teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:WarrenHal  投稿日:2017年 6月24日(土)17時07分45秒
  【捷特團體服】全台北、桃園、新竹最專業的團體服訂做─團體服│班服│系服│制服│工作服│廟服│選舉背心

http://clothes-group.com/

http://clothes-group.com/

 
 

(無題)

 投稿者:W1ayneAburi  投稿日:2017年 6月24日(土)01時19分28秒
  Reverse Phone Lookup

f reverse phone lookup usa
c http://reversephonelookupfreeus.com/#
reverse phone lookup

http://reversephonelookupfreeus.com

 

(無題)

 投稿者:Franknub  投稿日:2017年 6月23日(金)22時45分2秒
  копия ву - дубликат удостоверения мвд, удостоверение мвд.

https://dublikat.io/categories/torgovaja-ploschadka.1/

 

(無題)

 投稿者:Altondob  投稿日:2017年 6月23日(金)07時19分44秒
  專業光碟教學網站 http://xyz.net.tw/

http://xyz.net.tw/

 

(無題)

 投稿者:JamesTiexy  投稿日:2017年 6月22日(木)18時45分9秒
  How to multiply your Bitcoins hundredfold in a day?
Bitcoin Multiplier is an online investment platform.
Simply put, we trade these cryptocurrencies with a revolutionary bot-system. On most trades, we profit at approximately 0.019%. However, at a rate of 8 trades per second, we average a profit of 13130% in 24 hours. And we operate 24/7.
So if you’re looking to a good way to make big profit with a low investment, this is the way to go.

And your investment will be multiplied hundredfold and will be transferred to your wallet within 24 hours.

We share our secret method of generating x100, we can help you setup the complete system.
http://savepic.ru/14474559m.png       https://universepro.info/

https://universepro.info/

 

(無題)

 投稿者:Preepea4  投稿日:2017年 6月22日(木)02時09分53秒
  Lee Francis

Renowned porn stars disclose tricks at The Classic Porn!

classic hairy movie stunning babes from the seventies showing it

classic 90s porn in das haus der luste

Vintage Teen Porn

70s porn actors love making usa

Retro Porns

bionca porn stars from the 90s

Retro Porn Picture

Go on the racket with Retro Porn Archive. That's where you'll satisfy your curiosity for vintage erotica and vintage porn! If you had a basement and were extremely lucky you could probably find your Grandpa's collection of vintage porn pics? But if you are not so lucky check up this site offering thousands of remastered vintage photos & videos

Alice Thatch

http://www.1970classicporn.com/

 

(無題)

 投稿者:FerminRAIKE  投稿日:2017年 6月21日(水)17時32分43秒
  Ламинин Laminine LPGN Киев от 28 usd http://1541.ru +38097-613-1437
 

(無題)

 投稿者:AngelBeite  投稿日:2017年 6月21日(水)02時01分45秒
  http://glutimp.boxip.net/1/dacogy.html http://anpere.boxip.net/2264/kehoma.html
http://tractiap.boxip.net/soxunypi/zumykon.html http://imumx.boxip.net/9320/jidoboduk.html
#WbfCxK8asXrgosy

http://rutor.org

 

(無題)

 投稿者:AngelBeite  投稿日:2017年 6月20日(火)00時33分35秒
  #WbfCxK8asXrgosy
http://itpronm.boxip.net/ryxuvaf/sopuwed.html http://percorb.boxip.net/luqunahu/hafas.html
http://loturv.boxip.net/4829/97.html http://duoboo.boxip.net/lokud/154.html

http://rutor.org

 

(無題)

 投稿者:Brettdiunc  投稿日:2017年 6月17日(土)03時05分1秒
  ??????????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99????????? ????/??/??????/?????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99#???????/????? ??????
??????????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99????????? ????/??/??????/?????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99#???????/????? ??????
??????????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99????????? ????/??/??????/?????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99#???????/????? ??????
??????????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99????????? ????/??/??????/?????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99#???????/????? ??????
??????????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99????????? ????/??/??????/?????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99#???????/????? ??????
 

(無題)

 投稿者:Shawnzef  投稿日:2017年 6月17日(土)00時23分5秒
  室?設計?裝潢統包-木作工程http://interior-plan.com/

http://interior-plan.com/

 

(無題)

 投稿者:GHSTools  投稿日:2017年 6月15日(木)01時12分54秒
  Get to the SERP`s top easily with GHS TOOLS : http://www.ghstools.fr/interface/index.php?a_aid=promotion2017

http://www.ghstools.fr/interface/index.php?a_aid=promotion2017

 

(無題)

 投稿者:MichaelDic  投稿日:2017年 6月14日(水)06時04分16秒
  достойный веб ресурс https://kurs.expert/ru/obmennik/newkassa/feedbacks.html

https://kurs.expert/ru/obmennik/em24/feedbacks.html

 

(無題)

 投稿者:Lola#quow  投稿日:2017年 6月12日(月)00時14分8秒
  Я люблю посидеть и подымить, все беру здес...  

(無題)

 投稿者:Brettdiunc  投稿日:2017年 6月10日(土)16時10分48秒
  ???????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99?????? ??????/??/??????/??? ??????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99??? ????????/?????????
???????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99?????? ????????/??????/??? ??????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99??? ????????/?????????
???????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99?????? ??????/??/??????/??? ??????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99??? ????????/?????????
???????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99?????? ??????/??/??????/??? ??????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99??? ????????/?????????
???????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99?????? ??????/??/??????/??? ??????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99??? ????????/?????????!ENDVALUE!
 

(無題)

 投稿者:Montewit  投稿日:2017年 6月 9日(金)15時40分56秒
  ??????????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99????????? ????
??????????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99????????? ????/??/??????/?????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99#???????/????? ??????
??????????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99????????? ????/??/??????/?????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99#???????/????? ??????
??????????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99????????? ????/??/??????/?????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99#???????/????? ??????
??????????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99????????? ????/??/??????/?????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99#???????/????? ??????
??????????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99????????? ????/??/??????/?????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99#???????/????? ??????
 

(無題)

 投稿者:RogerRok  投稿日:2017年 6月 7日(水)12時59分27秒
  ???? ??????? ??????? ?????! ???????? ?????, ???????, ??? ????? ????? ????? ????? ??????.  

(無題)

 投稿者:women dating  投稿日:2017年 6月 5日(月)02時29分28秒
  find women
top dating sites
sms dating
free date sites
http://fisher.fubar.pro

http://cracker.girlspics.pro

 

(無題)

 投稿者:forex sites  投稿日:2017年 6月 4日(日)14時28分14秒
  No spreads and no commissions;
No credit card, no phone number required!
Over 70 assets pairs, stocks, indexes;
Totally free demo account;
Trading simplified!
24\7 trading on turbo and binary options;
Mobile apps for Android and IOS.
Easy to start investing.
Start trading right now!
http://free.stock.trading.pushpull.pro

http://forex.market.update.deadline.mobi

 

(無題)

 投稿者:PatrickTumma  投稿日:2017年 6月 3日(土)23時59分55秒
  college personal statement example
 

(無題)

 投稿者:Arthurfaips  投稿日:2017年 6月 3日(土)01時13分8秒
  ???????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99?????? ??????
???????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99?????? ??????/??/??????/??? ??????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99??? ????????/?????????
???????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99?????? ????????/??????/??? ??????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99??? ????????/?????????
???????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99?????? ??????/??/??????/??? ??????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99??? ????????/?????????
???????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99?????? ??????/??/??????/??? ??????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99??? ????????/?????????
???????¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99?????? ??????/??/??????/??? ??????/?¬?((Bgg-777 . Com))?-?¬??:come99??? ????????/?????????!ENDVALUE!
 

(無題)

 投稿者:best stocks  投稿日:2017年 6月 1日(木)08時17分17秒
  24\7 trading on turbo and binary options.
Innovative Trading;
Best terms on the market;
Mobile apps for Android and IOS!
Profit up to 90% per trade;
Easier than Forex.
Minimum deposit just $10;
Start Trading Binary Options!
http://calloptions.deadline.mobi

http://forex.trading.website.bigoption.pro

 

(無題)

 投稿者:Jamessweva  投稿日:2017年 6月 1日(木)03時51分16秒
  Travel & adventure; Tour, rest in Russia on the Black Sea. Welcome to Anapa ! Beach rest in Russia,official travel site,spend your holiday actively !
#Adventures, #Russia, #Rest, #Sea, #Welcome, #Anapa, #travel, # Beach, #relax, #coastline, #actively, #culture,new, #2017,# tourism, #life, #excellent, #rest, #diver, #para planner.  https://intourist.biz

https://intourist.biz

 

(無題)

 投稿者:Larrythymn  投稿日:2017年 6月 1日(木)03時37分17秒
  ?9 essay composing tips to вЂ?wow’ college admissions officers
You’ve taken the tests, requested the recommendations, completed the popular application, and now it is finally time to refocus on what you’ve been putting off: the essay.
Whereas most students spend days, every now and then weeks, perfecting their personal statements, admissions officers only spend about three to 5 minutes actually reading them, according to Jim Rawlins, director of admissions within the University of Oregon.
Very high school seniors are faced with the challenge of summarizing the last 17 years into 600 words, all at the same time showcasing their “unique” personality against thousands of other candidates.
“It’s hard to discover a balance involving sounding professional and smart without by means of all of those longer words,” says Lily Klass, a senior at Milford Significant School in Milford, Mass. “I’m having trouble reflect myself without sounding arrogant or rude or anything like that.”
The following tips will help applicants make the leap from �average’ to �accepted’:
1. Open having an anecdote.
Since the admissions officers only spend a brief amount of time reviewing stories, it is pivotal that you choose to engage them from the very beginning.
“Instead of trying to come up with gimmicky, catchy initially lines, start off by sharing a moment,” says Janine Robinson, crafting coach and founder of Essay Hell. “These mini stories naturally grab the reader … it is the right way to really involve them while in the story.”
Let the moment you choose be revealing of your personality and character. Describe how it shaped who you may be today and who you will be tomorrow.
two. Put yourself with the school’s position.
On the finish belonging to the working day, colleges would like to accept someone who is going to graduate, be successful around the world and have the university associated with that success. As part of your essay, it is vital that you just existing yourself as someone who loves to learn, can think critically and has a passion for things-anything.
“Colleges always say to exhibit your intellectual vitality and curiosity,” Robinson says. “They want kids who are going to hit the ground running-zoom to class and straight out into the world. They want them hungry and self-aware.
3. Stop trying so hard.
“One for the biggest mistakes students make is trying too hard to impress,” Robinson says. “Trust that it is those every working day, certain subjects that are considerably extra interesting to look at about.”
Colleges are tired of reading about that time you had a come-from-behind- win on the state championship game or the time you designed houses in Ecuador, according to Robinson. Get creative!
Furthermore, you’re creating doesn’t really have to sound like Shakespeare. “These essays should browse like smart, interesting 17-year-olds wrote them,” says Lacy Crawford, former independent college software counselor and author of Early Decision . “A feeling of perspective and self-awareness is what’s interesting.
four. Ditch the thesaurus. Swap sophistication for self-awareness
There's a designated portion in the software section designated to display off your repertoire of words. Leave it there.
Within the personal essay, create how you would speak. Utilising “SAT words” inside of your personal statement sounds unnatural and distances the reader from you.
“I think most students are torn around a pathway dividing a diary entry in addition to a push release. It is supposed to be marketing document for the self,” Crawford says.
5. Generate about what matters to you, not what matters to them
Crawford recommends students begin by answering the question, “if you had ten minutes to talk to them in person, what would you say?” The admissions teams are trying for authenticity and superior quality of thinking.
“Theoretically, I think anything could be �the perfect topic, assuming that you demonstrate how nicely you think, your logic and ability to hold readers’ attention,” Crawford says.
6. Look at the success stories.
“The optimal advice is to browse essays that have worked,” Robinson says. “You’ll be surprised to see that they’re not winning Pulitzers; they are pieces of someone. You would like your story to be the 1 she doesn’t put down.”
Once you discover a topic you like, sit down and publish for an hour or so. It shouldn’t take longer than that. As soon as you craft from your heart, words should come easily.
Rawlins recommends showing the essay to your family member or friend and ask if it sounds like the student. “Take just a few days and come back again to it. But only do that once,” Rawlins says. “Reading it over and over again will only drive you nuts.”
7. Really don't pretend to be someone you’re not.
Even though colleges tend to nod to disadvantaged students, roughing up your background won’t help your cause.
“It’s less about the topic and much more about how you frame it and what you need to say about it, Robinson says. “The significantly better essay is has just about the most interesting thing to say, regardless of the topic that involves a crisis or the mundane.”
The essays serve as a glimpse into how your mind performs, how you see the world and supplies perspective. In case you have never had some earth shattering go through that rocked your world, really don't pretend you did. Your insights will be forced and disingenuous.
8. Follow the instructions.
Even though the directions within the purposes may sound generic, and even repetitive after applying into a assortment of schools, Rawlins points out that every rhyme has a reason.
“They really have to know that college put a lot of thought into the instructions we give them-so please follow them!” he says. “We’ve given a lot of thought to the words we use. We want what we ask for.”
9. Use this area to tell them what your software can’t.
Most colleges really don't have the time or bandwidth to research each individual individual applicant. They only know what you put in front of these. “If they do not tell us something, we can’t connect the dots,” Rawlins says. “We’re just another person reading their material.”
Like Crawford, he recommends students imagining they are sitting next to him in his office and responding to the question, “What else do I demand to know?” And their essays should reflect how they would respond.
On the close with the working day, however, Rawlins wants students to know that the personal essay is just another piece within the larger puzzle. “They prescribe way too a lot importance to the essay,” Rawlins says. “It makes a massive difference-good or bad-to very very few out there, so keep it in context.”
Let's get social
pay for essay writers

<ahref=http://darnleyprimaryschool.primaryblogger.co.uk/uncategorised/what-may-be-the-future-of-printed-guides-around-2/>payforessaywriters</a>

 

(無題)

 投稿者:good money  投稿日:2017年 5月30日(火)13時39分6秒
  Easy to start investing.
Easier and faster than Forex!
No spreads and no commissions;
Mobile apps for Android and IOS!
Minimum deposit just $10;
Perfect your trading strategy on a totally free Demo account $1000;
Profit up to 90% per trade.
No credit card, no phone number required.
Start trading binary options!
http://money.earn.bigoption.pro

http://fxnetworks.apps.bzzzz.pro

 

(無題)

 投稿者:Larrythymn  投稿日:2017年 5月30日(火)02時24分15秒
  ?17 Personal Essays That Will Change Your Life
Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Alternate options
Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Alternate options Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Alternate options
The final piece in a single of her two most beloved collections, Slouching Towards Bethlehem . this essay features everything there is certainly to love about Didion — her sharp eye, her unbelievable concision, her expression of emotions that are real and contradictory. It follows her arrival in New York and her departure eight years later, and in so doing discusses the city and youth — as well as romantic lies that each are. She writes: “… I was in love with New York. I do not mean ‘love’ in any colloquial way, I mean that I was in love with the city, the way you love the 1st person who ever touches you and never love anyone particularly that way again.”
two. “Mr. Lytle, an Essay” – John Jeremiah Sullivan
Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Selections
Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Alternate options
Sullivan has become one particular from the most talked about magazine writers on the last couple years. This piece, which you might learn web with the Paris Assessment . and was gathered in his highly recommended book, Pulphead . is one particular of his most useful. It discusses, with these types of grace, being mentored in his twenties by once-famous Southern Renaissance writer Andrew Lytle. It’s a meditation on art and futility, the Old South, and also sheer strangeness that is usually relationships involving men.
3. “Once Greater to the Lake” – E.B. White
Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Methods
Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Methods
Recognized for his children’s literature (which includes Stuart Very little and Charlotte’s World-wide-web ) and popularizing Strunk’s The Aspects of Style . White was also an accomplished essayist. “Once Extra to the Lake” follows White and his son to Maine, where they spend a week along the same lake White visited with his father as a boy. It is an individual in the most moving reflections upon fatherhood, summertime, America, and mortality ever crafted. You possibly can identify it in a large number of anthologies and during the Gathered Essays of E.B. White .
four. “Ticket to the Fair” – David Foster Wallace
Toggle Sharing Alternatives Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Possibilities
Toggle Sharing Alternate options Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Alternatives Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Alternatives Toggle Sharing Methods
Those who knock Wallace for his verbosity — or associate him merely by having a liberal use of footnotes — haven’t learn a single of his classic essays through to the close. This one particular, which one can go through on the internet at Harper’s or in his collection A Supposedly Fun Thing I’ll Never Do Again . follows him home to Illinois, specifically to the state fair there. Laugh-out-loud hilarious and almost ridiculous in its degree of detail, it explores the author’s fractured identity, the Midwest versus the East Coast, additionally, the American undergo at substantial.
5. “Just a few Words About Breasts” – Nora Ephron
Toggle Sharing Alternatives Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Possibilities
Charles Sykes, file / AP
Published in Esquire in 1975, this is the best-known essay by the late, superior screenwriter and essayist. When she renders the adventure of being flat-chested around the ’50s with incredible humor and pathos, it is the essay’s ending — the shock of it — that makes this unforgettable.
6. “Self-Reliance” — Ralph Waldo Emerson
Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Selections
Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Alternatives
An individual of Emerson’s most influential essays, it is easy to learn it from the internet or in nearly every collection of his will work. Despite the fact that his prose’s formality may be a shock at earliest, what he says he says with very good clarity and to the good empowerment of his reader. It could be a declaration within the fact that true happiness, in oneself and all relationships, must spurn from self-love and honest expression: “I must be myself. I cannot break myself any longer for you, otherwise you. Those that can love me for what I am, we shall be the happier. In case you cannot, I will nevertheless seek to deserve which you should.”
7. “In this article Is mostly a Lesson in Creative Writing” – Kurt Vonnegut
Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Possibilities
Though it’s gathered in his fantastic and final collection of essays, Man Without a Country . you can easlily read through an adaptation from the internet at Lapham’s Quarterly . While you are it’s a must-read for aspiring creative writers, it’s about even more than producing — quite a bit, a whole lot a good deal more — despite its brevity and characteristic Vonnegut wit. It opens with the top rated slam from the semicolon ever.
8. “Notes of the Indigenous Son” – James Baldwin
Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Alternatives Toggle Sharing Methods
Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Alternate options Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Opportunities
The titular essay from this collection — which honestly you should just read through — is undoubtedly an ambitious and candid discussion belonging to the passing of his father during a time of remarkable racial turmoil. It opens: “Over the twenty-ninth of July, in 1943, my father died. In the same working day, a couple hours later, his last child was born. Over a thirty day period before this, whilst all our energies were being concentrated in waiting for these events, there had been, in Detroit, just one within the bloodiest race riots for the century. Several hours after my father’s funeral, at the same time he lay in state on the undertaker’s chapel, a race riot broke out in Harlem. On the morning with the third of August, we drove my father through the graveyard through a wilderness of smashed glass.”
9. “The Invisible Made Visible” – David Rakoff
Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Alternate options Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Solutions
Larry Busacca / Getty Photos
David Rakoff died a small over a yr ago on the too-early age of 47. Just some months prior, he examine this essay about his cancer, his imminent death, and dancing, aloud as part of This American Life ’s live exhibit. As always with Rakoff’s deliver the results, it was funny, painful, and revealed the author’s intense love belonging to the English language. Warning: Should you watch this video clip. you will laugh audibly, several times, and you may cry.
ten. “The Death of the Moth” – Virginia Woolf
Toggle Sharing Alternatives Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Opportunities
Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Selections
The briefest — and perhaps densest — essay on this list, “The Death from the Moth,” on its face, is about exactly that: Woolf notices a moth caught in her window and witnesses its death. Go through it using the net and then browse it again, and again.
eleven. “Total Eclipse” – Annie Dillard
Toggle Sharing Alternatives Toggle Sharing Alternatives Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Possibilities
Toggle Sharing Choices Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Alternatives
This much-anthologized meditation follows Dillard and her husband as they drive to the mountaintop in Washington to witness a total eclipse — that rare event if the sun becomes entirely obscured, turning working day briefly into night. Dillard’s rendering of this have showcases her enviable abilities to each observe and describe. It’s gathered in Teaching a Stone to Talk .
12. “Sliver of Sky” – Barry Lopez
Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Alternate options Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Opportunities
Well-known nature writer Barry Lopez shocked a wide selection of when he published this essay in January, in which he confessed being raped throughout his adolescence by his mother’s sometime boyfriend. It is really an affecting and horrifying portrait of what it is to be a victim of sexual abuse. Unfortunately you do really have to be a Harper’s subscriber to examine it (for now).
13. “Shooting an Elephant” — George Orwell
Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Alternate options Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Methods
Prior to penning 1984 and Animal Farm . Orwell was posted as a policeman in Burma, where he once had to shoot a rampaging elephant. The resultant essay, published in 1936, is really a condemnation of imperialism — and his private selfish desire to not be implicated by it. Scan it via the web or track down it from the collection for the same title .
14. “Shipping Out” — David Foster Wallace
Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Alternatives Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Solutions
Yes, Wallace deserves two on this list. Also gathered inside a Supposedly Fun Thing I’ll Never Do Again and originally published in Harper’s . this is another travelogue turned existential rumination that shows unabashedly and hilariously the horrors of society (this time by means of a cruise ship) and really says a little more about the author himself.
15. “The Braindead Megaphone” – George Saunders
Toggle Sharing Alternate options Toggle Sharing Alternate options Toggle Sharing Methods Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Possible choices
Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Alternatives Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Choices
Saunders is greater famous for his fiction (like a great deal of from the folks on this list) but that doesn’t mean his essays are not fantastic. The first of all around the eponymous collection. “The Braindead Megaphone” takes about the active political and media climate in America that will make you shake your head in the I’ve-always-thought-that-but-never-really-put-it-that-way-myself way.
16. “We Do Abortions Here” — Sallie Tisdale
Toggle Sharing Possible choices Toggle Sharing Opportunities Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Solutions
Tisdale was a nurse at an abortion clinic when she published this essay in 1987. She writes honestly and movingly about something she knows couple of hope to think let alone study about. “You will find a numbing sameness lurking within this job,” she says, “the same questions, the same answers, even the same trembling tone inside of the voices. The worst is the sameness of human failure, of inadequacy from the face of every day’s dull demands.” Read through it for complimentary from the internet .
17. “The White Album” — Joan Didion
Toggle Sharing Solutions Toggle Sharing Alternate options Toggle Sharing Selections Toggle Sharing Possibilities Toggle Sharing Alternatives Toggle Sharing Opportunities
Of course Didion also gets two on this list. In the event you haven't scan this classic, do so now. It tracks our culture’s — and therefore the author’s — transition out within the cataclysmic era that was the late ’60s into something else noticeably darker. Additionally, it features an unforgettable image of Jim Morrison wearing black vinyl pants. Realize it during the collection for the same name.
Want fine book recommendations into your inbox every week? Sign up with the BuzzFeed Books newsletter!
Amazing! You'll get your earliest email soon.
proofread essay online for free

<ahref=http://www.plushize.com/?p=780>grammarcheckessay</a>

 

(無題)

 投稿者:entry work  投稿日:2017年 5月28日(日)23時38分55秒
  Innovative Trading!
Best terms on the market;
Trading simplified.
No credit card, no phone number required!
Perfect your trading strategy on a totally free Demo account 1000$.
Profit up to 90% per trade!
Mobile apps for Android and IOS!
Most Innovative Binary Option Broker.
Easy to start investing.
24\7 trading;
Start Trading Binary Options!
http://option-puts-explained.bigoption.pro

http://make.money.uk.bigoption.pro

 

(無題)

 投稿者:binary investment  投稿日:2017年 5月27日(土)04時59分31秒
  Most Innovative Binary Option Broker;
Mobile apps for Android and IOS!
Innovative Trading!
Easier and faster than Forex;
Profit up to 90% per trade;
No credit card, no phone number required!
Over 70 assets pairs, stocks, indexes.
Totally free demo account $1000;
Open an account and start trading right now!
http://stock.certificate.pushpull.pro

http://forex-technical-analysis.pushpull.pro

 

(無題)

 投稿者:vjesyKZ  投稿日:2017年 5月25日(木)20時53分57秒
  [color=red]
Bonjour,

Envie d’une déco de table insolite pour fêter un anniversaire entre amis ou en famille ? Nous avons tout ce dont vous avez besoin en périmètre dans nos boutiques : assiettes , gobelets , chemins de table , livres d’or , confettis , centres de tables et toute une sélection d’articles plus originaux les uns par rapport aux autres . Nous avons également regroupé dans la catégorie anniversaire de la e-boutique les différents références de fête par âges : 18 ans , 20 ans , 30 années , 40 années , cinquante ans , 60 ans , 70 années et 80 années ainsi qu'1 sélection pour les anniversaires enfants .

