teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ポケット・チラシ

 投稿者:MASAメール  投稿日:2008年10月30日(木)09時52分52秒
返信・引用
  メモ代わりに使えるチラシも作成しました。

写真用のLサイズで印刷すると丁度良いと思います。
 
 

第3回 初心者向けJazz講習会のお知らせ!

 投稿者:MASAメール  投稿日:2008年10月30日(木)09時50分17秒
返信・引用
  東武伊勢崎線武里駅から徒歩数分の所にあるライブ・バー Sunny Side で初心者向けのJazz講習会を行います。

気楽に集まっていただきたいのでサブタイトルを「なおちゃん先生とはじめてのあぁ~ん♪」としています。
最初に集まった時、吹くのを恥ずかしがっている方々に「一生懸命吹いた方にはピアノのなおちゃん先生(桝谷菜穂子先生)からご褒美がありますよ~。」と冗談で言ったのが始まりです。

ホントにあるかどうかは分かりません。(笑)


永遠の初心者大歓迎!技量問わず!
譜面を読むところから気軽に始めましょう☆
持参できる楽器で楽しく過ごしましょう♪

第3回も楽しくやっちゃいましょう☆
取りあえず音が出せれば楽器持って三日でも参加歓迎♪

今回のお題は…

課題曲:枯葉

時間割(タイム・スケジュール)
3時~:準備&基礎練習
4時~:曲練習
5時~:アドリブ練習
6時~:ジャム・セッション&カラオケ・ライブ
7時~:打ち上げ~~~(あぁ~ん♪かハグかはお楽しみ)
8時~:焼き鳥屋?(笑)

会費2000円(中学生以下無料)

見学大歓迎♪(無料)
だけどお店は普通に開いてるのでワンドリンク位はお願いします。 m(☆)m
 

URL書き込み停止のお知らせ

 投稿者:MASAメール  投稿日:2008年10月29日(水)13時56分35秒
返信・引用
  最近風俗関係の書き込みが増え大変迷惑しています。
この掲示板をお借りしているteacupとも連絡を取り対処して頂いているのですが、あまり効果がありません。

皆さんのコンサートやイベントの連絡の為にホームページのURLの書き込みが出来る様にしていましたが、しばらくの間URLの書き込みが出来ない様に設定を変更させて頂きます。

申し訳ありませんが宜しくお願いします。
 

Re:はじめまして

 投稿者:MASAメール  投稿日:2008年10月17日(金)19時06分41秒
返信・引用 編集済
  ここで言っているベー(B)とハー(H)は実音でしょうか?
実音だとするとアルト・サックスではG(G)とGis(G#)と言う事になりますね。

取り敢えず実音で質問していると言う事で説明させていただきます。

サックスのGやG#の音は”楽器の構造上”オクターブ・キーを押しただけでは上手く上がらない事が良く有ります。
奏法に関する原因だけでも沢山考えられます。

○アンブシュアに力が入り過ぎ(噛み過ぎ)の場合
○リードが厚(硬)過ぎる場合
○舌の位置が低過ぎる場合

やはり正確な事は実際に見てみないと何とも言えないので、一番良いのは専門家に見てもらう事ですが、次の練習で改善する事が多いので試してみて下さい。


オクターブ・キーを押さない音域で発音を変えてタンギング練習をしてみて下さい。
まず、「シ」の音で「トゥ・タ・トゥ・タ・トゥーーー」とタンギング練習をします。
この時、発音の違いで音色がはっきり変わり「タ」の時若干音程が下がればOKです。

同じ練習を「シ・ラ・ソ・ファ・ミ・レ」の順番で行います。

次に「レ」の音で「トゥ・ティ・トゥ・ティ・トゥーーー」とタンギング練習をします。
この時、発音の違いで音色がはっきり変わり「ティ」の時若干音程が上がればOKです。

コレが出来る様になったら「ティ」の発音の時にオクターブ・キーを押してみます。

同じ練習を「レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の順番で行います。


この練習を何度か続けて見て下さい。

http://masamusic.com/

 

(無題)

 投稿者:はじめまして  投稿日:2008年10月17日(金)02時05分13秒
返信・引用
  アルトサックスを
吹いているのですが,
最近オクターブキ-を使った
ベ-とハ-の音を吹くと
なぜかブーといった
一オクターブ下位の音が
鳴ってしまいます 汗
どうしてでしょうか?
 

レスありがとうございます☆

 投稿者:まさみ  投稿日:2008年 6月22日(日)23時47分20秒
返信・引用
  丁寧なレスをいただき感激しております。

MASAさんのおっしゃるとおり、今は無理に下顎を引いている気がします。
というのは、シングルリップで今まで吹いてきましたが「マッピをだきるだけ上に押し上げて、下顎は下に引いてリードを自由に振動させてあげないといけない」と言われたことがあったので。。ついついそう意識してしまっていた気がします。

口の力を抜いて吹くのってなかなか難しいですね。。ついついどこかに力が入ってしまう気がします。

また何かあればアドバイスよろしくお願いします。どうもありがとうございました☆
 

Re:まさみさん

 投稿者:MASAメール  投稿日:2008年 6月22日(日)10時13分58秒
返信・引用
  はじめまして!

