teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:5/1274 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ご無沙汰ですみません

 投稿者:Taka  投稿日:2016年 3月11日(金)02時09分5秒
  通報
  皆さんこんにちは。
またまた大変長らくご無沙汰してしまってすみません。約3か月ぶりの書き込みとなってしまいました。

お知らせがいくつか溜まってしまった事と、今日は3.11から5年目なので・・・という事で久々の登場です。
下記に詳しい事書かせていただきますが、現在、体も頭も壊れるんじゃないか?と自分で心配してしまうほどの忙殺状態です。なので報告が簡潔で手短になりますが、何卒ご了承ください。

お知らせ1
Carve to Encourage に新しい作品の参加がありました。
埼玉県の近野 真弓さん
http://www.taka-fine-leather.com/topics/carve_to_encourage/projects_gallery/work052/work052.html
と、同じく埼玉県のT.Yさん
http://www.taka-fine-leather.com/topics/carve_to_encourage/projects_gallery/work053/work053.html
です。
お2人とも、力強い作品をどうもありがとうございました。

お知らせ2
以前予告しました通り、Carve to Encourageの紹介記事を一部修正しました。
http://www.taka-fine-leather.com/topics/carve_to_encourage/carve_to_encourage.htm
レザークラフターだけでなく、被災地全体、被災者皆さんを激励しましょうという趣旨を加えさせていただきました。

お知らせ3
上記Carve to Encourageの紹介記事にも書きましたが、目標としていた今月中の被災地での展示会が実現できませんでした。大変申し訳ありません。
お知らせ5で詳細を書きますが、今月工房を引っ越さなければならなくなり、展示会の準備や実行どころではなくなってしまいました。
実現に向けて協力を申し出てくれた方、応援してくれた方、申し訳ありませんでした。
今夏の実現に向けて仕切りなおしたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

お知らせ4
本日3月11日発売のバイカーズマガジン「VIBES」4月号にて、Carve to Encourageが紹介されます。
小さい写真ではありますが、取材があった時点で参加されていた全作品(No.52まで)が見開きで掲載されるそうです。今回は校正依頼がなかったのでどのような誌面なのか僕も見ていませんが、皆さんご覧になってみてください。

お知らせ5
工房を引っ越しました。厳密に言うと、引越し中です。
今まで一戸建ての木造平屋を賃貸で借りて工房としていました。決して綺麗で立派な工房とは言えませんでしたが、隠れ家的で居心地も良く、非常に気に入っていました。出来る事ならずっとその工房を使い続けたいと思っていました。
しかしながら・・・いろんな理由や事情がありまして、僕としては不本意ながら引っ越さなければならない状況=工房を引っ越す決断となりました。
引越し自体は去年から決まっていた事なのですが、これまた色々な事情が重なり、どうしてもこの時期(今年3月)となってしまいました。それによってCarve to Encourageの展示会が(準備も含めて)できなくなってしまいました。すみません。
タカ・ファインレザーを存続させないとCarve to Encourageも完結できないので、ここはどうぞご理解ください。

引越し先は元の工房の2軒隣なので、現在、夕食まで通常業務をして、夕食後コツコツと手運び&徒歩で荷物を運び、運んだモノの整理を深夜にしています。大きな荷物や備品は6日の日曜日に仲間に手伝ってもらって運び終わりましたが、それ以外の細かいモノが・・・あまりの量に、今月一杯で終わるかどうかも怪しい状態です。
新工房の方が以前より手狭なので、何をどこにどう収納したらよいのか悩み・・・体も頭もクタクタなんです(泣)。

ここ数週間こんな感じですので、またまたメールのお返事無精にもなってしまっています。
心当たりのある方、本当にすみません。ちょっとずつお返事しますので、もう少々お待ちください。

引越しに関しましては、完了しましたら改めて報告させていただきます。
電話番号は変わりません。住所は当面の間、旧住所で大丈夫です。



最後になりましたが、本日3月11日、東日本大震災から5年となりました。
本当にいろいろな想いが交錯しますが・・・できるだけ手短に絞ると・・・改めて、犠牲者の方々のご冥福をお祈りすると共に、被災地と被災者の復興、前進をお祈り、応援したいと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/1274 《前のページ | 次のページ》
/1274