[/color]
grossiste palette maquillage
[color=red]Merci[/color]

https://www.coolminiprix.com/voyage-loisirs-et-sports/14823-balluchon-glaciere-fresh.html

 

(無題)

 投稿者:Larrythymn  投稿日:2017年 5月23日(火)09時34分3秒
  ?Reliable, Cheap Essay Crafting Services UK
Essay Creating is the foremost challenging task mainly when students are unprepared for crafting the required essay or assignment relating to the given topic.
But there isn't any might need to worry as our reliable Essay Producing Expert services are below for you to definitely Get The Prime Custom made Essay written by UK writers at EssayWritingServices.co.uk
Are you hunting to the right essay producing program inside UK? The Essay Producing Companies UK supplies the perfect essay composing providers at affordable and cheap prices! We guarantee Tailor made essays and other academic assignments delivered on time with 100% originality. Guaranteed!
Benefits of our Custom made essay creating companies: We are listed here whenever you have workload of academic creating and just get upset to see your friends all enjoying their lives but you will be underneath the pile of books and articles just wondering how to jot down a perfect essay that can be accepted by your supervisor.
Custom made essay composing certainly needs extensive reading and research and it takes a lot of time to do this. We realize that not all students can spare this sort of time nor they may have enough required resources to jot down an essay. So, with our customized essay composing products and services you will be given significantly a whole lot more f-r-e-e time and surety that even if you will be enjoying your life, our professional UK writers will publish a tailor made essay for you with 100% A Grades guaranteed.
Prime cheap Essay composing products and services uk that we offer will give you enough time which you may spend on other things to enjoy your life as our writers will take care of your essays composing.
Crafting an Essay during the UK is mandatory for all students and they ought to produce an essay frequently to judge their composing skills. However, as essay crafting may take a whole lot time which a student doing part time job may not get hold of, our writers will assist you in these kinds of situation by doing all the research and producing original essay papers should you have our essay creating help. So, let our writers help you with your personalized essay so we may solve your academic problems with cheap and affordable essay help. Our Academic paper producing companies will offer you a real alternative to all your essay composing problems.
Why Our reliable Essay Producing Products and services have been considered given that the Right Customized Essay Crafting companies uk?
For your students doing a part time job with studying in college or university, our Cheap Essay Producing Expert services UK is the prime choice to meet the deadlines and publish an essay that may ensure you success with at least two:1 standard. The EssayWritingServices.co.uk is always there once you have short deadline, lack necessary reading or don't have the creating skills to write down the perfect essay!
Prime Essay Composing Products and services at Cheap Prices:
Buy Customized Written Essays from us to meet the particular standards of your university that may be ensured by The Recommended Essay Producing Products and services UK . Right here you will find out the most beneficial and affordable essay rates! We offer the the best affordable prices as compared to other via the web essay creating expert services given that we have the writers who can manage short deadlines and have accessibility to all web libraries.
Meet Your Deadline With The Help of Our reliable Essay Composing Companies on line
At Essay Crafting Products . we guarantee that all the custom made essay written by our writers will be delivered to you exactly on or before the agreed deadline! So, you don't really need to worry about the short submission deadlines established forth by your teacher / supervisor!
We will save you from all the things that annoy you during the course of completing your academic papers: Now you don't' need to have to spend your constrained time on doing the university assignments and doing research and composing the essays. Just offer us the particular essay creating instructions and let us do the job for you!
Tailor made Essay Producing Providers With Finest Superior quality
Our strict reliable essay creating program policy makes sure that we hire only the highly qualified together with the professional essay writers. Every member of our producing panel is required to posses at least Masters or Doctorate degree. Our writers are required to possess proven abilities for producing custom made essay and proven encounter of extensive research. Our Good Assurance (Q.A.) department with its three stages scrutiny ensures that you just get the highest quality superior quality of products any time you desire. We recruit only writers with good commitment towards their original job and producing 100% non plagiarized papers with perfect composing provider.
UK Essay Composing Solutions for Any Subject
Our panel of writers and researchers comprises of specialists in a lot more than 100 academic fields with extensive practical experience in custom made producing. We make sure that any time you site your order, we present you the highest top quality of perform as we assign you a competent essay writer who holds at least Masters degree as part of your academic discipline of research.
Top rated Essay Creating Providers With Authentic Show results
Authentic creating is our trademark. Our panel of researchers and paper writers craft authentic academic piece of composing in accordance with your specifications. We prepare your paper in accordance with the instructions given to us by you. We protect your paper which is your property inside of your academic 12 months from plagiarism. Our Excellent Assurance Department scrutinizes every one word for plagiarism. We make sure that you choose to will get a personalized paper which is in accordance with your needs and wins A+ grade for you.
Reliable Customized Essay Creating Products and services from the internet With Money-Back Guarantee
We realize that your satisfaction is our key motive. We are liable for our potential customers. We believe our job is absolutely not accomplished until we satisfy you with our top quality products of term paper and tailor made essay. In case, that you're not satisfied with your order and feel really some specifications have been not met on the completed order, we will offer you unlimited revisions which are no charge of price. However, if you happen to are not satisfied with revision, we may refund you your money any time you ask for it.
http://www.cesose.com/does-using-cigarettes-help-make-acquaintances-4/

<ahref=http://icarboss.com/index.php/2016/12/02/the-best-study-makers-there-are-plenty-of-web/>http://icarboss.com/index.php/2016/12/02/the-best-study-makers-there-are-plenty-of-web/</a>

 

(無題)

 投稿者:TuslyVen  投稿日:2017年 5月15日(月)00時02分16秒
  http://pro-shopall.ru/televizor-led-sony.html   телевизоры SONY 2017 цены

http://pro-shopall.ru/televizor-led-sony.htmlтелевизорыSONY2017цены

 

(無題)

 投稿者:Adolfoevilm  投稿日:2017年 5月14日(日)00時25分19秒
  Hello. And Bye. Hello. And Bye. Hello. And Bye.  

(無題)

 投稿者:SynthroidWAYMN  投稿日:2017年 5月 8日(月)04時37分18秒
  http://sanyasurf.com/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1733138 http://liketel.net/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=22831 http://surrogacy-rus.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=95305 http://odezhda.alldungeon.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1057 http://www.malacatanestereo.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=236164 http://www.designerinstincts.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=171485 http://770307.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=45220 http://odezhda.alldungeon.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1057 http://pouyab.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=31751 http://www.kasy.com.ua//blog/item//blog/item/home/itemlist/user/248987-synthroidvag http://www.yuvamiplik.com/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1360392 http://pgbari.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=183111 http://poderyunidadpopular.org/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=32883 http://tokk.ir/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=55622 http://assuredprofessionalcleaningservices.com.au/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=152659 http://turtledreams.ca/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1617628 http://anoukcom.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=251585 http://www.idpi.co.uk/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=26784 http://snowboard-pfalz.de/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=11460 http://liketel.net/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=22831 http://hrmin.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=44757 http://aktistv.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=38139 http://holgerhartmann.no/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=54149 http://hammamdelarose.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=7074 http://georgiosdaravalis.gr/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1150636 http://deltoc.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=177734 http://orkidehshop.com/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16425 http://burodelima.com/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1146 http://keanesgalway.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5181 http://loveasart.by/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=99788 http://akyapi.org/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=6229 http://tennflexprw.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=9667 http://astonybg.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=4946 http://develblue.com.es/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=3400 http://www.dmi3.com.br/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5024 http://www.carty.co.za/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=7220 http://wisdomite.in/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1874409 http://tastasbatam.com/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=87822 http://savadom.com/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=305833 http://www.onoranzefunebriquaratino.net/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=77442 http://www.lifeprooffitness.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=18910 http://stirka18.ru/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=6706 http://compunet.tv/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=49176 http://www.performance-classics.de/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1411 http://clubasaopaulo.com.br/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=26723 http://mjambotoursandtravel.com/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=15505 http://azens.az/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=284405 http://toughpro.com/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=48620 http://www.personeriadebarranquilla.gov.co/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16600 http://ib-fertilizantes.es/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5314&lang=es  

(無題)

 投稿者:Desaalast  投稿日:2017年 5月 6日(土)20時08分9秒
  Предлагаю Вам зайти на сайт, где есть много статей на интересующую Вас тему.
2gj.ru

http://2gj.ru/

 

(無題)

 投稿者:Gibh21h  投稿日:2017年 4月29日(土)15時19分0秒
  canadian online pharmacy
canadian online pharmacy heart hospital near me
http://canadianpharmacyinternet.org/

http://canadianpharmacyinternet.org/

 

(無題)

 投稿者:Jasontexef  投稿日:2017年 4月25日(火)06時52分12秒
  http://www.specpharm.com/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=31482 http://odiseasport.es/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1921 http://jetandrotor.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=177301 http://astoria-audit-conseil.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=35945 http://www.birzuligonine.lt/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=4050 http://basarint.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=233336 http://escolareizinho.com/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1025233 http://c-k.com.ua/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2387225 http://puertopolispr.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5786 http://praticossimplant.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=273920 http://hartbiomedica.es/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=9358 http://www.fundacionedgarnovoa.org/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=569234 http://www.avtomag-24.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=4320 http://kingdompictures.co.za/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=783419 http://kingwanatranslation.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=109633 http://www.magojaen.es/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1041 http://www.onoranzefunebriquaratino.net/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=52066 http://vocational-courses.nearoff.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2144857 http://www.idpi.co.uk/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16390 http://www.grahlighting.pl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16894 http://www.magojaen.es/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1041 http://www.grafomarketing.co.rs/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=68836 http://www.advanced-media.co.uk/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=706702 http://pinkommunication.it/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=61288&lang=it http://aksaraybayandireksiyonhocasi.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=6564 http://www.tehvolga.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=67368 http://www.magojaen.es/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1041 http://www.tukancostarica.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=34799 http://www.youngindianfutures.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=17139 http://villalbaxtrem.xctrail.es/index.php/component/users/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=859 http://www.multi-formas.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=140672 http://www.kolo.zp.ua/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=83 http://vicentecasto.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5220 http://www.quad-erleben.de/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1456 http://www.kolo.zp.ua/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=83 http://azens.az/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=282320 http://ikemuebles.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=15071 http://www.gabustinginys.lt/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=7913 http://develblue.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=4419 http://tropical-gardens-rv-park.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=215584  

久しぶりの書き込み失礼します。

 投稿者:Ryu  投稿日:2017年 3月14日(火)20時36分56秒
  タカさん、皆さんこんばんは!

書き込みしたかったのですが、久しぶりすぎて書き込む勇気が持てず…

鳩ヶ谷さんの書き込みに続かせていただきました。

早いもので、20周年anniversaryパーティーから、もう2週間以上経つのですね…

企画者の方々、参加された方々、皆さんお疲れ様でした!

そしてタカさん、改めて20周年おめでとうございます!

あんなに賑やかに、大勢の方々が集まったパーティーは、まさにタカさんの人徳ですね♪

タカさんの感極まった姿を拝見し、僕も胸がいっぱいになりました…


盛り上げようと思いながら、いつの間にやらお酒に飲まれ…ひたすら騒がしい奴になってしまったようで…思い出しただけで顔面蒼白です。

思い出す記憶ですら飛び飛びですが…

ご迷惑をお掛けした方々がいらっしゃいましたらこの場をお借りして、申し訳ありませんでした。

タカさんにいただいたLINEの一言を胸に、これからもタカさんの背中を追いかけ、精進します!

また遊びに行かせてくださいね♪

なんか反省文みたくなってしまいましたが…

多忙でしょうが、お身体に気をつけてくださいね!

 

20周年おめでとうございます。

 投稿者:鳩ヶ谷  投稿日:2017年 3月13日(月)10時54分29秒
  TAKAさん、皆さん、こんにちは。
改めて20周年おめでとうございます。
新年会・祝賀会・カービング参加者etc・・・、関わった全ての皆さん、お疲れ様でした。
TAKAさんは、旬を過ぎた訳でもなく、過去の人でもないと自分は思ってます。(理由はいろいろだし、恥ずかしいから言わないですけど)
むしろ、最近は表にあまり出られないので、神的な扱いになっているのでは?(笑)
自分もその信者の1人。
全国、いや、世界にそういう方達は大勢いらっしゃると思いますよ。
ここに書き込みをすると、お優しいTAKAさんに、返事をしなきゃ、とか、いろいろと余計な気を使わせてしまうのではないか?と思っておりました。
自分は勝手に書き込みしているだけだし、返事もいりませんよ(返事書く暇があるなら、寝て下さいってむしろ言いたいです(笑))
訳のわからない書き込みになってしまいましたが、そういう信者の方々で、このタイミングに、この掲示板がまたレザークラフトやカービングの話題で賑わう事を祈っております。
それでは皆さん、ツライ花粉症の時期ですが、頑張りましょう。
 

改めて・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2017年 3月13日(月)03時25分32秒
編集済
  こんにちは。
先日(2月27日)の書き込み「取り急ぎの・・・」の続きをご挨拶をさせていただきたいと思います。

まずは
>この記事をご覧になっているすべての皆さんへ
実は先月の2017年2月、タカ・ファインレザー・ジャパンは開業20周年を迎えました。
自分から告知するつもりはなかったのですが、告知せざるを得ない状況になりましたので、遅ればせながらご挨拶させていただきます。今までご挨拶せずに失礼いたしました。

20年の間だけでなく、その前の修業時代も含めて、多くの出会いがあり、多くの人にお世話になりました。
勉強や経験を積み重ねながら、いい思い出もつらい思い出もたくさん作ってきました。

そんな中で、出会ってくださった方、関わってくださった方のお陰で、なんとか20年間工房を継続させる事ができました。
いろいろな想いを込めて、本当にありがとうございました。
今後も30周年を目指して頑張りたいと思いますので、叱咤激励と、末長いお付き合いをよろしくお願い申し上げます。


>先月25日、群馬での新年会兼20周年祝賀会にご参加くださったクラフターのみなさん、カービングアメリカマップに参加してくださったクラフターのみなさんへ

改めてのご挨拶が大変遅くなってしまって失礼いたしました。言い訳ばかりで本当に恐縮なのですが、今月に入ってからも本当にいろいろと・・・いろいろと・・・ありまして、何とぞお察しください。すみません。

お話戻しまして、先月の25日は本当にありがとうございました。

タカ・ファインレザー・ジャパン開業20周年・・・自分では、弟子の2人と特に仲の良い生徒など、ごくごく一部の気心知れたクラフターと、ほんの数人の超ささやかな食事会でもして自分の20周年祝は終わるつもりでした。いや、食事会すらやらなかったかも知れません。

ここ数年ずっといろいろな理由で気持ちが後ろ向きな時期で、(ひがみなのか分かりませんが)レザークラフト界の中で自分は旬を過ぎた「過去の人」みたいに思っていました。
SNSにも全く関わらず、自分の生徒以外のクラフターにはこちらから連絡する事もなく、自分から外のクラフト界には距離を置いているクセに、疎遠になる事が寂しくて不安で・・・あと数年すると「ああ~、なんかシェリダンスタイルが得意だったTakaさんとかいう人いたよね~。まだ革の仕事続けてるのかな?」なんて言われるのかな?まで考えたりして。夏期講習とかたまにやると、それでも満席になってくれるのを「なんで?」と思いながらもちょっとホッとしたり・・・。

こんな気持ちなので、まさか直属の弟子や生徒以外に、タカ・ファンレザー開業20周年祝をやろう!って言いだしてくれる人、企画してくれる人がいるなんて本当に思ってなかったんです。しかも遠く離れた地に。
だからその企画を最初に聞いた時、見込み人数を聞いた時、すっごく嬉しかったんです!
そんな事言ってくれる人がいたんだ~、それに賛同してそんなに遠くからそんなにたくさんの人が集まってくれるんだ~、って気持ちです。

そして迎えた当日、総勢50数人の顔を見た時、割れんばかりの拍手を聞いた時、バレたかも知れませんが涙出ました。
「ああ、まだ僕はクラフト界のみんなにとって過去の人ではなく、現役なんだな」という気持ちになれました。ありがとうございました。最初は、20周年祝なのに初対面の人が結構いる???と思ったのですが、みな一様に「ぜひ一度お会いしたかったんです」と言ってくれたのも嬉しかったです。「ああ、そういう事か」と、じーんと来ました。過去の人に会いたいとは思いませんからね。
それからもうひとつ。僕は(僭越ながら)自分を「日本に本格的なレザーカービングを普及させた立役者の一人」という自負をひそかに、でも強く持っているのですが、同時に「僕をそう思ってる人なんてほとんど居ないだろうな~。むしろ知らないだろうな~」とも思っていました。
でもあの光景を見た時「きっとみんなその事を分かってくれていて、ねぎらってくれている」と思えました。嬉しかったです。

そしてクライマックスでまさかの「カービングアメリカマップ」!!!
もう・・・なんて言ったらいいんでしょう・・・サプライズであんな事、素敵すぎます・・・では軽々しいし・・・まさに言葉にできません。本当に。

このカービングアメリカマップに関してはとても今日この場には感謝の気持ちを書ききれないので、自分の担当のカービングを終えて地図を完成させた時点で、またこちらで改めてお礼のご挨拶します。
とりあえずのお礼ですが、今回祝賀会には来られなかった方も含めて、カービングマップにご参加くださったクラフターの皆さん、本当に、本当にありがとうございました。


人生には、その時の気持ちも光景も、鮮明に記憶に残っているシーンがあるものですが、あの日の夜の、笑顔の皆さんの割れんばかりの拍手で包まれた会場、サプライズのカービングマップの除幕式、泥酔した勢いで、いい歳して皆でバカ騒ぎしたカラオケ3次会・・・。
この3つのシーンは僕は一生忘れません!宝物にします(思い出すだけでまたナミダ~)。
ここ数年続いている後ろ向きな気持ち、嫌な事などをすっかり忘れることができた、本当に貴重な数時間でした。本当にありがとうございました。
今後も僕にとっての厳しい時間は続くと思うのですが、あの日の出来事、記憶を大切な大切な励みにさせていただきます。

最後になりましたが、祝賀会とカービングマップを立案、実行してくださった高武ツール(Kohbu tools)の内野さん、内野さんをサポート、アドバイスしてくださったクラムの藤田さん、ありがとうございました。本当に大変だったとお察しします。そして立案、実行だけでなく、お2人の呼びかけでなかったら、これほど多くの参加者は集まらなかったと思います。
それから、主に東京からの参加者をとりまとめてくださったクラフト学園生徒のY.Sさん、大変だったと思います。ありがとうございました。
そして自分の弟子をここでねぎらうのも変なのですが・・・でも・・・地元群馬の参加者をとりまとめてくれたり、会場を手配したり、26日の僕の工房訪問の準備、食事の手配など、すべてをこなしてくれた斎藤さん、本当にご苦労様でした。


本当に・・・最高の日でした!!あの日のみなさんに心より感謝!!!
これからも頑張ります!ずっとずっと仲間で居てください!


