teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


品川正治 講演会

 投稿者:九条ウォッチ  投稿日:2006年10月11日(水)05時44分41秒
返信・引用
  経済同友会就寝幹事 品川正治氏 の
講演会が、
12/6(水)18:30(18:00開場)~
奈良県文化会館小ホール
(共催 非核の政府を求める会、「九条の会」奈良)
で開催されます。参加費\700
 
 

国民投票法=改憲手続法案 のカラクリ

 投稿者:九条ウォッチ  投稿日:2006年10月10日(火)00時51分41秒
返信・引用
   国費を使い、NHKはじめマスコミを活用し、改憲(壊憲:壊滅憲法)をねらう、法案:「国民投票法=改憲手続法案」
の紹介

危険なカラクリ・「改憲手続法」の阻止を
弁護士  坂本 修
http://www.kyodo-center.jp/shirou/kouen/kouen13.htm


自由法曹団編【国民投票法=改憲手続法の「カラクリ」】 学習の友社(\600)
 

自衛隊イラク派遣に反対する訴訟  本多立太郎氏の意見陳述

 投稿者:九条ウォッチ  投稿日:2006年10月 9日(月)09時05分12秒
返信・引用
  ◆2006年4月20日の最終弁論での意見陳述書
     →原告・本多立太郎さんの意見陳述
           「戦争体験出前噺:特別番外編」と題して、92歳の本多さんが、元兵士としての加害体験を語りました

http://www15.ocn.ne.jp/~j-stop/MyPage/honda0420.htm
 

【九条噺】

 投稿者:九条ウォッチ  投稿日:2006年10月 9日(月)08時49分37秒
返信・引用
  「九条の会・わかやま」 7号を発行(2006年9月30日)
http://home.384.jp/kashi/9jowaka/kikansi/kikansi7.htm
より

【九条噺】
映画「出口のない海」を観た。人間魚雷「回天」で海の特攻兵となった学徒を描いたものである。▼「回天」は潜水艦から発進すると、スクリューを逆転させることも、止まることも、操縦室から抜け出すこともできないという。発進してしまえば、あとは死ぬだけである。▼特攻兵は志願したことになっている。志願する者は紙片に自分の名前と丸印を書いて箱に入れる。本心は志願したくなくても、書かざるを得ない状況に追い込まれる。選択の余地など何もない。▼主人公の父は「敵兵の姿を見たことがあるか」と問う。見たこともない「敵」、個人的な恨みもない「敵」と闘う不条理を、家族のため、恋人のため、友人のためと押し殺し 死に向かっていった彼等の思いは如何ばかりか。▼「自らの夢を捨て、愛しい人と別れ、死ぬことを宿命づけられた主人公は、何を思い、散っていったのだろう。平和の中に生きる私達は彼等の思いを受け止めなければならない」。これは、この映画の新聞広告に出た安倍晋三自民党新総裁(当時、官房長官)の推薦の辞である。▼「彼等の思いを受け止めなければならない」のなら、どうして「憲法9条を変えて戦争する国にする」ことになるのか。これを「恥知らず」と言わずして、何と言えばいいのか。▼「彼等の思い」は、家族や恋人、友人と楽しく暮らせ、野球も大いにできる平和で豊かな日本を作ることではないのか。「憲法9条」は、まさに「彼等の思い」なのである。(M)


一面には

みなさん、ご存知ですか?地球から確実に戦争をなくす「妙案」
「戦争絶滅請合法案」

の紹介があります。

http://home.384.jp/kashi/9jowaka/kikansi/kikansi7.htm
 

戦前の発想持つ「闘う政治家」 安倍自民総裁

 投稿者:もーちゃんの部屋 紹介  投稿日:2006年10月 8日(日)02時03分35秒
返信・引用
  もーちゃんの部屋
http://shalomochan.jugem.jp/?eid=243
に、安倍晋三自民総裁の人物評があります。
紹介します。


信条
戦前の発想持つ「闘う政治家」

 安倍氏は、政治姿勢について、「つねに『闘う政治家』でありたい」(『美しい国へ』)とのべています。「『闘う政治家』とは、ここ一番、国家のため、国民のためとあれば、批判を恐れず行動する政治家のことである」(同)といいます。

 安倍氏は「祖父には確固たる自信があった」「『百万人といえども我ゆかん』の自負と覚悟で、政治生命をかけての歩みでした」(『この国を守る決意』)とのべています。「闘う政治家」像とは、祖父・岸信介元首相が、国民的な反対闘争がわきおこった安保改定を強行した際の姿勢と重なります。

 国民の圧倒的な批判をさえ無視して強行するのが、「闘う政治家」だとすれば、危険な姿勢です。

 安倍氏は、A級戦犯容疑者で、戦前、商工相などを務めた岸氏について、「皆が『とんでもないものだ』と思っているその戦前の時代に、強烈な自信を持つというのは、一体その背景にあるものは何なんだろう」(『「保守革命」宣言』)とのべています。

