teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:696/1274 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

眠れず・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 8月 8日(水)04時26分25秒
  通報
  今日の講習に備えて早寝し、何度かウトウトしたのですが、ついつい色んな事を考えてしまって眠れません。
自分にとってシェリダンスタイル最後の夏期講習、ドン・キングが亡くなって最初で最後の講習・・・などに始まり、自分の開業10周年・・・この10年の間に起こったこと・・・いやぁ~、改めていろいろありましたねぇ~。仕事だけでなくプライベートも含めて。パパにもなったし。
夏期講習の時はいつもホテル泊で独りなので、よけいに色々考えてしまうのですが、今回は特に気持ちが昂ぶっています。
この気持ちの昂ぶりが、今日の講習で吉と出るか凶と出るか・・・始まってみないと分かりませんが、あくまで「講習会の主役は受講者」というのを忘れずに、一人よがりにならないように気をつけたいと思います。

僕にとって悔いが残らず、受講者の皆さんも「受講して本当に良かった」と思っていただける講習会になるのが理想です。
よろしくお願いします。

昨日受講させていただいたフィギュアカービングの講習会は得るものがたくさんありました。
ナイフカットの入れ方、刻印の打ち方使い方、唐草のカービングしか知らない僕にとっては非常に新鮮で、目からウロコが盛り沢山でした。
付属的に勉強になった副産物として、「右も左も分からない入門者または初心者の人というのは、こういう気持ちで講習を受けているんだな」というのを体験できました。
例えば先生に「私はこういうやり方だけど、普通はこうするでしょ?」と同意を求められても「いやぁ、知りません。そうなんですか?」という気持ちにしかなれないとか・・・。
つまり経験者にとっては常識、言わなくても分かるハズの事が、事細かに言ってもらわないと分からないという事です。
この経験を今日と明日の講習に生かしたいと思います。
講習でお世話になりましたT先生、丁寧な指導と貴重な経験をどうもありがとうございました。


>naho'デシさん
書き込みありがとうございます。
「ドン=キング氏が残してくれたこの技法をtakaさんから学べるのがとても楽しみです。」と言われてしまいますと、かなりおこがましい気がしてしまいます。
僕はドン・キングの弟子ではありませんでしたし、僕のシェリダンスタイルは自己流にアレンジもしてしまっています。
でも講習中に時々、「源流はドン・キングなんだなぁ」と彼に想いを馳せてみてください。彼と会話ができたらいいですね。講習初日終了後の特別講義で、ドン・キングが言っていた「カービング論」も紹介させていただきます。

>HIDEさん
昨日は思いがけずクラフト学園でお会いできまして・・・ちょっとお疲れのように見えましたが、大丈夫ですか?

シェリダンスタイルカービングというものが日本のレザーカービング界に与えた影響は本当に大きいと思います。
HIDEさん仰るとおり、多くの人との出会いももたらしてくれましたね。HIDEさんのように、シェリダンスタイルに魅せられてレザーカービングに取り組み始めた人も非常に多いです。
シェリダン現地のように、みんながお互い切磋琢磨しながら一丸となって進んで行けたらいいですね。

それからHIDEさんのブログからのリンク、どうもありがとうございました。
少しでも多くの方にドン・キングの重みというのを知っていただけると嬉しいです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:696/1274 《前のページ | 次のページ》
/1274