文章から判断すると掲示板も含め私の文章を読んでくれたみたいですね。
ありがとうございます。

まさみさんの場合は良い感じでダブル・リップに移行出来ていると思います。
それは大切にしたいのでちょっと考え方を変えてみると良いかもしれませんね。

実際は唇近辺の筋肉でリードに(必要な)圧力を加えるのですが無理に支える(引く)必要はないと思います。

この時使うのは顎の周りの一部の筋肉なのですが、無理に筋肉で支えたり唇を引いたりすると、その(必要な)筋肉ではなく表情筋を使ってしまいます。

表情筋は顔の表面に有る筋肉で顔の表情を作る時に使う筋肉です。
一番動かし易い筋肉ですが表情筋は鍛える事が出来ません。
顔の筋肉が腹筋の様に割れている人なんて見た事ないですよね?(笑)

心臓の筋肉と似ていると考えても良い様です。
もし、心臓の筋肉が動けば動く程発達するとしたら・・・大変な事になりますよね。

今まさみさんはこの表情筋を使って楽器を吹いていると考えられます。
一時期音は汚くなると思いますが、口の力を抜きロングトーン(10数秒で十分です)をしてみて下さい。
この時”下唇の上でリードが振動するのを感じる”様にすると良いと思います。

これを繰り返して行く間に(自然に)必要な筋肉が働き始めます。
この筋肉は鍛える事ができます。


ダブル・リップで注意しなければならない事に楽器の構えもあります。
楽器をバランス良く持たないと楽器が不安定になり口で支えようとしてしまいます。
慣れる迄はベルを持ち上げて(楽器を体から話して)構える様にすると良い結果が出る事が多い様です。

http://masamusic.com/

 

はじめまして。

 投稿者:まさみ  投稿日:2008年 6月21日(土)01時54分26秒
返信・引用
  大学オケでクラリネットを始めて5年目です。初歩的な質問ですがお答えくださると嬉しいです。
クラリネット特有の柔かい音がなかなか出せず、MASAさんのHPのレッスンを読んでダブルリップ奏法を試してみようと思い練習しております。

ダブルリップで初めてロングトーンをしてみると、マウスピースは噛まないようにしていて唇全体で包むようにしていて、唇も痛くならないので唇の力は抜けていると思うのですが、顎と口の周りの筋肉で支えるのでものすごく疲れます。

きっと今までシングルリップ法で顎の周りの筋肉をうまく使っていなかったから、これが正しい力加減でこれに慣れればいいんだと思って練習しているのですが、どう思われますか??
直接会って見ていただいていないので答えにくい質問だと思いますが、何かダブルリップに変える上でアドバイスなどもありましたら教えてくださると嬉しいです。

よろしくお願い致します。
 

Re:miliさん

 投稿者:MASA  投稿日:2008年 6月 8日(日)10時17分18秒
返信・引用
  はじめまして。
言葉だけでは判断が難しく、正確には実際に見てみないと判断できないので今迄の経験からアドバイスさせていただきます。

一番考えられるのは力の入れ過ぎです。
下唇を切ったり痛めたり、口を大きく空けた時に顎が痛む様でしたら体の方が心配です。
悪化すると大好きなクラリネットが吹けなくなってしまいます。

その原因はやはり奏法が悪いのだと思います。

タンギング(特に高音)が苦手で、音程が合わない事が多い様でしたら明らかに(今使っている)リードが硬過ぎだと思います。

リードは昔からある物は2半、最近発売された物は3が標準です。
標準の物を使う事をお勧めします。

良く「柔らかいリードは音が汚くなるから嫌だ。」と言う人がいますが間違いです。
柔らかなリードは奏法の影響を受け易いので奏法が悪い人が吹くと音が汚くなるのです。

逆に柔らかなリードが自由にコントロール出来る様になると表現力が増します。
一流のプロ達が柔なリードを使うのはこの様な理由からです。

この辺りは詳しく説明すると長くなってしまうので私のホームページの「スクール」のページにある「ワン・ポイント・レッスン」の「アンブシュア」を参考に練習してみて下さい。

どちらにしろ一度専門の先生のレッスンを受けてみた方が良いと思います。
顎も痛い様でしたら病院で検査を受けて下さい。

http://masamusic.com/

 

はじめまして

 投稿者:mili  投稿日:2008年 6月 7日(土)20時34分23秒
返信・引用
  中学校の吹奏楽部でB♭のCLを吹いてます。学年は3年です。
CLを2時間くらい続けて吹いてるとよく、のどがリードと一緒に振動してるようになり、痛くなります。
以前はこのような事はあまりなかったのですが…
マウスピースや楽器やリードの種類を変えたり…は特にしていません。

変わった事といえば今まで2ndや3rdばかり吹いていたのが1stの楽譜が多くなった事と、
練習時間(ちゃんと集中する時間)が増えた事ぐらいです。
無意識に変わっている事もあるかもしれませんが…

やっぱり吹き方が悪いのでしょうか…?
よろしければアドバイス等、よろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/20