります!!(日記、profile拝見しましたが、・・・・・なるほどっ!!・・・・冗談です。)
実にユニークな方みたいですね!  お話したらおもしろそう!

Takaさん、僕の為に危険?をおかして下さってありがとうございました!!
ひどい目にあわないことを祈りつつ・・・・・・・・・・・ではっ!!
 

「怖い」コト2つ

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 4月 2日(木)03時22分26秒
  Ryuさん

こんにちは。
米澤くんに続き、チャレンジカービングの投稿をどうもありがとうございます。

お世辞じゃなく本音で言いますが・・・
Ryuさんのキャリア(たしかせいぜい2年くらいでしたよね?)で自力でこれほどの図案を描いて彫っちゃうのって、末恐ろしいんですけど・・・(怖)。
エイプリルフールの投稿なので「本当は僕の作品じゃありませ~ん」というオチがつけば僕としては安心なのですが・・・それはないですよね?

少なくとも僕の2年目3年目は先生や師匠、他人の図案を彫らせていただくのが精一杯、または、せいぜい既存の図案のパーツをつぎはぎしてる程度でした。
しかもこのフラワー、ホームセンターで見たフラワーをモチーフに自分でカービング用にアレンジしたんですよね?それって僕にとってはすっごく難しいことです。
アーカンサスリーフの形だってすごくカッコイイし。僕は自分で「まとも」と思えるアーカンサスを描けるようになるまで5、6年はかかりました。

図案も彫りも、もちろん「つけ入るスキがない」「完成度が異常に高い」とは言いませんけど(偉そうでごめんなさいね)、でも本当に末恐ろしいですよ・・・。
「10年早い気がしました!」なんて書いていますが、Ryuさんの10年後は絶対すごい事になっていますね!

ですので、そんな末恐ろしい、将来の僕やデシの存在や仕事をおびやかすような人に「講習会申し込みました」と言われても、素直に歓迎できません。できれば参加とりやめてください。

というのはもちろん冗談で!
僕たちを慕ってくれる後輩カーバーが着実に上達、前進しているのを見るのは嬉しいです。本音としては焦りもありますが、それがまた自分自身の精進を怠らないための助けにもなっています。
春季講習会に申し込んでいただいてありがとうございます。
僕たちの講習が少しでもRyuさんの参考、刺激になる事を願っています。
デシ共々、僕たちもRyuさんとの初対面を楽しみにしています。よろしくお願いします。

ところで余談ですが・・・
Ryuさんはフィギュアカービングもされるんですよね。ブログのイーグルも拝見しました。
すでに知っているかもしれませんが、この人の作品すごいです・・・。
http://kokorozashi-m.com/
僕は実物の作品を見る機会が何度かありまして、尊敬しているフィギュアカーバーの1人です。アメリカンなゴツイ作風とは違いますが、東京のある有名なフィギュアの先生の流れを汲んだ、独自の作風を確立しています。

こんなすごいのどんな人がやっているのかと言うと・・・この人のHPの「日記」ページと「Profile」ページに簡単な自己紹介があります。ショックを受けるかもしれませんが・・・でもこの人があんなフィギュアを彫っているのは事実です。
僕たちは幸運にも(いや、もしかしたら不幸だけど)ワケあってこの人と一年以上近い関係なのですが、未だに男性なのか女性なのか良く分かりません。自分では女性と言ってます。
今回、彼女(?)に無断でHPを紹介したので、次回会った時に相当ヒドイ目に遭うと思う(怖)のですが、Ryuさんがフィギュアにも取り組んでいるなら是非!と思って、リスクを冒して紹介させていただきました。

(「志」さん、ごめんなさい。どうぞお手柔らかに・・・・)
 

講習会楽しみです!

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 4月 1日(水)20時04分9秒
  こんばんは、追加講習の予約をとらせてもらいました!
いや~、もういっぱいかな~とヒヤヒヤもんでしたが、取れて良かった~。
15日、よろしくお願い致します!!
Takaさん、デシさんにお会いできるのが楽しみでしょーがありません!
あ~、楽しみ~。

Takaさん、米澤さんに刺激を頂き、僕もカービングしてみました。
元気良く、元気良く、と書いたパターンなので目茶苦茶ではありますが。汗
これは・・・・何スタイル?になるんだろう?・・・・・
鈍角なベベラの持ち合わせがなかったので、一度ベベラを打刻した後に角度を変えて打ちました。
フィニッシュカットも厚刃を使ってみました。
アンティックを入れればもうちょっと分かり安かったかな?
ゴテゴテ感は・・・・・出ていない気はしますが。笑   失敗かな?
フラワーはホームセンターで売ってたのをモチーフに書いてみました。
アバウトにカービングしてみましたが、10年早い気がしました・・・・・


http://realcrafter32.blog116.fc2.com/
 

春季講習会

 投稿者:相変わらず後手後手のT  投稿日:2009年 3月30日(月)01時33分2秒
編集済
  みなさんこんにちは。
5月のゴールデンウィーク明けに、(株)協進エルさんにて春季講習会をやらせていただく事になりました。
http://www.taka-fine-leather.com/topics/spring_seminar2009/spring_seminar2009.htm

とは言いましても、「まだ一ヶ月以上先だし~」と油断しておりましたら・・・お陰さまですでに予約満席となってしまい、またしてもここでの告知が「後手」に回ってしまいました。
というわけで追加講習をやる事になり、こちらはまだ空きがありますので、よろしかったらご参加下さい。

今回も過去の講習会同様、T&Oの師弟コンビにて講師2人体制で、充実した実演と指導をお届けしたいと思っております。

講習会場で皆さんにお会いするのをデシ共々楽しみにしています。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

ありがとうございます!

 投稿者:米澤メール  投稿日:2009年 3月25日(水)12時46分53秒
  こんにちは!なるほど!仕舞い込んでいた刻印とナイフを引っ張り出してまた挑戦してみます!本当に雑なのとねらって雑に彫るのは違いますからね、書き込み読んでちょっと笑いました。

こういう話題はたしかに楽しいですね~。僕の場合ギターの話も楽しい話題なのですがここでは場違いですね、、、。最近新しい相棒を手に入れました!木材部とピックアップはそのままですが電気系を50年代のビンテージに総とっかえします!楽しみです!

それとカービング日記は今度良ければ見せてください。なんだか笑えそうですね~!
今年一年でいくつのフラワーを彫るんですかね?年末に報告を聞かせて下さい。

でわ失礼します。

http://hemis.web.fc2.com/

 

ゴテゴテの・・・

 投稿者:何をするにも後手後手のT  投稿日:2009年 3月24日(火)03時33分23秒
編集済
  >米澤くん
写真付きの書き込みどうもありがとう。相変わらずやってるねぇ~~~。ますます独自路線に入り込んでいってるね。

「カービングをゴテゴテ味にしたかったら」という課題で俺も考えてみたんだけど、
まずベベラはいわゆるシェリダン用と言われている鋭角なヤツじゃなく、鈍角な方がいいんじゃないかな?
柄が細かければ鋭角のベベラでもゴテゴテ感は出ると思うけど、普通のサイズだと、鋭角ベベラだとどうしてもハイライトが多くなって、モッチリ感が出ちゃうと思うんだよね。
鈍角のベベラで陰の部分を多めにするイメージで、しかも強弱のメリハリを強調すると、それだけでクドイ感じの表現ができると思うよ。

それからスーベルナイフも、いわゆるシェリダン用と言われている薄刃よりも厚刃、まはた薄刃なら鈍角に砥いだ方がいいんじゃないかな?特にデコレーションカットの時。理由はベベラと同じ、カット(切り口)の幅=陰、と、強弱のメリハリ。

それと・・・これは賛否両論あると思うけど、カットも打刻も、「いい意味で」あえて雑にやると、より迫力と勢いが出ると思う。
これをやるには、しっかりした技術とこなした数に裏打ちされていないと、ただの雑、ただのヘタクソになっちゃうのだけど、これができる人(雑さをいい意味の持ち味にしている人)を俺は知ってる(○○工房じゃないよ)。

で、以上の事を実践するサンプルとして挑戦してみたのが下の写真。
革の厚さは2ミリで、サイズはだいたい長財布くらい。
端革に直接、鉄筆で適当に柄をスケッチして、できもしない「雑さによる味の表現」をやろうとしたので・・・・・随分お粗末な結果になってるけど、でもベベラとナイフカットの感じは分かるでしょ?
刻印は全て400円500円ラインの、昔からあるヤツだけを使ってみた。
シェリダンスタイルは、あっさり感が魅力のひとつだと思うので、自分が意図するカービングの雰囲気によって、刻印は使い分けた方がいいのだと思う。達人レベルになると刻印を問わないのかもしれないけど・・・。
このカービングは、ベベラに限らずミュールフットを長めに入れたり、ベンナーを多めにしたり傾け方によって長めに入れたりして、ハイライト(空白)を少なくするように心がけてみた。でもそれをちょっと意識しすぎて、全体がベタッとなっちゃってるかな?
写真はプレーンなままだけど、アンティークを入れるとかなりゴテゴテした感じになると思うよ。2ミリの革でもこのくらいのゴテゴテ感は出るんだね。
どうかな?こんなので何かの参考になったかな???
この掲示板でカービングの技法的な話題は久しぶりだよね。やっぱ楽しいね。

実は今年になってから「カービング日記」っていうのをつけててね・・・何月何日になんのアイテムに何スタイルのフラワーを何個彫ったっていう日記。
それを見てみたら今年はシェリダンスタイルしか彫ってなかった。これは明らかにシェリダンスタイル以外の作風だから久しぶりに楽しかった。ヘタクソなりに「雑さによる勢い」を心がけたら、妙にストレス発散にもなったし。きっかけを作ってくれた米澤くんのお陰。ありがと。
 

こんにちは。

 投稿者:米澤メール  投稿日:2009年 3月19日(木)18時44分31秒
  こんにちは、米澤です。

この前工房にお邪魔したときに見せていただいた資料を参考に彫ってみました!

なんか中途半端ですね~、、、。ゴテゴテするように時間があるときに研究してみますね!

http://hemis.web.fc2.com/

 

お返事

 投稿者:自虐のT  投稿日:2009年 3月19日(木)03時28分46秒
編集済
  >ファンキーTさん
こんにちは、大変お久しぶりです。この掲示板、見てくれていたんですね。最後にお会いしてからもう1年以上経つんですね・・・早いなぁ~。

カービングは割に合いませんけど、好きな事をやっているのだから・・・と、自分で納得してしまって、実はあまり気にしていません。
そんな事考えていると、最近は「僕は革仕事は職業じゃなくて、実益を兼ねた趣味なんじゃないだろうか?」となんて思うようになってきました。
たまたま運に恵まれて、実益を兼ねた趣味だけでここまで生活してこれた・・・みたいな感じで、いつか利益も計算して、楽しくない仕事も抵抗なくこなせるようになった時に、革仕事が「職業」になるのかな・・・みたいな。そうか、実は僕は「無職」だったんですねぇ・・・。
(3月は確定申告があるので、「割の悪い仕事をしていて(カービングバカで)良かった!」と思える唯一の時期です)。

カービング熱が高まっても、僕の偉大さは世に認知されないと思います。だって偉大じゃないから。
クラフターの間でカービング熱が高まって→カービングの製品が世に多く流通して→クラフターやバイカーの間だけでなく、「一般ユーザーにカービングそのものが認知されて欲しい」ですね。ファッションの一部として。
ブランドの腕時計、革靴、ハンドバッグとか、一般に認知されているファッション小物って、雑誌とかがその業界の歴史とか往年の伝説的職人の特集とか組むじゃないですか。
そうやって、ウェスタンサドル業界から始まりカービング界の先人達が積み上げてきたものの有り難さ、偉大さも広く認知して欲しいです。大げさにドラマチックに脚色されてもいいと思うんです(ウソにならなければ)。
そしてカービングそのものの価値が上がって、僕も含め、たくさんのカービングバカの人々がず~っと「実益を兼ねた趣味」で生活していけるようになるといいですねぇ~。


>橋幸夫さん
前回よりは暗くないけど、相変わらずシュール極まりない書き込みなんですね・・・。
心の汚れが作品に出ましたか・・・。僕はせめて作品が汚れないように、汚れはみんな自分自身の身と心になすりつけてますけど・・・。次回の教室でその方法を教えましょうか?

糊引きの機械を破壊したんですね。壊した瞬間も「あ、コワレタ・・・」って、シュールにつぶやいたんですか?責任とって、工場でひたすら手作業の糊引き担当ですか?やがてノの字のエキスパートになるでしょうね。

ベベラは角度だけじゃなく打つ強さも気にしてみて下さい。

10リットルのチリビーンズは、配る人にはほぼ配り終わったのに、まだ大量に余っています。今週、僕の昼食は毎日チリビーンズです。腐敗防止のために毎日煮込んでいたら、チリビーンズと言うより、豆の皮とベーコンが混じった、ただのペーストになりました。アンティークフィニッシュみたいになってます。
次回の教室からアンティークの選択肢に、チョコレートとマホガニーの他に、チリビーンズという色を加える事にします。是非お試し下さい。


僕にウェスタンサドルとチリビーンズの作り方を教えてくれたアメリカの師匠&恩師、ドナルド・ブラウン氏(右側)。
 

また書いてしまいましたm(_ _)m

 投稿者:橋幸夫です。  投稿日:2009年 3月19日(木)01時11分3秒
  大塚さん、大山さんお疲れ様です。

こないだ帰ってからキーケースが出来ました。自分で見直して見たら、なんか裏に貼った革が汚れてしまってました…↓。
自分の心の汚れが作品に出るのですね…(-.-;)と。
あと今朝糊引きの機械完全にぶっ壊してしまって、さすがにスルー仕切れませんでした(弁償だけは避けれたのかな…)。
でも待てよ…と思い、おかげで教室で教わったノの字の練習が出来ましたv(^-^)v。(未だ上手く出来ませんが)

災い転じて福になりました!

ベベラ打つ前に角度気にしてみようかな~と思った今日この頃です。

自分野郎なのにチリビーンスご馳走でしたm(_ _)m。美味しかったです。

最近諦め入ったのかな…自虐的ではないノグチでした。
 

こんばんは ご無沙汰してます

 投稿者:ファンキー T  投稿日:2009年 3月15日(日)23時48分53秒
  カービングは わりが合わないですよね  でも カービング熱がもっともりあがれば takaさんの 偉大さが もっと世の中に 認知され 見る人の目が肥えるそして お金に
結びつく!とりとめのない
文章で すいません カービングバカ っていい言葉やと 思います
 

(演技が)うまそう!!