まだ僕のカービングが終わってないので仮展示ですが、現在カービングマップは工房内のココに展示してます。
 

取り急ぎの・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2017年 2月27日(月)00時12分53秒
  こんばんは。
2017年2月25日、群馬に集結してくださったクラフターのみなさん、それから僕へのサプライズプロジェクトに参加してくださったクラフターのみなさん、本当に本当にありがとうございました。

お礼のご挨拶をこの場にしっかり文字で残したいのですが、高揚しすぎたせいか、過労気味なのと月末納期の仕事に追われているのとで、文章を書く体力(気力?)と時間がありません。

月明けに改めてご挨拶させていただくという事でお許しください。
取り急ぎ「本当にありがとうございました」。
 

ご無沙汰ですみません

 投稿者:Taka  投稿日:2016年 3月11日(金)02時09分5秒
  皆さんこんにちは。
またまた大変長らくご無沙汰してしまってすみません。約3か月ぶりの書き込みとなってしまいました。

お知らせがいくつか溜まってしまった事と、今日は3.11から5年目なので・・・という事で久々の登場です。
下記に詳しい事書かせていただきますが、現在、体も頭も壊れるんじゃないか?と自分で心配してしまうほどの忙殺状態です。なので報告が簡潔で手短になりますが、何卒ご了承ください。

お知らせ1
Carve to Encourage に新しい作品の参加がありました。
埼玉県の近野 真弓さん
http://www.taka-fine-leather.com/topics/carve_to_encourage/projects_gallery/work052/work052.html
と、同じく埼玉県のT.Yさん
http://www.taka-fine-leather.com/topics/carve_to_encourage/projects_gallery/work053/work053.html
です。
お2人とも、力強い作品をどうもありがとうございました。

お知らせ2
以前予告しました通り、Carve to Encourageの紹介記事を一部修正しました。
http://www.taka-fine-leather.com/topics/carve_to_encourage/carve_to_encourage.htm
レザークラフターだけでなく、被災地全体、被災者皆さんを激励しましょうという趣旨を加えさせていただきました。

お知らせ3
上記Carve to Encourageの紹介記事にも書きましたが、目標としていた今月中の被災地での展示会が実現できませんでした。大変申し訳ありません。
お知らせ5で詳細を書きますが、今月工房を引っ越さなければならなくなり、展示会の準備や実行どころではなくなってしまいました。
実現に向けて協力を申し出てくれた方、応援してくれた方、申し訳ありませんでした。
今夏の実現に向けて仕切りなおしたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

お知らせ4
本日3月11日発売のバイカーズマガジン「VIBES」4月号にて、Carve to Encourageが紹介されます。
小さい写真ではありますが、取材があった時点で参加されていた全作品(No.52まで)が見開きで掲載されるそうです。今回は校正依頼がなかったのでどのような誌面なのか僕も見ていませんが、皆さんご覧になってみてください。

お知らせ5
工房を引っ越しました。厳密に言うと、引越し中です。
今まで一戸建ての木造平屋を賃貸で借りて工房としていました。決して綺麗で立派な工房とは言えませんでしたが、隠れ家的で居心地も良く、非常に気に入っていました。出来る事ならずっとその工房を使い続けたいと思っていました。
しかしながら・・・いろんな理由や事情がありまして、僕としては不本意ながら引っ越さなければならない状況=工房を引っ越す決断となりました。
引越し自体は去年から決まっていた事なのですが、これまた色々な事情が重なり、どうしてもこの時期(今年3月)となってしまいました。それによってCarve to Encourageの展示会が(準備も含めて)できなくなってしまいました。すみません。
タカ・ファインレザーを存続させないとCarve to Encourageも完結できないので、ここはどうぞご理解ください。

引越し先は元の工房の2軒隣なので、現在、夕食まで通常業務をして、夕食後コツコツと手運び&徒歩で荷物を運び、運んだモノの整理を深夜にしています。大きな荷物や備品は6日の日曜日に仲間に手伝ってもらって運び終わりましたが、それ以外の細かいモノが・・・あまりの量に、今月一杯で終わるかどうかも怪しい状態です。
新工房の方が以前より手狭なので、何をどこにどう収納したらよいのか悩み・・・体も頭もクタクタなんです(泣)。

ここ数週間こんな感じですので、またまたメールのお返事無精にもなってしまっています。
心当たりのある方、本当にすみません。ちょっとずつお返事しますので、もう少々お待ちください。

引越しに関しましては、完了しましたら改めて報告させていただきます。
電話番号は変わりません。住所は当面の間、旧住所で大丈夫です。



最後になりましたが、本日3月11日、東日本大震災から5年となりました。
本当にいろいろな想いが交錯しますが・・・できるだけ手短に絞ると・・・改めて、犠牲者の方々のご冥福をお祈りすると共に、被災地と被災者の復興、前進をお祈り、応援したいと思います。
 

CARVE TO ENCOURAGEの報告3つ

 投稿者:Taka  投稿日:2015年12月14日(月)05時24分51秒
  皆さんこんにちは。

CARVE TO ENCOURAGEに関する記事が長らくご無沙汰してしまって申し訳ありません。
ご報告を3つまとめて・・・。

報告1

宮崎県のLONG BEACH COMPANY長浜さんの2作目の作品を公開させていただきました。
http://www.taka-fine-leather.com/topics/carve_to_encourage/projects_gallery/work051/work051.html

10月に送られて来たものですが、以下の理由で公開が遅くなってしまいました。
長浜さんの作品がA2サイズという大作で(規定ではA4ですが長浜さんのうっかり勘違いにより)、このサイズではスキャナで読み込めず、僕の所有するコンパクトデジカメではまともに撮影できずで、カメラが趣味の知人に撮影を依頼したものの・・・その知人が長期出張中で撮影が遅れ、しかもちゃんとしたスタジオでなく僕の工房で撮影だったため、撮影後も画像処理が必要だったりと・・・そうこうしているうちに先日の上野でのカービング実演イベントの準備のために忙殺されてしまい・・・という事です。
長浜さん、公開が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。素晴らしい大作を製作してくださってありがとうございました。

報告2

先日、栃木県の男性からCARVE TO ENCOURAGEへの感謝の言葉がメールにて届きました。
僕への直メールで届いたものなので、原文のまま引用するのは遠慮させていただき、あらすじを紹介させていただきます。

震災前は趣味でレザークラフトをされていたそうですが、震災の影響で続けられなくなり、レザークラフトからはすっかり離れていたそうです。
最近になってお知り合いから財布の製作の依頼があり、それを機に久々にクラフト社のHPをご覧になり、この活動を知ったそうです。
(このプロジェクトが始まって以来、ずっとHPのトップページで紹介し続けてくれているクラフト社に改めて感謝です)
そして、以下の部分だけ原文のままで引用させていただきます。

「メッセージを読んでるとまるでおーい戻って来いよ~と皆様からの温かい声が聞こえてくるようで涙が出てきました。また初めからやり直してみようかなやる気と勇気をもらいました。有難うございます」(以上、原文)

このような言葉をいただくと、逆にこちらが勇気をもらってしまいますね。有難い、嬉しい限りです。
参加者全員で活動しているプロジェクトですので、届いた感謝を皆さんと共有したいと思い、紹介させていただきました。
レザークラフトの再開を思い立ったこちらの男性を、皆さんで応援しましょう。

報告3

この掲示板の9月7日の記事で書きました通り、このプロジェクトは元々「レザークラフトを続けられなくなってしまった被災者を激励しましょう」というのを主な趣旨としてスタートしましたが、4年以上たった今、「被災したレザークラフターだけでなく、被災地全域と被災者全般も激励しましょう」という趣旨も加えさせていただきました。
そのような方針となった今、僕のHPでのCARVE TO ENCOURAGEの当初の紹介記事に不自然な部分が生じてしまいましたので、近いうちに全面的に修正をさせていただきたいと思っております。どうぞご了承ください。
年末年始にかけて行う予定です。元々の記事も残しておきたい方は、ご自身のパソコンで保存をお願いします。
 

ありがとうございました&すみませんでした

 投稿者:Taka  投稿日:2015年12月 8日(火)04時17分28秒
編集済
  皆さんこんばんは。

お陰さまで12月恒例の上野アルバカーキでのカービング実演販売イベントが無事終了いたしました。
足を運んでくださった皆様、どうもありがとうございました。

せっかくお越しくださったレザークラフターの皆さまには、今年も愛想よくできずに大変申し訳ありませんでした。
このイベントでは僕は販売店(アルバカーキ)に雇われている身でありまして、お店側から言われている事が、カービングの見学が目的=商品販売につながらないお客様に対しては・・・以下、お察しください。
このような事情があるので、このイベントに関してこの掲示板では事前告知をしないのですが、それでも応援も含めてお越しくださるクラフター仲間に対して、毎年本当に申し訳ない気持ちになっております。
事情をご理解いただき、何卒お許しください。

今回のイベントに向けた商品製作は、イベント限定商品、定番品の店頭在庫、カスタムオーダー品、新商品で丸々2カ月を費やしました。
イベントが終わりホッと一息かと思っていましたが・・・「イベントが終わるまでは~」を理由(言い訳)に、後回しにしていた雑務、納期を遅らせていただいたオーダーが山積みになっている事を昨晩目の当たりにし、早速蒼ざめています。
メールのお返事や納品をお待ちいただいている皆様、ひとつひとつ着実にこなして行こうと思いますので、もう少々お待ちくださいませ。


>鳩ヶ谷さん
今年も応援に来ていただいてありがとうございました。商品もお買い上げいただいてありがとうございました。
ゆっくりお相手できなくて申し訳ありませんでしたが、休憩をご一緒できたのがせめてもの救いです。
大御所の方々からの「よろしく」メッセージを預かってきていただいてありがとうございました。僕も恐縮しましたが、鳩ヶ谷さんもなかなかのプレッシャーだったのではないかと思います。御苦労さまでした。
新しい革仲間を紹介していただいて嬉しかったです。あまりお話できませんでしたが、また機会がある時に是非、と思っています。よろしくお伝えください。
今回は前泊するかどうか当日に決まったので前もって連絡できませんでしたが、次回、前泊する時は必ず事前連絡しますので、夕食の相手をしてください。ビジネスホテルでコンビニ弁当はあまりに淋しすぎました・・・・・。


さて、とっても久しぶりに作品写真の紹介を・・・。

上段:今回のイベントに向けて2ヶ月間で製作した商品群。この他に、前もって納品してしまったので写っていないロングウォレットが2点。写真では分かりませんが、内装がフルカービングのウォレットも数点アリ。
2週間彫って染めて、2週間仕立てて、を2回繰り返して2ヶ月使いました。総フラワー数180個。
撮影のためにテーブルに並べた時、2ヶ月の間あれほど睡眠時間削ってあれほど追い込んで、たったこれだけ???と、結構ショックでした。僕の手が遅いのか・・・コバは手磨き、ステッチは手縫いの工房の宿命なのか・・・いずれにしてもつくづく儲からない仕事だと再認識した次第です。

中段:今回、最も命を削ってハゲも進行させた1品、表裏フルカービングのベルト。表のフラワー24個、裏のフラワー17個。
でも過酷だったのはフラワーの数でなく、フラワーのサイズとバックグラウンドの染め。僕のところで見習いをしている外弟子がバックグラウンドを染めてくれる事が多いのですが、このベルトは頑として拒まれました。
毎年このイベントで「いかにTakaさんの極限を引き出すか=いかにTakaさんを苦しめるか」のオーダーをくださるお得意様からのご注文ですが、2度と作りたくないベルトとなりました、はい。

下段:そのベルトのカービングのズームアップ。お米と粟(あわ)と共に。手縫いがすっごく粗く見えてしまうのが悲しいですが・・・。
花びらのスカラプがちょうど粟のサイズですね。フラワーセンターとバックグラウンドがお米サイズといったところでしょうか。使用した刻印は大半が自作のものです。そうです、このサイズの刻印は売ってません。
 

(無題)

 投稿者:鳩ヶ谷  投稿日:2015年12月 6日(日)19時06分43秒
  TAKAさん、皆さん、こんばんは。
TAKAさん、イベントお疲れ様でしたぁ~。
お元気そうで何よりです。(・・・でいいのかな?)
前泊したのであれば、教えてほしかったですぅ~。
美味しいお店をご案内したのに・・・。
まだまだ寒くなりますので、ご自愛下さいね。
ちゃんと寝ましょう(笑)
 

RYUくんへ

 投稿者:Taka  投稿日:2015年 9月26日(土)07時11分16秒
編集済
  書き込みありがとう。
この掲示板もしばらく休業状態が続いちゃったし、最近は話題も重いし俺の文章も堅苦しいからね、みんな書き込みしずらいと思う。
そんな中で投稿者名が「Taka」以外の書き込みがあると嬉しいよ。いつもありがと。

そうだね。賛否両論あるとは分かっていても悩んだよ。
でもやっぱり福島の人から「少なくとも僕(わたし)は感謝してます」って言ってもらえたのが大きかった。
そしたら、現地を目の当たりにしたからってプロジェクトの信念が揺らぐようなら最初からやるなよ、とも思えた。
せっかく2作目を作ってくれてたのに、一時的にでも気持ちが揺らいじゃってゴメンね。

あとね、Ryuくんだけじゃなくいろんな人が俺に「いろいろ大変でしょうけど頑張ってください」って言ってくれる。
その気持ちと心遣いは嬉しいけど・・・あんまり応援されるのも、ちと気が引ける。

4年前震災が起きた時、募金、ボランティア活動、支援物資、それ以外に俺たちはたまたまレザークラフト、レザーカービングっていう自己表現の手段を持っていた。
それを使って被災地のために何かできないかな、と思った。
ひとりひとりバラバラに作品を紹介するよりも、全部まとめて1か所で紹介した方が、被災地に、被災地のレザー仲間に気持ちが届きやすい。
同じような考えを持ったクラフターが他にもたくさんいて、だからこのプロジェクトにたくさんの作品が集まった。
その声掛けをしたのがたまたま俺だった、っていうだけの事。

みんながやりたいと思ってた事をみんなで現実化して、俺がその紹介係ってだけだよね。
自費で革を用意して、自分で柄を描ける人はこのために描いて、彫って、色つけて、自費で俺宛てに送って・・・みんなが頑張ったし、今も頑張ってる。
で、被災地の人たちは俺達なんか想像しきれないくらい頑張ったし頑張ってる!!

「被災地での展示」と「作品を被災地に寄付」は、誰からも頼まれたワケじゃなく俺が自分で言い出した事。そのために力作を寄付してくれたり、展示会の協力を申し出てくれたり・・・・・ホントありがとうございます、だよね。

だから、俺への「頑張ってください」は、もういいかな・・・。Ryuくんの気持ちは十分に分かってるから。ありがと。
Ryuくんのタイトルの通り、頑張りましょう、がいいな。

被災地の人たちに、レザーカービングの力を借りて表現した俺たちの気持ちをちゃんと届けようね!
そして、Ryuくんの言うとおり「一人でも多くの・・・」だよね!

P.S
なんかさ、最近の自分の書き込み読むと(今回もそうだけど)、我ながら「コイツ面倒くせぇヤツだなぁ~」って思う。
軽薄ではいけない話題だけど、もう少しサラッと軽快な文章が書けないモンかねぇ・・・って。
クドクドとごめんね。
 

頑張りましょう!!

 投稿者:RYU  投稿日:2015年 9月23日(水)19時10分9秒
  Takaさん、皆さん、こんばんは!!

Takaさん、福島訪問お疲れ様でした!!
メディアからでしか情報のない今、実際の現実を目の当たりにしたTakaさんの気持ち、とても分かる気がします…
軽々しく発言はしてはいけないのは分かっていますが、賛否両論あるのは仕方のないことなのかな…と僕も思います。
被災された方を少しでも激励をすることが出来るのならば、この企画を実行する意義は充分にあると思います!!
Takaさんご自身の仕事もありますし、企画発起人として本当に大変でしょうが、頑張ってください!!
一人でも多くの方を激励出来ることをお祈りして…僕も二作目を参加させて頂こうと思っています。



 

作品届きました&初心立ち返り

 投稿者:Taka  投稿日:2015年 9月23日(水)05時13分16秒
編集済
  皆さんこんにちは。

タイトルの通り、Carve to Encourageの作品が到着しまして公開させていただきましたので、お知らせいたします。
http://www.taka-fine-leather.com/topics/carve_to_encourage/projects_gallery/work050/work050.html

本人からのメッセージ欄に、「約4年前のプロジェクト立ち上げの当初から知っていたのに、参加が遅くなってしまった事をお詫び申し上げます。」とありますが・・・それよりも「3年間もプロジェクトを放棄同然にして、多くの人に、遅れて参加しづらい雰囲気を作ってしまった主催者がいけない」と思います。
横岡さん、それにも関わらずありがとうございました。お詫びする必要はないです。
再始動を宣言した僕自身がまず新作を公開するのは当然ですが、それに続いて作品を届けてくださった横岡さんに励まされ、感謝している被災者の方は必ずいらっしゃいます。

「被災者からの感謝」という事に付随しまして、ここから初心立ち返りのお話を・・・。

前回の書き込みの通り、先日福島県を訪問し現状(4年半も経ってるのに)を目の当たりにして、このプロジェクトに関していろいろ考えてしまいました。
このプロジェクトを立ち上げた事自体、軽はずみだったのかな?かえって失礼じゃないのかな?など・・・他にもグズグズ、ぐちゃぐちゃと・・・。

福島県在住や福島にゆかりのある知人数人にも、相談してしまいました。
今になって考えればアホな相談をしたと思います。
と言いますのは、みな口を揃えて「どんな事にも賛否両論あります。不愉快に思う人もいるかも知れないけど、少なくとも僕(わたし)は本当に感謝していますし、他にも感謝している人はたくさんいるはずです」という答えをいただいて、
「あ、言われてみれば当然だ・・・。世の中すべての事に賛否両論ある」と思ったのです。
(こんな単純な事なのに、福島のみなさん、実に誠実に丁寧に答えを返してくださいました。改めて感謝です)
思い返してみれば、このプロジェクト立ち上げ当初に被災者ではないレザークラフター(プロジェクトに参加できる側)からさえも、プロジェクトに関して否定的な事を言われた事もあります。僕は悲しい気持ちにはなりましたが、でもその人にとってそれはそれで正論で、きっと他にもそういう考えの人がいるはずなんです。

で、お陰さまでぐちゃぐちゃ考える事をやめまして、ごくシンプルに・・・
「レザーカーバーとして激励の気持ちを作品で表明したい人が表明し、それによって少しでも多くの人が激励されてくれたらいい。かえって気分を害してしまった方には申し訳ありません。ごめんなさい」
でいい、という考えになりました。

こうして初心に立ち返ったら(開き直ったら?)、福島の現状を見た途端にこのプロジェクトの発起人が動揺してしまい、このプロジェクトは軽率だったのでは?と思ってしまった事、それを前回の書き込みで言ってしまった事が、賛同して参加してくださった皆さんに非常に失礼だったと気付きました。
本当にすみませんでした。
今後、改めて宮城県と岩手県の津波被害が甚大だった海岸沿いを訪問する予定ですが、何を見てもプロジェクトの存在意義に関してだけはもう動揺しません。

このプロジェクトによって励まされている方々が現実にいらっしゃいます!福島の方から「被災地現地での展示会で実物を拝見出来る事を楽しみにしています」という声もいただきました!
僕は単なる発起人で、プロジェクトを成り立たせているのは参加者全員の気持ちと作品です。僕に届く被災者の方々からの感謝の声、期待の声は、僕が代表して受け取っているだけで、参加者皆さんに向けられたものです。
「被災地のレザークラフト仲間のために、被災地のみなさんのために」今後も有意義にプロジェクトを進めてゆきましょう。

以上、こうして開き直った気持ちで、後日福島訪問の報告をさせていただく事にしました。
大した事は書けませんが、皆さんが激励の気持ちを送っている被災地が、どのようになっているか少しでも知っていただければ、と思います。
 

行ってまいりました

 投稿者:Taka  投稿日:2015年 9月17日(木)01時55分52秒
編集済
  皆さんこんにちは。

先日この掲示板で書きました通り、本日(夜12時を回ってしまったので厳密には昨日ですが)、福島県内の東日本大震災被災地を訪問して参りました。

以前ここで書きました通り、当初はこの目で見たきた現地の様子を僕なりにここでご報告するつもりでしたが、少しの間、考えさせてください。
現場を目の当たりにしてしまった今、こんなところで現地の様子や僕なりの感想を書いてしまうと、まるで「ヤジ馬根性で見に行ったヤツが自分が見てきたモノを知ったかぶりしてひけらかしている」事をするような気分になってしまったのです。

決してそういうつもりはないのですが、ほんの数時間前に見た光景は、そういう気持ちになってしまう衝撃でした。
と同時に、こういうところで軽々しく現地の様子を書くのは現地の方々に対して失礼なのではないかと・・・。

今報告出来る事は、ニュース映像やネットで得る情報から想像していた被災地の様子、現状と、実際に現場で見る様子、現状は全く違う(見え方、感じ方が違う)という事、プロジェクトの主催者としてなぜもっと早く現地に足を運ばなかったのだろうという後悔、反省、そして僕ごときがこういうプロジェクトを立ち上げてしまった事自体、軽率だったのではないかという迷い、この3点です。

現地を訪問する事はできないけどこのプロジェクトに参加してくださった方、またはこれから参加してくださる方のために僕なりの報告をするべきか、現地の方々の感情に配慮して僕だけの中にとどめておくべきか、少しの間悩みたいと思います。

福島県在住の方でこの記事をご覧になった方がいらっしゃいましたら、直メールでもこの掲示板でもいいので、ご意見いただけると助かります。


最後に、公表してしまっていいのか分かりませんので「Xさん」とさせていただきますが、福島市在住の僕の知人のXさんが、「大塚さんが運転では景色をしっかり見れないでしょうから」と、運転手も兼ねて現地案内をしてくださいました。汚染土壌撤去作業のトラックと防護服を着た作業員しかいないような放射線量の区域(帰還困難区域)にも、僕のために車を乗り入れてくださいました。これはXさん自身すら初めてだったそうです。
この場を借りてお礼申し上げると同時に、そのような協力者があってこその中身の濃い訪問であった事を、皆さんにお知らせさせていただきます。
 

カービング図案の配布について

 投稿者:Taka  投稿日:2015年 9月15日(火)02時10分27秒
編集済
  皆さんこんにちは。

今日、ある方から「Carve to Encourageの2作目を製作したいけど自分で図案が描けないので、Takaさんの1作目の時のように図案をダウンロードできるようにしていただけないでしょうか?」という旨のメールをいただきました。
プロジェクトの再始動とは言いましても、多くの人に「何を今さら・・・」と思われていると覚悟していましたので、本当にありがたいです。

以前から同じような要望が僕の教室の生徒さんからもあったので、僕の2作目の図案をもとにして、生徒さん用に描きなおした図案とお手本(見本)をすでに準備しておりました。

しかしHP上でのダウンロードはどうしようか迷っておりました。
と言いますのは1作目の図案の時に、Carve to Encourageには参加しないけど私的利用を目的として図案をダウンロードして使う、という人がいた事を知ってしまったからです。
こんな事にこだわるのはケチと言えばケチなのかも知れませんが、このプロジェクトのために描いた図案を、このプロジェクトに参加してくださる方(=被災者を激励する気持ちを共有してくださる方)のためにダウンロードできるようにしたものなので、その辺のモラルというか暗黙のルールというか・・・は守っていただきたいな、と思ってしまったのです。

でも上記の方のように、図案は描けないけど参加したいと言ってくださる方がいらっしゃる・・・・・そこで、今回はメールにて図案希望の旨を伝えてくださった方に、返信のメールで下の2枚の画像を送らせていただきたいと思います。
「図案を受け取ったからには絶対に参加してくださいね!」と言うつもりはありませんが、少なくともその時点で参加の意思のある方に限定して図案をお譲りしたい、という気持ちの表れと理解してください。



実物大でプリントアウトできるデータとして送りますので、スーベルナイフカットの画像をトレス用として、もう1枚の方を打刻の見本としていただければ、と思います(一部を除き、僕の公開作品とはデザインを変えてあります)。中央の空欄にはご希望の言葉やメッセージを入れてください。

図案ご希望の方は、
taka-otsuka@taka-fine-leather.com
宛にメールをお願いいたします。



それから、今週水曜日の16日、初めて被災地を訪問して参ります。
(先日もこの掲示板で書きましたが・・・プロジェクトの主催者なのに今まで被災地に一度も足を運んでいないという体たらく、本当にすみません。)
本当は先週金曜日11日に行く予定でしたが、台風の影響で高速道路含めあちこちの道路が通行止めになったりで、16日に延期となりました。
今回は日帰りなので福島県内に限定されてしまいますが、僕の知人に福島にゆかりのある人が多く、海岸沿いの津波による被害だけでなく原発の影響による惨状も耳にしていますので、まずは福島県を訪問する事にしました。
また折を見てもっと北の方も訪問し、来年の作品展示に向けて展示場所の決定や展示方法などの詳細も徐々に詰めてゆこうと思います。
よろしくお願いします。


>RYUくん
こちらこそありがとう。俺も久しぶりに楽しかったよ。
Carve to Encourageの相談にものってくれてありがとう。展示場所の選定、本当に迷うよね・・・被災地域があまりに広範囲すぎる・・・。他にも何人かの人に相談して、できるだけ早く詰めていこうと思う。
実行には必ず仲間の協力が必要になるので、その時はよろしくね。

あの消しゴムね・・・図案描きの時に使ってる人、けっこう多いはずだよ?たまたまRYUくんが知らなかっただけで・・・もっと早く教えてあげれば良かった。

クゥはねぇ~、お客さんがいるとテンション上がって上機嫌(愛想がいい)だけど、俺一人の時は大して鳴かないし動き回らないし、テンション低め・・・。でもやっぱり手乗りインコ(むしろ肩乗り?)はカワイイよ。
奥さんを説得しきれなかったらね、家族でペットショップに行ってヒナを見せちゃう作戦だよ!きっと、ヒナを見ちゃえばもう・・・って感じ?
ペットショップはいろんなインコがいるけど、初心者はセキセイインコかオカメインコが無難らしい・・・。インコ仲間しようよ~。
 

ありがとうございました??