 そして、「天皇中心の日本」として「一体感」をもった「国のありよう」を「断固として信じていた」ことに、「強い感銘」を覚えたといいます。「日本国民は、天皇とともに歴史と自然を紡いできたんです」「その中心に一本通っている糸はやはり天皇だと思うのです」(『安倍晋三対論集』)とものべています。

 戦前の発想に強い親近感を抱き、国家主義的な考え方が政治信条の根底に流れていることがわかります。
http://shalomochan.jugem.jp/?eid=243 より
 

自由法曹団 講演会 憲法改正を考える

 投稿者:ご案内  投稿日:2006年10月 8日(日)01時10分23秒
返信・引用
   自由法曹団奈良支部は
11月9日(木) なら100年会館(18:30開場)にて、
憲法改正を考える講演会を開催します。

講師:森英樹 龍谷大学法科大学院教授

(入場無料)
 

奈良県 九条の会 交流会

 投稿者:ご案内  投稿日:2006年10月 8日(日)00時57分21秒
返信・引用
   10/9(月)、奈良文化会館 13:30~
 九条の会 奈良県交流会 が開催されます。

 奈良県では42の「九条の会」が結成されており、
準備中の会も多数あり、多彩な交流会となることでしょう。
みなさんもご参加ください。
 

北朝鮮による侵略に備えましょう。

 投稿者:防犯・防諜普及会  投稿日:2006年10月 1日(日)15時10分2秒
返信・引用
  防犯・防諜普及会

北朝鮮による侵略に備えましょう。

日本政府の動議により、北朝鮮非難の安保理決議1695号が可決しました。これに対し北朝鮮は強く受け入れを拒否しています。国際社会から孤立した北朝鮮にとって今後の進展は厳しいものとなり、局面の打開を目指して一気に軍事的行動に出てくる可能性が高くなります。国民の皆さんは、進んで国防に協力しましょう。特に開戦に備えてスパイ活動やテロ活動を強化しますので、周囲に工作員や、北朝鮮に協力しそうな人物がいないか気をつけましょう。また反政府的な言動をするグループなどが防衛行動を妨害するかもしれませんので積極的に情報を政府機関に通報しましょう。
(以下、あて先明記のこと。)
内閣情報調査室
http://www.iijnet.or.jp/cao/cas/jp/goiken.html
公安調査庁
psia@moj.go.jp
自衛隊情報本部
kouhou1@joint.info-jda.go.jp
自衛隊中央情報保全隊
gsopao@jgsdf.info-jda.go.jp
警察庁警備部公安課
http://www.npa.go.jp/goiken/index.htm
入国管理局
http://www.immi-moj.go.jp/cgi-bin/datainput.cgi
政府機関への総合窓口
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
 

奈良・登山者9条の会

 投稿者:谷  央メール  投稿日:2006年 7月 1日(土)22時08分16秒
返信・引用
  ハイキングを行軍と呼び、クライミングは戦技登山と呼ばれて、戦争推進のための組織におとしめられて、登山文化が荒廃の道に引き込まれた痛恨の体験を繰り返さないために、奈良・登山者9条の会を06年1月28日に立ち上げました。
9条の会のアピールと平行して、登山者の立場からのアピールをつくり、ハイキングや登山のときに配ろうと考えています。皆さんどうぞよろしく。ホームページはまだできていませんがそのうち作りますので待っていて下さい。
 

今、沖縄の歴史と文化が危ない!

 投稿者:武島  投稿日:2006年 6月24日(土)10時15分31秒
返信・引用
  沖縄は本土とは異なる歴史と文化を有している。
これらは琉球王国以来の沖縄の先人が育んできた叡智の賜物である。
ところが、沖縄の先人の功績を否定し、それを横取りしようとする異常な歴史観が登場した。
まずこれを見て頂きたい。
http://jangseong.jeonnam.kr/jpn/sub_03/sub01_03.html
http://jangseong.jeonnam.kr/jpn/sub_03/sub01_04.html
内容は、洪吉童なる人物が沖縄県の石垣島の豪族・オヤケアカハチと同一人物であり、
沖縄文化は朝鮮文化を模倣したものであると主張している。
とんでもない歴史歪曲である。歴史捏造をするファシスト国家・韓国を断固糾弾しなければならない。

この掲示板をご覧になっている九条の会の方々は、
何も韓国のカルト集団の戯言を相手にすることはない、と思われるかもしれない。
しかし、上記のサイトは「全羅南道長城郡」という地方自治体のサイトである。
公的機関が堂々と捏造史観のお先棒を担いでいるのである。
また、韓国の自治体は日本と異なり、国家公務員の目付役が存在し、自治体の暴走をチェックする仕組みになっている。
このサイトの記述を許しているということは、韓国政府もそれを認めているということであり、長城郡と同罪である。

ここの九条の会には、沖縄出身の方はあまり居ないかも知れない。しかし、九条の会は沖縄にも存在する。
同胞であり、護憲の同志でもある彼等を見捨ててはならない。
奇妙奇天烈な歴史観の跋扈を許し、沖縄出身者の名誉を傷つけてはならない。
歴史歪曲を許さない九条の会は、韓国の歴史捏造にも強く抗議するものと私は信じている。
 

レンタル掲示板
/8