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 3月15日(日)22時12分58秒
  HIDEさんお久しぶりです。
忙しいフリをしている「名優」・・・じゃなかった、「盟友」が久しぶりに登場してくれるのは、やっぱり嬉しいですねぇ~。
あんなマズそうに写っちゃった写真に、「チリビーンズうまそうですね。」とサラリと書き、自分も食べたそうな文章を書き連ねるあたりは・・・名優ですな・・・。

「忙しいフリ」などと謙遜していますが、ブログなどを拝見する限り(BYも見ましたよ~)、お仕事順調なようで、大変嬉しく思います(最近、自分に将来性がない事をやっと悟り、今は仲間や後輩の活躍に希望を見出すようにしております・・・)。
ただ、HIDEさんはせっかくカービングが綺麗なのに無地の仕事が多いようで・・・そこがちょっと(個人的には)残念に思うのですが、でもHIDEさんのように、「カービングものもプレーンのものも、どちらもやります」というのが理想ですね。
僕もプレーンはプレーンで好きなのですが、「やっぱりカービングが一番楽しい」というワガママで、そこに固執し続けてきた結果、このザマです。

さて、「また自虐が始まった」と思われたところで話題を変えて・・・作品展の案内係を2日間も担当されたことの事で、おつかれさまでした。
例の時計を、来場されたお客様に
「片田舎のカービングバカが、憧れの人への一方的な思い入れでこんなの作りやがったんですよ」
などと説明していただいたのでしょうか?・・・あ、また始まっちゃった・・・。
オサカナマンさん(来年は何マンになるのだろう?)とも一度ゆっくりお話してみたいと思ってはいるのですが・・・機会ありましたら紹介してください。

一連のシェリダンフェスティバルは盛り上がったみたいですね。
K先生の体験講習も追加の追加まで満席だったとか。
しかも新顔の方が多かったらしいです。これって、カービング人口が増えている証拠だと思いませんか?
K先生の図案集から始まったシェリダンフェスティバルを機に、このまま一気にカービング熱が盛り上がるといいですね。

この掲示板も、Ryuさんがここに写真を掲載してくださったのを最後に、カービングの話題からちょっと遠ざかってしまっていますが、またカービングネタを盛り上げたいと思っています。
その時はHIDEさんからも援護射撃をよろしくお願いします(名優&盟友として)。
 

うまそう!!

 投稿者:HIDE  投稿日:2009年 3月14日(土)09時45分18秒
  Takaさんお久しぶりです。
久しぶりに書き込みます。
チリビーンズうまそうですね。
なんだかすごく楽しくてえらく酔っ払ったあの頃を思い出します。
「チョコとタッパ持ってくから分けてちょ!」
と言いたい所ですが、生意気にも忙しいフリをしている最中なのでいけないのが残念でなりません。
調理お疲れ様でした。

ところで、遅ればせなのですが先日のクラフトでの展示会。
二日間に渡り案内係を勤めさせていただきまして、もちろん展示作品は穴が開くほど見させて頂きました。
Takaさんの時計も
「あんな所やこんな所がこんなふうになってたのねふぅ~ん参ったねこりゃ」
と一緒に当番したオサカナマン君他仲間達とじっくりと見させて頂きました。
もちろんK先生の作品も、展示されている期間中前を通る度に見ているはずなのに、「まだ見ますか?」っつうくらい見させていただいたのですっかりおなか一杯に。。。

でも今は(朝ごはん食べてないので)おなか一杯じゃないのでチリビーンズ食べたいです。
是非、またそのチャンスを心待ちにしている僕らのために設けていただければと思います。
丁度今頃から段取りすれば・・・って話題だけふっておきます(笑

でわ!!

http://www.leather-w-gate.com/

 

ホワイトデーなので・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 3月14日(土)01時32分48秒
編集済
  教室の女生徒さんにバレンタインチョコレートのお返しに、チリビーンズ作りました。
なぜホワイトデーの贈り物がチリビーンズかと言うと、市販のお菓子よりもオリジナリティがあるし、一応アメリカで覚えてきたレシピなので僕らしいし、手作りで気持ちがこもっている(愛情と感謝と・・・憎しみも・・・?)からです。
あ、あと僕たちの教室の女生徒は皆さん、美容に気を遣うお綺麗な方ばかりなので、お菓子とか甘いものに慎重だから・・・と、まるで取ってつけたかのように付け足しておこう・・・。
他に本音として、最後に作ったのが数年前なので久しぶりに自分も食べたかったから、というのもあります。

今回は約20人前(自分達の分も含めて)を目標に作りました。
まずチリパウダーを売っているスーパー探しから始まるんですけど、意外と売っているところがないんですよね。チリペッパーはどこでも売っているのになぜかチリパウダーはない・・・。
4件目でやっと見つけて、他の材料も全部買って会計を済ませた時点で、材料費だけでも、市販のお菓子を買って済ませたほうが全然安かったという事に気付きました。マニアックな香辛料が高いのは仕方ないけど、豆って高いのね、忘れてた。

僕はまず玉ねぎみじん切りから始めるのですが、工房に100円ショップで買った100円の包丁しかない事に気付き、包丁研ぎから始まりました。工房で常に臨戦態勢の革包丁で代用も考えたけど、玉ねぎのみじん切りには刃渡りが足りず・・・。
でもさすがは100円の包丁、玉ねぎ2個目くらいで切れ味が落ちてきて、あとの玉ねぎは涙と鼻水との格闘でしたね。あ、でも玉ねぎに鼻水も涙も混ぜてませんので・・・。
切れない包丁のままニンニクみじん切り、ベーコンのカットとか済ませた時点で、そろそろウンザリ・・・20人前のみじん切りってすごいな・・・フラワー20個のカービングの方が楽なんじゃないだろうか???少なくともその方が楽しい・・・。

下ごしらえが済んで、玉ねぎは透明感が出て茶色くなるまで、ベーコンとひき肉は余分な脂を切ってポロポロになるまで・・・・大量の食材を家庭用のフライパンでチマチマと炒めて味つけして、豆を煮ている鍋に突っ込んで、をひたすら繰り返し(鍋だけは業務用のデカイのを持っている)・・・・その間中、みじん切りしたつもりが切れないで繋がっている玉ねぎをやたら発見し、自分にイラつく。
途中で、せっかくみじん切りしたニンニクを肉と一緒に炒めるのを忘れていた事に気付き、イラつきがムカつきに変わる。

でも何とか「炒める→味をつける→鍋に入れる」を一時間半ほど繰り返し、フライパンを返す左手がプルプルし始めた時点で、この作業は無事終了。

最後に、鍋にアレを足したりコレを足したりしつつ味見をし、味見しすぎて味が分からなくなり、「もういいや」という終わり方。
あとはひたすら煮込むだけ~~~。と思って油断していたら、底の方をちょっと焦がして、最後にもうひとムカつき。

と、こんな僕のグチの結晶を否応なく強制的に教室の女性の生徒さんに配布します。
講習前にこの記事を読んだ生徒さんは容器を持参していただけると助かります(だいたい400cc~500ccくらいあればいいです)。よろしくお願いします。
 

とりあえずお返事してみました

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 3月 6日(金)23時31分22秒
編集済
  スキンヘッドの橋幸夫さん・・・じゃなかった、ノグチさんこんにちは。
ホームのTakaです。
そんな僕は、最近デシが増長・・・いやいや、成長しすぎてしまって、自分の工房がアウェイになりつつあります。
で、自宅に帰るとさらにアウェイなので、やがて僕の居場所はいつもノグチさんと過ごす例の控え室(ジェームズ・ディーンのポスターがペタペタ貼ってあるあの部屋)と、この掲示板だけになるでしょう。

ノグチさんはプレジデントよりゴールドブレンド派ですか・・・僕はプレジデントがダントツ好きですが、身分にふさわしくエクセラに甘んじています。だからプレジデントを差し入れとかしてくれたら嬉しいな・・・あ、独り言ですけどね。

土曜日の教室は、あの逆セクハラの女帝が休まずに必ず来ますので、心の準備をしておかないと大変な目に遭います。彼女的には僕はセクハラする価値のないオッサンなのでターゲット外ですが、ターゲット内のノグチさんは心して土曜日に臨んでください。

久しぶりに教室の生徒が書き込んでくれてとても嬉しいです。
他のみんなも欠かさず見ているのだからたまには書いてくれたらいいのに・・・。
でもこの掲示板も、往年の天敵が復活したり、あの女帝とか彩さんとかが登場するようになったら僕のホームはなくなっちゃうんだろうな・・・。
 

とりあえず書いてみました(-.-;)

 投稿者:ノグチです。  投稿日:2009年 3月 5日(木)18時53分28秒
  大塚さん、大山さんお疲れ様です。

生徒のノグチです。日本ですがアウェイって感じです。

こないだ大塚さんに勧められたので書いてみました。

今週からゴールドブレンドに変えました。プレジデントも美味しいですが…なんかしっくりきました。
ここ最近携帯の電波が芳しくないので↓もう一つの趣味は調子良くはないです。
自分レザークラフトにあんまり明るくないので関係無いこと書いちゃってすいません(^_^;)

大山さん、DVDは日曜見る予定です。

仕事早く終わったので包丁を研いで下手なりに練習してみます。

それではまた土曜日お邪魔します。
 

ありがとうございます

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 3月 4日(水)16時11分3秒
  >Ryuさん
写真のUPありがとうございました。
「うっとうしい」なんてとんでもないです。この掲示板にあの会場の雰囲気を付け加えてもらって感謝しています。やっぱり言葉で伝えるのと画像とでは全然違いますね!

Ryuさんの書き込みは(ココだけでなくRyuさんのブログも)、「カービングが楽しくて楽しくて仕方ない!」というのがひしひしと伝わってきて、いいですね。
ベテランの方々はきっと「自分もそういう時期があった。懐かしいなぁ~」なんて思い、Ryuさんとほぼ同期の方々は「うん、その気持ちわかる~」と思い、カービングに興味があるけどイマイチ踏み出せていない方々は「そんなに楽しいなら自分もやってみようかな」なんて思いながら読んでいるのではないでしょうか?

講習を受けているときは「できるようになった」と思っても、家に帰って自分でやってみると「あれ?」という人は多いみたいですよ。
だから講習会というのは内容が同じようなものに何度参加しても、その都度新しい発見があるらしいです。見ていたつもりなのに見逃していたとか、言われたはずなのに忘れていた、とかそういうモノでしょうね。

時計はそんなに光っていましたか・・・レザーコートを厚塗りしすぎたかな???
今後気をつけます。
いや、本意は分かっています。どうもありがとうございます。でも写真で見る限り、それほど光ってはいないですね・・・やっぱり真鍮の枠だけが光ってる・・・。

で、去年の5月に「空」を渡ってアメリカに行ってきたその時計ですが、次回はアメリカ現地での時計にまつわるエピソードを紹介したいと思います。
 

おはようございます。

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 3月 1日(日)16時17分5秒
  皆さん、昨日に引き続き、うっとおしい書き込みですいません。
昨日はちょいと忙しかったもので。
Takaさん>ちゃんと脱皮できたのかは、まだ不安な所です。おまけ図案を講習で頂いて、自宅でカービングしてみたのですが・・・・講習の時ほどの出来ではありませんでした。
講習の時はツーリングレザーだったので、その差もちょこっとはあるんですかね~
いや、あの時はK先生の上手くなるパワーをお借りできたからかも?
場数こなして練習します!

あっ・・・。そうですよね、天ですよね~。・・・・いじめないで下さいね。笑
うん、そうそう、時計がピッカピカに磨いてあって・・・・・ってそうゆう意味でなくてですよ!
光の反射でひかってもいましたが、違う意味で僕には光ってみえました!!!



http://realcrafter32.blog116.fc2.com/
 

ホントごめんなさい。

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 2月28日(土)19時32分57秒
  もういっちょ~  

すいません。

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 2月28日(土)19時31分15秒
  出掛けなきゃいけなくて、とりあえず画像だけUPしておきます~  

真面目な話もちりばめつつ・・・お返事

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 2月27日(金)04時17分9秒
編集済
  >たらいさん
そうですかぁ~、愛娘のMちゃん連れて行ってきましたか~。そんな小さい頃からあんな作品展を見せるなんて・・・カービングの英才教育ですね!!4、5歳で「Takaおじちゃんのカービング、なんかイマイチなんだよね~」とか言い出しませんように・・・(怖)。
僕たちに小物も出品する指令がきたのは、来場者に「自分もこれ位なら作れるようになるかも…」と思ってもらえるための"かませ犬"だったんですね・・・しまったぁ~!気付かなかったワン。

そうですね、K先生の作品は立体感が素晴らしいですね。
本来のシェリダンスタイルは平面感(?)で美しさを魅せる作風だと思うのですが・・・いや、立体感もあるんだけど平面的で幾何学的な統一感の魅力と言うか(上手く説明できませんが、僕はそう思ってます)・・・で、K先生や海の向こうのJ様は、シェリダン風な雰囲気を損なわずに奥行き(立体感)、躍動感を取り入れたところがneoな部分だと思います。K先生はフラワーの斬新さも魅力ですね~。
僕の作風は求める方向性がK先生とはある意味真逆に近いし、K先生と自分を比べること自体恐れ多いのは分かっているんですけど・・・でもいつかはK様の背中をつかんでみたい・・・いや、せめて爪の先っちょでかするくらいでもいい・・・なぁ~~~。

>こまちさん
こんにちは。
あれほどフットワークの良いこまちさんが、こんな時に限って体調不良とは・・・ご愁傷さまです。
カービングオタクの僕たちにとってはあの作品展は興奮の対象ですが、この世界に無縁の息子さんには「コアな感じだった」が、的を得た感想=一般人の感想でしょうね。
>「・・・仕立てかな・・・」と言ってしまい、ビミョウな気分です。
↑この気持ち、よ~く分かります!!!
僕の場合、フラワー20個くらい彫る大作のバッグで、カービング(図案描きも入れて)2~3日、染色、仕立て10日~2週間ですから。きっとみなさんも(フルタイムで作業できると仮定して)そうなのではないでしょうか?
図案以前の作品としてのデザイン、型紙作りに丸1日とか、ひとつのコバを手縫いよりコバみがきの方が時間かかったり・・・もうメチャクチャですよ!
で、挙句の果てに(一般のお客様に)カービングしか見てもらえなかったり(泣)。
とかグチりつつ・・・やはりアイテムとしてのフォルム、バランス、カービング、仕立ての丁寧さ、すべてが揃ってひとつの「作品(商品)」ですからね、ずっと逃れられない宿命ですね、きっと。
ベンズベルトのコバ磨きという宿命との闘い、ご健闘をお祈りします。

>Ryuさん
興奮が臨場感を以って伝わってくる書き込みでした!ありがとうございました。
ブログを早速拝見させていただきました。雰囲気がよく伝わるいい写真だと思いますので、もしRyuさんがよろしければこの掲示板にもUPしていただきたいです。
Ryuさんが講習で彫ったカービングも拝見しました。確かに講習前に比べて格段に変わりましたね。
K先生の講師としての手腕ももちろんなのですが、僕はそれ以上にRyuさんが独学、自己流ながらも今まで積み上げてきた下地があったからこそ、K様が講習の場で手を差し延べた途端、グン!と伸びたのだと思います。
僕も自分の教室や過去の夏期講習でそういう人(習う前に自力で絶対量をこなした人)を何人か見ています。
Ryuさんは自覚がないかもしれませんが、ヒントを与えられた時にそれをちゃんと理解して吸収して、一気に抜き出るための要素を自力で培っていたのですよ。
そういう意味では自分を褒めてあげて下さい(偉そうでごめんなさいね)。
これで完成形ではなくその先があると思いますが、今回の脱皮、おめでとうございました。

ところで
>Takaさんの想い、空に届きましたね!絶対!!
の言葉、特に「絶対!!」の部分には、目頭がジワッと来ました・・・アホなほどの思い入れで作った時計なので、こういう言葉には弱いですね。
でも・・・あれ?何かヘンだな?
もしかして「空に届く」じゃなくて「天に届く」なのでは???って、イジワルでごめんなさい。
で、あの時計と「空」で思い出した事があるのでこの場を借りてついでに・・・と思いましたがぁ、長くなってしまうので、続きはまた今度。
もったいぶっているのではなく、長すぎて読むのが疲れたと思いますので。
あ、時計が光っていたのはね、文字盤の枠の真鍮を展示直前に研磨剤で磨いたんですよ。光ってましたか・・・一生懸命磨いといて良かった!
 