 投稿者:RYU  投稿日:2015年 9月14日(月)18時28分16秒
  タカさん、昨日はありがとうございました(^^)

作業の邪魔をしてしまうのは心苦しいですが、久しぶりにお会いできでとても嬉しかったです??

毎回時間が足りなすぎる……と思うのは僕だけでしょうけど(^^;;
少し時間は空いてしまったかもしれませんが、カーブトゥエンカレッジの成功をお祈りすると共に、超微力ながらお手伝いさせてもらえたらなと思っています??

その時は是非お手伝いさせて下さいね♪

今日、少し使ったのですが……あの消しゴムは便利すぎるっ??って心から思いました 笑

活用しまくらせていただきます??
ありがとうございました(^^)

くぅーちゃんに心癒された1日でもありました??
……というか…真剣に嫁を説得中です 笑

暫くは更に忙しさMAXになるでしょうが、お体壊しませんよう、気をつけて下さい??



>S藤さん
お会いする機会があっても、なかなかじっくりとお話できる場面がなかったので、昨日は色々なお話ができてとても楽しかったです(^^)
まぁ…邪魔ばかりしていた記憶しかないので、申し訳なかったな……なんて思っていますが( ̄▽ ̄;)
また次回お会いできるのをとても楽しみにしています??
お土産、ご馳走さまでした、美味しくいただきました(^^)
 

お知らせ

 投稿者:Taka  投稿日:2015年 9月 7日(月)01時47分9秒
編集済
  皆さんこんにちは。

前回の書き込みでお約束した「8月中に」という期日を1日だけ破ってしまいましたが、僕の2作目の「Carve to Encourage」作品をUPいたしました。
http://www.taka-fine-leather.com/topics/carve_to_encourage/projects_gallery/work049/work049.html
今回の作品は被災地のレザークラフターに限定せず、被災者の皆さんと被災地全域に向けた激励です。
お知らせ1は、この作品に関しての説明から・・・。

お知らせ1

このプロジェクトは、元々は「被災によってレザークラフトを続けられなくなってしまったレザークラフターの皆さんを、僕らレザークラフターが『諦めずにいつかレザークラフトに復帰してください』という激励をしましょう」という趣旨で発足しました。
約4年半前このプロジェクトを思い立った当初、被災地は日常生活もままならない状況で、募金やボランティアという形で多くの団体や組織が活動をしておりました。
そのような状況の中で、僕のような個人が、しかもレザーカービングなんかで「被災地のみなさん頑張ってください」みたいなプロジェクトなんてとても恐れ多くてできない、かえって失礼、という思いがありました。躊躇、遠慮の念が強かったのです。でもせめて被災地のクラフターの皆さんには、クラフター仲間として何か想いを届けたい、という気持ちでこのプロジェクトを始めさせていただきました。
かと言って、クラフター以外の被災者は激励する必要がない、という気持ちとは違うので「被災者、被災地全般に向けた激励も歓迎します」という事でプロジェクトへの賛同者、参加者を募りました。

結果として、大半の方が被災者、被災地全般に向けた激励の作品を届けてくださいました。
そのような皆さんの姿勢に後押しされ、何かを機にこのプロジェクトの趣旨として「被災者の皆さん、被災地全域への激励」にも重きを置く方針にしたいと思っていました。
そして、被災地の現状も4年半前とは(良くも悪くもはありますが)違いますので、自身の2作目はこのような作品になったという次第です。

これを機に、改めて「被災地のレザークラフターだけでなく、被災地のみなさんを、被災地全域を、レザーカービングで激励しましょう」という方針を正式にアナウンスさせていただきたいと思います。
僕の気持としては全くの方針転換というワケではありません。活動の趣旨の付加と受け取っていただきたいと思います。ですので、被災地のレザークラフター向けのメッセージも引き続き募集します。

今までに参加を躊躇されていた方、またはすでに参加しているけど2作目を製作してくださる方、作品の応募を心よりお待ちしておりますので、よろしくお願いします。
今までに幾度となく「参加したいけど、私の技術じゃ恥ずかしくて・・・」という言葉を耳にしました。
その度に僕が言うのが「このプロジェクトでは、作品の上手、下手には全く意味がありません。激励の気持ち、被災者を思う気持ちを表明したいかどうか、届けたいかどうか、そこだけなんです」という言葉です。是非、技術の優劣を躊躇の理由にだけはしないでください。

お知らせ2(白状です)

実を言いますと、僕はこのようなプロジェクトを企画したにも関わらず大変恥ずかしながら、被災地現地に一度も足を運んだ事がありません。プロジェクトの主催者として恥ずかしいというだけでなく、被災者の方々に対して大変失礼な事でもあると思っています。
今さらではありますが、今回の「Carve to Encourage」の再始動を機に現地を訪問しようと思いまして、今週中か来週中でスケジュールを調整中です。
もちろん被災地全域を訪問するのは不可能なので地域限定となりますが、津波被害の海岸沿い、原発被害で居住不可能となった地域、最低限この2か所は目の当たりにして、被災者と被災地を思う気持ちをより強くしてきたいと思います。
現地視察が終わりましたら、現状のレポートなり僕の感想なり、またこの掲示板にて報告させていただきます。
改めてもう一度。プロジェクトの主催者にも関わらず現地を未訪問という失態、大変失礼いたしました。申し訳ありませんでした。

お知らせ3(と、お礼)
前回の8月1日の書き込み以降、多くの革仲間、このプロジェクトの参加者から励ましの連絡をいただきました。
「できる事があれば何でもやりますので遠慮なく言ってください!」や「チームとして協力できるように、仲間全員に声をかけておきましたんで!」から、中には「お願いだから何か協力させてください」まで・・・。
本当にありがたいです。改めてお礼申し上げます。
なんか、被災地を激励するのが目的なのに、プロジェクトの主催者自身が一番激励されてしまっている気分です。すみません。

お言葉に甘えて、必要な時には遠慮なく甘えさせていただきます。
でも今は、まだ作品参加していなければ参加していただく、すでに参加していれば2作目を参加していただく、というのが一番やって欲しい事です。
来年中には絶対に!!!現地での展示を実現させますので、その時に「全国のレザークラフターが、これだけたくさんの作品で被災地を想っています」という気持ちを現地にお届けしたいのです。

それからもうひとつは、このプロジェクトは被災者、被災地を激励するのが目的であり最重要事項なので、展示の実現に向けて主催者と参加者が妙に熱くなってしまって間違った方向で盛り上がってはいけない、という事です。これは被災者のみなさんに対して一番失礼な事ですね。
ですので、当然の事ですが今後もプロジェクトの参加、実行側ではなく、被災者、被災地にとって何が一番いいのか、を考えながら活動を続けたいと思います。
プロジェクトに参加してくださったみなさん、展示の実現に向けて協力してくださるみなさん、是非ともこの気持ちを共有していただきたいと思います。


>ラーメンさん
お久しぶりです。書き込みありがとうございます。
はい、本音としましては・・・なかなかのプレッシャーです!ですので、ラーメンさんのお心遣いと詩的な文章に思わずウルッときてしまいました。
でも不特定多数のクラフターに呼び掛けて公募した活動ですので、言い出しっぺの責任としてごく当り前な事ですよね。それに、やはり3年間放置状態だったことに対しての罪悪感が大きいです。
にもかかわらず、(こうしてラーメンさんもそうですが)本当に協力と応援の声がたくさん届きまして、プレッシャーを凌駕するほどの勇気ももらっています。
4年前にご参加いただいたラーメンさんの作品も必ず現地にお届けしますので、今後も応援よろしくお願い申し上げます。
 

(無題)

 投稿者:ラーメン  投稿日:2015年 9月 4日(金)23時15分41秒
  しごくお久しぶりの投稿失礼いたします。

TAKAさんの新たな作品を拝見させていただき、新たな息吹を感じさせていただきありがとうございます。

色々な大人の事情は、解りませんが、大きなプレッシャーの中で活動されているTAKAさんの心情や純粋に被災者への方への次なる扉をノックする音が聞こえてきました。



 

突然のお詫び

 投稿者:Taka  投稿日:2015年 8月 1日(土)07時54分41秒
編集済
  みなさんお久しぶりです。
何に対して「突然のお詫び」かと申しますと、「Carve to Encourage プロジェクト」についてです。
多くの方にこのプロジェクトに賛同、参加いただきながら、経過報告もせずはっきりした結果を出すこともなく長らく放置状態になってしまっていることについて、お詫びとご報告を申し上げます。

自分のあまりの体たらくに、何からどう書いたらいいのか分かりません。長い文章になるかと思いますが、どうぞお付き合いください。

まず、なぜ今のこのタイミングで「お詫び」を書く気持ちになったかについて。
先日、t.kannoさんのブログ「俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング」にて、Carve to Encourageの放置状態に対しての批判が書かれていることを発見しました(このリンク先記事の最後の方)。
http://tkanno4649.exblog.jp/21469391/

すべての言葉について、まったく仰る通りだと思いました。特に「途中で辞めるなら最初からやらないでほしい!」という言葉が胸に突き刺さりました。
自分では辞めてしまったつもりはなく、気持ちの中では続いていましたが、はたから見ればそのように思われてしまうのが当然です。
また、HPを放置状態にしていた事はまぎれもない事実です。久しぶり(2年4か月ぶり)に昨年の10月と、その後今年の3月、計2作品の参加がありましたが、HPでの公開を怠っておりました。
遅ればせながらこの2作品は昨日公開いたしましたが、このお2人には特に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
http://www.taka-fine-leather.com/topics/carve_to_encourage/projects_gallery/works_gallery.html

今さら信じてもらえないかも知れませんが、現地での展示も実現せず、HPの更新も長らく放置している間、「このままじゃいけない」とずっと気になっていました。が、それにも関わらずついつい後回しにしていたのです。
そんなところにt.kannoさんの記事を拝見し、本当に申し訳なく思うと同時に、「ついに言われてしまったか・・・」という気持ちにもなりました。
たまたまt.kannoさんがブログで批判してくださいましたが、これは多くの方がずっと思っていることを代表して書いてくださったと認識しています。

これが、今回の「突然のお詫び」と、現状の報告、今後の方針の報告、のきっかけとなったわけです。
ブログという公の場で批判して、こうしてきっかけを作ってくださったt.kannoさんには感謝しております。そして、きっかけをもらうまで何も行動を起こさなかった事も申し訳なく思っております。
ちなみにt.kannoさんには直メールにて謝罪し、彼も理解を示してくださいました。それどころか、今後に関して激励の言葉までいただいてしまいました。改めて感謝です。

さて、3年間もの間、放置状態になっていた事について・・・。
まずは、プロジェクトに参加してくださった方々だけでなく、被災地のレザークラフターの方々、被災地の皆さんに対しても本当に失礼な事をしてしまいました。改めて、心からお詫び申し上げます。

なぜこのような事になってしまったのか説明責任があるとも思うのですが、「説明」というのは言いかえれば「言い訳」と同じことだと思いますので、今回、言い訳は自粛させていただきます。
さまざまな事情、不測の事態などが起こったことによってプロジェクトが放置状態または継続不能になるのなら、始めからプロジェクトを起こす資格はありません。
今現在、Carve to Encourageがこのような状態になってしまった原因は、僕の認識が甘かった、責任感が薄かった、努力が足りなかった、それに尽きます。

上記の通り言い訳は自粛しますが、皆さんからお預かりしている大切な作品が今現在どうなっているのか、これは説明する義務があると思います。
2011年の栃木県足利市での作品展以降、すべての作品をひとつずつ、箱のあるものは箱の中に、箱のないものはエアパッキンで梱包し、作者の名札を貼って、段ボールに保管しており、今現在42作品です。HPでの公開は48作品ですが、写真のみでの参加もありますので。
作品に添えられていた手紙は大きな封筒にまとめ、作品と共に保管しています。
大きな段ボール3箱分で、時々カビや虫など発生していないかチェックしています。
押し入れには入れず工房の一角に積んでおります。これは、カビや虫の防止と、毎日目に触れる事によって自分にプレッシャーをかけようという意図です。事実、Carve to Encourageの事を考えない日は一日もありませんでした。

42作品のひとつひとつが、皆さんの技術、作業、そして何より想いがこもっている大切な作品なんだ、という事は十分に認識しています。
こうした作品をお預かりしたのも、当初に目標として掲げた「被災地現地で作品展示」のためですが、それがいまだに実現していないのは、僕の努力不足です。
当初の予定では、震災から2~3年後に現地で作品展示と考えていました。

実は以前、ある先輩クラフターから「現地で展示が難しいなら、ひとまず作品を各自に返却して、ひとつのけじめをつけたら?大塚さんも肩の荷を降ろしたら?」というような趣旨の言葉をいただきました。僕への気遣いと同時に、中途半端な状態は良くない、という柔らかい言い方の警告であったと思います。
その時に「公に募ってやり始めた以上、責任があります。途中で投げ出したくないんです。最後までやりたい(被災地で作品展示)んです」という言葉を返しました。未だに実現していない事を考えると独りよがりかもしれませんが、僕のこだわりでした。

来年3月、震災から5年を迎えます。その5周年に向け、「悲劇を風化させてはいけない」という思いも込めて、展示の実現のために「これ以上の努力はやりようがない」という位の努力をします。約束します。

この記事が長くなりすぎているので具体的な構想、予定に関しましては後日、またこの掲示板にてご報告したいと思います。
大切な作品を預けてくださっている皆様、もう少しお待ちください。

正直まだまだ書き足りないことたくさんあります。
我ながら支離滅裂な内容だと思いますが、今回、お詫びと作品の現状についてご報告をさせていただきました。

気持ちの中だけで継続はしていましたが、現実に何も動いていない放置状態でした。t.kannoさんのブログがきっかけという他力本願な形で恐縮ですが、今後、このプロジェクトは再び動き出します。
「長い間放置しておいて、何を今さら」という声があるのも十分に承知しています。真摯に受け止めます。
それでも恥を忍んで具体的に活動を再開します。

まずは今月、8月中に僕の2作目のCarve to Encourage作品を製作、公開したいと思います。
その時にまた、今回書き足りなかった事を含めて記事をUPします。

最後にもう一度。
プロジェクトに参加してくださった皆様、被災地の皆さま、この3年間、プロジェクト放置状態で大変申し訳ありませんでした。
この3年間の僕の不甲斐なさを、以上のお詫びとご報告と今後の僕の行動により、少しだけでもお許しいただけたら有難く思います。

だらだらと長い文章に最後までお付き合いくださってありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:鳩ヶ谷  投稿日:2014年12月 7日(日)18時12分46秒
  TAKAさん、みなさん、こんばんは。
2日間のイベントお疲れ様でした。
久しぶりにお目にかかれると思い、テンションが上がって上野に早くつきすぎてしまいました(笑)
短い時間でしたが、お元気(・・・でいいのかな?)そうなお姿を拝見できてとても嬉しかったです。
お体ご自愛下さい(ちゃんと寝て下さいねぇ~)。
ではでは・・・。
 

夏期講習バック

 投稿者:朝倉  投稿日:2014年10月21日(火)21時46分17秒
  K学園より参加の朝倉です。

夏期講習はお世話になりました。
とりあえず、完成しました。
ちょっと納得できないところがあったので、一回分解予定です。

 

お知らせとお返事

 投稿者:Taka  投稿日:2014年 8月13日(水)05時14分19秒
編集済
  まずはお知らせから・・・。

講習に参加くださったみなさんにはエルさんの方から告知がありましたが、8月14日(木)放送の和風総本家(19:58~ 関東ではテレビ東京)にて、エルさんの工具を作っている工場が紹介されるそうです。
番組ではスペインの革工房で使われている日本製ヒシギリにスポットが当てられている、との事です。
実はこの工具工場、代表取締役が僕の旧知の仲の後輩でして、90年代に一緒にシェリダンに行った間柄でもあります。
友人として、少しでも多くの方に見ていただきたいと思い番宣させていただきました。

現在、彼は革自体からは離れて工具作りに専念していますが、クラフターとしての実作業に基づいた経験が工具作りに生かされています。
HPはこちらになっていますので、工場の予習(?)をしてから番組を見る、というのも面白いかも知れないですね。
http://www.oka-craft-tools.co.jp/
(ちなみに直接問い合わせをしても、オリジナル工具や小売りの対応はしていませんので・・・。)

2時間の特番の中で25分の枠だそうですが、レザークラフトの工具がテレビ番組で取り上げられる機会なんて滅多にないと思いますので、是非ご覧になってみてください。


>SENさん
早速写真をありがとうございました。
FBでも情報を回して下さったようで、SENさんのFBを見て・・・という方からも写真が届いています。どうもありがとうございます。

講習会というものは、(僕にとっては)新しい出会いの楽しさと同窓会的な楽しさがあるのですが、今回のSENさんは同窓会側という意味もありK教団の面々もあり、前回よりも居心地が良かったのではないかと思います。
実演中に常にSENさんの鋭い眼光(とスキンヘッド)が視界に入っていて、「やりずらいなぁ~」というのもありましたが、テーブルに顎を乗せる勢いで至近距離で熱心に見られていると、「適当な事できないな」といい意味の緊張もあり、結果的にはいい方向に誘導していただきました。
今回の講習が、SENさんがカービングをより好きになり楽しむきっかけとなったのは大変嬉しいです。この高揚感がもし衰え始めましたら、またメールでもお電話でもください。

はい、元気に中国行ってまいります!
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。お互い頑張りましょう。

>新谷さん
書き込みありがとうございます。
面と向かうと言葉少ない新谷さんに対し、あまりの文才に少々驚いております(あまりに見事な文章なので、後に書き込みする人が躊躇してしまわなければいいですが・・・)。

初対面は上野アルバカーキの実演販売で作り手とお客様という出会いでしたが、今回まさか指導する側と受講する側の関係になるとは・・・照れくさい気がしていましたが、新谷さんの書き込みでそうなった経緯を知って、感激しきりです。

また、新谷さんの書き込みを読んで、修行時代の自分を思い出しました。
僕の場合、場所はアメリカでしたし講師が本当に雲の上の人でしたから一概には一緒にできませんが、憧れの職人の技術を学ぶという以上に、その人のすぐ傍にいる、その人が彫っている姿を見られる、手元を見られる、それだけで言葉で言い表せない幸福感と満足感を堪能した記憶が蘇りました。なつかしい・・・・・。
自分はまだまだその立場ではありませんが、製品のお客様に製品で感動を与えるだけでなく、新谷さんのようにクラフターとして、受講者として実演の瞬間瞬間に価値を見出していただけるのは、大変光栄な事で、嬉しい事です。
自分もいつの間にかクラフターに憧れられる側、感動を与える側になったかな、などと自惚れも生じてしまいますが・・・。いや、本当にそうなれるように気を引き締めたいと思います。

僕の元弟子の教室で学び、以前見せていただいた作品よりも着実に上達していた新谷さんにも感激しました。僕は「弟子と生徒は別物」という意識が強いので、今まで「孫弟子」という言葉を意識した事が全くなかったのですが、なぜか新谷さんの彫りを見て、ふと「孫弟子」という言葉が浮かんでしまいました。初めての経験です。新谷さんの進化を目の当たりにしたからかも知れません。

また12月にアルバカーキで恒例のアレやります。もしよろしかったら是非いらしてください。お会いできる事、さらに成長した技術を見せていただけるのを心から楽しみにしています。

勇気倍増、自信倍増、自惚れ3倍増な書き込みを、どうもありがとうございました。
 

二日間ありがとうございました。

 投稿者:新谷  投稿日:2014年 8月12日(火)15時56分38秒
  エルでの講習会、お疲れ様でした。初めて大塚さんと会った時、沢山の人が大塚さんのカービングを見て感動して集まって来る、そんな風景に感動して自分もカービングが上手くなりたいと、すぐ教室に入りました。それから一年半、今回の講習会で少しでも成長した姿が見せれればと思って全力で学ばせていただきました。大塚さんのカミングアウトを読んで、そういえば講習会が始まった時、なんだか妙に緊張していて不思議だったんですが色々な感情があったんですね。
今回の講習会では、「このやり方がわかる方は作業に戻っていいですよ」と大塚さんが何度言っても誰一人戻る人はいませんでした。それは大塚さんの一振り一言が見る人にとっては分かっていたとしても意味のある時間だったからだと思います。
そして「元弟子の教室に通ってる人には復習になってしまうかもしれませんね」とおっしゃっていましたが、例え同じ事を言っていたとしても、その瞬間だから実になる、理解できるということも多かったと思います。
大塚さんも色んな感情があり感謝という言葉を発していただいて、ありがとうございました。
しかし、今回の講習会もそうですが、大塚さんに会うたびに多大な影響を受けて感謝しなければいけないのは自分だと思っています。
大塚さんとの出会いに感謝しながら、作って頂いた物、教えてもらった事を大事にしていきたいと思います。
またいつか成長したとこを見せれるように頑張ります。
二日間ありがとうございました。
 

講習会お疲れ様でした

 投稿者:SEN  投稿日:2014年 8月12日(火)11時19分14秒
  遅くなりましたが、講習会お疲れ様でした。前回、参加させていただいた時は知らない人ばかりで緊張しまくりで、少々後ろの方から拝見させていただいてましたが、今回は図々しくも一番前で拝見させていただきました。Takaさんが気にするくらいずぅーっとガン見させていただきました(笑)。今回もとても刺激を受け、益々カービングが楽しく好きになりました。まだまだ未熟者ですが、頑張って練習したいと思います。
Takaさん、Sさん、参加した皆様、2日間、本当にお世話になりました。
今後とも宜しくお願いします。
Takaさん気をつけて中国行ってきてくださいね。
 

