teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:958/1274 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お返事です

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 2月 6日(火)04時35分59秒
  通報 編集済
  >おたまさん
「どうせ目指すなら」って・・・目指した覚え全然ないですけど?
猪進者は、僕の天敵というより、疫病神、厄介者と言った方が正しいみたいです。
あのバッグが完成した後、「残りのあと3日で○○作れますかね?」ってふざけた事言ってました。あのバカ、ニセ師匠に迷惑かけたこと全然反省してません。
でも「師匠のパ・・」は、考えようによっては師匠のプライドにかかわるので辞めておきます。
ミニチュアサドル・・・「当時の私にはまだ無謀な挑戦だったようですね。」って言う事は、裏を返せば「だけど今の私なら・・・」って意味を含んでいるワケですよね?へぇ~、楽しみだなぁ~。
今年の僕の目標は・・・いや、今年もなにも、ずぅっと僕の目標はあのお方ですよ・・・。

>HIDEさん
では、ご要望に応えてドン・バトラーネタをひとつ。
時は1993年、ドン・バトラーさんのお店を初めて訪ねたときの事です。
これからサドルメーカーを目指す日本から来た若者(僕にだって若い時はあったんです。文句あります?)に、初対面にもかかわらず有り難い激励とアドバイスを熱く語ってくれたんですよ。
でも僕は、彼がカッコイイバックルで隠しちゃいるが、ジーンズのボタンが閉まらなくて開いている事に気付いてしまい、もうそれが気になって気になって・・・(バトラーさん、ごめんなさい!)。その後しばらく「ボタンが開いてたドン・バトラー」というイメージが強烈に残ってしまい、「ボタンが開いてた」の部分を削除するのに時間がかかりました。
でもあれだけのサドルが作れるなら、ジーンズが開いてようが閉まってようが、なんでもアリなワケで、そういうギャップがかえってカッコイイと思ってしまうのですが・・・。
(さ、マジョーアさん、僕達が初めて一緒にドン・バトラーのお店を訪ねた時のキティ(奥さん)のエピソードをどうぞ!)
HIDEさん、自作のミニサドルを眺めて、「バーボンをロックでカラカラさせながら・・・」いいですね、憧れます。
僕は自作の実物大サドルを眺めて、「皮膚を疲労でカラカラさせながら・・・」しかやった事がありません。

>猪進者
謝罪とお礼が書いてあるみたいだけど・・・なんか軽々しくない?なぜかかえってムカつく。
だいたいビックリマークが多すぎるんだよ!!!!!!!!!!!!
みんな引いちゃって誰もバッグのコメントくれないじゃないか(ざまあみろ)。

あとね、キミの書き込み間違いだらけだよ。訂正させてもらうよ。
>次にもっといいのを作りますので、そのときはTAKAさんに報告します!
じゃなくて、
TAKAさんにプレゼントします!だろ?
>眠いのに朝まで付き合ってくださりありがとうございました!
じゃなくて、
朝までどころか次の日も日曜日を潰してまで最後まで付き合ってくださり、だろ?
>あと数日お供させていただきます!!
じゃないだろ?
キミにお供してもらった覚えはねーよ。俺がキミのお供してやってるんだ。

その上「残りのあと3日で○○作れますかね?」だと?
「オマエいい加減にしろよ!(ビシッ)」は・・・撤回する。
新たに
「ホンットにいい加減にしろよ!(ビシッ)」

あ、そうだ・・・頑張っただけあって、初めてにしちゃかなりの出来栄えじゃないか(兄弟子が優秀だったお陰だけどね)。
お・・・つ・・・か・・・れ・・・さ・・・ま・・・(あーあー、言いたくねーなー)
 
 
》記事一覧表示

新着順:958/1274 《前のページ | 次のページ》
/1274