teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:314/1274 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

男の革小物 レザーカービング編

 投稿者:Taka  投稿日:2010年 1月 6日(水)14時31分33秒
  通報 編集済
  皆さんお待たせしました、先日お知らせしたスタジオタッククリエイティブ出版、「男の革小物 レザーカービング編」のレポートです。
が、正直なところレポート不要と思いました。
「内容凄すぎ。あれで3000円は安すぎる。アレなら10000円でも安いと思う。とにかく買って中を見てほしい。」
が本音なんですけど・・・そうはいかないですよね。
せめて全体的な印象だけは書いてみようと思います。

本を見た最初の感想は「予想をはるかに超えた衝撃的な出来」でした。興奮しました。
元弟子の大山曰く「カービングのバイブル的な存在になるんじゃないですか」でした。
二日酔いさんが仰る「まさに革命的な一冊」という言い方も的を得ていると思います。
あまりに使い古された言い方ですが、正真正銘の「初心者から上級者まで」楽しめる本だと思います。
と言いますのは、(自分も入っているのでこういう言い方は躊躇がありますが)4人の卓越したカーバーの独特な作風とテクニック(上級者も楽しめる)を、スタジオタックならではのふんだんなカラー写真と、過剰とすら思える懇切丁寧な説明文で紹介されている(初心者にも分かり易い)からです。
もっと言うと、クラフト学園小屋敷先生が担当された「基本編」が、カービングを知り尽くした作家かつ数十年に渡って膨大なクラフターを指導してきたプロ講師の観点ならではの構成内容で、初心者以前の入門者でも大変理解しやすい内容になっています。
カービングに多少の心得のある人は「基本編」を飛ばしてしまいがちですが、基本編こそ隅々まで読んでみる事をお勧めします。絶対に得るものがあります。

抽象的なレポートですみません。まだまだ書きたいのですが、止まらなくなりそうなのでココで止めます。
ちなみに4人の掲載作家や中身(目次)に関しまして、I☆N FactoryのHPにて詳しく紹介されていますのでこちらでご覧ください。販売も開始しています。
http://kawazairyo.shop-pro.jp/?pid=18024948

また、こちらのページで、バイカー編2に掲載されたローズカービングと今回のレザーカービング編のシェリダンスタイルカービングの、実物大図案&打刻見本の実物大コピー&使用刻印リストも販売しています。
http://kawazairyo.shop-pro.jp/?pid=17284421
基本的に僕の図案&カービングコピーは販売する事はないのですが、レザーカービング編の取材で大変お世話になったI☆N Factoryの要望に応え、今回限定で提供させていただきました。コピーとリストを提供しただけなので商品としてのセット内容は良く分かりませんが、興味がありましたら問い合わせてみてください。

ひとつだけお詫びです。
今回の本で僕が担当した部分(シェリダンスタイル編)が異常に詳しい内容になっていました。僕自身「(編集の人が)ココまで出しちゃったか・・・」と思いましたし、サンプル本を見た生徒から「ココまで出しちゃうんですか?」と言われました。
ですので、今までに(それなりの費用をかけて)僕の講習会を受講してくださった方々に、とても罪悪感があります。
取材中に「講習会とは差をつけよう」と心がけたのですが、結果的にはあまり大きな差はできませんでした。本当にすみません。
復習としてきっと役に立つと思いますので、どうぞお許しください。

最後に、象徴的出来事のレポートとごあいさつを。
今回の本にも、通例の掲載作家のインタビュー記事が載っているのですが、掲載の4人全員が、まるで申し合わせたかのように「楽しむ」「楽しさ」という言葉を口にしています。飽きるほどカービングをしてきたはずの4人が揃ってこう言うのって、カービングってモノをすごく象徴していると思いませんか?
こうした各掲載作家の「カービングの楽しさと魅力を伝えたい」という気持ちと、スタジオタック編集部の「本格的だけど入門者、初心者でも楽しめるカービングのテキスト本を」という気持ちが見事に融合されて、革命的、バイブル的と言える一冊になったんですね。内容の懇切丁寧さから、カメラマンと編集部の熱意もヒシヒシと伝わってきます。
今回の本に携われた事を光栄に思うと同時に、携わる機会を与えてくださったスタジオタッククリエイティブ社に感謝申し上げたいと思います。

何人かの方から書き込みいただいていますが、お返事はまた次の機会に。ごめんなさい。

下の写真の通り、恐縮ながら僕のカービングが表紙となりました。
I☆N FactoryとAWAKEのオーナークラフトマン、伊藤氏が型紙提供と美しい仕立ての作業をしてくださったお陰です(僕は彫って色つけただけですので)。
この写真もI☆N FactoryのHPより拝借しました。
伊藤氏に心より感謝申し上げます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:314/1274 《前のページ | 次のページ》
/1274