興奮しすぎ・・・

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 2月26日(木)20時51分11秒
  みなさんこんばんは!
昨日、クラフト社の方に講習会&展示会に行ってきました。
興奮しすぎて、疲れているのになかなか寝つけませんでした。
今もまだ興奮冷めやらぬ・・・って感じで。
展示会の雰囲気をブログにupしてありますので、よろしければ覗いてみてくださいね!
http://realcrafter32.blog116.fc2.com/

Takaさん、デシさんの作品マジマジと拝見させていただいてきました!
K先生や、素晴らしいアーティストの皆さんの作品、Takaさん、デシさんの作品、どの作品もあんまりにも刺激的でした!!
Takaさん、苦しむ必要は全くないのでは?
時計の作品、光ってましたよ~!!Takaさんの想い、空に届きましたね!絶対!!
 

次男をオツカイに行かせました

 投稿者:こまち  投稿日:2009年 2月24日(火)22時52分48秒
  まだまださぶいこまち市です。
日帰りしてでも見に行きたいところですが、
ちょっと体調に問題ありで、東京にいる次男にお願いして、
今日のお昼頃、カメラ持参で行かせました。
もちろん、写真OKか確認してからよと言っておきましたよ。
自分で作るってことには興味のない次男曰く、
「コアな感じだった」とのたまい、
「模様の作業と、仕立ての作業のどっちがタイヘン?」の質問には、
「・・・仕立てかな・・・」と言ってしまい、ビミョウな気分です。
それにしても自分で見れないのはクヤシイ!
夏の講習会の時にも展示してほしいです!
次男へのお駄賃はベンズベルトになりました。
 

行って来ました!

 投稿者:たらい  投稿日:2009年 2月24日(火)01時21分20秒
  子ども連れで行って来ました~、発刊記念作品展!
Takaさんの言うとおり、圧巻でしたよ。

小物、全然そんなふうに感じませんでした。
逆に、小物があるおかげで「自分もこれ位なら作れるようになるかも…」と思う人もいるんじゃないかと感じました。大物は確かに見栄えがしますが、私の場合、あまりに自分とはかけ離れていてなんとなく関係のない物、という印象が多少ありますよ(正直に言っちゃいました~汗)。

それにしても、K先生の作品は群を抜いて美しかったです!!(当たり前!?)
なんというか、カービングの立体感がすばらしくて…。
Takaさんが凹んだ気持ち、お察しします。

本当はじっくりと見たかったのですが、なんせ幼児と一緒じゃ10分ももたなかったです。でも、「これ、大塚さんの作品だよ。」「ほら、この時計この前見たやつだね。」「Oさんの作品もあるよ。」と話しかけるとニコニコしてました。Takaさんのことも、Oさんのことも、時計のこともちゃんと記憶に残っている様子でした。

K先生へ
今日はたくさんお話ができて、本当に嬉しかったです。生き返りました!
お忙しいところをどうもありがとうございました。
この場をお借りして、お礼を申し上げます。
 

クラフト社の作品展

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 2月23日(月)05時05分35秒
編集済
  クラフト社荻窪店で、図案集の「発刊記念作品展」が始まりましたね。
僕も出品協力の依頼をいただき、19日の夕方に搬入してきました。
仕事の都合で搬入が遅くなってしまった(一番最後でした)のですが、そのお陰でK先生はじめ、他の作家さんたちの作品がすべて揃った状態を見る事ができました。
まさに「圧巻!」という印象でした。

右を見ても左を見てもカービング・カービング・・・しかもあの図案集の発刊記念作品展ですから、当然シェリダンスタイルをベースにしている作品ばかりで、とにかく華やか・・・さらに!店舗の中の限られたスペースで計数十点(もしかして100点超えてる?)の展示ですから、力作ばかりが所狭しとギッシリ並んでいて・・・感動でした。

そんな光景を眺めながら、「クラフト社がシェリダンスタイルの普及を続けてきた結晶、K先生が生徒さんを育てた結晶だなぁ~」なんていう想いも浮かびました(結晶とは言ってもこれで終わりではないですが、とりあえずの)。
工具とかテキストの輸入販売、シェリダンから講師を招いての講習会、国産の工具(しかも買いやすい値段)の開発、そして今回の図案集・・・いろいろありましたね・・・。
K先生がアメリカまで行ってジムの講習会を受けたり、シェリダンを訪問したり・・・そしてK先生の指導を受けた方々が今回の作品展の出品者となって・・・。
僕は幸運にも、そんなクラフト社とK先生の活動をリアルタイムで見てきたわけでして、展示会場の光景には僕まで達成感、充実感を覚えてしまいました。

話がそれましたが・・・あれほどのボリュームのカービング作品を一度に見れるのは本当に貴重なチャンスだと思いますので、シェリダンスタイルカービングだけでなく、フラワーカービングに興味のある方は是非見ていただきたいです。勉強になるのはもちろんですが、刺激とモチベーションに繋がると思います。
また、展示期間中はお店でセールをやっているそうなので、やる気を高めたその勢いでお買い得工具を一気に揃えるチャンスかもしれないですね(これってクラフト社の思惑通りなのかも・・・)。


ここから余談ですが・・・
余談1
K先生の指令により、なぜか僕たちは大作だけでなく小物も多数出品しました。ですので、定番で売り物としているモノもかき集めました。
他の方々は力作ばかりなのに、僕たちだけどう見ても力作とは言えない(一生懸命作ってはいますけど)、いかにも売り物っぽいものばかり並んでいる一角があり・・・我ながら「これって会場の雰囲気を壊しているのでは?」という印象を受けました。
もしその一角を目障りに感じてしまう方がいらっしゃいましたらごめんなさい。

余談2
去年のWorld Leather Debutコンテストに出した、壁掛け時計を出品させていただきました。故ドン・キング氏への追悼を込めて製作した作品です。
ちなみに製作のストーリーはこちらです。
http://www.taka-fine-leather.com/topics/legend_remains/legend_remains.htm
恐れ多くもK先生の作品に混じって、会場の一番目立つ場所に展示されています。
そしてこれは僕の思い込み、独りよがりなのですが・・・ドン・キングへの追悼作品が、会場全体を見渡せるような場所にある事によって、ドン・キングの魂が日本でのシェリダンスタイルの集大成(とりあえずの、ですよ)を見守ってくれているような気持ちになってしまいまして・・・。
それでふと思った事が・・・「こんなすごい集大成を見たのだから、いわゆるシェリダンスタイルの礎を築いたドン・キングのストーリー、功績を改めて噛み締めなくっちゃ!」と。工房に戻って早速復習(?)しました。
http://www.taka-fine-leather.com/don_king/legend_forever.htm
僕が自分で書いた記事ではありますが、これを改めて読んだ上で今回の展示会を見ると、感動にオマケの想いもついてくると思いますので、もしよろしかったら予習(復習?)してみてください。

>米澤くん
今回もまたライブに応援行けなくてごめんね。
2月18日・・・ワケあって人の事どころじゃなかった・・・。
これに懲りず、またの機会に誘ってね。
お疲れさま。

>Ryuさん
こんにちは。そうですか、図案集買いましたか!仕事を休みとってでも実物を見たくなる気持ち分かります。
はい、僕たちは予定通り9日に見てきました。で、予定通り凹みまくりました。
デシはともかく(むしろ刺激に変えていたと思う)、特に僕の方は余計に凹む理由があったので・・・その後数日は大変でした(その「理由」を多分後で書きますので同情してください)。
25日に行くのですね。どんなに期待しすぎても裏切られる事はないですから楽しんできてください・・・苦しんできてしまった僕の分まで・・・。
 

早速っ!!

 投稿者:Ryuメール  投稿日:2009年 2月 9日(月)20時01分37秒
  こんばんは、僕も図案集購入しました!
実際のカービングをどうしても見て見たくなりまして、休みを取って荻窪に遠征しにいく予定です。
せっかく行くので講習も受講しようと思います。
K先生の講習、そして作品展、超楽しみです!!25日が待ち遠しい~

Takaさん、デシさんは今日行かれたのですよね!今頃、凹んでらっしゃる頃でしょうか?

米澤さん>応援してます!Live頑張ってくださいね!!
 

LIVEのお知らせです。

 投稿者:米澤メール  投稿日:2009年 2月 9日(月)18時03分10秒
  盛り上がっているところに水を差すようで申し訳ないのですが、LIVEがありますので宣伝させて下さい。

2月18日
原宿コロコダイル
OPEN 18:00 START 19:30
\2500

この日は2バンド出演で自分のバンドHEMISが一番目で19:30から演奏します。
メンバーが決まってちょうど一年目のLIVEです、お時間がありましたら是非見に来て下さい!

質問などあればHPで受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください!

でわ失礼します!

http://hemis.web.fc2.com/

 

シェリダンスタイル和製図案集

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 2月 8日(日)06時22分39秒
編集済
  ココで話題になっている例の本、国産初のシェリダンスタイルの図案集が正式に世に出たら、改めて賞賛しまくる!と意気込んでいたのですが、冷静に考えると自分の恩師が執筆した(?)彫った(?)本を評論するような事になってしまうのかな、と思いました。
でもやはり「良い物は良い」とアピールして、カービングに取り組んでいる少しでも多くの人に手にとって欲しい、目に触れて欲しいと思いますし、そうなるのがK先生やクラフト学園研究室の本意でもあると思いますので、「僕の個人的な」とお断りした上で、素直な感想を書かせていただきたいと思います。

第1印象としては(初めから予想していた事ですが)、これはシェリダンスタイルをベースとしたK先生スタイルの図案集だという事です。
シェリダン現地の職人が皆そうであるように、ドン・キングが確立した今日のシェリダンスタイルの原型をベースとして独自の世界を確立し、発表されたのではないかと。
僕が感じるシェリダン風K先生スタイルとは、「キレイさとカッコよさを同時に兼ね備えた作風」です。それを圧倒的な技術で表現しているのがまた魅力的なのですが、技術の訓練以上に、「キレイさ」と「カッコよさ」を同時に入れ込むというのが、僕は至難の業だと思っています。

今回の図案集はその独創性がシェリダンの職人たちよりさらに顕著で、K先生が「シェリダンスタイルが流行っているが、いわゆる典型的なシェリダンスタイルの真似だけで終わっていいのか?」と訴えているような印象を受けます。
フラワーのデザイン、柄全体の構成、部分的なスパイス(意外性や遊び心)、それだけでなく刻印の使い方もシェリダンの職人だったら絶対にやらないようなアイデア満載です。
「シェリダンスタイルと謳っているのに邪道」とか「いわゆるシェリダンスタイルの図案集を期待していたのに」という人もいるかも知れませんが、「じゃあ正統なシェリダンスタイルって何?」となると、多分明確な答えはないのだと思います。
仮に「正統なシェリダンスタイル」が存在するとしても、それを真似するだけで満足するのはクラフターとして正統ではないと思います(生意気でゴメンナサイ)。

そういう意味でシェリダンスタイル風を踏襲しながら(ベースとしながら)新しい作風、アイデア満載の参考書が発表されたのは、僕は画期的なことではないかと思うのです。
24ページの、正直言って薄っぺらな印象の本ではありますが、内容は「もうやめて、お腹一杯!」と悲鳴を上げたくなるほど・・・・・何度見ても、そして見れば見るほど新しい発見、参考の素材満載です(K先生、内容に対して本の値段が安すぎますよ!)。
シェリダンスタイルにとどまらず、フラワーカービング全般の参考書となるのではないでしょうか?
僕が予想していた「歴史に残る本」になるのはもちろんの事、アメリカで販売される初めての和製カービング図案集にもなるような気もします。
きっとこの先、フラワーカービングのバイブル的な本になり、「この本が僕の(私の)恩書なんです」と言うクラフターが続出する事でしょう。

このような素晴らしい本を世に送り出してくださったK先生とクラフト学園研究室に、深々と頭を下げて「ありがとうございました」という気持ちです。

補足:
長くなってしまいましたが、どうしてもこれだけは・・・。
今回の図案集は(たいていの図案集がそうですが)、一部のページを除いてセピア調の1色刷りですね。
K先生の実物のカービングを何度も目にする機会があった僕は、最初に本の中身を目にした時に、「あれ?」という印象を受けました。
確かに一色刷りの写真だけでも圧倒的なのですが、それでもK先生の実物カービングの迫力、説得力はこんなモノじゃないのです。実物と1色刷りの紙の印象がこんなにもかけ離れてしまうモノかと初めて知りました。
クラフト社の荻窪店(日曜日は休みです)で、この図案集掲載の作品が展示してあるそうなので、可能な方は是非とも実物を見ていただきたいです。
http://www.craftsha.co.jp/event_topix/2009/20090125.html
実物を知ると、この本を見る目が格段に変わるはずです。
僕のデシなんぞは、「実物を見るまで本は見ません」と宣言し、いまだに本を開くのをガマンしています(なので、早速2人で9日月曜日に拝見に行き・・・・・2人とも自信を喪失して帰路につく予定です)。


なんか・・・・・「わざとらしい」と思われてしまうほどべた褒めの書き込みとなってしまいましたが、本当に正直な感想なので・・・・・仕方ないですね。
 

たらいさんへ

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 2月 7日(土)02時53分24秒
編集済
  こんにちは、久々のご登場どうもありがとうございます。
例の本、届きました&見ちゃいました。ええ、やっぱりK様のカービングはすごいです!!!
色々書きたいですけど、図案集を見てしまったせいで、ちょっと事情あってパニックを起こしておりまして・・・。三途の河には飛んでいかなかったですけどね。
レポートはもうちょっとだけ待って下さい。もう一晩頭を冷やします。
ところで、作品展でお会いしたいのはマジョーアさんだけで、僕の名前は挙がってないんですね・・・
 

く~っ!!!

