teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:103/1274 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Carve to Encourageのご報告

 投稿者:Taka  投稿日:2011年 9月19日(月)03時15分8秒
  通報 編集済
  みなさんこんにちは。

18日(日)の夜、「Carve to Encourage」プロジェクトを見たという、被災地のレザークラフターの方から初めてメールが届きました。プロを夢見ていたそうです。

家ごと全てを失ったそうで、被害が激甚地域の方と思われます。
僕は被災地に知人友人がいないので被災者との直接のやり取りはこれが初めてで、メールのあまりの生々しさに涙が出そうになりました。
道路の整備に2週間かかり、それから何日も何日もかけて工具を探し回ったものの何も見つからず、「また1から買い揃える」資金も気力もなく、プロになる夢を諦めていたそうです。

そのような彼にもレザークラフトへの気持ちが残っていたのでしょう、僕のHPを何気なく見たら今回のプロジェクトを発見し、「また夢を叶えたいと思えるようになった」という、感謝のメールが届いた次第です。
このような人が1人でもいてくれれば、という想いでスタートした活動ですが、僕だけでなくすでにご参加いただいているお2人、参加すべく現在作品製作に取り組んでいる皆さんの想いが、早速実を結んだ証拠であると思います。

皆さんと共に作り上げて行くプロジェクトですので、この場にてご報告させていただきました。
このようなクラフターがさらに多く現れてくれる事を願いたいですね。

そのCarve to Encourageに、また1つ作品が届きました。
日本のレザークラフト創成期からカービングに取り組まれていらっしゃる大先輩、マーシャル川島さんからです。
http://www.studiomarshal.com/

日本での創成期当時に主流であった、トラディショナルスタイル(TFLで言うアリゾナスタイル)を頑なに貫いている、今では貴重な作風の方です。
「Revival East J」の「J」は当然JapanのJと思われますので、「復興 東日本」のような意味になり、レザークラフターだけでなく、被災地全土への激励が込められた作品であると察します。
偶然とは言え、マーシャルさんの力強い作風の彫りは復興への激励という意向にこの上なくマッチしていると思いました。この作風の魅力、パワーを改めて見直しました。
マーシャルさんから被災者に向けたメッセージは届いておりませんが、ワケあって僕と仲たがいしている状態の中で、それでもこの作品を届けてくださった事が彼の被災者への気持ちを現わしています。
マーシャルさん、ありがとうございました。


>茨木くん
ご登場ありがとうございます。
ゴバーン!の登場は冗談で書いたのですが、なんか催促してしまったみたいですみません。
取材準備のあたふたした中での応対ですみませんでしたが、少しでも得たものがあったなら嬉しく思います。
でも気持ちの中で「何かが変わりそして生まれました」というのは、「Takaさんはすごい」と思っていたのが「実はたいした事ない」に”変わり”、僕に対する軽蔑が”生まれた”のでしょうか?
次回はもっとゆっくりお話しましょう。美味しいものでも食べながら・・・(と、何回同じような事をココで書いただろう?)

BIKER-MONの表紙は好評みたいですね。
でもアレはあの日に見せた定番のアレですよ・・・。
プロのカメラマンが撮影した写真の魔術はスゴイですね!
写真魔術の力を借りなくても圧倒できるような作品作りを目指したいと思います。

>タカさんの大ファンさん
ずいぶんストレートなハンドルネームでご登場ありがとうございます。
文章から察するに男性のようですが、こういうハンドルネームは女性(欲を言えば美人な)だったら嬉しいなぁ~♪と。
僕は(どこぞのブランドの受け売りじゃありませんが)全ての商品を全身全霊で製作しているつもりなので、個人的にはついつい「作品」と言ってしまいますが、表紙のものはビジネス的には販売用としての定番、典型的「商品」です。
僕自身が商品と作品を混同しているようだから、いつまで経ってもビジネスとしてまともに成り立っていないのです。
そういう意味で、僕も中身を読んで「考えさせられた一冊」となりました。
あ、それから大ファンさんが腕を組んで唸ったのは、写真魔術の"完璧"さに対してですし、カービングという装飾自体が、ある意味虚飾だと思います(笑)。

>鳩ケ谷さん
すっかりココの常連となってくれましたね。ありがとうございます。
「コレ、実物見たんだよなぁ~・・・」の後に、「でも実物は写真ほどたいした事なかったなぁ~」と書くのを我慢してくれてどうもありがとうございます。

初期の粘度を維持するための溶剤の混ぜ具合(量)って、結構微妙でむずかしいですよね。油断してると薄くなりすぎて接着力が弱くなったり。苦労しております・・・。
 
 
》記事一覧表示

新着順:103/1274 《前のページ | 次のページ》
/1274