新着順:37/220 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

FM おかざき

 投稿者:Koenigin  投稿日:2014年 2月28日(金)22時21分19秒
  通報 編集済
  昨日2月27日、FMおかざき というラジオ放送局の番組「音魂クラシック」をインターネットラジオで聴きました。
若手のピアニスト、玉田裕人さんが ゲキチの音楽と人間性について語っておられました。

パーソナリティのコンマス加藤さんという方も、経験にもとづいた深い語り口です。

玉田裕人さんは自分のことだけでなく、お世話になった亡くなった恩師のことや、憧れのピアニスト、ケマル・ゲキチについて沢山話しておられました。
それがかえって、若く純粋、真摯な玉田さんの人柄を浮かび上がらせていて、高感度抜群でした。
ゲキチは黒いマントで魔王降臨みたいだとかも言っておられました(笑)

ゲキチは、でも、とても暖かい人間性の持ち主だそうです。
演奏もお話も人間性が反映されるんですね。

番組で流れたゲキチのショパンエチュード革命は確かに「こんな革命、聴いたことが無い!!」という感じでした。 が、玉田さんの演奏「熱情」「オリエンタル」には、ゲキチの香りがフワッと匂い立つ瞬間が有ったように思えました。
偉大なピアニストから影響を受け、そして自分も個性を確立していこうと歩んでいく若いピアニストの姿を伝える、とても良い番組でした。
一時間の番組でしたが、あっという間に感じられました。

ゲキチは演奏家として希有な存在ですが、後進のピアニストを暖かく育て、大きな影響を与えていることも素晴らしいですね。


 
》記事一覧表示

新着順:37/220 《前のページ | 次のページ》
/220