teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:682/1274 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Yukaさんと初心者の皆さんへ

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 8月23日(木)23時46分26秒
  通報 編集済
  Yukaさんはじめまして。書き込みどうもありがとうございます。

文章を読む限り、本当に初心者のようですね。十数年前の、右も左も分からなかった頃の自分を思い出しまして、とてもなつかしい気持ちになりました。
僕も最初は(ほんの数ヶ月間でしたが)、自己流の独学でしたので、何をやったらいいのかも分からないし、作りたいものが決まっても道具と材料は何を買ったらいいのかも分からないし、アドバイスを受ける相手はいないし(当時はインターネットの情報もなかったですし)・・・先走って工具を買ってしまって結局使わずに無駄にしたり、ずいぶんと失敗もしました。

このような自分の経験を思い出しながら、僕なりの提案をさせていただきます。

まず、レザークラフト用品のメーカーのカタログを入手するのがいいと思います。カタログを眺めているだけでも夢が広がって楽しいです。
やはり初心者の方にはキットものが一番手軽だし楽しいし、「安全」だと思います。メーカーのカタログなら市場に出回っているキットものがほとんど全て掲載されているはずです。その中から、興味のあるキットを選び、それを作るのに必要な工具や副素材(染料や接着剤など)をその都度買い揃えてゆくのがいいと思います。
もちろん必要なものはカタログに全て掲載されています。
カタログは以下の2社のものが出ています。
クラフト社 http://www.craftsha.co.jp/
協進エル社 http://www.kyoshin-elle.co.jp/


工具や副素材を買うときは、できればそれに関して使用目的や使い方を説明できるお店から買うのが理想です。商品が手元に届いても使い方が分からなかったり、誤った使い方をして無駄にしては意味がありません。
そういう意味では僕の取引先かつ友人の「I☆N Factory」をお勧めします。
http://kawazairyo.com/
このお店はオーナー自身が職人ですので、工具や材料に関して熟知しています。信頼とサービスの質にこだわっていますので、アフターケアも万全です。
メーカーのカタログに載っているものなら、HPに掲載されていなくても取り寄せてくれます。

それから初心者の方には、レザークラフトの基礎的な事を広く浅く網羅した教科書代わりのテキスト本は絶対にあったほうがいいと思います。
それに関しましては、「革の技法(日本ヴォーグ社刊、クラフト学園研究室著)」がダントツでお勧めです。
http://kawazairyo.com/?pid=1392250
入門書として内容の濃さも、付録の型紙の充実度も十分ですし、フルカラーの写真も多用していて非常に分かりやすいです。
そしてこれほどの内容なのに、テキスト本の価格破壊とも言える値段も魅力的です。

もうひとつ・・・テキスト本というのは、内容のいいものはロングセラーになるのですが、ロングセラーになる反面、作品例のセンスが時代遅れなものが多いのです。
そういう意味でも、この「革の技法」は去年発刊されたばかりのものなので、現代のセンスに合っています。
シェリダンスタイルの技法と図案も載っています。


だらだらと長い説明になってしまってすみません。
この掲示板を見ている方で、Yukaさんのような初心者の方が他にもいるかも知れないと思いましたので、詳しく説明させていただきました。

レザークラフターは皆さんそれぞれ環境(住んでいる場所だけでなく、レザークラフトに費やせる時間やお金など)が違いますし、取り組む度合い(軽い遊び程度なのか、かなり真剣な遊びなのか、プロを目指すのか)も違うと思いますので、「こうすればいい!」と言い切るのは難しいのですが、入り口としてはこんな感じがいいかと思います。

その先は、自分がやってみたい事、興味がある事をやってゆくうちに、自然と方向性が定まってゆくと思います。
レザークラフトを楽しむために、「やらなくちゃ」よりも「やってみたい」事を最優先してください。やりたい事をやりたい時にとことんやるのが、多分、上達の一番の近道です。やりたい事は時期によって自然と変わってきますので、気がつくと色々できるようになっています。
頑張って下さい。
 
 
》記事一覧表示

新着順:682/1274 《前のページ | 次のページ》
/1274