 投稿者:たらい  投稿日:2009年 2月 6日(金)00時51分5秒
  図案集発刊の書き込みを見て、久々にお邪魔してしまいましたー。

早く見た~い!
やはり素晴らしい図案集なのですね。(絶対そうだと思っていました!!)
Takaさん、三途の河には飛んで行ってないですよね!?
レポート、よろしくお願いします。

作品展には子供と一緒に行く予定です。
久しぶりにマジョーアさんにもお会いしたいですぅ。
 

マジョーアさんへ

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 2月 3日(火)17時34分17秒
  ええ、ついに目覚めました。だって待望のセイイ○ショ、いや、セイショ(聖書)の発売日が具体的に公表されたのですからね!これはもう瀕死の状態でも目覚めないワケにはいかないですね!秘密の花園どころか三途の河の河原を散歩してましたが、渡るのやめて戻ってきちゃいました。

実を言うと・・・僕も原稿のカービング(実物ではなく紙の状態)を見ているんです。その時に「これは歴史に残る本になる!」と確信したので、先日の書き込みでフライング気味に(実際の本も見ていないのに)絶賛してイチオシしてしまったんです。
発売日は9日が予定となっていましたが、昨日クラフト社に印刷業者から入荷して、お客さんへの発送が始まっているらしいですね。
僕のところへは明日届きますが、あまりの衝撃に再び三途の河まで飛んでいかないように気をつけたいと思います。

現物を見る前にあーだこーだ賞賛しても説得力がないので、また後で改めて書き込みしたいと思いますが・・・とにかく楽しみですね。
 

旧のお正月

 投稿者:マジョーア  投稿日:2009年 2月 1日(日)14時14分25秒
  明けましておめでとうございます...旧正月のご挨拶です。
タカさん ついにお目覚めですね。秘密の花園はいかがでしたか?

そうなんです。 先日クラフト社で実物を見てきました。新刊のシェリダンスタイル図案集の作品達です。 全てK先生の気合の入った作品ばかりで これだけ素晴らしい本・図案集は世界で始めてだろうと思います。 見逃せませんよ~!
2月20日からクラフト社ギャラリーで作品展が開かれます。
K先生がいかに巨匠だってことをおもいしらされました。
 

すごいお知らせ

 投稿者:Taka  投稿日:2009年 1月29日(木)03時01分13秒
  皆さん大変大変お久しぶりです。
新年のご挨拶すらまだしていませんが、今さらそれもできないような時節になってしまいました。だらしなくてすみません。

さて、こんな前置きを書くのももどかしかったようなお知らせが・・・。
すでにご存知の方も多いかも知れませんが、2月9日にクラフト学園研究室より日本初のシェリダンスタイルカービングの図案集が発刊されます!
これを機にクラフト社で「シェリダンスタイルフェスティバル」と称し、作品展、講習会、新商品の発売など、様々なイベントがありますので、詳しくはクラフト社のHP、こちらをご覧ください。
http://www.craftsha.co.jp/event_topix/2009/20090125.html

これだけでも十分に興味があるのですが、僕がこの書き込みのタイトルに自信を持って「すごいお知らせ」と書く理由は・・・本はクラフト学園研究室の発刊となっていますが、去年から今年にかけて細切れに聞いた噂や情報を総合すると、どうやら僕の心酔する恩師、K先生が大部分、もしかしたら100パーセント近くを執筆したらしいのです!!
以前K先生に探りを入れてみたところ「立場上、社外の人にあまり詳しい事は言えない」と言いつつも、相当気合が入っているのがひしひしと伝わってきました。

本当はまだまだ皆さんの期待感が高まるようなエピソードや書きたい事があるのですが、あまりハードルを上げるとK先生に叱られてしまいますので、この辺で我慢しておきます。
が、僕は絶対に期待を裏切らない一冊であると確信しています。


ついでにお知らせですが、こちらは多くの方がすでにご覧になったかと思いますが、ついに、ようやく、やっと、ギャラリーページをちょっとだけ更新しました。
お財布のページだけですが、各作品の詳細画像を公開しました。
http://www.taka-fine-leather.com/gallry/wallets/wallets_top.htm
これから徐々に他のカテゴリーの作品も詳細画像をUPし、それが一通り済んだらまだサムネイルもUPしていない新作を随時追加してゆこうと思っています。ええ、思っています。
どうぞ長い目でよろしくお願いします。

さて、今さら言うのも恥ずかしいと思ったのですが、やっぱり一言、新年のご挨拶という事で。
今年もお客様に喜んでいただける美しい、カッコイイ作品作り、受講生の勉強になり、そして楽しんでいただける教室や講習会などを心がけてゆきたいと思います。
タカ・ファインレザー・ジャパンの2人をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

お知らせ

 投稿者:Taka  投稿日:2008年12月13日(土)01時52分5秒
編集済
  今日と明日(13日と14日)の2日間、上野アメ横のアルバカーキにて実演販売イベントを行います。

カービングと仕立てを織り交ぜての実演になると思いますが、実演だけでなく、今回のイベント用に限定で作った格安商品(カービング入りで3000円~)と、アウトレット品(過去に作った試作品や、品質に問題はないけど商品にはできないいわゆるB級品)を、ドーンと出します。売れば売るほど赤字な商品、計約50点・・・早いもの勝ちね・・・。
レザークラフターの方にとっては、実際に使用する革製品としてだけでなく、カービングの見本として購入するにもお手頃価格なモノがあるかと思います。
お時間のある方は是非お越し下さい。

ただ、レザークラフターの方は実演の見学が目的の方もいらっしゃるかと思いますが、アルバカーキは革材料屋さんではなく革製品屋さんですので、見学時間や技法的な質問などはほどほどに・・・お店にご配慮をよろしくお願いします。

アルバカーキの場所は分かりにくいので、お店に直接お電話にてお問い合わせ下さい。03-3836-3386
それでは、少しでも多くの方に触れる機会を楽しみにしております。


>玉尾タキさん
内側も外側もイケメンの黒幕と違って、内も外もブサイクですみませんでしたね!!
今週末は上野にて売れっ子職人をペテンで演じてきますよ。
せめて実演する作品はイケメンになるよう願いつつ・・・・
 

一泊でもヘロヘロだす・・

 投稿者:玉尾タキ  投稿日:2008年12月 4日(木)13時49分28秒
  おさかなさん
うわ~、呼びかけに応えてくださって、ありがとうございます。
そのうえ画像までUPして下さるなんて、感激です。
やはりすごいですね。見ていて飽きないです。
きっとここを読む皆さんが目を凝らしてみている事と思います。
聞かせていただいた製作過程のお話も大変興味深く、多くの刺激とアイデアを頂きました。
これを今後に活かせるように励んでいきたいと思います。

こまちさん
秋田から日帰りの強行。お疲れさまでした。私などまだ疲れを引きずっていまして、体力のなさを思い知らされています。
それにしてもビジン教師は褒めすぎですよ。
次回お会いできる機会があったら、その印象が見事に崩れ落ちる音を楽しんでくださいね。

それから、黒幕さん。
本当にお世話になりました。
どう見ても怪しすぎるあのヒントは、遠くから来る私のためにTakaさんが時間を作ってくれるようにしてくれた黒幕さんのやさしさですよね。(感謝
黒幕さんって外見だけでなく内側もホントにイケメンなんだな~ってしみじみ感心しました。
それにひきかえ・・・ったく・・

さてさて、Takaさんの騙された芝居にバカみたいに喜んだ私と、私をペテン師と呼ぶあの男・・・
はたして本当のペテン師はどっち!?
 

おめでとうございます

 投稿者:Taka  投稿日:2008年12月 4日(木)03時59分58秒
編集済
  >おさかなさん
こんにちは、ココでは初めましてですね。初めての書き込みどうもありがとうございます。
そして、工芸展の大賞受賞おめでとうございます。大賞の受賞者から工芸展開催期間中に写真付きで書き込みをいただいて!ライブな感じで大変光栄に思います。

すごいですねぇ~~~、写真だけでもこのインパクトなんだから実物はもっとすごいのでしょうね。
創作レベルのケタが違いますが、今年作った革の時計を思い出しました。
完成した姿だけを見てしまえば、「へぇ~、ここはこうなってるんだ」「こう処理してあるんだね、なるほどねぇ~」と思うのでしょうが、その結果にたどり着くまでに、どれほど頭をひねって、綿密に計算を重ねて、時には端革で試作をして・・・・・目に見えない苦労がある事か・・・。
きっと実作業をしている時間よりも試行錯誤の時間の方が長かったのではないでしょうか?あの時計でさえそうだったのだから、このおさかななんて・・・想像しただけで気が遠くなります。
そしてそれを形にする技術がなければ実現しない作品ですね。
アイデアと根気と技術の全てが揃った素晴らしい作品だと思います。機会がありましたら是非実物を見せて下さい。
お疲れさまでした、おめでとうございました。

ところで、かえるさんに始まり、ザリガニさん、(去年は何さんだったのかな?)、おさかなさんと、一年周期で名前が変わりますが・・・来年は何さんになるのでしょうか?
来年もやっぱり水中モノ?それとも陸上に上がるのでしょうか・・・「大いなる意志=大意志」を継続するのは間違いないですね?期待しています!!!
また書き込みください。


>こまちさん
こんにちは、お久しぶりです。
工芸展の会場で作品だけでなく、再会と初対面を堪能されたようでよかったですね。
折に触れていい作品を目にして、革仲間と交流をして、とても刺激になってクラフトへの意欲が沸きますよね。
そんな事が分かってはいるのですが、出不精の僕は今年も工芸展会場に足を運ばずでした。秋田からでも出てくる(しかも日帰り?)こまちさんを見習わなくてはいけないですね。
後で図録の写真に目を凝らしたいと思います。

石川からわざわざ出てきたあの人はそんなにも好印象でしたか?
ま、あの人は「ペテン師」を自負しているくらいですから、相手によって色々使い分けるのでしょうね。

この掲示板で知り合った仲間が一同に介するような・・・そんな機会があったら楽しいでしょうね。展示会や講習会じゃなくてもいいから、各自が作品を持ち寄って親睦会とか、楽しそうだし刺激満載だと思いませんか?
スペシャルゲストはK様、マジョーアさん、おさかなくんとトリプルで・・・。
いつか実現したらいいですね。
 

日帰りでもダメージはないみたい。

 投稿者:こまち  投稿日:2008年12月 2日(火)13時41分14秒
  マジョーアさんと玉尾さんとおさかなくんと会えて大感激でしたよ。
これからは石川県のニュースや天気予報にも反応するかも。
マジョーアさんのシードの並びを目に焼きつけたし、
玉尾さんの美人教師みたい(違ったらゴメン)な雰囲気、特に瞳に引きつけられ、
おさかなくんにはただただ驚くだけ。
皆さんと会えて勇気百倍と言った所です。

革工展はバラエティーに富み、
今年はシェリダンスタイルが増えたな~って感じました。
特におさかなくんの作品が大賞に選ばれたのは「スゴイ!」の一言です。

一人でコツコツやっていますが、
ここの方々を思い出すとパワーがわいてきます。
 

はじめまして

 投稿者:おさかなくん  投稿日:2008年12月 2日(火)04時29分9秒
  みなさん、はじめまして(?)
突然のご指名を流石に沈黙も出来ないので初めて書き込みさせて頂きます。

>おたまさん
どうもありがとうございます。
こちらこそお二人の出会いに立ち会えた事を喜ばしく思います(笑)
またお会いできたら、今度はゆっくりお話しさせて下さい。
(この間は個人的に緊張し通しだったので・・。)

今更ですが、本日まで池袋の東京芸術劇場にて日本革工芸展が開催されています。
僕の出品したバッグ(?)が大賞を頂きました。
カービングとレザークラフトを愛する全ての人達に観てもらいたい作品です。
時間のある方は是非ご覧になって下さい。
今日を逃したら生で観る機会はしばらくない・・・かも?
 

解説

 投稿者:Taka  投稿日:2008年12月 2日(火)03時36分41秒
  みなさんこんにちは、
玉尾タキさんとマジョーアさんの書き込み、みなさん全く意味が分かりませんよね。
解説してしまうと「ある2人」に失礼かと思うのですが・・・あまりにチンプンカンプンだと思いますので敢えて解説させていただきます。

数週間前に、デシ君から「30日の日曜日に教室の入会希望者が見学に来るので、できればTAKAさんにも居て欲しいんですけど・・・」と言われたので、30日に言われた通りの時間に出勤しました。
工房に入ったら、デシ君と馬のお面をかぶった不審人物が、講習の作品見本を目の前にして熱く語っていました。
僕としては正直、驚く必要はなかったのですが、ある事情がありましてとりあえず驚いたフリをして・・・・・不審人物がお面をとったところで、再度驚いたフリをしてみました。2人は僕の驚く様を見て、鬼の首をとったように喜んでいました。
ひとしきり話をして、一段落したところで・・・デシ君に「そういえば工房のポストにキミ宛の手紙が来てたよ」と、封筒を手渡してあげました。
その封筒の中身はコレです

コレを読むと、玉尾タキさんがみなさんご存知の○○○さんで、矢張 創(やはりそう)がみなさんご存知のカービングバカで、黒幕も例のアイツある事を分かっていただけると思います。
手紙を渡した後、ある2人の悔しがる様を見て、自分の事を我ながらイヤなヤツだと思いつつも、勝ち誇った気分になった次第です。

>玉尾タキさん
僕が賢いせいで、せっかく手の込んだサプライズを不発にしてしまってごめんなさいね。
大量の貢物をありがとうございました。
甘い方の貢物は子供達と分け合って、すでに半分くらいになりました。
長い方の貢物は、時間のある時にゆっくり仕上げたいと思います。
それにしても・・・せっかく数年越しの念願を叶えてあげたのに・・・「夢を叶えるのを忘れた」だの、「ズルの数々を披露して」だの・・・やっぱり見せなきゃよかった!
別れ際に社交辞令で「また来て下さい」なんて言ったけど、もう来ないで下さいね。

>マジョーアさん
工芸展のお仕事お疲れさまです。
以上のような感じで「ヤツラ」のドッキリ企画は逆ドッキリな結果となりました・・・フッフッフ・・・。
ところで先日、茨城県笠間市の例のイス職人さんとランチをご一緒する機会がありまして、マジョーアさんがオーダーしたスタンドが完成したらマジョーアさんと一緒に工房に伺おうと思っていますと伝えましたら、大変喜んでおりました。是非行きましょう。
年末はお互い色々と忙しいかも知れませんが、年が明けて一段落したらまたお会いしたいですね。最近話すたびにお互い愚痴が多くなりがちなので・・・次回はそうならないよう、明るい話題をたくさん貯めておきましょうね。
 

笑う門には福来たる

 投稿者:マジョーア  投稿日:2008年12月 1日(月)23時10分51秒
  タキさんが あの人のこと矢張創さんと名づけたのを見て 今度は手をたたいてアッハッハッハッと笑っちゃいました。その後ろに黒幕さんの影がちらちら...
おタキさん 遠いところ本当にお疲れ様でした。また新しく次の制作意欲が湧いてきたのでしょうね。タキさんは今なんでもどんどん吸収されているので、また良い作品を作られるのを楽しみにしています。
タキさんもこまちさんも やっと顔あわせが出来てよかったですね。 会場でこまちさんに 顔が小さくてとても美人で背の高い人がタキさんなので自分で探してみて~と言ったら ちゃんと捜し当ててくれて、何か通じる物あったのかな?