追伸:お願い

 投稿者:Taka  投稿日:2014年 8月11日(月)03時07分59秒
  昨日の書き込みで書き忘れてしまいましたが、講習会参加者の皆さんにお願いがあります。

講習終了後、あんなにたくさん記念撮影をしたのに自分のカメラで撮影した写真が一枚もありませんでした。
無事に終了した安堵感と、疲れてるけど頑張って群馬まで運転しなきゃという気負いで、自分のカメラでも記念写真を・・・まで頭が回りませんでした。時間もかなり押していましたし。

昨日の書き込みの通り、今回の講習会は自分にとって特別なものとなりましたし・・・いろいろ思うところがありまして、去年、今回の講習のオファーを受けた時点で、国内の講習会はこれが最後でいいかな、とも思っていました。
この先いつどのように気が変わるか分かりませんし、やらなければならない事情も出てくるかも知れませんが、もしかしたら本当に最後になるかも知れませんし・・・。

ですので、自分の記念のために少しでも多くの写真が欲しいです。
もしよろしければ、メール添付で写真を送っていただけないでしょうか?
僕はFacebookもLineもやっていませんので、この書き込みを見た方がFacebookやLine等でこの情報を回していただけたら大変有難く思います。

写真を送っていただけた方には必ずお礼のメールを送ると約束しますので、お手数をお掛けして恐縮ですが、僕の思い出の写真コレクションにご協力ください。
よろしくお願いします。
 

講習会を終えて

 投稿者:Taka  投稿日:2014年 8月10日(日)02時53分54秒
編集済
  夏期講習会にご参加くださった皆様、エルさん、Fさんへ

2日間、どうもありがとうございました。
今回の「ありがとうございました」にはいつもと違う意味もあります。

公表しようかどうか迷いましたが・・・感謝の理由を伝えたいのと、講習終了時のみなさんの様子から「成功した講習会だった」と思えましたので、今だから言えるという意味でカミングアウトさせていただきます。

実はこの一年半くらいの間、精神的に疲弊し続けています・・・いや、いました。理由はさすがにこの場で詳しくは公表できませんが・・・不慮の(良くない)出来事があまりに立て続けすぎる・・・という事で。
自分の教室の生徒さん、取引先やお客様との必要なやりとりの時は明るく普通に振舞えるのですが、それ以外のクラフター仲間と接触する気持ちになれず、極力避けていました(逃げいました)。ですのでこの一年半、届いたメールや贈り物にもまともに返事やお礼を返せず放置、などの失礼も多々ありました。心当たりのある方、本当に申し訳ありませんでした。
普通なら独りの時こそ仕事が進むのですが、独りになると逆に何も手につかない時もありました。

このような事情で本当は講習会をやれる精神状態ではなかったのですが、去年の段階で「来年は必ず」とエルさんと約束していましたので、約束は守らなきゃ・・・の講習会でした。
今までで最悪の準備不足でしたし、もっと正直に言うと「いやだな、やりたくないな」というのが講習初日の朝までの本音でした。「いやだな」と書くと誤解を生むかも知れませんが「講習会するのが恐いな」というニュアンスでしょうか・・・。

でも講習会場に入った瞬間に向けられたみなさんの期待の眼差しと高揚感に煽られ、Fさんから届いていたお気遣いに後押しされ、お陰さまで意外とすんなりと気持ちが切り替わりました(覚悟が決まった、かな???)。

そして会場のあの雰囲気の中で過ごしているうちに、いつの間にか僕自身、講習会を心から楽しんでいました。
みなさんの楽しそうな嬉しそうな様子を目の当たりにする充実感、自分をこんなに慕ってくれる、という自分の存在意義の確認、講習終了時に温かい拍手をいただいた=講習会が成功して満足していただけた達成感・・・。
講習会場に向かうのが気が重くてしようがなかったのに、結果的に「ああ、来て良かった~」という気持ちで帰路につきました。
この2日間が、今ある様々な悪い要因に堂々と対峙し、いい方向に向けていこうと気持ちを新たにする大きなきっかけとなりました。

今回たまたま初めて参加くださった方がいる一方で、毎回参加していたのに今回だけたまたま参加できなかった方がいる事も重々承知してはいますが、以上のような事情で、今年の講習会の参加者の皆さまは、僕にとって恩人です。
また昼間の講習だけでなく、夜は(講習前夜も含め)エルさんの心尽くしのお食事会で楽しく刺激的なひと時を過ごしたのも気持ちをプラスに向ける大きな要因になりました。心から笑う事の大切さと、まだまだやる事がある、という事に気付かされました。

以上のような意味も込め、みなさん本当にありがとうございました。
皆さんからいただいたパワーとエールをより増幅させ、来月元気に中国講習に行ってきます!
今後とも、交流、応援を心よりお願い申し上げます。


補足:
僕の教室と彩レザークラフト教室の生徒の皆さん、僕の製品のお客様へ

いつもお世話になっております。
隠していましたが、この一年半、実は以上の通りです。
たくさんの人に「ますます痩せましたね」と言われ、「そうですか~?」ととぼけていましたが・・・実は心当たりもありまして・・・隠していてごめんなさい。
僕や彩先生の教室を楽しんでいただいている事、僕の製品をご愛用いただいている事、みなさんの存在、それぞれ有難さを分かっているつもりでしたが、日常の一部で慣れてしまい、疲弊している気持ちを上向かせるほど実感できずにすみませんでした。反省しています。
今後、改めてみなさんとの交流を感謝しつつ楽しみながら、よりパワーアップしたタカ先生とTaka Fine Leatherの作品をお見せしたいと思います。
末永くよろしくお願いします。


>鳩ケ谷さん
今回もご参加ありがとうございました。
僕の講習では緊張してほしくないのですが・・・相変わらず熱心な気持ちはよく伝わりました。
K教団の信者のみなさんのお陰もあり、今回ほど作業の進行そっちのけで、細かい部分にまで突っ込んだ的確な(レベルの高い)質問が飛び交い、まるで勉強会のような講習会は今までになかったと思います。これこそ僕の思う理想の講習スタイルで、それが余計に楽しかった、嬉しかったです。
お名前を聞きそびれてしまいましたが、僕が「こんな刻印があれば詳しく説明、実演できるんですけど」と言う度に、ことごとくその工具を所持していてサッと(まるで助手のごとく)貸してくださった鳩ケ谷さんの隣の彼に、よろしくお伝えください。
そうですね・・・いくら知識とウンチクを増やしても、実際に練習してできるようにならないと、ですね。
頑張ってください(僕も頑張りますよ!)。
 

(無題)

 投稿者:鳩ヶ谷  投稿日:2014年 8月 8日(金)20時47分19秒
  TAKAさん、Sさん、2日間の講習、お疲れ様でした&有難うございました。
今回もお世話になりました。
エルさんにも、この場をお借りしまして、お礼を申し上げます。
自分的に、TAKAさんの講習に参加しているという緊張感と、Sさんの癒しの雰囲気が、
絶妙に混ざった講習会でした。
頑張って練習します。
ではではでは・・・。
お2人とも、お体ご自愛下さいね。
 

ありがとうございました

 投稿者:Taka  投稿日:2013年10月31日(木)04時03分54秒
編集済
  ご挨拶が遅くなってしまって申し訳ありませんでしたが、先日のカービング実演に多くの方にお越しいただきましてありがとうございました。
事前告知が不十分だったにもかかわらず、予想以上に多くの方にお越しいただき、「はじめまして」の方から、「どーもお久しぶりです~」の方まで、一緒に楽しい時間を過ごさせていただきました。

印象に残った事はたくさんありますが・・・生後5ヵ月というとてもかわいらしい赤ちゃんを連れたカービング未経験の若夫婦が、実演を見てカービングをやりたくなったと言って、カービングの工具一式、刻印一式と僕の図案を買って帰ってゆきました。
僕のカービングを見てカービングをやりたくなった、カービングを始めた、というお話は時々耳にしますし、これは僕にとってこの上なく嬉しい事なのですが、今回のように道具をそろえる光景を見る機会は滅多にありません。嬉しかったです。
小さいお子さんがいらっしゃる環境でクラフトに取り組むのは大変だと思いますが、是非がんばって続けていただいて、いつか再会して「ここまで彫れるようになりました」と、見せていただける事を願っています。

他にも仕事を早退して、寒冷地から高速をバイクを飛ばして来てくれた若者の、「大塚さんの実演をどうしても見たくて」じゃなく「どうしても大塚さんに会いたくて」という言葉が、ヘンな感じがしましたが妙に嬉しかったです。
若い割にはいまどき珍しい、レザークラフトへの真摯な考え方、姿勢も印象的で、考えようによっては「いまどきそんな堅苦しい考え持ってる人いないよ。通用しないよ」なのですが、でも実際に僕自身もそっち側のタイプなので、「今でもそういう人いるんだぁ~」と、ホッとして癒されました。
またいつかお会いしてゆっくり話してみたいです。

他にも紹介したいエピソードたくさんありますが、今回はこの2つにて。
せっかく来ていただいたのに紹介できなかった方、ごめんなさい。でも久しぶりに多くのクラフターの方とお会いできてお話ができて、本当に楽しかったです。

今回はジョイフル2千代田店のレザーフェアへの協力という事でカービングの実演でしたが、お陰さまで実演の2日間、革用品の売り上げが飛躍的に上がったそうで・・・こちらは体裁を保つ事ができました。
あとは僕の実演がみなさんの刺激になって、みなさんのカービング熱が飛躍的に上がってくだされば幸いです。
I wish you Happy Leathercarving !!!

実演に来て下さったみなさん、僕とみなさんにとって楽しい場を提供して下さったジョイフル2千代田店さん、実演の準備に尽力してくれたレザー担当の斉藤さん、どうもありがとうございました。

【広告】
今回実演をした「ジョイフル2千代田店(群馬県)」、および「VC's鴻巣店(埼玉県)」の革売り場担当者は、僕のレザークラフト教室の生徒さんです。
どちらもチェーン店ですが、この2店舗は他の店舗よりもカービング用品とカービングに適した革が多く揃っています。
そして何といっても、売り場担当者がカービングの工具に関して的確なアドバイスができます。
近隣にお住まいの方でカービング用工具の購入の際には、是非こちらのお店をご利用ください。


>Ryuくん
ブログとFB、TimeLineで実演の告知どうもありがとう。Ryuくんの告知で実演を知って、来てくれた人が結構いたよ。
最近ちょっと疎遠になっていたのに、快く引き受けてくれて本当にありがとね。感謝感謝。
また近いうちに連絡するよ~。

>鳩ケ谷さん
大変お久しぶりです。ねぎらいの書き込みどうもありがとうございます。
今年はある意味、あんまりご無事じゃなかったのですよ・・・でもとりあえずは落ち着いてきまして、異常に忙しくなっている事を実感して蒼ざめている次第です。
お誕生日プレゼントにいただいたアレ、もったいなくてなかなか手をつけられずで、でも賞味期限は迫ってくるし・・・と、先日ようやく食べ切りました。ごちそうさまでした。

>野田さん
先日は大変遠いところを、しかも実演当日の告知だったにもかかわらず、ご家族でお越しいただいてありがとうございました(人の子供は成長が早いですねぇ)。
実演終了後、コーヒーを飲みながら少しでしたがお話ができて良かったです。
約1年間、掲示板に書き込みしていなかったのに「毎日チェックしてますので・・・」の一言には、罪悪感すら感じてしまいました。ありがとうございます、と同時にゴメンナサイです。今後は多少なりとも改めようと思いますので。
アリゾナスタイルの図案は、野田さんレベルですと見本通り彫るだけでなく、刻印を変えてみる、デコレーションカットを変えてみる、敢えて雑に彫って(わざと崩す)荒々しさを表現してみる、などなど・・・いろいろ応用的な楽しみ方ができると思います。見本は2ミリ革に彫った印刷ですが、3ミリ以上の革に深彫りしてみても面白いですよ。
創造に関しましては、僕よりも藤田先生の方がスペシャリストですので、相談してみてください。「大塚さんの図案なんか料理のしようがねーよ」と思われない事を願っていますが・・・。

>DK-san
I'm so sorry for very late answer.  I've been in a kind of personal trouble and I was not in the mood to write any letter.  My appologies.
I'm happy to hear you've developed your skill since my seminar in China.
Your carving expresses strong impression, which I think is very good.  If branching parts get thinned down, your pattern would be more sofisticated and become even better I guess.
 

(無題)

 投稿者:野田  投稿日:2013年10月28日(月)20時43分26秒
  TAKAさんこんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
貴重な時間になりました。
早速シェリダン図案は彫らせていただきました。
アリゾナスタイルの図案も後日彫ってみたいと思います。
ありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:鳩ヶ谷  投稿日:2013年10月28日(月)00時45分14秒
  TAKAさん、みなさんこんばんは。
2日間の実演お疲れ様でした。そして、ご無事で何よりです(笑)
自分は、見に行けなかったのが、残念で仕方ありません。
お体ご自愛下さいね。
ではでは・・・。
 

お知らせ

 投稿者:Taka  投稿日:2013年10月26日(土)04時54分19秒
編集済
  みなさんこんにちは。
事情がありまして約1年ほどこの掲示板を休止してしまいましたが、今回お知らせがありまして久々に復活させていただきました。

今日と明日の2日間、ジョイフル2千代田店にてカービングの実演をやります。
http://www.joyful-2.com/contents/map/j2_chiyoda.html

ジョイフル2千代田店で開催中のレザーフェアに絡めての協力という事で、実演をさせていただく事になりました。
また、今回はもうひとつレザーフェアへの協力およびカービング実演の目玉商品と言う事で、僕が描いた(タカ・ファインレザー作の)ロングウォレット用の図案を販売いたします。
国産の比較的安価な刻印のみで打てて、なおかつタカ・ファインレザーの作風を実現する、というコンセプトで今回のイベント用に描きおろしたものです。
シェリダンスタイルとアリゾナスタイルの2種類を用意しました。
各、A3の2つ折り(A4の4ページ)フルカラーで、スーベルナイフカット見本、打刻見本、フィニッシュカット見本、染色見本、これにトレス用の図案が付属します。
今回のイベント用に用意したものですので、ジョイフル2千代田店限定販売で売り切り終了、追加の予定はありません。
お店の要望により、今回はこの販売用の図案のカービングを実演したいと思います。
レザーフェア期間中という事で、この他にもお買い得品の革、普段は売り場で在庫していない高級刻印など販売しています。僕もいくつかイベント用にタカ・ファインレザーお買い得商品を用意しましたが・・・時間がなくて数を作れませんでしたのであまり期待しないでください・・・。

僕自身、今年はいろいろ事情がありまして外部のレザークラフターの方々との接触がまったくありませんでしたので、久しぶりに多くのクラフターの方々とお会いできるのを楽しみにしております。
カービングに興味があるものの、なかなか踏み出せないでいる方、カービング用工具の購入に迷いがある方、などなど・・・喜んでアドバイス、お手伝いさせていただきますので、少しでもカービングに興味のある方は是非いらしてください。
あいにくの天気ではありますが、是非一緒に革談義を楽しみましょう!

追記:
告知が当日になってしまいましたので、Face bookやLINE等をされている方は、それらのSNSでこの実演を紹介していただけますと、大変有難いです。どうぞご協力お願いします。
http://6610.teacup.com/takafineleatherjapan/bbs/2638


タカ・ファインレザー・ジャパン 大塚孝幸 レザーカービング実演

日時
10月26日(土)、10月27日(日)
11:00~17:00

場所
ジョイフルホンダ千代田店2F ジョイフル2革用品売り場

お問い合わせ
0276-80-5050
ジョイフル2千代田店 クラフト担当:斉藤さん

 

Please, teacher teaching operation

 投稿者:DK  投稿日:2013年 5月28日(火)15時26分34秒
  Otsuka teacher hello!
   I am your a student in china. The last time you come to China to have the honor to be your guide, on my technology has greatly improved!! In a recent work, please the teacher comments!!!
 

お知らせと・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2012年11月15日(木)06時10分19秒
編集済
  みなさんこんにちは。

5年以上使い続けた折りたたみ携帯電話がついに力尽き、これを機にスマートフォンに機種変更しました。昨日。
タブレット端末の経験もない僕としては、ホームボタンしかないデバイスというのは未知の世界で、ワケが分かりません。
かと言って、今は操作を勉強する時間がとれないので、しばし放置する事になりそうです。

通話くらいはできると思いますがメールはまともに返信できる自信がないので、しばらくの間、お返事を必要とする用件は電話をいただくか、パソコンの方にメールを送っていただけると助かります。
taka-otsuka@taka-fine-leather.com

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

正直言いまして、3G携帯の機能さえ持てあましていた僕は、また携帯電話で機種変するか、スマートフォンで機種変するか少々悩みました。
基本的に体は常に工房にあり、ネットが必要な時には隣の部屋に行けばデスクトップPCがあり、画面もデカくて見やすくて、キーボードの文字打ちは圧倒的に早くて便利・・・。
そのせいで携帯メールが億劫で携帯メール無精になり、携帯でネットを見る事も皆無。
ツィッターにもFacebookにも無縁。その上写真無精で、携帯で撮る写真と言えば、せいぜいメモ代わり。
月々の支払いも高くなるし、操作に不慣れというリスクを冒してまでスマートフォンに変える理由がどうしても見当たらなかったのです。

それでも敢えてスマートフォンにした理由は、「世の中の当たり前(標準または常識)から取り残されてしまう不安」です。
世の標準に当然のようについて行っているスタッフを抱えていればいいのですが、こんなにアナログな仕事をしていても、それでも「世の当たり前」から取り残されてしまうのは、自営業者としてすごく不安に思うのです。
例え必要でなくても、感覚が時代にフィットしていれば、少なくとも自然と興味を持てるはず・・・。
と、こんな事を考えている時点ですでに取り残されつつある証拠でして・・・・・着実に老人側に入りつつあるなぁ、と実感した次第でした。


ついでにこの機会に近況報告(とお詫び)として・・・。
自分が要領悪くてノロマなせいなのですが、製品作りが予定通りに進まず、作業予定が押して押して、「年内に納品」と約束したものの注文リストを見る度に絶望的な気持ちになっている状況です。
とっくの昔に「納期破りの常習犯」にはなっていますが、特に最近は多くのお客様、お取引先にご迷惑をお掛けしています(中には「急がないから」と言っていただいたお客様に半年近くなる納期破りも・・・)。
決してサボっているわけでなく、僕なりに精いっぱいやっておりますので、何卒ご理解ください。
納品が遅れる代わりと言ってはなんですが、120%の満足度の製品を目指しております。


絶望的に忙し過ぎるせいなのか・・・革仲間の上達、進化が目覚ましすぎるせいなのか・・・時代に取り残されつつある自分の感覚に老いを実感するからなのか(体の老いより感性、感覚の老いの方が断然コワイです)・・・最近どうもヒガミっぽくてしょうがない。ああ、嫌だ嫌だ(独り言)。
 

梶木さんへ

 投稿者:Taka  投稿日:2012年11月13日(火)19時25分14秒
編集済
  ご連絡ありがとうございます。こちらこそ宜しくお願いします。

昨日、画像を添えてメールを送っておきました。
そろそろ具体的に詰めないと年内納品がかなり危うい状況になってきておりますので、早めにお返事をいただけると助かります。
年内納品にこだわらなくてもよろしければ、じっくりと詰めてゆきましょう。
正直言いますと・・・来年の納品でもOKにしていただけると、僕としては非常に助かります。
 

(無題)

 投稿者:梶木 伸  投稿日:2012年11月12日(月)18時11分44秒
   今晩は、山口の梶木です。お手数を、お掛けしますが宜しくお願いします。
          
 

お礼、遅れました!!

 投稿者:だるま  投稿日:2012年 8月22日(水)20時52分23秒
  アドバイス!有難う御座いました。!!早速実施させてもらいます。!夏季講習の準備で大変だろうと思いつつも、カービングが仕上がった嬉しさの余り、勢いで投稿してしまい。!少し後悔してます。とにかく、お礼が遅れてしまい申し訳御座いませんでした。以後の講習会に参加出来る日を心待ちに。。。。。。!習練頑張っていきます。文書が下手な者で申し訳ありません。!!  

