teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:97/202 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re:miliさん

 投稿者:MASA  投稿日:2008年 6月 8日(日)10時17分18秒
  通報 返信・引用
  はじめまして。
言葉だけでは判断が難しく、正確には実際に見てみないと判断できないので今迄の経験からアドバイスさせていただきます。

一番考えられるのは力の入れ過ぎです。
下唇を切ったり痛めたり、口を大きく空けた時に顎が痛む様でしたら体の方が心配です。
悪化すると大好きなクラリネットが吹けなくなってしまいます。

その原因はやはり奏法が悪いのだと思います。

タンギング(特に高音)が苦手で、音程が合わない事が多い様でしたら明らかに(今使っている)リードが硬過ぎだと思います。

リードは昔からある物は2半、最近発売された物は3が標準です。
標準の物を使う事をお勧めします。

良く「柔らかいリードは音が汚くなるから嫌だ。」と言う人がいますが間違いです。
柔らかなリードは奏法の影響を受け易いので奏法が悪い人が吹くと音が汚くなるのです。

逆に柔らかなリードが自由にコントロール出来る様になると表現力が増します。
一流のプロ達が柔なリードを使うのはこの様な理由からです。

この辺りは詳しく説明すると長くなってしまうので私のホームページの「スクール」のページにある「ワン・ポイント・レッスン」の「アンブシュア」を参考に練習してみて下さい。

どちらにしろ一度専門の先生のレッスンを受けてみた方が良いと思います。
顎も痛い様でしたら病院で検査を受けて下さい。

http://masamusic.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:97/202 《前のページ | 次のページ》
/202