私もその内創さんや黒幕君に会いに行きたいとおもってます。 その時は私の馬面の写真とって来ますわね

創さんも黒幕君もお元気でよかった良かった!
 

矢張創さんへ

 投稿者:玉尾タキ  投稿日:2008年12月 1日(月)21時07分20秒
編集済
  あんたなんて嫌いよ。
あたしとあの人がいい仲だってうすうす勘付いていたくせに、その上であたしたちを弄ぶなんて。
ほんっとにもう!!いけず~

こまちさん
思いがけずお会いする事が出来て本当に嬉しかったです。
その上いろいろ教えて頂いてありがとうございました。(ラッキー!
お話していた件は上記の通り、あっさり撃沈いたしました。
どうやら、バレバレだったようです。
ご期待に添えなかった事。深くお詫び申し上げます。
それから、こまちさんの美しい作品をもっともっと見たいです。

おさかなさん
勝手に声掛けしてすみません。だって、大賞すごいんですもの。(おめでとうございます
快く一緒に写真まで撮ってくださってありがとうございました。
こういうなれなれしいヤツなんです。(すみません
またお会いできる機会に恵まれるといいなと思っていますので、これに懲りずお相手くださいませ。
よろしくおねがいします。
あ、都合が悪ければ沈黙しててくださいね。

マジョーアさん
大変お世話になり、ありがとうございました。
私としてはちょっと無理した感じでしたけど、刺激いっぱいの充実した上京になり、思い切って行った甲斐がありました。
マジョーアさんの元気いっぱいの優しい笑顔はやっぱりホッとします。
工芸展はあと1日ですね。お疲れが出ませんように、頑張ってくださいね。

黒幕さん
やっぱタキはだめだっちゃ、タキは~
マジョーアさん大うけしてましたよ。(わっはっはっは~って
でも黒幕さんの「ただのうそつきにならない」、「ヒントがある上でヤツが騙される」を実現したい思い、よく分かります。
今回のサプライズ?がこういう結果になってしまって残念ですけど、また何かあれば私を使ってやってください。
可能な限り協力しますよ~
あ、それと私の馬姿の写真を撮るの忘れてしまったのがさらに残念です・・・
それにしても、ほんとグミが好きなんだね。

創さん
ネタが一つなくなってしまったお詫びに、悔しいけれどこのネタを提供しておきますね。
本当なら家でくつろぐ予定だったのかもしれないのに、長い時間お付き合いいただいてありがとうございました。
おまけにズルの数々まで披露して下さって、本当にありがとうございました。
貢物のあれは数日でなくなるかもしれませんが、もう一つは長く頑張ってくれそうでしょ?
その後どういう姿になったのかを絶対に見せてくださいね。
でもでも、せっかく行ったのに夢を叶えるのを忘れました。
障子は破れたままだし、足相撲しなかったし・・・はたして夢は叶うのか・・?
 

取り急ぎ・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2008年11月20日(木)22時04分14秒
編集済
  皆さん、お久しぶりです(管理人が自分の掲示板で「お久しぶり」って言うのもヘンですね)。
またまた長らくご無沙汰してしまって申し訳ありません。
書き込みをサボっていた言い訳はたくさんありますが・・・この際それはどうでもいいとして・・・取り急ぎyoshioさんにお返事で・・・。

>yoshioさん
こんにちは、初めての書き込みどうもありがとうございます。
お返事が遅れてしまって大変失礼いたしました。
カービングを始めて一ヶ月ですが・・・きっと楽しくて楽しくて仕方ない時期ですね。
広島に帰る途中に僕のところでカービングの講習を受けたいとの事ですが、申し訳ありませんが、僕たちは通常の教室以外に講習はやっておりません。
「通常の教室」というのは、毎週何曜日の何時から何時までと時間を決めて教室に通っていただき、カリキュラムに沿って進める講習のことです。
yoshioさんのご希望されているような、2日間でこの技法を集中的に、という突発的な講習はやっていませんのでお許し下さい。僕たちの本業は教室の先生ではなく、メーカー(作品を作る職人)ですので、その辺をご理解いただけると幸いです。
もしかしたら将来的に、いつかどこかで短期の(1日や2日)出張講習会をやるかも知れませんので、そのような時にyoshioさんを指導させていただく機会がある事を楽しみにしております。
この掲示板にはカービングにハマっている仲間がたくさん集まってくれていますので、よろしければこれからも度々登場して、刺激や情報の交換をしてください。
ありがとうございました。
 

こんばんわ

 投稿者:米澤メール  投稿日:2008年11月14日(金)22時56分43秒
  ryuさんこんばんわ。 完成おめでとうございます!うらやましいです、、、。

僕のバックは今進めていません、、、。

色々不都合と解らないことがありまして、また気が向いたら続きをやるつもりです。

それと椅子が今日なくなりました、、、、、。
もともと僕の物ではないのですが。
僕の中で今までで一番大きな作品でしたし、なんだか気持ちが入ってしまったので寂しいです、、、。

ここ何日か波がでかいですね~!

http://hemis.web.fc2.com/

 

こんばんは!

 投稿者:ryuメール  投稿日:2008年11月10日(月)17時34分11秒
  皆さんこんばんは!
やっとの思いで作りましたバッグ、かなり勉強になりましたが・・・・
とてもお見せできるカービングではないので、雰囲気だけupします。
まだまだ勉強不足を実感しちゃいました・・・
>米澤さん、スゲーカッコいいチェアーですね!
カービングも迫力満点!
僕はいつになったらそんなスゴいカービングが出来るようになるんだか先行き不安。
バッグの制作は順調ですか?
 

始めまして

 投稿者:yosio  投稿日:2008年11月 9日(日)22時30分34秒
  始めまして
yosioと言います
1ヶ月前からカービングの魅力にはまり・・・始めました
出張が多い中カービングするのは大変だけど自分なりにやっています
今新潟にいるんですが、もう少しで工事も終わります22,23日位
試行錯誤の中、ポシェット、小銭入れ等作成しました
広島に帰る途中、カービングテクニックを習えたらと思っていますが
どんなもんですかね?
2日位なら、群馬行きますけど、ご検討下さい
失礼します
 

できました!

 投稿者:米澤メール  投稿日:2008年11月 9日(日)22時18分53秒
  完成しました!

とても楽しかったし良い経験になりました!

http://hemis.web.fc2.com/

 

もうすぐ。

 投稿者:米澤メール  投稿日:2008年11月 6日(木)23時40分26秒
  もうすぐアンティークチェアーが出来ます!

51センチ×40センチです、大きいカービングはやっていて爽快でした!

明日、鋲を打ちます!

出来たらまた報告します!!

http://hemis.web.fc2.com/

 

お久しぶりです。

 投稿者:HIDE  投稿日:2008年10月12日(日)10時31分54秒
  Takaさんお久しぶりです。
遅ればせながら新カリキュラムでのレザークラフト講座のスタートおめでとうございます。
サンプル作品から見て、かなり充実したカリキュラムになっているのでしょう。
これからデシさんがメインで講師をやられるということですが、男性はもとより、これで益々女性受講者が増えるのではw(変な意味ではありませんよw)
デシさん、先生ということでプレッシャーはあるかもしれませんが、Takaさんのもとで培われた技術と知識、今までTakaさんのサポートをされてきたデシさんなら、きっと受講される方に有益で適切な指導やアドバイスができると思います。(なんかうまく書けませんが・・・)がんばってください。応援しています。

それでは益々のご盛況をお祈りしております!!
でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

http://www.leather-w-gate.com/

 

オメデトウございます

 投稿者:マジョーア  投稿日:2008年 9月30日(火)22時26分9秒
  お久し振りです。
タカさん、O君 新しい教室の出発おめでとうございます。 とても良いカリキュラムですね。これでまた 日本にカービング仲間が増えますね。 成功を祈っています。
最近の日本革工芸展でもカービング物の応募が増えています。そして今年の大賞は なんとカービングが沢山施されている作品でした。人事ながら嬉しかったな~ 11月29日~12月2日、東京池袋の芸術劇場で開催されますので 皆さんどうぞ見学にいらしてください。

おたまさん、
久しぶりで貴女の作品を見て もうビックリ! 腰が抜けるかと思いました。本当に真剣に革と向き合っているのですね。 おたまさん流で とても美しい作品群ですね。美人の貴女と同じぐらい...

ふと思ったのですが、タカさん 貴女のお教室の(以外のお友達も含めて)女性はみんな、本当に全員美しい方ばかりですね。ひょっとしてオーディションがあるのですか? ハア~私も昔はプリティガールだったのですが。(kkkkkk...誰も私の若い頃なんて知りはしないや~~)今は魔法の杖も言う事を聞いてくれなくなりました。
 

こんばんは!

 投稿者:ryuメール  投稿日:2008年 9月28日(日)18時17分46秒
  Takaさん>いよいよですね!新レザークラフト講座開設おめでとうございます!
すごい内容ですね、すぐには無理かもしれませんが、検討させて頂きたいと思います。

デシさん>初めまして!初のメイン講師頑張って下さい!
本当にすごい作品ばかりですね!!それで基礎コースの作品か~い(チ~ン)髭男爵風
ってな感じ。
その先のコースはどうなってしまうんでしょ?   興味津津です!

米澤さん>4位入賞おめでとうございます、満足のいくライドができたならなによりです!
あとは気合いで作るバックですね!僕も気合いで作れるのか?かなり疑問ですが。(笑
お疲れ様でした!

おたまさん>自分に作れるのか不安でしょうがないです・・・
とりあえず頑張ってみます!   気合いで!!!
 

ありえへん・・・

 投稿者:おたま  投稿日:2008年 9月26日(金)18時02分28秒
  無断でリンクするなんて・・・

いえいえ、ウソです。
どうもありがとうございます。
ありえへんのはTakaさんが私への「敗北感」とか「憧れ」とか「嫉妬」なんていう言葉。
でも、私への賛辞はコピーで充分という事だけは、よーっく分かりました。
そういえば2004年のTakaさんの展示会で、私のカービングを始めて見た(しかも一瞥)Takaさんから出た言葉は「そこそこやるんですね」でした。
あの時購入したお財布が、今ではいい色になっていますよ。

彩さん、
あなたの先生は「ペテン師に気をつけろ」と言っていないですか~?(笑
ファンだなどと言われると、彩さんには会わないほうがいいかも・・・
このまま妄想していてもらいたいな~

以前Takaさんが「自分のカービングについてTakaスタイルですねって言われる事があるけれど自分ではよく分からない」と話してくれた事があります。
当時「わからないなんて、そんなんありえへん」と思った私ですが、「おたまさんの作風が・・・」と書かれて、今まさに私がそんな感じです。
情熱的で・・・躍動的・・・、ありがとうございます。
教えていただく先生の「カービング」が大好きなら、出来るだけ近づきたい・・は本当にそうですね。頑張ってください!

l.c.ryuさん、
いや、ryuさん、いつもコメントありがとうございます。
シェリダンの注文が来て、よかったですね。おめでとうございます。
どんなバッグでしょ。見せていただけるのを楽しみにしていますね。

米澤さん、
ウィンドウチェアーがどんな物なのか分からなくて調べました。
一つ賢くなっちゃいました。
見つけたものはすごいお値段がついていまして、ビックリです。
頑張ってくださいね。

デシさん、
先生としてのスタートおめでとうございます。&サンプル作りお疲れ様でした。
これからいろんなハプニングもあるかと思いますが、頑張ってくださいね。
これを機会にTakaさんが書いたように「デシ」っていうのもそろそろどうでしょうか?
それからカービングを褒めていただいてありがとうございます。
でも、まだまだデシさんのように綺麗にはカービングできません。
頑張って追いつきますね。

それと、「皆さんが彫ったものが続々とアップされるとうれしいですよね~」に同感です。
ですからデシさんが是非!!!!!

Takaさん
日々の仕事の合間での準備。お疲れ様でした。
すごく充実した内容の教室ですね。
また新たなお仲間が加わって、にぎやかに楽しくクラフトできそう。
で、あの画像の中には猫かぶりの彩さんが・・・?
ちゃんと猫を被せてくれないと、どちらが彩さんなのか分かりませんよ。

1年半ほど前。ある人に私のカービング画像をメールしたら、「Takaさんかと思った」と返事が来て、私は「最悪~」と思っていました。でも、ちょっと思い直すことにします。
確かに私はTakaさんの作品を一番多く見てきましたし、カービングに直接刻印やスーベルナイフの刃を当てて、傾きや刃を回すタイミングなどの勉強もさせていただきました。
実際には刃も、刻印も、別物ですから合わなかったりもするんですけどね。
Takaさんには直接教えていただく機会には恵まれませんでしたけれど、Takaさんのカービングはずっと無言で私を教え続けていましたし、今も課題を突きつけています。(くっそ~!これが出来ない!
ですから「Takaの影響が大」はぜんぜん心外じゃありません。
Takaさんのカービングにチェスターヘイプ氏が見えるのと同じですよね。
先回書いた事は、私が今まで自分で気付いていなかった事に、Takaさんの図案を彫った事でやっと気付くようになったのだと思います。

で、一つ質問。Takaさんはもう自分の右手を探していないのですか?
私は多分いつまでも捜し続けると思います。仮にもう持っているとしても・・・・
 

ご挨拶

 投稿者:デシ  投稿日:2008年 9月25日(木)17時26分57秒
編集済
  皆さんこんにちは。お久しぶりです。
タカさんの書き込みでご覧のとおり、講座生徒の募集を始めました。
そしてこの度から私が本格的に講師をすることになりました。
今までも教室中に質問された時、タカさんが手が離せない時はお手伝いしていたんですが
今回からは僕がメインで教えるということになりました。
メインということでやや不安はあるものの、バックにタカさんがついてるのでその点はとても心強いです。
技術的にタカさんにはかないませんが、それでも伝えられることは沢山あると思いますし
7年前は僕もタカさんの生徒でしたのでその経験も生かせたらいいなと思っています。
至らぬところも多々あるかとは思いますが一生懸命やらせていただきますのでよろしくお願い致します。
充実したカリキュラムも二人で考えましたのでリニューアルしたクラフト講座をどうぞよろしくお願い致します。



>おたまさん

素敵なカービングですね。とても

皆さんが彫ったものが続々とアップされるとうれしいですよね~
 

教室案内公開&新規生徒さん募集

 投稿者:Taka  投稿日:2008年 9月25日(木)02時07分54秒
編集済
  皆さんお待たせいたしました。
この書き込みのタイトルの通り・・・・・でございます。
こちらよりどうぞ。

偶然ではありますが、今月で僕の講座は開講10年を迎えました。
過去10年間、漠然とした(あってないような)カリキュラムで僕なりに一生懸命指導させていただいて来ましたが、この度カリキュラムを全面的に改良し、資料、備品等もしっかり整え直した上で、新体制でレザークラフト講座をスタートさせていただきます。

しかし10年間こだわり続けてきた、「レザークラフトを楽しむ」事を最優先したポリシーは変わりません。
伝えるべきこと、教えるべき事はしっかり押さえながらも、雑談も大歓迎の和気あいあいとした、「色々な意味で楽しい教室」を皆さんと一緒に作り上げてゆきたいと思います。