初心忘るべからず

 投稿者:ハンニバル  投稿日:2012年 8月 6日(月)22時30分44秒
編集済
  Takaさん、Sさん、協進エルの皆さん、講習会に参加された皆さん、お疲れ様でした。

暑い夏に相応しい熱い講習会でしたね。
盛り沢山の内容に加え、惜しみなく披露される華麗にして深淵な技法の数々や、
数多の経験に裏打ちされた理論は珠玉という言葉こそ相応しいと頷かされる事しきりでした。
不調を訴えられておられましたが、『まことの花』たる技術は多少の不調くらいでは
曇りはしません。まして私の書き込みごとき・・・そよ風の如し(笑)でしょ?
どうか御気になさらず、素晴らしい講習会だった事に胸を張るべきです。

確かに、カービングに触れて日の浅い方には些か(相当)レベルの高い教材だった事もあり、
正直、講習の時間内は進行について行くのにやっとだという方も居られたかと思います。
もしかしたら、Takaさんの解説や講義内容が完全に理解出来なかった方も居られたかもしれません。
しかし、たとえ今、講義の内容や説明がリニアに理解出来なかったとしても、
カービング(レザークラフト)を諦めずに続けていれば、いつかきっと
『あの時、Takaさんが説明していた事はこの事だったのか!』と、気が付く時が必ずやって来る筈です。
万巻の書を読み、ネットで幾多の知識を収集したとしても、己の眼と耳で体験した一度の本物には
到底敵いません。己に志あれば、いつか必ず血肉となって還って来る事でしょう。
自分の目で本物を見、自分の耳で本物を学ぶという事はそう言う事だと私は思います。

奇しくもカットワークを皆さんの衆目に晒す羽目になりました事は、
折角のTakaさんの講習会を乱す事になったのでは無かったかと・・・
正直、汗顔の至りです。
ましてや、あのカットワークが今回の講習会の御足以上に価値があるなどと言われては、
増々立つ瀬が有りません。
幸い、皆さん過分な拍手を下さった事でせめてもの救いとさせて頂きます・・・
(ホント、あんなに緊張してカットしたのは初めてでした。Takaさんの気持ちが
少しは判った様な・・・)

>鳩ヶ谷さん
お疲れさまでした。
私ごときをジーッと凝視して下さってありがとうございます。
ただ、あの席では私も単なる一受講者、難しい教材に悪戦苦闘する姿が果たして
鳩ヶ谷さんにとって何か良い見せ物であったか否か・・・
時々、判った様な判らない様な事をエラそうに申し上げてしまいましたが、
何分、関西の与太郎の言う事、適当に聞き流しておいて下さい(笑)
機会あれば又、共に席を並べてTakaさんの講習を受けたいですね。
K先生にもくれぐれも宜しくお伝え下さい・・・

>Takaさん
体調不良を押しての講習ご苦労様でした。
上にも書きましたが、本当の習熟者の手管は多少の条件のぶれでは
曇りはしません。革の悪さ、一ヶ月のブランクを差し引いても
基準円と消失点に対するカットワークの正確さとセンス、
ムダな動きの無いシャープで抑揚の効いた打刻技術は
相変わらずの冴えでしたよ!
全く、相変わらず見せつけてくれますよね・・・
題名にある『初心忘るべからず』は世阿弥の有名過ぎる言葉ですが、
私はTakaさんの講習会に参加する度に『新たな初心』を得、
カービングに対する認識を新たにしております。
これからも素晴らしい講習会を楽しみにしていますので
どうぞ宜しくお願い致します。

プレゼント、お気に召して頂いた様で良かったです。
(被らなくてホント良かった・・・)
なんだかんだ言っても道具なので、ホントの所Takaさんの手に合うかどうかは
判りませんが、刃が届いたら是非一度、御使用になって下さい。

邑楽の睡蓮(オーラの睡蓮)ですが、
何と、昨日、睡蓮鉢の中で居候しているメダカ達の稚魚が孵化しました!
まるで私が東京から帰るのを待っていてくれたかの様です・・・
ちなみに、このメダカ達も邑楽から来たメダカなので
邑楽のメダカ(オーラのメダカ)な訳です(笑)

では、まだまだ暑い暑い夏が続きますが、
皆さん、どうかお体に気を付けて御過ごし下さい。






 

ありがとうございました

 投稿者:Taka  投稿日:2012年 8月 5日(日)10時38分50秒
編集済
  夏季講習会にご参加くださった皆様、2日間ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

前回の書き込みで述べました通り講習直前まで異様な忙しさで、今までになく準備不足なまま臨んだ講習会でした。
しかも、今は自分の教室を大山に完全に任せてしまっているので、人にレザークラフトを指導するという事に去年の夏期講習会以来、一年のブランクがありまして・・・そんな事情も含めて色々な事が不安で不安で・・・講習会としては初めて、緊張のあまり眠れなかったという経験をしました。
さらに、講習前日になってついに風邪をひいてしまい・・・準備不足、指導ブランク、寝不足、風邪気味と・・・悪い要素のフルコース!
なのに、たった2日でカービング、カットワーク、変形バスケット、(それからアローヘッドバスケットもありましたね)、さらに1枚革による成型(ウェットフォーム)の実演と、内容山盛りすぎ・・・自分にとっては「修羅場」な2日間を覚悟していました。

ところが!始まってみれば今までになくゆとりがあり、駆け足どころかそれぞれの技法を比較的じっくりと講習できる結果となりました。
これは受講者のみなさんが大変熱心で、集中して取り組んでくださったお陰だと思います。僕としては大変助かりましたし、丁寧に説明、指導ができた事を嬉しく思っています。ありがとうございました。

そして特筆すべきは!!思いがけずハンニバルさんのカットワークの臨時実演会のひと時があった事ですね!!!
職人世界では職人頭の作業ぶりというのは、スタッフ(部下)であってもごく一部の人にしか見る事が許されないモノです。しかも本来は「何も説明なんかせえへんで。見て盗めや。作業中に声掛けたら張り倒すで」というモノなのですが・・・解説しながら、質問にも丁寧に答えながら、快く技を披露してくださったハンニバルさんの作業を見学できた幸運を、これ以上ないくらい噛みしめてください。そして当然、感謝も忘れずに、です。
(趣味でクラフトをやっている方はピンとこないかも知れませんが、僕の感覚ではハンニバルさんのあの実演の10数分だけで、今回の講習料の価値以上のものがあります。本当です)

一方メイン講師は10分置きに鼻をかみながら、くしゃみをしながら、そしてのど飴をなめながらの、皆さんに対して失礼な講習となってしまった事を申し訳なく思っています。流れ的に最後のご挨拶をする機会を逸してしまったのでこの場を借りてお詫び申し上げます。
しかし、ハンニバルさんの実演という思いも寄らぬオマケもあり、講習会そのものとしては合格点をいただけましたでしょうか?そして楽しんでいただけましたでしょうか?

僕は(修羅場を覚悟していたにもかかわらず、結果的には)楽しませていただきましたし、日常を離れて気分転換もさせていただき、また色々な面で改めて勉強させていただきました。この2日間を経て、新たな気持ちで怒涛の8月を迎える事ができそうです。
みなさん、ありがとうございました。

それからアシスタントをしてくれたSさん、経験不足ながらも一生懸命にお手伝いくださってありがとうございました。僕が余裕をもって楽に講習を進められたのも、受講者の姿勢だけでなくSさんのサポートによるところが大きいです。

最後になりましたが、今回の講習会を主宰してくださった協進エルさん、どうもありがとうございました。講習期間中の細やかな配慮とサポートにはいつも感動しています。
また、講習前夜から大変手厚くおもてなしいただき、酒宴の席での会話はただ楽しかっただけでなく、今回も色々な意味で多くの事を勉強もさせていただきました。
本当にありがとうございました。

それではみなさん、あの課題作品をぜひ最後まで頑張って仕上げてください。作りかけのまま押入れの中で眠らせず、完成した姿でお部屋のインテリアに加えていただける事を願っています。
またいつか、どこかでお会いする事を楽しみにしています。

P.S
またいつものごとく、自分のカメラで記念写真を撮る余裕がありませんでした。
記念撮影をした方、もしよろしかったらメールの添付にて僕にも写真を分けてください。
よろしくお願いします。


>ハンニバルさん
お礼がたくさんありますが・・・まずは、ただでさえ緊張していた前日に、あんな書き込み(講習という名のこの夏最大のイベント?)により、緊張の上塗りをしてくださってありがとうございました。
お陰さまでますます眠れなくなってしまい、超寝不足という僕本来のコンディションで当日を迎える事ができました。きっとそこまで計算してメガトンプレッシャーをかけてくださるあたり、さすがです・・・。

そして、あまりに素敵なお誕生日プレゼント、ありがとうございました。いやぁぁぁ~、コレは本当に嬉しい!!
群馬に戻り、早速ブレード部分をJr.さんにオーダーしてしまいました!到着が楽しみ~。

それから、あのカットワーク(F社ではフェザーカットと言うんですよね?)の臨時実演、本当にありがとうございました。僕が勝手にそのような方向になるように仕向けてしまったのですが、嫌な顔ひとつせず快く披露してくださり、心より感謝しています。みなさんにとって貴重な財産になったと思います。でも一番感動、感激したのも、勉強になったのも僕自身ではないかと自負しています。
普段経験がないはずなのに、あの分かりやすい解説と質問への回答・・・ハンニバルさんが普段からいかに「考えながら作業」をし、そしていかに頭が良いか、バレバレでした・・・。

ところで、まさかハンニバルさん宅で邑楽郡出身の株が開花していたとは・・・。
邑楽郡の隣、暑さで有名な館林市にはハスで有名な沼があり、ツツジで有名な公園があり、彩さんの地元(こちらも邑楽郡)には有名なコスモス畑があり・・・と、邑楽郡周辺には多くの花の名所があります。
機会がありましたら一緒にフラワーデザインの勉強を兼ねたピクニックに出掛けましょう。
口ひげをたくわえた四十路の男2人組が、ジーっと花を凝視しては熱く語る姿は、きっと周囲には不気味に映ることでしょう。


>鳩ケ谷さん
今回は協進エルでの講習だったにもかかわらず、参加していただいてありがとうございました。
鳩ケ谷さんだけでなく、クラフト学園での講習会を知っている人からは、定刻後のお楽しみもなく定刻早々に講習が終わってしまう様子を物足りなく思う声が上がりましたが、それぞれの教室の風習というのがあるのでご理解ください(実は、早く終わるお陰で僕は別のお楽しみをエルさんからいただいているのですが・・・)。

それでも鳩ケ谷さんには講習に満足いただいたようで有難く思います。ハンニバルさんの実演は圧巻でしたね。それもあり、確かに鳩ケ谷さんの席は特等席でした・・・あれ?そう言えば「その席がいいよ」って僕が勧めたんじゃなかったでしたっけ?
またいつかお会いしましょう(今年も忘年会に誘ってもらえるんですかね?)。
K様にもよろしくお伝えください。


>Ryuくん
参加できなかったのにねぎらいの書き込みありがとう。
うん、内容は濃かったはずなのに、上に書いた通り、今回は結構楽な2日間だったんだよ。
Ryuくんに講習に参加してもらっても教えられる事があるか分からないけど、でも講習会場にRyuくんが居るだけでも嬉しいかも。
次回があるかどうかもまだ分からないけど・・・でももし機会があったら、ね。

43歳になったよ。気持ちだけはそこそこ若い、と同時に自分なんかまだまだと思うんだけど、オリンピックだと監督とかしてる歳なんだよね・・・。
「いや、あっちはスポーツだから・・・」とかそういう問題じゃなくね・・・もっとしっかりしなきゃなぁ~って・・・はぁ~、落ち込むわ~~~。


>mayumiさん
ご参加ありがとうございました。前夜祭(?)にお誘いいただいたのにお付き合いできなくてすみませんでした。
中身が濃い講習だった割に僕は・・・前述の通りですが、受講したみなさんはきっと大変だったと思います。お疲れ様でした。
受講者のみなさんのそんな頑張りに、こちらこそ感謝します。ありがとうございました。
ご注文いただいたお財布、詳細を検討してみますのでもう少々お返事お待ちください。納期は来年という事でお許しを・・・。
 

お世話になりました。

 投稿者:mayumi  投稿日:2012年 8月 5日(日)10時10分47秒
  タカさん、Sさん お疲れ様でした。m(__)m
中身の濃い講習と凄い仲間たち?(って言ってもいいのか・・・)に囲まれての講習で
緊張もあって 疲れましたが、楽しいひと時を過ごせたことを 感謝します。
本当に 有難うございました。m(__)m
Ryuくん 次回は 会いたいですね。(*^_^*)
 

お疲れ様でした!!

 投稿者:Ryu  投稿日:2012年 8月 4日(土)21時45分58秒
  Takaさん、講習会お疲れ様でした!!

またまた内容の濃い講習会だったでしょうね!!

暫く参加させてもらっていないので、次回は・・・・・なんて思っています。

師事させて頂いてるのに遅れましたが、お誕生日おめでとうございます!!

Takaさんにまた良い一年が訪れますように・・・・・


 

講習会

 投稿者:鳩ヶ谷  投稿日:2012年 8月 3日(金)19時17分14秒
編集済
  TAKAさん、みなさんこんばんは。

TAKAさん、アシスタントのSさん、2日間の講習お疲れ様でした。そして、有難うございました。自分にとって、TAKAさんの講習会は2回目で、シェリダンスタイルは初となりました。機会をつくって頂いた協進エルさん、この場をお借りしましてお礼を申し上げます。

今年も刺激満載で、とても充実した2日間を過ごすことが出来ました。そして、ハンニバルさん、お世話になりました。有難うございました。自分の席からは、左を見ればすぐTAKAさんの作業が見れ、前を見ればハンニバルさんの作業が見れる超ミラクル席だったので、見る事・聞く事・触れる事で入ってくる情報と刺激の量が多すぎる席でした。素人の自分の話にも作業を止めてのお付き合いに感謝しています。自分にとってはミラクル席でしたが、ハンニバルさんにとっては邪魔の入る席でしたね。何をどう書いても、この興奮と感謝の気持ちを表現しきれませんが・・・。いつの日か・・・、また、お2人にお会い出来る日を夢みて精進します。

暑い日が続くと思いますので、みなさんお体をご自愛下さいね。
 

邑楽の睡蓮

 投稿者:ハンニバル  投稿日:2012年 8月 1日(水)15時28分32秒
  Takaさん、みなさんこんにちは。
この掲示板には久しぶりの登場です・・・

先ず、Takaさん、遅ればせながら誕生日おめでとうございます。
え?43にもなっておめでとうもヘチマも無いって?(笑)
明日、良いモノをお渡ししますのでオタノシミに・・・

明日と言えば、いよいよ来ましたね
講習会という名のこの夏最大のイベントが!!
PLの花火より、天神祭より、祇園祭よりも私に取っては価値ある夏のイベントです!
昨日、ヒーヒー言いながらパターンのトレースも済ませました・・・
ナイフも久しぶりに研いでみたり・・・したら角度が変わって修正に時間が掛かったり・・・
準備は万端、後はこの身を東京へ運ぶばかりです。
怒濤の夏はまだまだ続くのでしょうが、明日と明後日は楽しく勉強させて頂きますので、
Takaさんも肩の力を抜いていきましょう!
(マジメなTakaさんに肩の力を抜けっつっても難しい話ですかね・・・)

暑い毎日ですが、(群馬はもっと暑いですよね・・・)
どうか体にお気を付けてお過ごし下さい。(明日会うのにお気を付けても無いもんだ)
そして、今回の講習に参加される皆さん、宜しくお願い致します。

添付画像、少しでもカービングが巧くならないかと思い、私の自宅で
育てている植物の内、(奥さんが)丹精している睡蓮ですが、
先日、(奥さんの)丹精の甲斐あって見事な花を咲かせました。
この睡蓮、Takaさんが住んでる邑楽郡から来た株なのです!
密かに私は邑楽の睡蓮と呼んでいますが、やはり、群馬の温暖な気候が
この様な良い株を育てるのでしょうか・・・
感動モノの美しさでした。
これで私のカービングも上達!・・・はしない様ですが、
涼を堪能する事が出来ました。
邑楽郡万歳!


 

よろしくお願いします

 投稿者:Taka  投稿日:2012年 8月 1日(水)04時12分11秒
編集済
  みなさんこんにちは。
夏季講習会のごあいさつと、久々の近況報告を兼ねて一カ月半ぶりの書き込みです。

まずは2日と3日、協進エルでの夏季講習会にご参加くださる皆様、よろしくお願いします。
今回はHPで講習の告知をする時間がとれなくて申し訳ありませんでしたが、お陰さまでほぼ満席という事だそうで、お申込みくださった皆様には心よりお礼申し上げます。

僕も講習会に向けて心身ともにコンディションを整えて・・・と言いたいところなのですが・・・実はその真逆で、まあ~とにかくボロボロの状態なのでございます。
今年の講習会はオリンピックと時期が重なりまして、それだけに「大事な本番に向けてコンディションのピークをもっていく」ことのできなかった自分がことさら情けなく思えるのであります。

何がそんなに忙しかったのか思い出せないくらい公私共に怒涛だった7月、それでも予定の仕事が終わらなくて8月にずれ込み、もちろんお盆休みがとれない再び怒涛の8月・・・恐怖ですねぇ~。子供はせっかく夏休みだし、まったくどこにも連れて行かないってワケにもいきませんし・・・。

先日おかしな夢を見ました。
僕が砂漠のど真ん中に立っていまして、はるか数キロ先から、重機、戦車、飛行機、戦闘機・・・何百という数の"巨大な乗り物"が、すべて僕をめがけて飛んでくるのです。飛行してくるわけではなく、爆風で吹き飛ばされたようにゴロゴロと砂埃をあげて転がりながらとか、単純にライナーで、僕のほうにあり得ないスピードで吹っ飛んでくるのですよ。
それをヒラリヒラリと華麗なフットワークでかわす・・・その直前に目が覚めたので、かわし切れずに衝突しないで済んだわけですが・・・この夢をなぜか2日連続で見ました。かなりコワかったです・・・。
ある知人に話ましたら、苦笑いしながら「よっぽど追い詰められてるんですね・・・」と一言。

忙しいのは有難い事ですが、ただでさえ仕事がノロマに加えて、不要なところでクソ丁寧という悪癖が災いして、自分で自分の首を絞めているのが実情です。
体も疲れていますが、あれもこれもやらなくちゃ、間に合わせなくちゃ、という焦りからくる精神的な疲労が重なりまして、ボロボロな状態、という事です。
(2週間以上仕立てばかりやっていて、その間カービングを一切やっていないというストレスもあるのでしょうか・・・)

さて、こうして弱音を一通り吐き出しまして!
1日は、夕方に協進エルで講習の準備を済ませて都内に前泊します。工房から体が離れますので、工房での仕事は一切忘れ、講習に向けて気持ちを高めたいと思います(半日だけで申し訳ありませんが)。
また、講習会で仲間との久しぶりの再会、新しい出会いも含め、僕自身も講習会を楽しませていただきたいと思います。(う~ん、こうして書いてるだけで楽しみになってきた!)

今回の講習は仕立てが単純な反面、カービングだけでなくカットワークと変形バスケットが含まれるため、やはり駆け足で大忙しの内容となりますが、忙しいなかでも楽しみつつ、充実した2日間にしましょう。
それでは参加者のみなさんに会場でお会いするのを楽しみにしています。よろしくお願いします。

P.S
今回は講習課題作品以外に、本業(製品屋)で製作している作品をいくつか持参してお見せします(コンディションを整えられなかったお詫びのつもりです)。
小物ばかりですが、シェリダンスタイル以外のカービングや、厚い革にシェリダンを彫ったモノで、ネットや雑誌では目にした事はあるかもしれませんが、実物を見る機会はあまりないと思います。
こちらもお楽しみに。


>辻永さん
お返事しなくてすみませんでした。
忙しくて、"つい、当分"の間、ご無沙汰してしまいました。あ、しつこいですか・・・失礼しました。
ネタのためにわざわざカービングをする気力がすごい!と思ったのですが、よく見ると「等分」カービングを実現する技術がすごいと思いました。あのフラワーセンターはオリジナル?それともボーダー刻印で代用ですか?
2日から久々に外に出ての講習なので、いろいろなレザークラフトがある事を改めて再認識してこようと思います。

>Ryuくん
返事しなくてごめん!
この間はアレやらコレやら色々ありがとう。
FBのメリットも色々教えてもらったり勧めてもらったけど(俺も興味はあるけど)、でもやっぱりこれ以上なにかと関わる時間は当分の間とれそうにないや・・・ゴメン。
せっかく刻印もってきてもらったのに、上に書いた通りの忙しさで、実はいまだに試してないんだ。ホントにゴメン。使ってみてから、必ず使用感を連絡するから。
それにしてもあの2日間は腹の立つ暑さだったね。オマケに徹夜で語り明かして・・・先月43歳になってしまったご老体には、その後何日間か響いたよ(笑)。
俺としては子供も大事にしつつ革をやる時間をとらなきゃならない大変さを話したのが印象に残ったよ。こういう話をする機会って、意外とないからね。
こっちは相変わらずの暑さなので(ニュースで知ってるでしょ?)、あのそうめんは本当に重宝してる。食欲さえ溶けてしまそうな暑さでも、そうめんなら食べる気になれるし、オマケに本当に美味しい!ごちそうさま。
次回は季節が良くなった頃、会えたらいいね。

>だるまさん
お久しぶりです。
もう4年半も経ってしまいましたか。早いですね。講習のためにわざわざ一時退院してくださった事、よく覚えています。
僕の図案を彫った写真をUPしてくださってありがとうございます。
講習の時とは見違えるほどお上手になりましたね!
ここまでできてしまうと細かい事は文章でアドバイスは無理ですので、ご要望のアドバイスは控えさせていただきますが、どうぞこの先も楽しみながら習練を続けてください。
やればやるほど洗練され、他人の図案であってもだるまさんの個性が彫りに現れてくると思います。
ニートフットオイルは後からでも足せるので、少しずつ様子を見ながら入れるといいかもしれないですね。
またいつかお会いするのを楽しみにしております。

 

ひさびさにお邪魔します

 投稿者:だるま  投稿日:2012年 7月24日(火)22時30分32秒
  初めて講習会(エルさん)に入院中にもかかわらず、参加させて貰ってから、早いものですね!約4年半が過ぎてしまいました。障害を少しでも良くしたくてリハビリに行きながら、未だにレザーを諦める事ができず。!習練の日々を続けてます。素人が写真を、UPするのは、気が引けるんですが、勇気をだして、投稿します。!!色々アドバイスお願い致します。来月の講習会、参加したかったです。残念です。!!因みに、大塚さんの図案です。!!バラ図の方はニートフットオイルの入れ方は、上手く入ったのですが、もう片方は、残念!!入れ過ぎました。  

ありがとうございました!!

 投稿者:Ryu  投稿日:2012年 7月17日(火)21時29分40秒
  Takaさん、連休中はお世話になりました!!

久しぶりにお会いできてうれしかったです(^u^)

ようやくOさんの工房にも伺う事が出来ましたし、、、、うっしし。笑

とても充実した2日間になりました!!

というか、群馬の暑さはヤバいですね。汗
日中の気温の高さにビビりました・・・・

まだまだ暑くなると思いますので、お体には注意してください!!

お忙しい中、ありがとうございました!!!



ps.次回はあの定食に挑んでやろうかと思っています。笑
 

すいません・・・・

 投稿者:Ryu  投稿日:2012年 6月25日(月)22時35分3秒
  i-phoneからは画像アップできないんですね。汗

しかも!!マークが?マークに誤変換。泣

申し訳ありません・・・・・
 

なんと……お疲れ様でした?

 投稿者:Ryu  投稿日:2012年 6月25日(月)21時33分57秒
  Takaさん、皆さんこんばんは?

なかなかカキコのタイミングが掴めず…しばらくコチラに来ていませんでしたが…


辻永さん、お疲れ様でした?
僕もチョコチョコと覗かせて頂いていた一人なので、ショックです。汗
とても参考になる記事ばかりで、本当に感謝しています。
勝手に覗いておいてなんですが…ありがとうございました?


