新着順:38/3035 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

1月 にこにこ会

 投稿者:富士田 公志  投稿日:2020年 1月20日(月)09時10分40秒
  通報
  昨日、「がんと生きる」のフォーラムに夫婦で行ってきました。谷野先生が出られているので行きたい、とのことでした。

谷野先生は、家内が高砂市民病院で乳がんと結果が出たあと紹介してもらった神戸大付属病院の最初の先生でした。私も一緒に説明を聞きましたが、とても丁寧で思いやりあふれる先生で、おかげで家内もすごく落ち着いて今後の治療など考えることができました。

ほかに5名のパネリストが出られておりましたが、ゆずりは代表の宮本氏もお話をされましたが、なんだか3年前「ゆずりは明石」の方々とお話ししたのを思い出しました。
あの頃は申し訳ないですが他人事のようにお話を聞いてしまいましたが、医療関係者だけでは治せない、がん患者の疎外感、孤独感、心の痛み、を軽くして、新しい自分らしさつくるのに欠かせない人の輪があると感じました。

家内は早めにガンが見つかりましたが、私もガンがどこかで大きくなろうとしていると思います。2人に1人がガン患者になり3人に1人がガンで亡くなる時代ですので、ガンとともに生きてゆく心構えができた1日でした。

時間があれば「もしバナゲーム」を検索してみてください。一番興味深い話でした。

参加人数に変更がありました。インフルエンザや風邪など気をつけてくださいませ。

(参加者予定者 17名)白川ご夫婦 日下部 木村 小松原 宍戸 中田 服部 黒田 山崎 山田 見野 長森 富士田 岡本 勝山 玉田
 
》記事一覧表示

新着順:38/3035 《前のページ | 次のページ》
/3035