teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/207 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: ダブルリップアンブシュアのことで質問があります!

 投稿者:MASA☆  投稿日:2019年 3月 3日(日)00時16分45秒
  通報 返信・引用 編集済
  > No.215[元記事へ]

きなこさんへのお返事です。

お返事大変遅くなりました。

○力が必要な部分とは具体的にどの辺りですか?
場所としてはリードが触れる周囲になるのですが筋肉の使い方や力を加える向きが違うと逆効果になってしまいます。
ただ、この辺を言葉で正確にお伝えするのは少し難しいです。

○とりあえずダブルリップアンブシュアでロングトーン出来るようにして…
ロングトーンだけでなくタンギングや指の動きもセットで練習した方が実践的で良いと思います。


○下顎を延ばす(引く)というように教わっていたので…
クラシックの音色を作るときに顎をその様に使うことがありますが基本はリラックスさせた状態と考えた方が間違いが少ないと思います。

○口の力に頼らずに吹くと音色が汚くなるのは当然なのでしょうか?
音色は口の力(アンブシュア)やリードの厚さだけでは決まりません。舌の位置や息の流れなど様々な事が影響します。

パイプの端を手で塞ぐ様に叩くと「ポンポン」と音がしますよね。それと同じ事がリードとマウスピースの開口部(ウィンドウ&テーブル)で起こっていると考えてみて下さい。
リードがしっかりと振動して開口部を叩く様に塞いでいればリードの厚さや口の力関係なく良い音がするはずです。

ペーペーと開いた(広がった)音になる原因も人によって違います。柔らかなリードを使うと“その原因”の影響が顕著に出易く改善にも有効なのでダブルリップ等のアンブシュアの矯正には柔らかいリードをお勧めしています。
この辺りも実際にレッスンしてみないと正確なことは言えません。

○いつかそれは直りますか?
いつか直る(自然に直る)と言う事は無いと思います。良い音を出そうと工夫しながら練習する事で良くなって行きます。
その際“目標の良い音”のイメージをしっかりと持つことも大切だと思います。

http://masamusic.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:9/207 《前のページ | 次のページ》
/207