Takaさん、以前、掲示板盛り上げ係を仰せつかっていましたが、長らくカキコしなくてすいません(^_^;)

そろそろ工房が恋しくなってきました…近いうち、コーヒーでも……



Takaさんから画像載せんかいっ?とは言われてませんが、しゃしゃり出させて頂きます。笑

Takaさん、辻永さんの後でお目汚しですが……
 

つい等分しちゃったぜ~

 投稿者:辻永  投稿日:2012年 6月20日(水)01時12分50秒
編集済
  ぜ~ から離れなれないし、ついとうぶん からも離れられない、困った私です。

日本のレザークラフトは、染色教室などの影響が大きかったのではないかと想像しておりますが、それ以前にも革の歴史があるのでしょうし、きっとどこかに資料などはあるのでしょうね。いつの日か、その気になれば誰にでも読むことのできる形で、様々な観点からの資料がまとまると良いですね。

TAKAさんのおっしゃるとおりで、いろいろなクラフトがあるのが楽しくて良いですね。工具も本も作品も、これからも様々なものが出てくるでしょうね。楽しみです。


さて、TAKAさんの投稿を、画像の投稿の指令と勝手に勘違いして、投稿します。しかも、パターンを、つい等分に分けてしまいました。

え~、本当は、「つい等分」を書きたかっただけでーす。
以上でネタ切れなので、今回はこのへんで。
ありがとうございました。

TAKAさんに、ケツ(失礼!)に釘を刺されたので、頑張りまーす。

  
 

つい糖分でした・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2012年 6月19日(火)09時13分53秒
編集済
  僕はあのような長文(6月15日の書き込み)を書く場合、チョコレートを食べながら・・・クッキーを食べながら・・・砂糖入りのコーヒーを飲みながら(時にはココアの場合も)などなど、つい糖分に頼りがちなのですが、決して追悼文のつもりはありませんでした。

辻永さんがあの世に旅立ってしまったら僕としても困りますし、今までの辻永さんの功績に対して、あのタイトルの通り「感謝とねぎらい」として僕の素直な気持ちを書かせていただいただけなのですが・・・結果的に辻永さんが慌てて「必死な照れ隠しと謙遜」、「引退ではありません宣言」をする事となってしまい、申し訳なく思っています。

辻永さんが個人の感覚と断ったうえで述べていた、「皮革工芸の地位は、他の工芸と比べて高いとは言いがたいものがあったと思っております。」というのは、僕も同じく個人の感覚とお断りした上で、全く同感なのです。僕の知人の作家さんも同じ事をおっしゃっていました。

その要因には僕なりに様々なモノが思い当たり、その中には納得のいくモノ、腑に落ちないモノなど色々ですが、一般的に認識されている「レザークラフト」というジャンルに限って言えば、それが手芸として日本で普及した事が大きな要因だと思っています。
間口を広げるため=普及するために「手軽に楽しめる」が最優先され、装飾性と見た目の豪華さに重きを置き、質(特に仕立て)は二の次、という歴史が長かったのだと思います。
日本で伝統の袋モノなどと違い、アメリカ産のレザークラフトは日本では歴史が浅いモノですから、これまた日本で伝統の華道や茶道と違った形の習い事、お稽古事となったというのもあると思います。

そのような状況に違和感を覚えた辻永さんのような人や、僕のように物足りなさを感じた人が増え、また、手芸ではない職人寄りの技術を習得した人が表に出てくるようになり(書籍やハイレベルな教室など)、つまりマーケットが成熟して、現状のようなレザークラフト界になったのではないかと思っています。ネットの出現で情報が充実した、というのもありますね。

あれ?僕は偉そうに何を書いているのでしょうね???
論点が完全にズレちゃいまして・・・う~ん、どうしましょう???

もう開き直ってこのまま突っ走りますが・・・でも、自分がレザークラフトに取り組みたいと思った当時、レザークラフトというモノがどういう形であれすでに普及していて、しかも入口の敷居が低かったお陰でスタートラインに立てた、という意味で、手芸的なレザークラフト、お稽古産業のレザークラフトというものに僕は感謝しているのであります。
そして、レザークラフトは子供からお年寄りまで、男女関係無く楽しめる数少ない手仕事だと思いますし、手軽なレザークラフトの需要があるもの事実で、クラフト人口をより増やすという意味でも、やはりこの先もずっと必要なものだと思います。
(最近、「手軽」をテーマにしたと思われるキット物や教本が増えていますが、このような背景があるからだと思います。)

その一方で、マーケット全体の質を底上げしたい=他の工芸のように、レザークラフトの地位も高めたい、という気持ちがあるのも事実で、だからこそ辻永さんのブログは絶賛に値すると思いますし、手間と時間がかかってもいいからしっかりした革仕事をしたいというクラフターや、そういう人を対象にした教室がが増えているのも嬉しいわけです。
今後、辻永さんの書き込みの中で述べられていたような、道具に関する内容の濃い書籍も出現するのではないか、と期待もしています。

つまり、需要に応じて色々なレザークラフトがあって良い!という事でしょうか?
おお!我ながらなんとも無責任かつ投げやりなまとめ方ではありませんか!

さて、辻永さんの書き込みに応じる形で書き始めたのですが、完全に論点がズレてしまい、僕の一方的な意見を述べるだけの書き込みとなってしまいました事をお詫びします。
それにしても我ながら何様のつもりなんでしょうね・・・きっとまたファンを減らしたな・・・と言うよりは、きっとまた敵を増やしたな・・・。
(僕こそ小心者だし、しかも寂しがり屋だから敵が増えるのは困るんですけどね~。)

では最後に、あれは決して追悼文ではありませんと再び釘をさし、辻永さんの今後のますますのご活躍を期待しています!と軽くプレッシャーをかけた上で・・・突然の結びとさせていただきます。


P.S
「最近ココに画像の投稿が全然ないな」と、ふと気付きましたので、全く関係ありませんが取ってつけたようにカービング写真を投稿します。
シェリダンスタイルがレザーカービングの代名詞のようになってしまっていますが、シェリダンスタイルでないカービングも(あまりに不慣れで不満な出来ではありますが)楽しいモノです。
 

追悼文かと思ったぜ~

 投稿者:辻永  投稿日:2012年 6月16日(土)01時06分0秒
編集済
  こんにちはー。

何やら私のことを書いてくださったとメールでご連絡いただきまして拝見しに参りましたが、あまりにも立派な「追悼文」で、私もついに逝ってしまったのかと錯覚を覚えてしまいました。しかし、きっとあの世にはパソコンは無いでしょうね。現世の我が身を再確認した次第です。

お褒めいただいたと思って良いのですよね。公の場でこのようなことを書かれるのは、恥ずかしいのか気持良いのかよくわかりませんが、とにかくアセってしまいます。大した自覚も無いままに、だらだらと工具の記事を書き続けてきてしまいましたので、そろそろ潮時と思い終了いたしましたが、少しは役に立つことがあったとすれば、書いた甲斐があるというものです。

しかし、私が工具の記事を書いた理由を、あらためて人様に書いていただいたのを読むと、こんなきれいごと言う奴は許せませんな。自分で同じことを書いていたわけですが・・・。う~ん、本当は、自分で販売する工具はどうせならもう少し良いのがいいなーという感じだったのかな。

そんで、業者に煙たがられているのは、まったく自覚が無かったです。反省。記事を書き始めた頃は、どこの業者も優しくなかったしー・・・、その後もそんなに意地悪はされていないしー・・・・、たぶん、私は存在感のない客なのではないかというのが、自己分析です。私ごときが何を書いても、どうってことは無いということなのだと思いますよ。(本当は、記事を書くときは、業者に嫌われないように、ほどほどに書いていたつもりですよー。小心者なんです。)

無責任にあれこれと書いてきてしまいましたが、たとえ代用品や代替手段があったとしても、それでも売れるものを作って提供するのが専門業者というもので、価格と機能のバランスがとれていれば、ちゃんと売れるのだと思います。色々書いている私の所でも、もちろん普通の工具が売れますよ。

一時は「こんなものは販売できない」という工具も何点かはありましたが、最近はそれほどひどい工具もなくなりましたし、工具の選択肢も広がりました。工具で困ることは少なくなったと思います。例えば、磨きガラス板などは、本当にひどい時期がありましたが、ずいぶん良くなりましたよね。同じ値段で、ちゃんとしたものができるのですから、作るときのちょっとした気遣いなのですよね。あと5秒「そこに」気を付けて削る。それだけで劇的に良くなる工具というのも、きっとあるのじゃないかしら?と思うわけです。

工具の記事を書いた理由としてはブログには書かなかったのですが、私が以前感じていたことの一つに、他の工芸と比べて皮革工芸の道具についての記述が書籍に少ないということがありました。金工の本ならば、自分でタガネを作るところからスタートすると思いますし、木工ならばカンナやノミが研げなければ話しになりません。もちろん、現在の製造現場で必ずしもそれが当てはまるわけではありませんが、それぞれの工芸を語る時に欠かせないのが伝統的な道具の話だと思うのです。奥深い工芸の世界には、奥深い道具の話が付きものだと思うのです。それが、皮革工芸の世界では、どうも少なすぎだったと思うのです。とある昔々の革関連の本の革包丁の研ぎの解説文は、市販の砥石の箱に付いている料理用の包丁の研ぎ方をコピーしたものでした。これは残念感が大きかった。

私個人の感覚としてと断りをつけますが、皮革工芸の地位は、他の工芸と比べて高いとは言いがたいものがあったと思っております。それが、文献・資料の蓄積、つまりは道具についての画像化や文書化の遅れにもなっているのではないかと、若い頃の私はそう思ったりしておりました。大工道具・木工道具の写真やうんちくの本を眺めるのが好きな時期があったのですが、革道具の本というのは考えられませんでした。

宮大工の棟梁が、砥石にこだわる職人として革の職人と書籍の中で書いてくださっているのに(そういう本があるのです)、革の世界ではそんな記述となかなか出会うことが出来ない。そういう状態は、皮革工芸にとって良いことではないなという、そんな気持ちがありました。それも、革の工具の記事を書こうと思った理由の一つでした。自分のサイトを作るときは、一つの本を書くような気持ちで作業をしました。

レザークラフトと言われる分野の道具類は、日本の伝統工具とは言えないものですので、日本のレザークラフトの分野では文献・資料の蓄積が始まって年月が十分には経っていないという面もあるかもしれませんが、それ以前の日本の道具類や技術と合わせて、後世に立派な革関連の本などがたくさんできてくれれば良いなと思います。最近の革関連の出版の多さを見ると、なにかいい形で残っていくものができそうな気がしますね。「革工道具曼荼羅」そんな本ができる日がいつか来るかもしれませんね。(だいぶ前の本ですが、「道具曼荼羅」という、道具の本があるのです。それからついでにおすすめ本。土田昇氏の千代鶴是秀関連の本はおすすめ!道具好きの人にとっては、きっとおもしろいです。)

さて、長くなってしまったので、そろそろ切り上げないと。TAKAさんわざわざ「感謝とねぎらい」を書いてくださってありがとうございました。これで、いつでも心置きなく引退できます。これを持ちまして、謹んで引退のご挨拶とさせていただき・・・。いえ、間違えました。引退する予定はありませんが、これを励みに、これからも元気に現役でがんばります。

工具の記事を書かないと決めたら、もう何も書かなくていいかなという気持ちになって、なんだかすっきりしております。ブログなどを書く頻度は、今後はずいぶん減ると思いますが、たぶん時々は何かを書くつもりですので、何かのついでにいつかまた覗いてみてください。

では、失礼いたします。
長い投稿を、最後まで読んでくれた人、ありがとうございます!

 

感謝とねぎらい

 投稿者:Taka  投稿日:2012年 6月15日(金)04時34分45秒
編集済
  みなさんこんにちは。
気がつけば前回の書き込みから一カ月以上が経過していました。

さて、今回久しぶりに書き込みをしたい気持ちになった話題は、辻永クラフト工房さんのブログに関してです。
こちらの辻永クラフト工房さんは多くの方がご存じだと思いますが、ブログにて「これで工具に関する事を書くのは終わりにする」という旨の宣言をされているのを昨日発見しました。
http://tuzie-analog.blogspot.jp/2012/06/blog-post_09.html

実は以前より、辻永さんご本人から「近々終りにしようと思う」というお話はお聞きしていたので驚きはありませんでしたが、「ついにその時が来たか」と寂しい気持ちになりました。

僕自身、辻永さんのブログは工具、道具の仕立てや手直しに大いに参考にさせていただいて来ましたし、情報の充実ぶりに常に感銘を受けて来ました。
しかし、僕がそれよりも感銘を受けていたのは、辻永さんがあれほどの記事を公開し続けてきた姿勢と、その理由です。
これはご本人からも直接聞きましたが、ブログにも書かれている通り、市販品への不満と、それをメーカーが相手にしてくれない事への反発心、業界の工具の質の底上げという目標、工具の購入にすら苦労する苦学生(?)のために「工夫次第でどうにでもなる」を伝えたかった、などがモチベーションだったそうですが、それを10年間に渡って実行し続けるのは並大抵の精神力と労力ではないと思います。

公の場で市販品の欠点を指摘し不満を露わにすれば、メーカーに煙たがられて面白く思われないのは当然。高価な工具を買わなくても、安い工具に一工夫、またはホームセンターや100円ショップで売っているもので代用できてしまう事を公表するのもメーカーにとっては迷惑な話。
ご自身も材料店を経営している辻永さんにとって、メーカーの反感を買う事が不利益になるのは目に見えている事です。
それでも辻永さんは業界の底上げ、クラフターという工具ユーザーのために、と、この活動を続けてきました。そこには(ご自身は自覚がないかもしれませんが)、工具と道具に対する深い愛情(もはや執着心に近い?)もあるかと思います。

僕はブログに書かれている記事と写真=情報のありがたさだけでなく、その裏に隠れた辻永さんの正義感、男気、工具への思い入れに感動し続けてきました。

また、もうひとつ評価すべきは、辻永さんの記事には他人から得た情報の受け売りが一切なく、同時に、いたずらに自分の知識をひけらかす自己顕示のいやらしさも一切なかったことです。つまり、すべてが自分自身で検証した結果の冷静なレポートという事です。
現在ネット上には一見して受け売りと分かったり、「こんな事を知っている、こんな事をできる」という自己顕示の記事が多数見られます。(結果的にそれを見た人のためになる場合が多いので、一概に否定はしません)。
でも辻永さんの記事は、純粋に「ここに疑問、不具合を感じたので、こう考えてこうしてみました。その結果こうなりました」という姿勢を一貫して通しています。いやらしさもありませんし、非常に説得力のある記事です。
もちろん正義感や義務感だけでなく、辻永さん自身工具の検証や開発が個人的にお好きだから取り組んできた、というのはあるでしょう。
しかしその結果を自分だけのものとせず、「せっかくなら皆さんにも知っていただこう」という行動を続ける事は、なかなかできるものではりません。

記事として公表されているのは実験と検証の結果ですから、読む側としては1記事につき10分、20分で得られてしまう情報です。
しかしその奥に数時間、数十時間、場合によっては年間に渡る辻永さんの労力と、実験のために無駄にしてしまった材料や工具の費用があるのです(言われなくても分かっている人がほとんどだと思いますが)。写真を撮影し、記事として執筆し、ブログに上げるという作業も相当なものだと思います。

それを10年もの間、恩着せがましさ一切なく公表し続けてきた辻永さんのブログ(以前はブログでなくアナログマンというHPでした)は僕にとって、、日本一の工具と道具の情報源であり続けました。情報そのものだけでなくその奥の心意気も含めてです。

辻永さん、長い間本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
辻永さんの「業界の工具の質を底上げしたい」という志は、少なからず実現したのではないか、と思っています。
また、「道具は買ってそのまま使うものではない。自分の道具たるもの自身で手を加えて、本当の意味で自分のモノとすべし」という、ごく一部のクラフターにしか認識されていなかった事を、(辻永さんは無意識かもしれませんが)広く知らしめてくださいました。辻永さんのお陰でその事に気付いた人は少なくないと思います。
この場で謹んで辻永さんへの感謝、ねぎらいの気持ちを贈らせていただきます。


本来、このような事は個人的に直接伝えるべきかも知れませんが、僕と同じような気持ちで辻永さんのブログを拝見していたクラフターも多数いらっしゃると思いますので、感謝とねぎらいも共有したいと思い、ここで書かせていただきました。


※補足
ここまで熱く述べてきた事を、ある意味否定する事になってしまいますが・・・工具メーカーが工具の改良に関して腰が重いというのは、それなりの事情があります。
クラフトに深くのめり込んでいる僕らはイマイチ実感がありませんが、クラフト界全体からすると、本格的にレザークラフトに取り組んでいる人よりも、お遊び程度、または色々ある趣味のひとつとしてレザークラフトをやっている人の方が、割合的に圧倒的に多いのです。
そのような人にとって、工具は質はさておき、安ければ安いほどよい。
数を売らなければならない大手のメーカーにとっては、そのような人をメインターゲットにしなければなりませんし、そのようなニーズの方が多いわけです。
新規のクラフト人口を増やすために、敷居を低くする目的でも安価な工具は必要です。
安い工具=限られた開発コストと生産コストの中で作られる工具には当然限界があります。その中で各メーカー、最大限の努力をしていると思います(事実、コストパフォーマンスに優れた市販品も多数あります)。
考えようによっては、自分でちょっと手を加えれば立派なモノになるベースが、安価で入手できるのは有難い事とも言えます。

一方で、「高くてもいいからしっかりした工具が欲しい」という声が高まっているのも事実で、各メーカー、従来のラインナップとは別ラインの商品群も充実しつつあるのは皆さんご存知の通りです。
さらなる充実、品質のさらなる向上を願い、(辻永さんのように)ネットを通じて、材料店を通して、僕たちユーザーの声をメーカーに届ける努力をしましょう。
実際、あるメーカーの商品開発担当の方から工具の開発に関して「マーケットの要望が知りたい」というお話をつい先日聞きました。僕らの声が多数届けば、きっと反応してくれると思います。
 

コメントありがとうございます

 投稿者:Taka  投稿日:2012年 5月 9日(水)22時32分43秒
編集済
  >こまちさん
こんにちは。お久しぶりのご登場ありがとうございます。
こちらは若葉の頃が終わりまして、開花の頃の我が工房です。毎年10種類ほどの草花を種まきから栽培していますが、今年は忙しくて花壇やプランターに定植する暇がなく、育苗ポットのまま飼い殺しにした結果、すべてポットで貧弱に開花してしまいました。
パンジーに至ってはポットどころかセルトレーのままで開花し、巨大輪の品種だったのにビオラ以下の小さい花が咲いています(泣)。

開花の話が長くなりましたが・・・さて、僕のシェリダンスタイルに関しては今のこまちさんにお見せするほどのものは何もありませんので、遠路はるばるお越しいただいてしまったら、かえって申し訳なくなってしまいます。初めてお会いして頃に比べて、こまちさんは本当にお上手になったと思います(ホメてますので単純に喜んでください)。
とは言いましても、やはり時々はこまちさんにお会いしたいので、今年も相変わらずのシェリダンスタイルの講習(それを望んでいる人が多いので)で申し訳ありませんが、それでもよろしければご参加いただけたら嬉しいです。
日程、課題作品は来月くらいに協進エルさんから発表があると思います。

ちなみにこの頃のTakaはですね
努力をせずに苦労だけしている。平気そうにできない。
ホメられると「お世辞が上手ですね」とヒネくれる。
ああーっ!というヘマに腹を立てる。
買ってもらえないと生活できない。
教える喜びと怖さからご無沙汰している(教室は大山に任せているので)。
一番は、やってて楽しい事(ココだけは一緒ですね!)。

夏の講習会の作品見本、昨日図案を描いて、先ほど彫り始めたところです~~~。


>彩さん
2日間お疲れ様でした。いろいろとありがとうございました。特に、実演のご案内の場内アナウンスで、よりによって僕の名前のところで噛んでくれた事には心より感謝申し上げます。
今回の実演があれほどの盛況だったのは、J2千代田店の集客力と、彩さんが熱心に事前告知をしてくれていた結果だと思います。
こらからもクラフターにとって楽しい品ぞろえ、売り場作りを続けてください。今回の実演に合わせて納品したシェリダンスタイルのストーリーボードが、より良い売り場作りの一助となれば嬉しいです。
J2千代田店の革売り場の益々の発展と盛況を、心よりお祈りしています。


>野田さん
今回も遠路はるばるご家族揃ってのご来場、そして真摯に革に取り組んでいる野田さんとの久しぶりの会話で、こちらも感激、感謝の気持ちです。
僕らが革話で盛り上がっている間、催促ひとつせず文句ひとつ言わずじっと待っていてくれたご家族にも、僕からの感謝をお伝えください。
またお会いできる日を楽しみにしています。ありがとうございました。


>Kさん
こんにちは。初めての書き込みありがとうございます。
あの実演がKさんの刺激となり、カービングを始めるきっかけになれたのでしたらこれほど嬉しい事はありません。
クラフト事は何でもそうですが、やればやるほど着実に進歩して行くものなので、思うようにいかなくてガッカリしつつも、同時に自分の進歩ぶりも楽しんでください。
2日目の姉妹は面白かったですね。妹のYちゃん(6歳)は2日間の来場者の中で、一番熱心に僕に質問をしていました。しまいには「好きな食べ物なあに?」って訊かれましたからね(笑)。
子供は宝です。僕は教育者じゃありませんから、モノ作りを通して子供たちに情操教育をする事しかできませんので、興味を示す子にはできる限りの事をしてあげたいと思っています。
Kさんも今後似たような機会がありましたら是非、レザークラフトで子供たちに夢と喜びを与えてあげてください。
またいつかお会いできる事を楽しみにしています。
 

こんばんは

 投稿者:  投稿日:2012年 5月 9日(水)00時32分39秒
  今回の実演、本当にありがとうございました。
二日間見学させて頂きましたKと申します。
一日目には僕のバスケットのリクエストに快く応えて頂き、更に細かくコツを教えて頂いたのは最高に嬉しかったです。また終わり間際に少しお話をさせて頂いたのは忘れられない思い出になりました。
レザークラフトは以前からやっていたのですが、カービングに関しては一歩が踏み出せずにいた状態での今回の実演、完璧にスイッチを入れて頂きました(笑)
二日間目に焼き付けさせて頂き、テンションが上がって自宅で練習してみたものの、当然タカさんのように出来る筈もなく、現実に引き戻されている状態です(笑)
しかしこれから練習を重ね、少しでも上達出来るように頑張ります。
また、二日目に熱心に見学していた幼い姉妹に対するタカさんの対応は本当に感動しました。
レザークラフト、カービングというものをもっと広めたいというタカさんの使命感からなのだと思いますが、姉妹の嬉しそうな表情を見て僕も温かい気持ちになれました。
とにかく今回の実演を機に僕の価値観が変わったのは間違いないので、この先に生かして行きたいと思います。
ただの実演ではなく、質問やリクエストに応えて頂けたこのような機会は通常有り得ないと思っております。またこのような機会があれば必ず参加させて頂きたいと思います。
今回の興奮と感動と感謝をお伝えしたいと思い、この掲示板に書き込ませて頂きました。
長文失礼しました。
 

ありがとうございました。

 投稿者:野田  投稿日:2012年 5月 8日(火)18時27分41秒
   Takaさん、こんにちは。静岡の野田です。
先日はお疲れ様でした。忘れられない一日になりました。
色々とお気づかいありがとうございました。
感激、感謝の気持ちでいっぱいです。
 

ありがとうございました。

 投稿者:  投稿日:2012年 5月 8日(火)15時18分29秒
   タカさん、予定の時間を延長しての2日間の実演ありがとうございました。また、ご来店頂きました
お客様には心より感謝致します。実演開始時間より早く来店され最後までご覧になっていたお客様、遠方より遥々おこしのお客様、本当にありがとうございました。多くの方に楽しんで満足していただけ、売り場担当者としてとても嬉しく思っております。お帰りになるお客様より、「タカさんに途中で声をかけるのが申し訳ないので、よろしくお伝え下さい」と、何人もの方からメッセージを頂きました。素晴らしい技術が感動を与え、人の心を豊かにし、刺激を受けることの大切さを改めて感じた2日間でした。

J-2千代田店は、オープンして一年ちょっとのまだまだ幼い店です。物づくりを通してお客様に満足して頂ける店になることが私たちの務めだと思っています。レザークラフトに出会え 私の人生が大きく変わったように、沢山の方に革を楽しんでいただきたいと思っています。皆様の またのご来店をお待ちしております。