また、これを機に僕たちの講座はデシ君がメインの講師となり、僕はメイン講師を退き、良く言えばお目付け役、アドバイザー、悪く言えば口出し役、おせっかい焼きとして、横のほうからチクチクと講習に携わらせていただきます。
もはやデシ(弟子)という名前が似合わなくなってしまった、職人として一人前の彼の満を持しての先生デビューです。

この後デシからもご挨拶の書き込みがあると思いますが、新生レザークラフト講座を、デシ共々よろしくお願い申し上げます。


>ryuさん
応援ありがとうございました。
お陰さまで無事完成し、公開まではこぎつけました・・・あとは少しでも多くの、レザークラフトを愛する生徒さんに集まっていただくことですね。
以前ryuさんから「遠方の人でも通えるような教室は考えてないのですか?」とお問い合わせいただきましたが、そのような要望が他にもありましたので、2週間に1回、日曜日の教室も開設しました。よろしかったらご検討ください。

>おたまさん
今回も「生きてて」すみませんでしたね!(ま、ある意味死んでるけどね・・・)
クリントやジムの話題で思った事ですけど、レザークラフトって、本当に色々な人との出逢いをもたらしてくれますよね。レザークラフトに限らず、趣味っていうのはみんなそうなのかもしれないけど、「性別も世代も超えて」っていうのはレザークラフトならではだと思うんです。
今までもたくさんの生徒さんから僕の知らない時代の話、知らない世界の話、知らない土地の話・・・などなどたくさん聞きまして。
今度はどんな生徒さんが来てくれるだろうと、今から楽しみです。

ところで心外かもしれませんが、僕にはおたまさんのカービングはとっくに「Takaの影響が大」だと映っていました。おたまさんは無意識かもしれませんけど、多分僕のを見る機会が一番多かったと思うので仕方ないと思います。
むしろ最近になって「個性がより強くなってTakaの影響が薄れてきたな」という印象です。
そういう意味も含め、
http://www.k-craft-web.com/gly-oh-0808a.html
http://www.k-craft-web.com/gly-oh-0808b.html
の2作品は、
「おたまさんの作品だ」と一目で分かる確固とした作風があるという事に、非常な憧れと嫉妬を覚えます。
僕の「敗北感」です。おたまさん、立派に右手があるじゃないですか!!
(あれ?勝手にリンクしちゃったらまずかったかな?いいですよね?)

>彩さん
はい、新教室の作品サンプルはすごいですね。たしかに売り物レベルですよね。なぜなら僕じゃなくてデシが作ったから。
僕は(少食なので)そろそろスリゴマで満腹になってきたので、今後はデシに食わせてやってください。白米も添えて・・・。
さて、問題です。
新しい生徒さんが入った時、彩さんはいつまでネコを被っていられるでしょう?
A.一ヶ月
B.一週間
C.数時間(数分かもね)

>米澤くん
多分、バッグ(レザークラフト全般)は気合いでできるよ。人にもよるけど、米澤くんなら間違いなく。
アンティークのウィンドウチェアーのリストア、羨ましいね。
俺もアンティーク物は好きだけど、アンティーク物に自分の手を加える機会なんて滅多にないからね。色々な事に想いを馳せながら頑張ってね。
それから4位入賞おめでとう!すごいね・・・これも気合いで勝ち取ったのかな?
 

報告です。

 投稿者:米澤メール  投稿日:2008年 9月22日(月)22時30分47秒
  ryuさん台風は近くを通り過ぎてうねりが残りませんでしたね、、、、。

彩さんはじめまして、そうですか~海はいいですよ!それと子供は恐ろしく上達が早いですよ!楽しみですね!

おたまさんこんばんは、写真はとても見栄えがいいように気をつけて撮ってるので実物は見ないほうがいいかもしれませんよ(笑)
褒めていただきありがとうございます!

takaさん、バックは気合でできるんですかね?(笑)ハンドルはもう出来ましたが、、。
あそこまでやって今はほったらかしにしてあります、いつか気が向いたら再開します。

あと知り合いの外人さんに頼まれて1800年後半から1900年初頭ころのウインドウチェアーを修理する事になりまして、代々伝えてきた物らしく今はワクワクしてます!シートはもう無いのですがなんかカービングしてあったそうです、僕のカービングを見てこんな感じだったと、とてもアバウトなことを言ってました。 おそらくイギリス製との事ですがこの際そんなことは関係なく本物のアンティークにさわり関わりこれから生まれてくる人達に受け継がれていくと思うとどう言えばいいか言葉が見つかりません、イギリスにも似たようなレザーカービングはあったのでしょうか? とにかくがんばります!

そして昨日の大会ですがなんと奇跡的に決勝まで残りました!

しかし、決勝ではレベルが高くダントツのビリでした(笑)

結果4位でした!しかし満足しています、メダルももらったし、大好きな趣味の一つでちょっとした結果がだせただけで嬉しかったです!

以上報告でした!!!!

http://hemis.web.fc2.com/

 

こんばんは!

 投稿者:ryuメール  投稿日:2008年 9月20日(土)21時42分27秒
  みなさん、こんばんは!
散々、ねばっていた台風!あっちゅう間にいってしまいましたね~
おかげで子供の運動会が明日に延期になってしまいました。明日は晴れますように・・・

おたまさん>こちらでは初めまして!ですね。
お手柔らかにおねがいしますね!
UPさせてもらった鯉はそんなに大変ではありませんよ!
2時間かからないでカービングできます。(鯉ばかりで慣れたせいもあるかも?)
僕のはフィギアカービングと呼べるレベルなのか疑問ですが。(笑
彩さん同様、僕もおたまさんの一ファンですよ~

やっと・・・・やっと、シェリダンスタイルの注文を頂きました~パチパチ!
嬉しいのですが、バッグって・・・・作ったことねぇ~・・・・どーしましょ・・・

彩さん>お褒めのお言葉ありがとうございます!
図案は参考になりそうな画像を片っぱしから調べて、自分なりにアレンジしています。
名前がRYUなので、龍をマスターしてみたい(名前は関係ないか!)のですが、なんか難しそう・・・
講習会、来年はなにか受講したいと思ってます。
お財布と相談して!(笑
お逢いできる機会があるかも!ですね。
ブログ見て頂いてありがとうございます、そう・・・多趣味なのです・・・困ったもんだ・・・と自分でも思うのですがやめられません。(笑
Takaさんの教室で勉強されているんですね!ひじょ~~~~にうらやましい!!
切磋琢磨で(あんまし意味がわからないケド・・・)頑張りましょ~ね!

Takaさん>書き忘れましたが、新生アメリカンレザークラフト講座僕も楽しみにしています。
準備に追われて大変でしょうが、頑張ってくださいね!
 

刺激的 !

 投稿者:  投稿日:2008年 9月20日(土)05時40分36秒
   雨音が気になります。 台風の影響があまりなければいいなぁ~と、思いながら書いています。皆さんのお話と写真を見せて頂いて (刺激的!)と、喜んでいます。

 ryuさん
  彫りがきれいですね。フィギアの講習会に 2回ほど参加しましたが、しばらく打たないと「あれ、この刻印どう使うんだっけ?)状態です。図案はどうしているのですか? やはり、スケッチをしてデザインしていくのかしら? ブログも読ませていただきました。実に多趣味でいらしゃる!これからも、カービング沢山見せてください。


 米澤さん
  初めまして、彩です。すごいですね!図案もカービングも素敵です。サーフィン姿もカッコイイです。先日、息子がサーフィンを初めてするのに千葉に出かけていきました。講習を受けて、ボードに立てた!と、喜んでいました(笑) 米澤さんのように 波にカッコよく乗れるのは いつの日でしょうか? 私のカービングと競争かな?ひそかに思っています。これから、よろしくお願いします。

 タカさん
  先週はお疲れ様でした。カレーには ゴマは入れてません!辛さが足りなかったようですね。やはり、作る私が甘いせいかしら???  Hさんのサラダは私のマイブームになりまして まねをして作ってます。とてもおいしい!!!  今、打っているカービング、ですか・・・勇気がでるかどうかは 出来上がらないとわかりません。ほら、彩はシャイなんで・・!!!(痛い、なにか飛んできたような~)  冗談はさておき 頑張ってみます。もちろん タカさんを尊敬し、崇拝してますから!
  話しは変わりますが、こんど新しく募集をする教室のサンプルは 本当に凄いですね。「売り物」ですよね・・・私も作りたい作品が沢山あります。いままでも この教室の凄さは実感してましたが、カリキュラムの作品を実際に見ると圧倒されます。 独り占めの指導も魅力的ですが、沢山の方と一緒に革を学べるのも いろいろな刺激があって勉強になると思ってます。 夢中になると まわりの声が聞こえなくなってしまう彩ですが 新しい教室を楽しみにしています。

  おたまさん
 ご無沙汰しています。おたまさんが掲示板に登場してくれると とても嬉しいです。知ってました?私、おたまさんのファンなんですよ。おたまさんのカービングも文章も大好きです。刻印の打ち方について (自己流になったとき・・・)の話しから、タカさんからもおたまさんからも なるほど・・・と思うアドバイスを頂きました。今の私のレベルでは、基本をしっかり身につけたい・・と考えています。教えて頂く先生のカービングが大好きなら、出来るだけ近付きたいと思うもの。何年も いや何十年もかけて答えをだした結果、その刻印の打ち方になったと思っていますので・・・基本が出来ないうちに 自分らしさとか 個性とか追求しても ???なんです。とにかく沢山練習をして 数をこなすのが 現在の私の課題です。
  おたまさんが、「タカさんの作品」だと分かる確固たる作風があることに・・・は、共感しますし、それがプロとアマの違いなのかとも感じています。 でも、おたまさんのカービングには おたまさんの作風が魅力が十分に感じられます。情熱的で 躍動的・・・私、大好きです。おたまさんは ちゃんと「僕の右手」をもっているんですね!  「僕の右手」私も いつか持ちたいです。
 

♪僕の右手を知りませんか~

 投稿者:おたま  投稿日:2008年 9月18日(木)16時12分35秒
編集済
  うちのチビが最近やたらと気にいって聞いているTHE BLUE HEARTSの「僕の右手」
始めて聞いた時はこの出だしに「どういう歌詞じゃ?」と大笑いしたのですが、気がつけば私も気に入って、仲良く聴いています。

彩さん、
お声がけをありがとうございます。
お陰さまで夏休みも無事に乗り切り、秋の行事をあれこれこなしながらバタバタと平和に生きています。
私の教室の人たちは、レザークラフト教室に来たらたまたま私がいて、始めてカービングを見たという人がほとんどです。「革は革でいいじゃん(飾らなくても)」なんていう意見もありで・・・
はじめに基本的な刻印の打ち方は説明しますが、ある程度分かるようになるといろんな刻印の打ち方でカービングをして見せてくれます。ある意味、好き勝手なカービングですけど、面白くって、刻印が活かされていないと感じる時以外は特に指摘せずに見逃しています。
でも、彩さんの書き込みを読みながら、それっていけないかな?って、ちょっと考えています。
で、私の最新カービング、マリオでも彩さんには刺激になりますか?
多分、彩さんがUPしてくれる画像のほうが何倍も私を刺激すると思います。
楽しみに待っていますね。

米澤さん
すごい!しっかりカービングのバッグですね。
これだけの図案を書くのに私なら1月かかってしまいそうです。
前回のもそうでしたけど、今回のこれといい、私は米澤さんのカービング好き♥
いつかナマを見る機会に恵まれますように。

ryuさん
こんにちは。
ガッツリ、しっかりの彫りですね。
私はフィギアをほとんどやた事がないので、少しくらいは勉強しなくちゃと思うのですが、ryuさんの鯉の鱗を見ながら、気が遠くなりそうに・・・
鯉や龍を彫る人たちってホントすごいなって改めて感心した次第です。
次はシェリダンを彫らせてくれる注文が入るといいですね。

Takaさん
うーん、この写真。J様のベルトが気になる~(カービングが細かそう・・・

TakaさんがC社の夏期講習をする以前には、掲示板に数ヶ月のブランクがあいた事もありましたね。
元気に書き込みが再開された時には「チッ、生きてんのかよ」と思ったものでした。
今回も何やらひっそりとしていると思いましたら、そういう事だったのですね。
Takaさんが「自信がある」と言い切るアメリカンレザークラフト講座はきっとすばらしく充実した講座だろうと、自分が参加できるわけでもないのに期待しています。
HPの教室案内が更新されるのを楽しみに待つことにしますね。

2年前のジム・ジャクソン講習会。とても刺激的でした。
11月には3年前のクリント・フェイ講習会を思い出します。
私にはどちらも貴重な経験で、Takaさんにも色々とお世話になりましたね。(ゴリゴリ・・・
たくさんのカービングをする方たちに会って、時間を忘れての革話。たくさん刺激を頂きました。
またいつかそんな日があるなら、何とかチャンスを活かしたいと思います。
Takaさんにも、またいつかフェイさんやJ様と会って、時間を忘れての革話が出来る日が来るといいですね。

ところで、ずっと前に(覚えていないと思いますが)Takaさんに「僕の色に染めてやる」と掲示板に書かれてから、染まってなるものかと気を付けていたのですが、Takaさんの図案をカービングしてから描く図案の一部がTakaさんのラインを取ろうとしてしまいます。これは私の手じゃない!!と、あがいて見たものの、やっぱり自分もそう描きたいという事実。困りました・・・
しかし、どうやらこの一部分に関して私はTakaさんに共感したらしく、そう思うと敗北感でいっぱいです。(チッ!
考えてみれば、今までにも小屋敷先生、フェイさん、J様と教えて頂いた先生方に共感しながらカービングは変わってきたわけで、今回のこれはこれで私の成長なのでしょうか?
何を書いてもどうせ信じないとは知っていながら敢えて書きますが、カービングが美しいと言うだけではなく、誰が見ても「Takaさんの作品だ」と一目で分かる確固とした作風があるという事に、非常な憧れと嫉妬を覚えます。
ということで・・・さてさて、私の右手は何処にあるんでしょう・・・

♪ 見た事もないようなギターの弾き方で
聞いた事もないような歌い方をしたい~ ♪

カービングをされる皆さんはどんな風に歌いますか?
 

こんばんは!

 投稿者:ryuメール  投稿日:2008年 9月17日(水)21時11分56秒
  皆さん、こんばんは!
米澤さん>鴨川、海がきれいでいいですね!昔は、僕もたまに入ってましたよマルキ近辺など。
僕は片貝(九十九里)周辺で入っています。家が近いので。
最近メッキリ体力が落ちて波が頭オーバーになると海に入ろうか躊躇するようになりました。(笑
  週末は台風の動きも気になりますね、ケガなどしませんように大会、頑張ってくださいね!
サイトの方、拝見させて頂きました!  バンドマンでもあるのですね、ギターリストでいいのかな?   すごく楽しそうですね!
ちなみに僕は絵心はないですよ~、センスがないっ!!と威張って言えます。(笑

Takaさん>いえいえ、とんでもないです!放置プレイ大好きですから・・・・冗談です(笑
こうして、かまって頂けるだけでありがたいです。
キングギドラですか?・・・・そいつぁ~大変そう! でもTakaさんがカービングしたキングギドラ・・・・見てみたい!と思っているのは僕だけではないでしょうね!(笑
なにげに鯉のウロコのボコボコ感が気持良く、僕的には気に入ってますが、キングギドラともなると・・・考えただけでゾっとしますね。
翻訳された参考書、Takaさんからの志願だったんですか!
了解です、擦り切れるまで(その根性が僕にあるのか?)頑張って勉強してみたいと思います!
 

