teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:983/1274 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

クラフターズジャーナル

 投稿者:Taka  投稿日:2007年 1月31日(水)05時26分33秒
  通報
  クラフターズジャーナル、届きました&見ました。
例の写真、光っている僕の一部というのは、やっぱり僕の予想していた箇所でした。
こまちさん、ヘンな事知らせてくれちゃうから最初にそこに目が行っちゃったじゃないですか~!
ちなみに後ろのほうで控えめに写っているデシ君は、印刷の質が悪いせいで片目が溶けたゾンビみたいになってます。TFLの師弟コンビなんてこんなもんですよ・・・。
マジョーアさん、記事の執筆お疲れ様でした。マジョーアさんのお陰で「自分がアメリカの雑誌に載った!」って喜んでいる人、たくさん居ると思いますよ。

こまちさんが触れていた、97年9/10月号のジムが表紙のクラフターズジャーナル、僕も懐かしくなって引っ張り出して見ちゃいました。
実はですね、クラフト社が最初にジムに講習のオファーを出したのはこの97年だったんです。ジムが忙しすぎたり日本が不景気すぎたりで・・・去年の来日の実現は9年越しだったんです。
その間にフェイさんによるバイブル的な本が出版されたり、クラフト社がシェリダンスタイル用の刻印を輸入販売したり国産品を開発したり・・・結果的には去年の来日でよかったのかも知れないですね。
最終的にフェイさんとジムの招聘を実現してくれたクラフト社に改めて感謝です。


>こまちさん
記事を見てみたら、レースの中心を折るというのは、単に長さの中心を出すために折るというだけの事でした。そこから1 1/2"(約4センチ)右にずらしたところを紐でしばるそうです。
97年のクラフターズジャーナル、もっと早く気づいていれば良かったですね~。講習のときに表紙にサインをもらっている人が何人か居ましたよ。
余談ですが、この本の6ページ右下のブリーフケース、実は日本のどこかにあるんです!僕の知人の大阪のサドルディーラーが仕入れて来たのを見たのですが・・・その先は聞いていません。でも日本にあるんです!!!
もひとつ余談ですが、4ページの広告の左の赤いとこ、真ん中よりちょっと下、よーく見てください。知っている名前が載っていませんか?

>5386さん
今日ね、猪進者くんがあのベルトをつけて教室に来てくれましたよ。「思いきって(サイズに合わせて)切っちゃいました」って。ニヤニヤ嬉しそうでした。
図案は巨匠様作とあってさすがでしたね。でもあの緻密な図案をあれだけキレイに彫っちゃってる5386さんもさす・・・・・いや、辞めとこ。
ところでもう退散ですか?天敵の割に意外とふがいないんスね。
名前にふさわしくゴミのようなカービングをUPして掲示板を荒らすくらいの気概はあるのかと思ってました。

>ドラコさん
こんにちは、K様のお誕生日以来ですね。
「某」バイク雑誌なんてもったいつけないで、教えてくださ~い。
僕の講習に参加してくださった方が、雑誌でどのように紹介されているのか見てみたいです。
あるいはその方がココを見ていたら「それは僕(わたし)です」って名乗り出てくれたら嬉しいです。
ドラコさんも僕の講習に参加してくださった方なのですね?でもドラコさんがどの方なのか、僕にはいまだに不明なんです。

>栃木の2310さん
クラフターズジャーナル届きましたか?一足先に見させていただきました。
ジムの日本講習の記事が関心の中心でしょうが、54ページのサドルはすんごいです!!!
ひとつのサドルにコレだけの数のフラワーが彫ってあるのは見た事ありません。
サドル自体の質も最高ですが、フラワーの数は僕の知る限り世界一だと思います。
作者はDon Butlerさん、シェリダンスタイルの本にも出ているシェリダン在住の超一流のサドルメーカーです。
それから2310さんがクラフトを始めたのは僕のガンケースがきっかけなんですね。あのガンケースがそんな大役を果たしたとは・・・とても嬉しいです。
あのガンケースはシェリダンで開催されたコンテスト用に作ったんですけど、入賞せず・・・たまたま買い手がついたので、賞金を逃した代わりに売っちゃいました。賞金をGETしてれば売らなかったかも~。
ちなみに結構な代金をいただけたのですが、いつの間にやら生活費に消えてました(泣)。
 
 
》記事一覧表示

新着順:983/1274 《前のページ | 次のページ》
/1274