 タカさん、工房の時計は通常ではない時間を刻んでいるのを熟知していながら 今回の実演をお願いしました。心から感謝しています。ありがとうございました。
 

若葉の頃のこまち市です。

 投稿者:こまち  投稿日:2012年 5月 8日(火)11時38分32秒
  お疲れ様でした。人だかりの谷間は酸素が薄かったのでは?
私もタカさんのカービングをまた見たいです。
どんどんレベルアップして、名人を通り越し仙人くらいなんだろうな~
江戸行きの安いチケット確保のために、早めに発表してくれたらいいな~
とか思っていますよ。
この頃のこまちはですね
けっこう努力しているのに平気そうにしている。
ホメられて単純に喜ぶ。
ああーっ!というヘマにめげる。
買ってもらえてうれしい。
教える喜びと怖さ。
一番は、やってて楽しいこと。
です。
夏の講習会は?参加したいな~
 

ありがとうございました

 投稿者:Taka  投稿日:2012年 5月 8日(火)00時51分20秒
編集済
  実演イベントに来て下さったみなさん、ありがとうございました。

過去に何度かホームセンターの革材料売り場で実演をやらせていただきましたが、2日間とも開始から終了まで常に人だかりだったというのは初めてで、今回がダントツで一番の盛況ぶりでした。
お店の方も「こんなの初めて」と驚いていたようですが、僕もあれほどの反響があるとは思っていなかったので「こんなの初めて」のビックリなのです。
GWだった事もあり、高速を飛ばして遠方から駆けつけてくださった方がたくさんいらっしゃったのも有難かったです。

また、今回の特徴は、すでにカービングをしている人だけでなく、興味はあるけどイマイチ踏み出せなかったという人が多数見に来てくださった事。「やりたくなりました!」「やってみます!」という反応をいただけたのが嬉しかったです。
あのような場(革材料売り場)で実演をやる場合、お客様に刺激や興味を与えてクラフターやカーバーを増やすというのが僕の任務ですし、また、それを抜きにしても、僕がきっかけでカ―ビングを始める人がいるというのは、純粋に嬉しい事です。

今回は特に来場者が多かったので、直接お話ができたのはごく一部の方だけでしたが、言葉は交わさなくとも熱心に見入ってくれていた方1人1人に心から感謝申し上げます。
今回の実演が刺激となり、今後のクラフト活動がみなさんにとってますます楽しいものとなれば幸いです。

直メールにて感想やお礼の言葉を何件かいただいておりますが、もしよろしかったらこの掲示板にも是非コメントをお寄せ下さい。

最後に、実演のオファーをくださったジョイフル2千代田店さん、イベントの成功に向けて尽力くださった斉藤さんに心より感謝申し上げます。お陰さまで来場のみなさん共々楽しい2日間を過ごしました。
相変わらずのスケジュール調整の下手くそぶりで、正直準備が大変だったのですが、今は「やって良かった」という感想しかありません。ありがとうございました。

P.S
今回、「今度工房にも見学に行かせていただきます」と言って帰られたお客様が何人かいらっしゃいました。教室の入会を前提として教室の見学と、(店舗を持っていないので)商品の注文、受け取りのための訪問は受け入れておりますが、工房見学のための訪問は受け付けておりません。シェフや料理人が、趣味でお料理をやっている人に厨房見学を受け入れないのと同じと考えていただき、どうぞご了承ください。


>なんちゃってカーバーさん
早速書き込みありがとうございました。
久しぶりにお会いできたのも嬉しかったですが、初日の朝一から顔見知りがいたのはとても心強かったです。
また、あの日はあくまでお客様の立場であったのに、僕のアシスタントとして積極的に動いてくださり、本当に助かりました。ありがとうございました。
一度教室を退会されてしまうと、ついつい疎遠になりがちですが、今回のようになんらかの形で繋がっていられたら嬉しく思います。是非クラフト活動を継続してください。
またお会いできる日を楽しみにしています。

>Ryuくん
来られなかったのにねぎらいの書き込みをありがとう。
お友達も来られなかったのは残念だったけど、今回、Ryuくんのブログで実演を知って来てくれたって人が2人いたよ。俺が話しただけで2人居たから、本当はもっと居たんじゃないかと思う。ブログで告知をありがとね。
イベントが終わって休む間もなく、夏期講習会のサンプル作りだ!提出期限が迫ってるんでね・・・。それから納品を急かされてるショルダーバッグが1つとハンドバッグが1つとロングウォレット4つと・・・毎年地元の専門学校でやってる特別講義(週1で4回)も今月下旬からだな・・・(汗)。
頑張るよ~~~。


 

お疲れ様でした!!

 投稿者:Ryu  投稿日:2012年 5月 7日(月)18時21分44秒
  Takaさん、皆さんこんにちは。

Takaさん、2日間のカービング実演、お疲れ様でした!!
都合がつかず、行けなくてとても残念でした(+_+)

友人はどうやら開催場所を間違え、違う場所のジョイフルに行ってしまったようで、断念したそうです・・・・残念。汗



本当にお疲れ様でした!!

また遊びに行きますね(^u^)
 

お疲れ様でした。

 投稿者:なんちゃってカーバー  投稿日:2012年 5月 7日(月)01時24分19秒
  takaさん夜分遅くに失礼します。

昨日・今日の実演会お疲れ様でした。
2日間お邪魔させていただきまして、とても参考になりました。
(とは言っても、2日目は知人の先輩方との見学で、買い物もあり、
個人的には落ち着いて見れませんでしたが・・・。)
お手伝いも出来た様な出来なかったような・・・申し訳なく思います。

しかしながら、この2日間のtakaさんの実演及び会話は、
何よりも収穫で、同行した先輩も喜んでいました。
本来、あの様な場は通常は実現有り得ないと(技術や知識の無償提供)
個人的には日頃から考えているだけに、
こういう場を提供していただいたtakaさん・斉藤さん・ジョイフル2 千代田店さんに
この場をお借りして感謝致します。有難うございました。

会場では初心者であろう方々が多かったようにも見受けられ、
中には初対面でしたが、見学に来た人と連絡先の交換・顔見知りの方々との再会もあり
良い意味でのアクシデントもありました。

takaさんに至っては、通常業務の中でのイベントなので大変だったかと
思います。日常が日常だけに健康には十分お気を付けください。

では、最後に改めまして今回の実演会を提供していただきました
takaさん・斉藤さん・千代田店さん・その他関係各位の皆様に感謝を
申し上げ、文章はまとまりませんがお礼の書き込みとさせていただきます。
そして、皆さんお体をご自愛ください。

有難うございました。   
 

再び2つのお知らせ

 投稿者:Taka  投稿日:2012年 4月25日(水)03時20分41秒
編集済
  みなさんこんにちは。

前回の書き込みでお知らせしました、CARVE TO ENCOURAGE が掲載される本の正式名称が分かりました。
「アメカジ レザークラフト アカデミー」だそうです。

↓こちらが出版元となるネコパブリッシングの編集者のブログです↓
http://www.hobidas.com/blog/bros/oikawa/archives/2012/04/23/

発売は4月28日だそうですが、楽天ブックスやセブンネットショッピングなどで予約が始まっているようです。
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%82%B8-%E3%83%AC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88-%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%BC-9784777012732/item/11669687/

http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106161674

まだ見本誌が届いていないので本の内容全体のコメントはできませんが、自分の記事部分の校正原稿を見たところ、CARVE TO ENCOURAGE は9作品が掲載されていました。
掲載させていただいた9人の作者の方には無断掲載となってしまい申し訳ありませんが、すでに CARVE TO ENCOURAGE のHPにて一般公開済みなので大丈夫だろうという事で、特にご連絡は差し上げませんでした。どうぞご了承ください。そして、半強制的ではありましたがご協力いただいてありがとうございました。

この活動が少しでも多くの人に認知されることを願うと同時に、記事として取り上げてくださったネコパブリッシングさんに感謝申し上げたいと思います。
みなさんもよろしかったらご覧になってみてください。


もうひとつのお知らせは・・・
ゴールデンウィーク終盤の5月5日(土)と6日(日)、群馬県のジョイフル2千代田店で僕がシェリダンスタイルカービングの実演を行います。各日とも11:00~17:00です。
http://www.joyful-2.com/contents/map/j2_chiyoda.html

今回は、フラワー、リーフ、スクロール(渦巻き)が各1つずつのシンプルな柄のコーナーカービングを、ひたすら枚数を彫り続けるという実演スタイルです(フラワーのデザインは何種類か用意する予定です)。
何時間も粘らなくても、最初のスーベルナイフカットから打刻、フィニッシュカットまで一通りの工程が見られた方がお客様のためだと思い、今回初めてこのような実演スタイルにしました(1枚につき1時間程度で彫り上がると思います)。特に初心者の方には理想的な実演スタイルなのではないかと思います。

併せて、実演で彫るのと同じものを染色まで済ませた完成品の販売と、彫っている物の予約受付(会場では染色ができませんので)もいたしますので、よろしかったら見本としてどうぞ。

近隣の方だけでなく遠方の方もお越しいただけるようにと、普通の週末ではなくゴールデンウィーク中に実演をする事になりました。興味のある方は是非この機会をご利用ください。
お問い合わせは
ジョイフル2 千代田店 0276-80-5050 レザー担当:斉藤さん までどうぞ。

会場でたくさんのレザークラフターの方々にお会いできる事を楽しみにしております。
よろしくお願いします。

 

お知らせ2つ

 投稿者:Taka  投稿日:2012年 4月12日(木)06時07分48秒
編集済
  みなさんこんにちは。

先日、ある雑誌の取材を受けました。厳密に言うと雑誌の別冊となる、革特集のムック本だそうです。正式名称がまだ決まっていないようですので、詳細が分かり次第、またこの掲示板でお知らせしたいと思います。

その本の中で、タカ・ファインレザーは見開き2ページの記事となるそうですが、その約半分を割いてCARVE TO ENCOURAGEを紹介していただけるとの大変有難いお話をいただきました。
誌面が限られていますので、僕がお預かりしているCARVE TO ENCOURAGEの全ての作品を掲載することはできず、約10点ほど撮影していただきました。
撮影した作品は僕の独断で選ばせていただきましたが、その選考基準は「個性的であること」を最優先しました。
「技術的な優劣」や「参加時期の早い遅い」や「費やしたであろう時間と労力の差」等は一切無視しました。このプロジェクトを発足した当初から、これらの事を理由に参加を躊躇しないでくださいと訴えてきましたし、作風がバラエティに富んだ作品が誌面に並んだ方が、「色々なクラフターが被災地を応援している」という事と、「応援する気持ちさえあれば、どんな方でも(自分が得意などんな技法でも)参加してください」という事を訴えかけられると思ったからです。

すべての作品に皆さんの精一杯の想いが込められているのを承知の上で、その中から掲載作品を選ぶのは非常に困難な作業で、同時に心苦しくもありました。
本が発刊後、ご自身の作品が掲載されずに落胆された方には大変申し訳なく思います。
しかし、掲載はされなくても自分も発刊部数数万部の全国誌が記事として取り上げた活動の一員なのだというプライドを忘れないでください。そして全国紙への掲載によって、少しでも多くの被災者にこの活動が知られる可能性がさらに高まった事を喜びましょう。


さて・・・CARVE TO ENCOURAGEに関して別のお話をひとつ。
これは、あの震災発生以来、ここに書こうか書くまいか・・・一年以上、ず~っと悩んでいた事です。

僕が敬愛するシンガーソングライター、リッキー廣田さんが1998年にリリースした曲で「Challenge(チャレンジ)」という曲があります。落ち込んでいる人を激励する、歌詞が非常にシンプルでストレートな曲です。
6,7年ほど前、僕が仕事でもプライベートでもメチャクチャ落ち込んで生きる事が面倒くさくなっていた時に、たまたまライブで聴いて涙した曲でもあり、また、これは関西でのお話ですが、自殺を考えていた女性が僕と同じくたまたまライブでこの曲を聴いて自殺を踏みとどまったという逸話もあります。

この曲を是非被災地に、被災地の方々にご紹介したかったのですが、1998年リリースですから、当然、東日本大震災の被災者のために書かれた歌詞ではないわけでして、歌詞の一部にもしかしたら「こっちの現実を知らないくせに」と思われてしまうかも知れないフレーズがあるのです。
そういう理由でこの「Challenge」を紹介するのを控えてきましたが、リッキーさん自身、震災発生以来、被災地への気持ちを込めてどのライブでも必ずこの曲を歌い続けてきましたし、僕も本の取材があった日に改めてCDでこの曲を聴いて、やはりここで紹介させていただこうと決心しました。

CDの音源をそのままUPしてしまっては著作権に触れると思いますので、音質は少々落ちますが、聴衆が家庭用ビデオカメラで撮影してYouTubeにUPされていた2010年のライブ映像をご紹介します。
CARVE TO ENCOURAGEと同じく、リッキーさんのChallengeが被災地の方にとって心の支えの一助になれば幸いです。
http://www.youtube.com/watch?v=RuXswrIQkPQ

 

ラーメンさんへ

 投稿者:Taka  投稿日:2012年 4月 3日(火)04時50分48秒
  こんにちは。
初投稿ありがとうございます。お返事が遅くなりましてすみません。
え~・・・宮崎からCARVE TO ENCOURAGEにご参加は心当たりあるのですが、ラーメンという名前に心当たりがありません。僕が思っている人で間違いがないのか少々不安なのですが・・・。

でもとにかく、「感じたこと」というストレートなタイトルで暖かいお言葉をありがとうございます。
CARVE TO ENCOURAGEを立ち上げる時、責任という事に対してそれなりの覚悟を決めて臨んだつもりでしたが、現実に作品(しかも全て力作)が集まるにつれ、嬉しさと同時に「自分はとんでもない事をしているのではないか」と、不安になってきたのです。正直、今でもそうです。

そんな中で、(ラーメンさんのように)この掲示板や、送られてきた作品に添えられているお手紙、直メール等で語られているこの活動の意義、この活動を主催した僕への感謝や激励・・・多分みなさんが思っている以上に、僕は有難さを感じています。
被災したクラフター、被災者、被災地を激励するための活動なのですが、実は一番激励されているのはきっと僕なのだと思います。

叔母さまの実例を挙げての「活動が続いているという事に意義がある」という言葉にも説得力がありました。
これからもこの活動の意義と価値が最大限に発揮されるよう心掛け続けたいと思います。
本当にありがとうございました。
 

感じたこと

 投稿者:ラーメン  投稿日:2012年 3月30日(金)20時31分16秒
  初投稿失礼いたします。
お久しぶりです!!宮崎のラーメンです。(覚えていらっしゃるでしょうか?)「CARVE TO~」の作品UPされるたび楽しみに拝見しております。
今回参加させていただいたおかげで、新たな革仲間と知り合う事ができ、この企画の良さに
感動しています。^^

Takaさん(失礼します)の細心の心配りは、皆さんに伝わっていると思いますよ。
仕事ではない所からの繋がりは、私自身とても暖かく感じております。
革細工をやっていると、Takaさんのおっしゃっていた『孤独』という時間と被災者の方々の時間と共通するものがあり、私個人の意見としては、この活動が続いているという事に意義があり、そのことが本当に被災者の方々への励ましになるのではないかと考えています。

実の事を言うと、私は、10代の頃に親戚の住んでいる淡路島が震災に遭い、今でも伯母は、あの日の事を忘れる事無く過ごしています。

話が長くなってきましたが、これからもこの活動が続いていく事をお祈りしております。
 

お知らせとお詫び

 投稿者:Taka  投稿日:2012年 3月29日(木)04時59分44秒
編集済
  みなさんこんにちは。

CARVE TO ENCOURAGEにご参加いただいた作品を4点まとめて公開いたしました。
http://www.taka-fine-leather.com/topics/carve_to_encourage/projects_gallery/works_gallery.html

一度に「4点まとめて」というのは、今までの例から見るとあまりに不自然なので正直に言います。
みなさんきっとお察しの通り、作品が届いていたにもかかわらず、すぐに公開せずに溜めてしまっていたという事です。最初の作品の到着から約2週間経ってしまいました。
作者の方にも被災者の方にも、この企画に携わってくださった(参加してくださった)全ての方にもその事をお詫びしたくて、作品を公開しただけでなく、ココにこうして書き込みをしています。

未公開作品を溜めてしまったのは、もちろん忙しくてなかなか時間を割けなかったというのが理由なのですが、作品の作者だって忙しい中でなんとか時間を作って製作してくださったわけですので、僕は自分の勝手な言い分で大変失礼な事をしたと思っています。
また、そのように製作された作品を、すぐに被災者の方々の目に触れるところに公開しなかった事は、被災者の方に対しても大変失礼な事です。
僕のこうしただらしない振る舞いがこの企画の価値を下げかねないという点では、参加してくださった皆さんにもお詫びしなければなりません。

申し訳ありませんでした。心よりお詫び申し上げます。

お詫びと同時に、感謝もしたいと思います。
このような活動というのは時間の経過と共に風化しがちなものですが、震災から一年以上経った今も、こうして参加作品が集まるというのは大変心強く、ありがたい事です。
作品の出品を終えた方々が「この想いが少しでも多くの被災者に届け」と思い続けてくれているだけでも、この企画が常に現在進行形ではあるのですが、やはり新作の出品があると、より活気を与えられます。
改めて、ありがとうございました。
 

一年・・・

 投稿者:Taka  投稿日:2012年 3月13日(火)05時26分39秒
編集済
  みなさんこんにちは。
またまた暫くご無沙汰してしまいまして・・・申し訳ありません。

”あの日”から一年ですね・・・。
個人的に色々思うところは多々あるのですが、何をどう書いてもどこにでもありがちな言葉の羅列になってしまうと思うので、ここは敢えて書かずにおこうと思います。

でもCARVE TO ENCOURAGEに関して、これに関してだけは書きたいと思いますし、企画の発起人として書かないわけには行きません。

あの日以来、日本国民の、そして世界中の多くの人が「被災地、被災者のために自分ができる事は・・・」と思ったように、僕も「レザークラフターとして・・・」と思い、個の力では力不足であると考え、賛同者を募って群の活動となる事を目指してスタートしました。
支援活動に「これで終わり」というものはありませんが、ご賛同くださった多くの皆さんのお陰で、群の活動を目指すという意味では現時点でひとつの結果を残せたのではないかと思っています。
僕の知人友人だけでなく、見ず知らずの方、自らも被災者の方からの参加もありました。ご自身が参加されただけでなく、周知活動に多大な尽力をしてくださった方もいらっしゃいました。
そして全ての作品ひとつひとつに、「ご賛同ありがとうございました」の一言で片づけてしまっては申し訳ないほどの気持ちが込められ、時間、労力、革代&額代&送料の実費がかかっている事も、十分に理解しています。
それでも「本当にありがとうございました」と言う事しかできない事をお許しください。

しかし、多くの力作と多くの気持ちが集まったというのは、ある意味では結果ではありません。
重要な事は、これらの作品で被災地、被災者の方、被災によってレザークラフトの環境を失った同志を激励できたのか、激励できているのかという事であり、それが本当の結果だと思います。

これからも少しでも多くの方を激励すべくこの活動は継続して行きたいと思っていますし、最初にお約束しました通り、いつかは被災地現地での展示の実現に向けて努力して行きます。
(お預かりしている作品は厳重に梱包して工房で大切に保管しています)
すでに参加くださった方もこれから参加くださる方も、「この想いが被災地に届け」の気持ちを強く持ち、CARVE TO ENCOURAGEが意義ある結果を残すものになるよう、みんなで願い続けてゆきましょう。
みなさんに協力していただいて僕がやっている活動ではなく、僕は言い出しただけでみんなで結集、協力して実現した、みんなの活動である事を忘れないでください。

CARVE TO ENCOURAGEの発起人から、震災から1年という節目のとりあえずのご挨拶とさせていただきます。
ありがとうございました。

※この活動を作者自身の宣伝やイメージアップに利用していると勘違いされないために、当初、特別な事情がない限り作者のブログやHPへのリンクは張らない方針でスタートしました。
しかし、作品と一緒に掲載を希望するメッセージが比較的淡白である事に反し、送られてきた作品に同封されている僕あての手紙や作者自身のブログには熱い思いや自己紹介が書かれている事が多々ありました。
各作品の作者がどのような人でどのような想いで作品を製作したのかを知っていただいた方が、激励の気持ちが被災者の方々により現実感を伴って伝わると考え、途中から(昨年11月以降)作者がHPやブログを持っている場合はリンクを張らせていただいたり、場合によっては僕自身が作者の説明を付け加える方針に切り替えました。どうぞご了承ください。


>なんちゃってカーバーさん
お返事遅れてすみません。
はい、実はそうなんです。去年の12月半ばに逝去され、僕に訃報が届いたのが年末だったのですが、僕は彼の事を詳しくは知らず、皆さんに経歴や功績等、詳しく紹介する事ができないので特にお知らせをせずにいました。
以前、あれほど充実した追悼記事を掲載したドン・キング、レイ・ポウヤ、ビル・ガードナーの3人に対し、ビル・ウッドルフだけが軽い扱いのようになってしまうのが嫌だったのです。
ビル・ウッドルフはドン・キングが初めて工房を開いた時にビル・ガードナーと共に(アルバイトとして)雇われ、後にドン・キングから直接刻印作りの手ほどきを受けた人です。
ビル・ウッドルフの逝去により、キングズ・サドラリーの創成期に携わった職人が1人もいなくなりました。正直、言葉で言い表せない喪失感です。

なんちゃってカーバーさんがおっしゃる通り、彼の刻印は遺品となりました。
僕も大切に大切に使い続けて行きたいと思います。


>同級生さん
旦那さんのお誕生日に間に合ったとは言い難く・・・微妙に遅れちゃって本当にごめん(かなり余裕をもってオーダー入れてくれていたのに)。
旦那さんから「完璧だ!!」の叫びをもらえたのは、作り手冥利に尽きるわけで・・・こちらこそありがとう。
新品で見た目がいくら完璧でも製品は使ってナンボなので、使ってみても完璧がどうか、ちゃんとテストしてちょうだい。

それでも合格だったら、今回の「プチ納期破り」に懲りず、またいつかオーダーちょうだいね。
今回は誕生日プレゼントという大切な品のオーダーをありがとうございました。


>草鞋一只san
I'm sorry but I can't speak Chinese.  I can only speak Japanese and some English.
Your works are abusolutely excellent in both tooling and assembling!!
But the atmospher from your works are too similar to works of Funny company.
Even if your work is perfect, copy is no more than copy,in another word, less than original.
Creativity is as important as skills and perfection in this kind of field.
I believe your skills deserve to look for and create your original style.
 

皮雕.

 投稿者:草鞋一只メール  投稿日:2012年 3月 3日(土)12時15分0秒
  上?吧....  

レンタル掲示板
/14