募集開始間近

 投稿者:Taka  投稿日:2008年 9月17日(水)01時45分12秒
編集済
  ご無沙汰しております。前回の書き込みから、ついに一ヶ月以上のブランクを達成してしまいました。
掲示板があまりに放ったらかしなので、ある友人から「入院でもしているのか心配になって・・・」と、電話までもらってしまいました。
いえ、だらしないだけです。すみません。

言い訳を兼ねたお知らせとして、ここ一ヶ月、日常の業務の合間合間に、教室の新規募集の準備に追い込みをかけていました。日常業務の合間に・・・って、大変なんですよ。課題作品の見本作りがようやく終わりまして、今は書類作りをしています。募集に向けて詰めの段階に入っています。

ご存知の人も多いと思いますが、実はここ数年「将来的には教室はやめよう」という気持ちでいました。辞めてゆく生徒さんを特に引き止めず、そして新しい生徒さんもとらず・・・で、現在の生徒は2クラス合わせてたった5人!そして先生は僕とデシの2人!(すごいですねぇ~、ほとんどマンツーマン状態ですねぇ~~~)

ところが・・・今年の春頃からですかね、色々な事を考えて、「やっぱり教室を拡大して今まで以上に真剣に指導していきたい」と、僕だけでなくデシ共々そういう気持ちになりまして、2人で話し合い、協力し合いながらコツコツ、いや、モタモタと準備をしてきました。

カリキュラム、講習内容の充実度に関しましてはかなり自信があります。僕が自分達の事を「自信ある」と言い切るのは我ながら非常に珍しいのですが、僕1人でなく頼もしいアイツと綿密に練ってきたモノですので・・・。

順調に行けば9月中に募集を開始して、10月から入会可能な体制を目標にしています。
タカ・ファインレザー・ジャパンの新生アメリカンレザークラフト講座のご案内をどうぞお楽しみに。


>ryuさん
積極的に書き込みくださっているのに一ヶ月以上も孤立させてしまって本当にすみませんでした。
シェリダンスタイルカービングの参考書、購入したのですね。
あれは本当にすごい本です。僕が翻訳したから「すごい」と営業をかけているワケではなく、「原書がすごい本」だから、「ぜひ翻訳をさせてください」と著者にお願いしました。
ボロボロになるまで何度も読み、穴が開くほど写真を見てください。ボロボロになる頃には自作のショットバッグと同じ位の愛着の沸く恩書となり、カービングも相当上達しているはずです。
それからブログで僕の看板カービングをご紹介いただいてありがとうございました。あのカービングは去年、革楽屋さんの店長が僕の工房を訪問してくださった時に「お土産」として作ったものなのですが、それ以来お店の方にお邪魔した事がなく、まさか看板としてお店にディスプレイしてあるとは知りませんでした!
鯉のお財布の写真のUPありがとうございます。うろこを見ていて、昔彫った(ryuさんに同じく、頼まれたので仕方なく不本意ながら彫った)キングギドラのカービングを思い出しました。うろこのカット&ベベラで、額に青筋10本くらい立ちました・・・。

>彩さん
先日はカレーご馳走様でした。あまり辛くなかったので、きっと、すりまくったゴマをたんまりと入れてあったのでしょうね。どうりでまろやかなハズだ・・・。
「刻印の打ち方が自己流になったとき(自分では気づかない・・・)など すぐ教えてもらえます。」
とありますが、自己流の打ち方というのもある意味とても大事なんですよ。先生の完全コピーが必ずしもいいとは限らないので、覚えておいて下さい。大切な事です。
ところで僕の方こそゴマをするワケではありませんが、彩さん、ここ数ヶ月急激にカービング上達しましたね。
あれだけできればもうこの場で写真を公開しても恥ずかしくないでしょう?今彫ってるアレ(おたまさんとこぶたさんがここでUPしてくれた僕の図案のヤツ)、彫り終わったらきっと公開してくれると信じています。僕の事を崇拝してるのが本当なら僕の期待を裏切れるワケがないですよね!ね!!ね!!!!!

>米澤くん
久しぶり!相変わらず地道に着々とやってるねぇ~。
遠く離れた革仲間とは普段交流がないから、「革を続けてるかな~?」なんて不安になる事があるのだけど、こういう写真を見るとホッとするね。ありがとう。
いつも通り、米澤カラーがビンビン伝わる力強い作風だね。カッコイイ!
仕立てで戸惑ってるらしいけど、米澤くんのことだから、きっといつものようにそこは気合で乗り切るでしょ。応援してます。
完成したらまた是非写真を見せてね。
サーフィンの大会も頑張ってね~。優勝したらお祝いどうしようかね?

-------------------------
写真付きの投稿が3件続いたので、僕も何か・・・と探しまして・・・ちょっと古い話題ですが、
「ジム・ジャクソンの作業場にてデシがジムに例の時計を披露している風景」
です。2年前の今頃はジム・ジャクソン講習ネタでこの掲示板は熱気に溢れていましたねぇ~~~。
 

こんにちは、

 投稿者:米澤メール  投稿日:2008年 9月16日(火)12時48分12秒
  ryuさんこんにちは!

褒めていただきありがとうございます!嬉しいです!

仕立てにかんしては、けんそんしているのではなく本当にわからなくて自信がないんです。

カービングかっこいいですね~!!

いつも参加する講習会で今年はフィギアカービングを習ったのですが、

思ったことは絵心がないと話にならないな~と、、。

ちょっと羨ましいです(笑)

波乗りの話ですが千葉北ってどこですかね?

僕は千葉県の鴨川です。今週末は地元の大会に参加します!

台風がどう動くか気になりますね!

http://hemis.web.fc2.com/

 

(無題)

 投稿者:ryuメール  投稿日:2008年 9月13日(土)20時52分46秒
  TAKAさん、みなさんこんばんは!!
彩さん>お声がけありがとうございます!
そうですね~カービング、楽しいですよね!
仕立てはあまり好きではないのですが・・・・
レザーカービング最高!ですね!
なんでしょうかね?あの無になれる時間・・・・子供に話しかけられても気付かない・・・俗に言うゾーン的な時間。
そのことで家族によく怒られてますが。笑
僕も初心者なので、彩さんお互い頑張りましょうね!
米澤さん>初めまして!
悩んでる様にはマッタク見えない凄いカービングですね!
カッコいい・・・・
仕立て、頑張って下さいね!
2~3日前くらいからやっと波が上がりましたね!
僕もサーファーなのですが今日は久々に波乗りを満喫してきました。(千葉北がホームですが)
今年は波がない夏で異常でしたね。これからに期待!!ですね。

身内に注文もらった財布が一昨日完成したので恥知らずですがUPさせてもらいますね~!
全然シェリダンではないのですが・・・・(というか頼まれるのがみんな和柄・・・)
ある意味悲しい・・・・
あと、ブログをやっています。お暇でしたら皆さんのぞきにきてやって下さい。
丁度、TAKAさんのカービングもUPさせてもらってます。(革楽屋、TAKAさんに許可済みです)
http://realcrafter32.blog116.fc2.com/
 

こんにちは!

 投稿者:米澤メール  投稿日:2008年 9月13日(土)14時13分12秒
  お久しぶりです、米澤です。

今年の夏は台風が来なかったですね、、、珍しいですね、おかげで波なし状態でした。

話は変わりまして勢いだけでバックを作り始めたのですがとても困っています。

友達がいらなくなったバックをくれたので壊して型を取って作ってるんですが最期まで仕立てが出来るかな~と思っています、、、。

しかし、発見も沢山ありました! 楽しんで作っています!

がんばります!!!!

それでは!

http://hemis.web.fc2.com/

 

秋になってしまいました!

 投稿者:  投稿日:2008年 9月13日(土)08時35分47秒
   おはようございます。ばたばたと 忙しくした8月も過ぎ気がつけば、残暑は残るものの秋の気配が漂っています。季節はちゃんと来るものですね。子供のころは、一年が長くて仕方なく感じていましたが 最近では・・・恐ろしく早い毎日です。カービングが出来ない日が続くと 時間の使い方がヘタな自分にがっかりします。だから、教室だけは休みません!自分で「エライ!!」と、
思うのは これだけですね((笑)   それから、教室の魅力は 先生のカービングが直接見られること、刻印の打ち方が自己流になったとき(自分では気づかない・・・)など すぐ教えてもらえます。タカさんとデシさんの教室の時間は 勉強になることばかりです。 ゴマをすってるって,言いそうですね~  タカさんは!!!


 おたまさん、こぶたさん お元気ですか?お二人がUPしてくれたカービング 私も打ちたくて、挑戦しています。出来上がりましたら 今度こそお見せしますね。勇気がかなりいると思いますが頑張ります。恐ろしく早く過ぎる時間の話しはしましたが、老化に向かっているかも?と更に怯えています。おねだりばかりですが、また作品を見せてください。やはり、初心者にとって先輩方の作品は凄い刺激になります。よろしく お願いします。


 りゅうさん、初めまして!楽しく掲示板を拝見しました。革が大好きでしかたがない様子が伝わってきます。シェリダン初心者の彩ですが、レザークラフト好きの方のお話し、沢山掲示板で聞けたら・・・と思ってます。これから、よろしくお願いします。
 

こんばんは!

 投稿者:ryuメール  投稿日:2008年 8月 9日(土)21時00分38秒
  takaさん、皆さんこんばんは!
<takaさん、勢いづけに飲んだアルコールでほろ酔い気分で書いてしまいました・・・
良く読めって話ですよね・・・ごめんなさい!
UPした日がドン・キングの命日でしたか・・・
僕はカービングの世界に足を突っ込んだばかりで、偉人ということしか知りませんでしたが、TOPのコンテスト出品作品公開を読ませていただいて、takaさんにとって、シェリダンスタイルカービングにとって、どれだけ大切な人が亡くなったのかが良く分かります。
takaさんに、シェリダンスタイルカービングをされる方々に思われてるドン・キングは幸せでしょうね。
そんな大切な日にUPさせてもらったいびつなショットバッグ・・・
今では暇さえあればさわってる始末。
本読んでる時も、図案考えてる時も、触ってないと落ち着かないのです。
もちろん、カービングの時も役にたってくれてます!大事にしたいと思います。
クギで刻印を作っていたんですか?スゴイ・・・今でもクギ刻印が現役!というのもスゴイ・・・なんでも買えばいいと思うのは大きな間違いかもしれませんね!
自分で作る、愛着がわく、大切に使う。そんな気持ちを今回のショットバッグで少し分かったような気がします。
おすすめ頂いた参考書!購入しました。
仕事の合間など、何度も読み返してます。
一流になる為の第一歩・・・歩き始めれた気がします。
あとは、練習あるのみ!!!ですね。
 

今さらですが・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2008年 8月 7日(木)03時49分19秒
  みなさんお久しぶりです。
また2週間以上ご無沙汰してしまいました。「忙しい」をイイワケに、どうもだらしなくてダメですね。すみません。

ご無沙汰していた間に誕生日を迎えまして、30代最後の一年に突入しました。
直メールにてお祝いのメッセージを下さった方々、どうもありがとうございました。お礼のメールも送らずにすみません。
この場にてお礼と謝罪とさせてください。

29歳になった時は「20代最後かぁ~」って、妙な焦りみたいのがありましたが、39歳になった今、その類のモノは全くないですね。諦めや開き直りの境地なのでしょうか?
また一年間、それなりに頑張ろうと思います。

ところで7月29日(アメリカ時間28日)、ドン・キングの命日でしたね。
ドン・キングが亡くなった騒ぎと悲しみから1年・・・早いですね。
彼が亡くなったとき、追悼の記事を書きながら「天に召されたドン・キングに恥じる事のないクラフト活動を」と心に誓ったものですが、日々の仕事の中で常にそのような心構えを持つのは、やはり困難な事でして・・・この一年を振り返ると、逆に恥じる事だらけのような気がします・・・遅刻(寝坊)は多いわ、仕事中に居眠りはするは、etc。
姿勢とか心構えを常に研ぎ澄ませておくのって、ホント難しいですよね。
時間の消費とか行動が伴うワケではなく、気持ちの問題だけだからやろうと思えば出来るはずなんですけどね・・・それが出来ないのは気持ちがたるんでいるのでしょうか?
今回のように一周忌など、折に触れては気持ちを引き締め直したいと思います。

それから昨日は広島の原爆の日でしたね。
ワケも分からない内に、一瞬にして人生を強制的に終わらされてしまった、赤ちゃんから老人まで、たくさんの人々の命日です。十数万人とも二十万人とも言われていますね。
人間はみんなそれぞれの人生があり、家族、友人、愛する人がいて、幸せを願って希望を持って一生懸命生きているワケでして・・・だから、ドン・キングのように有名でなくどんなに無名な人でも、命の重さはみんな同じはず。

毎年この時期になると戦争や原爆の悲惨さを物語るテレビや新聞記事を目にしますが、そういうのを見る度に、苦しいながらも何とか無事に日々を送っている自分の環境に感謝してしまいます。
さらに戦争に限らず、日常の事故、事件、さらには自殺などで命を落す人がたくさんいるわけでして・・・・・。

何が言いたいのかうまくまとめられませんが・・・要するに・・・せっかく生きてるのだから、もっと真剣に生きなきゃな~~~。

あ、決して気持ちが病んでいるワケではありません。
久しぶりに記事を書いていたら自然とこうなっただけですのでご心配なく。

>ryuさん
こんにちは。せっかく初登場くださったのにお返事が遅れてすみませんでした。
バケツの例えは僕が例えたモノではなくて、英語の勉強法の本に書いてあっただけです・・・って、記事で書きましたよね?
本からパクった例えですので・・・詩人でなくてすみません。
偶然この間、新聞の記事で似たようなものを読みました。「開眼」というモノに関する、スポーツのコーチのインタビューでした。詳しく書くと長くなるので機会がありましたら改めて紹介したいと思います。

ショットバッグ完成したのですね。
しかも写真をUPした日が「必要な道具が売っていないなら自分で作るべし」が持論のドン・キングの命日で、ナイスなタイミングですね~。
写真を見る限り、確かに「いびつ」という言葉が似合うかもしれないモノですが・・・僕の経験上、自分で作った道具は見栄えが悪い方が愛着が沸きますよ。
使い物にならないほど出来が悪いのは論外ですが、機能を果たすのであれば、見栄えが悪い方がなぜか愛着が増します。
僕にはこんなエピソードが・・・。
駆け出しの頃、鉄の釘からある刻印を作りまして、アメリカでの講習会に持って行きました。それを使っているところを現地のプロの刻印メーカーに見つかりましてね、「アハハ~、こいつ錆びた釘で打ってる~」って笑われまして・・・しかもそれが立派に機能していて、「おおお~!しかもちゃんと使える~」って、ますます笑われました。
笑われたとは言っても、「参りました」って意味だったので、バカにわれたワケではないのですが。
その釘たちは、そんな思い出を詰め込みつつ今も現役で愛用しています。

道具は見栄えよりも使えること、使いこなすことが重要ですね。
自作ショットバッグ第一号、大切にしてください。
 

ちゃんと作ったつもりなのに・・・

 投稿者:ryuメール  投稿日:2008年 7月28日(月)19時31分12秒
  こんばんは!
こないだ教えて頂きましたショットバッグ、早速作ってみました!
1㌔の重さで試しに作ったのですが・・・ん~微妙だなぁ・・・・
柔らかい革の持ち合わせがなかったので、サドルの1mmにオイルを入れひたすら揉んでみました。
口の部分をヘリ返して・・・・縫って・・・あれ?菱目の穴の数が合わない(汗
完成したのが・・・これ!であります。
いびつだけどなんか憎めないかわいいヤツです。笑
使い心地は・・・おおっ!!!
ちょっと重い気がするけどイイ感じ!
カービング面にキズがついちゃうかな?って心配してたけど大丈夫みたいです。
ちょっと失敗したけどコイツはつかえそうです。
 

なるほど!!

