teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:259/1274 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ジム・ジャクソン-画家の顔

 投稿者:Taka  投稿日:2010年 8月22日(日)05時40分16秒
  通報 編集済
  最近ジム・ジャクソンとメールのやり取りが何度かありまして、その中で「描きあがったばかりの絵」と、彼の油絵の写真が添付されていました。
レザークラフトVo.2の15ページでも紹介されているBRADFORD BRINGTON MUSEUMで開催される個展に向けて、絵画制作に追い込みをかけているそうです。

レザー製品だけでも常に何ヶ月も先までオーダーが詰まっているのに、さらに個展に向けて絵画制作とは・・・すごいなぁ~と思うのですが、5時までカーバー、アフター5は画家というのが、何年にも渡って彼の日常だそうです。しかも、「革でも絵でも、どちらかひとつだけだったら飽きるし煮詰まると思う。僕は両方が楽しくて好きだし、それぞれがそれぞれの息抜きになったり、インスピレーションになったり・・だからこのスタンスが理想」との、ジムの言葉(2006年来日時)。溢れんばかりの創作意欲というか・・・やっぱすごいですね・・・。

ジムの絵は女性(特にインディアンとカウガール)をモチーフにしたものが多く、レザークラフト誌のインタビューにもある通り、ひとつの作風にとらわれず(オープンマインドで)、実に様々な表現手法で女性を描写しています。
彼の絵画(女性達)にも個人的に思い入れがあるのですが・・・どんなところが好きなのか書いてしまうと評論めいてしまって失礼に当たると思うので、ここまでで我慢しておこうと思います。

絵画というのはカービング以上に実物のオーラが写真では伝わらないモノで、さらに掲載写真が小さくて残念なのですが・・・こちらのHPでジムの作品がたくさん見れます。
http://www.bradfordbrintonmemorial.com/jjackson.html
サムネイルをクリックすると、ちょっとだけ拡大されます。
念を押しますが、実物はHP写真の何百倍も魅力的です!!!

ジムが画家という顔を持っている事は多くの方が知るところですが、これらの写真を見ると、画家でもある事をより実感しますね。
レザークラフト誌のジムのアトリエ記事に重ね合わせながら作品を見るのも一興ですね。
革だけでなく、キャンバスの中のジム・ジャクソンワールドに多くの方が触れ、画家としての彼にもファンが増えたら嬉しく思います。

※写真の掲載と美術館HPへのリンクは、ジムの承諾済み

>Dear those who visit this web page from U.S.A
The photo below is one of painting works of Jim Jackson's.  I received this photo by email from him, as just finished recent work.
As many of you may have already known, Jim is not only an excellent leahter carver but also an excellent painting artist.
He said in email that he was working on painting works for his upcoming exhibition held at BRADFORD BRINGTON MUSEUM in Big Horn Wyoming, and this photo was one of them.
If any of you are interested in his art work, please visit the exhibition.  I hope many people enjoy Jim Jackson's fascinating world on canvas.
We Japanese are jealous of you because you can visit the museum wihtout international flight.

For more sample photos of Jim's work:
http://www.bradfordbrintonmemorial.com/jjackson.html

For more informaion on museum and exhibition:
http://www.bradfordbrintonmemorial.com/index.html


>わたなべさん
すぐにお返事くださって、ホント律儀ですね。お会いした時から「律儀な人だなぁ」という印象を持っていましたが。
実際お会いして分かったと思いますが、僕はあんな感じなので、あまり堅くならず気軽にお付き合いください。
ちなみにカービングは何年後でもできますが、子供がお父さんと遊びたがってくれるのは期限がありますので(経験アリ、後悔アリ)・・・・・くれぐれもお忘れなく。


ジム・ジャクソンの最近作 作品名:不明
Recent work by Jim Jackson  Title:unknown
 
 
》記事一覧表示

新着順:259/1274 《前のページ | 次のページ》
/1274