 投稿者:ryuメール  投稿日:2008年 7月20日(日)20時04分45秒
  皆さん、こんばんは!
takaさん、早速お邪魔してみました!
バケツに例えるとは・・・takaさん詩人ですな(笑
自分のバケツがはやくいっぱいになることは夢みてますが・・・
まだまだ当分先なんだろうなぁ~
冷凍図案(?
僕もダウンロードさせていただきましたよ!!!
もうちょい手が空いたらカービングさせて頂こうかなぁ・・・と!!
恥知らずですが、カービングしたらアップさせてもらいますね!!
おたまさんぐらい奇麗に彫れたらきっと満足なんだろうけどなぁ~
takaさんの図案、カッコいいので僕も彫ったら・・・・・額かなぁ!!!
 

バケツの水

 投稿者:Taka  投稿日:2008年 7月20日(日)05時56分49秒
編集済
  おたまさんがこぶたさんの上達について書いてくれたのを読んでいて、思い出した事がありまして・・・。

以前、英語の勉強法の本で読んだ例えなんですけど・・・・・水を溜めているバケツを真横から見ていると、中にどのくらい水が溜まっているのか全然分からないですよね?それで、一杯になると一気に水が溢れ出ますよね?
英語の勉強もこれと一緒で、一生懸命訓練しているのに上達がまったく自覚できず、でもあるとき突然、自分でも信じられないくらいリスニングもスピーキングも、ドーンと伸びるそうです。

「殻を破った」とか「壁を越えた」とか、他にも色々な言い方があると思いますが、カービングには、このバケツの例えがピッタリだと思うのです。
こぶたさんのブログを見る限り、相当量のカービングをこなしていますからね・・・あのビフォア&アフターは、まさにバケツに地道に溜めた水が溢れ出た瞬間なのではないでしょうか?
同じような現象が最近僕の生徒にもありまして、指導方法も工具も何も変えてないのに、ナイフカットとベベラが一気に上達した人がいます。

「いくらやっても上達が実感できない」という時期が長い人はたくさんいると思いますが、とにかくやればやるほどバケツに着実に水は溜まっている、と信じたら励みになると思いました。
ただし!!!僕のように怠慢していると、バケツに穴が開いて、水が溜まらないどころか減る一方になりますので・・・。

こぶたさんも僕のその生徒も、やっとあふれ出したバケツの外に実はもっと大きなタライがあって・・・それが溢れ出すまでにまた時間がかかり、で、そのタライの外にはさらに大きな・・・の繰り返しでしょうが、頑張って欲しいです~~~。

>おたまさん
僕が2年も前に気まぐれで公開&配布したあの図案をおたまさんのHPにて有効活用&存続していただいてありがとうございました。

で、おたまさんが指摘した(いや、開き直り?)とおり、「放置してあるもの」は誰でもありますね・・・(そう言えばおたまさんから届いた直メール、放置して久しいな・・・。でもおたまさん自身が「皆さん色々と放置してあるものが」って公言しているから許してもらえるだろう・・・)

実はあの図案、僕自身、カットまでして放置していました。しかも、すっかり忘れていました!!!おたまさんのギャラリーページでカット見本を見て初めて思い出しましたよ。
で、カットした実物どこにいったんだろうな~なんて思っていたら、偶然、つい先日発見しました。
工房にアイスクリームの差し入れがあって冷凍庫をガサゴソしていたら、奥の方から、ビニール袋に入って霜で真っ白けの謎の革が出てきまして、霜を払ってみたら・・・下の写真のコレですよ・・・。
存在すら忘れていましたからね、「放置」を通り越して「忘却」ですね。
それを見て思い出したのが・・・カットまで終えてアンダーショットまで入れて→いつか続きを叩こうと冷蔵庫に入れておいたら→一面青カビだらけになって→慌てて水で洗い流してカビを止めるために冷凍庫に入れて・・・。
で、いつの間にか忘却して2年が経過していたと・・・。
全てのカットに乳白色の青っぽいアンティークが入っている事実が、僕の記憶が正しい事を物語っています。

今さら続きを打つ気にもならないし、仮に打ちたくなってもそんなヒマないし・・・捨てるのは勿体無いし・・・結局、このまま保存ですね。

僕の代わりにリベンジ(?)して下さる方、おたまさんのHPのギャラリーページからたどって行くと図案をダウンロードできますので・・・よろしくお願いします。カビる前のカット見本もダウンロードできます。
 

暑中お見舞い申し上げます。

 投稿者:おたま  投稿日:2008年 7月12日(土)06時59分49秒
  こぶたさん、
びふぉーあふたー。画像は少し見づらいですけど違いはちゃんと分かりますよ。
こぶたさんの努力の結果。ぶっとびますね。
以前ブログに載せていた大きな画像もとっても綺麗でしたし、またいつかお会いできる日が楽しみになりました。
バラの時もそうでしたけれど、こうやってすぐに反応してくれるこぶたさん。
正直なところKYなUPをしてしまったかと案じていたのです。
救われた感じ、ありがとう。

で、あの時はTakaさんの図案集が出る事を期待していましたが、どうも難しそうなので「ここは押さえておかないと」って感じのおねだりでしたよ。
放置については皆さん色々と放置してあるものが・・・って違うかな。
そういえば、こぶたさんの事でもずっと放置してあるものが・・・
今は夏休みまでにやっておきたいあれこれでバタバタしていますが、近いうちに業務連絡?しますから待ってて下さいね。

Takaさん、
ごめんなさい。私が悪うございました。
・・・・今年40歳になると思っていました~
名前は間違えるわ、歳も覚えていないわ。ホント、敬意の欠片もない奴ですね。
そんな私なのに図案の活用を許可して頂いて、ありがとうございます。
いや~、Takaさんは何て寛大なんだろう!!ホレボレします♥
それで、もうひとつお願いがあるので、また近いうちに連絡入れますから~
首を洗って待っててね♪

あ、どうせ信用されないんだから敬意を持つのは諦めます~
 

やっとお返事

 投稿者:Taka  投稿日:2008年 7月 9日(水)05時08分45秒
編集済
  お返事がすっかり遅れてしまいました。
「今日こそは」と思いながら一日過ごし、そして深夜になって「今日はやっぱ無理・・・でも明日こそは」と思った日が、何日過ぎ去ったことか・・・。
義務感ではないのですよ。コメントしたいことたくさんあるから、余計に気になってしまうのですね。

あまりに遅れて「今さら・・・」みたいな感もありますが・・・、読んでやって下さい。

>マジョーアさん
「帰ってきたウルト○○」を「帰ってきたウルトケイ」と見抜いてくれましたか!でも嫁の貰い手はまだ見つかっていません。結納金もまだ決めていませんし・・・。
サドルのパーツは職人による違いだけでなく、サドルツリーの形やサドル自体のデザインによっても大幅に違いますからね・・・。
そうですねぇ、今年はサドルを作りたいですねぇ。1800年代終わりから1900年代初頭にかけてのサドルを再現した、クラシック感満々のサドルするか、それとも現代風の形にするか、迷っています。
クラシックなサドルなら男性的な力強いカービングが似合いそうだし、現代型のサドルなら女性的な優雅なカービングもいいかなぁ・・・などと夢を膨らませています。
マジョーアさんも僕と同時進行でもうひとついかがですか?材料分けますよ。

>彩さん
自画自賛になっちゃいますけど・・・動いている時計、彩さんの言う通り「生きている感じ」がしていいですねぇ。考えてみたら、革の作品で音を出したり動くモノって普通はないですもんね(動いてる部分は革じゃなくて金属ですけどね)。

「せめて手元を離れる前に数週間だけ」という気持ちで工房の柱にかけておいたら、ますます売るのが嫌になっちゃいました。
なんかねぇ・・・「片想いでずっと好きだった人にどうせフラれるなら、両想いになって付き合ってからフラれるよりも、告白した時点でフラれた方が傷が浅くて済む」、
の理論(?)で、工房に飾るヒマもなく人手に渡った方が悲しみが少なくて済むような気持ちになっちゃいましたよ。

自分(達)の作品にここまでの愛着を持つ事ってないんですけどね・・・。不思議な気分です。


>おたまさん
僕は以前にも増して体力がヘロヘロでね、だから作業中に居眠りも増えて、スーベルナイフカットまでヘロヘロですよ。
そして今月30代最後の誕生日を迎えるのに、20代の頃と同じ働きぶりに同じ収入の同じ生活レベル・・・気持ちと精神力までヘロヘロになるもの時間の問題ですねぇ~。
その代わり賞状は平らに保管していたら、いくらかヘロヘロが治ってきましたけどね!!!

あのサドルパーツの写真は、そうです、あの時のアレです。正解です。
あの写真でパーツの8割9割くらいです。あと細かいパーツを加えると、革のパーツの数は60~70くらい、金具類も足すと100を超えます。

カービング写真のUPありがとうございます。月並みな言葉ですみませんが、綺麗ですね。
「敬意を込めて」とか「感謝の意を表して」という言葉はハナから信用しませんが、綺麗に彫り上げてくれた事を有り難く思っています。
自分で描いた図案ながら、久しぶりに見て「いい図案だな」とも思いました。きっとこの頃の僕は今と違って気合が入っていたんでしょうね。いえ、自虐ネタでなく本気で。

ついでに直メールでいただいた質問にこの場で答えさせていただきますが、有効に活用していただけるのですから、むしろ感謝します。どうぞ遠慮なく。
お返事遅れてすみませんでした。

>妹さん
思いがけず久々に会えて嬉しかったよ。
M姉から聞いてはいたけど・・・ホント激やせしたね。大丈夫?
1stステージだけだったけど、リッキーライブを楽しんでもらえたみたいで良かった。
けど・・・あれは「とりあえず成功」で、大成功ではないんだな・・・。
会場がレストランだったから仕方ないけど、ライブとしての環境が完璧な場でリッキーが本領を発揮するとね・・・彼のパフォーマンスもカッコ良さもあんなモンじゃない!会場の盛り上がりも。
北海道から沖縄まで年間300日のステージをこなしてるからね、今度機会があったらどこか関東エリアでリッキーの本領発揮のライブに行こうよ。気分転換と子育ての息抜きに。できたらM姉も一緒に。

>こぶたさん
いやぁ、体力的にキツイ2日間でしたねぇ。
でもその分、思いっきり内容の濃い、楽しい2日間でしたねぇ。軽井沢遠征でデザート君と彩さんが一緒だった事が、楽しさに輪をかけましたね。

カービング、ビフォアー&アフターの実物を見せてもらいましたが、劇的な変化でしたね。大きな壁をひとつ越えた印象を受けました。
ここにUPした写真が実物ほどの違いが分からないのが非常に残念ですが、この調子で頑張って下さい。

ところでリッキーライブの時にこぶたさんが号泣した、彼のオリジナルソング・・・僕もライブで初めて聞いたとき涙した曲だったんですよ。だから、こぶたさんがどういう意味で泣いちゃったのか・・・よーく分かります。あの歌詞の通り、気楽に行きましょう。

>浦島花子さん
どうもお久しぶりです。正体見破るまで頭をひねっちゃいました。浦島花子さんが誰なのかミエるまでヨッカかん位かかったかな~?
例の”異常に長い記事”がTakaさんらしい、って、多くの人に言われるのですが・・・一体どの辺が?
また浦島にならないよう、常連として登場して下さいね。

>ドラコさん
改めて説明します。
あのTシャツは去年、TFLの開業10周年の時にM姉妹が僕とデシにお揃いでプレゼントしてくれた、オリジナルの手作り・・・と言うより、手描きTシャツです。
お察しの通り「タカアンドデシ」と書いてあります。袖口や背中に「祝・10周年」とか「めざせ世界一」とか小技も入っています。
時期的に「タカ&トシ」の「欧米か!?」ってギャグが全盛だった時のものです。
だから・・・このTシャツを去年の僕の夏期講習の時にお揃いで着ていって、僕(タカ)が講習中に「アメリカの職人はこうやっています」って言った時に、すかさずデシが「欧米か!?」って言いながら僕の後頭部を思いっきり平手打ちする、という演出をするつもりでいた(僕は本気でした)のですが・・・デシが「それだけはできません。カンベンして下さい」と懇願したので、残念ながら中止となりました。
ですから受講生の皆さんは、デシの勇気が足りなかったせいで、驚きの演出もTシャツの実物も見逃してしまったワケで・・・残念です。

>M姉妹さん
デシはあの写真以外にも、新婚旅行であのTシャツをアピールしたショットを何枚か撮ってきたよ。あの写真みたいに思いっきり胸を張ってね。
俺もまだ着たことはないけど、大事にしまってあるモンね。いつか、あっと驚くタイミングでデビューさせたいね。お楽しみに(?)。
 

忙しいタカさんの代わりに・・・

 投稿者:M姉妹  投稿日:2008年 7月 3日(木)22時44分41秒
  多分、リッキーさんライブで燃え尽きたタカさんの代わりに、カキコミいたします。
タカさーん、早く元気になってね!!

ドラコ様、アレは、私たち姉妹が作りました^^;
もちろん、タカさんも持ってます。(多分・・・捨ててなければ・・・><)
いや、二人は強制的に持たされた・・・と言ったほうがいいかもしれません^^;
Tシャツ用のペン?みたいなので、書いただけなんです、お恥ずかしい><

ウケねらいだったんですけどねぇ。
まさか・・・まさか着用した姿をUPしてくださるなんて、
感激です。
 

もう少々・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2008年 7月 3日(木)02時13分21秒
  こんにちは。またまたご無沙汰してしまっているTakaです。
たくさん書き込みをいただいてありがとうございます。
是非是非お返事&コメントをしたい内容なのですが、なかなか余裕がありません。
必ずレスしますので、もう少々お待ち下さい。
 

レンタル掲示板
/13