teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


第152弾

 投稿者:とみたけーすけ  投稿日:2017年10月20日(金)08時07分24秒
返信・引用
  前回に引き続き、今回も神保町(というより小川町)でカツカレーです。

店名:上等カレー 神田小川町店
ジャンル: カレー
住所: 東京都千代田区神田小川町2-1-15
価格: カレー680円~
営業:11:00~22:30(土日祝日~20:30)
定休:基本無休

こちらも神田カレーグランプリで優勝経験があるそうです。
となると、どうしても比較しちゃうのですが、私的好みからすると日乃屋に軍配が。

食したのはもちろんトンカツカレー(880円)。
決して悪くはないんだけど、これといった特長もない一品。
日乃屋で一口食べたときのトキメキはありませんでした。
卓上にあったキャベツの酢漬けはポイント高いんだけど、福神漬けのお味が今二歩だったのが
私的には大きなマイナスポイントでありました。

それにしても、「神田」ってところは食べるものには事欠かない街ですね。
カレーに限らず、ラーメン、洋食、丼ものと、学生が好きそうなお店がゴロゴロあります。

それに加えて本屋がこれでもかとあるものだから、滞留時間が長くなります。
そこで、喫茶店も多くあるのでしょうね。
至れり尽くせりな街です。

ま、スキー、スケボー、登山、それに楽器のお店も腐るほどあるけど、こちらには縁がありません。
こんなにたくさんあって、果たして売れてんのかなあ?
人ごとながら心配になっちゃいます。


 
 

コラム その153

 投稿者:とみたけーすけ  投稿日:2017年10月13日(金)08時20分31秒
返信・引用
  「わろてんか」は我慢して2週間観たけどダメです。戦線離脱。

お題:ひよっこ

一方こちらは、久々に最後までしっかりと観た朝ドラでした。
「ちりとてちん」を別格とすれば、「あまちゃん」の次といってもいい出来だったかと。
「ちゅらさん」との合わせ技でね。
(しつこいですが「ちりとてちん」は最高です。他の追随を許さない完成度です。未見の方は是非。)

ただ、ちょっとお店を広げ過ぎましたね。ラストスパートのめまぐるしいこと。
澄子や宗男など、いいキャラがあったのに活かしきれなかったのも残念です。
また、東京オリンピックやビートルズ来日、ツィッギー旋風など、世相を反映させた場面が
その後ほとんど出て来なかったのも心残りです。

それと、当時の流行歌を多用し過ぎていたのも、作品のクォリティとしてはチョイ減点対象。
でも、全体としては楽しませていただきました。
「ちゅらさん」もそうだったけど、本編で表現し切れなかった部分を、アナザーストーリーと
して、今後展開していくんでしょうね。
ま、それはそれで長く楽しめるからいいんだけど。

「わろてんか」は、旧態依然とした朝ドラ感満載で、私の好みに合いませんでした。
こりゃ、来年春の永野芽郁主演「半分、青い」まで待たにゃあならんな。
でも、脚本が私の嫌いな北川悦吏子だからなあ。

来年は、大河の「西郷どん」で我慢するか。
あ、それとまだ全部は観きれてないけど、「過保護のカホコ」は想定外でした。
これはただ一点、主演の高畑充希の演技力によります。感心しました。たいしたものです。


 

第151弾

 投稿者:とみたけーすけ  投稿日:2017年10月 6日(金)08時04分23秒
返信・引用
  カレー激戦区の神保町で昼食です。

店名:日乃屋カレー 神保町店
ジャンル: カレー
住所: 東京都千代田区神田神保町1-4
価格: 730円~
営業:11:00~23:00
定休:無休

ここ神保町界隈は、カレーの名店がひしめくエリアです。
ボンディ、エチオピアなどのほか、新興勢力も併せてカレー屋さんがひしめいております。

今回、神保町あたりでお昼になったので、さて何にしようかと思い、脳裏に閃いたのがカツカレー。
神保町+カツカレー=キッチン南海で決まり!
早速行ったら、案の定、外に10人くらい並んでいたので諦めました。

そこで、今回の日乃屋カレーと相成りました。
こちら、チェーン店なのですが、まだ横浜にまでは進出してないようです。
ちなみに、過去、神田カレーグランプリで優勝もしているようです。

さてお味のほうですが、私の好みに合っておりました。好きです。
注文したのはカツカレー(840円)で、大盛無料でした。
ここのカレーはちょっと変わった味わいで、最初口に含むと仄かな甘みが広がります。
そのあとにカレーらしい辛味がやってくる、といった感じ。
なかなかいいですね。

久々にカツカレーを満喫いたしました。
次は「上等カレー」だな。


 

コラム その152

 投稿者:とみたけーすけ  投稿日:2017年 9月29日(金)08時13分16秒
返信・引用
  時代遅れではありますが、このたび我が家でも衛星放送が観れるようになりましたとさ。

お題:BS放送

かれこれ15年以上観続けていた、32インチのブラウン管テレビがとうとうお釈迦になったので、
43インチ液晶テレビに買い換えました。(4Kではありませぬ。)
ホントは50インチが欲しかったんだけど、我が家の大蔵大臣に稟議を出したら即却下。
よって、40インチでは悔しいので43インチをご購入。しかもネットで。

ポイントが5,000以上出来たので、BSアンテナを無償で入手。
晴れてBS放送受信と相成りました。

今までは、BSがなくても録画番組が観切れない状態だったので、BSは必要悪だと思っておりましたが、
まあ、あればあったでいいもので、地上波では滅多にやらない映画がすぐ観れて、週末の楽しみが増えました。

最近では、「アラビアのロレンス」「ゴッドファーザー」「大脱走」「ニッポン無責任時代」「羅生門」などなど。
NHKならばCMもないので楽チンです。

ただ、昔の名画ならばともかく、1980年あたり以降の作品となると、私的にはテレビ欄で題名を見ても
なかなかピンとくるものがなく、おそらくいい映画を見過ごしているのでしょうね。
そんななか、改めてちゃんと観た「シックスセンス」はいい出来の映画でありました。

遠い昔には、あたり構わずほとんどむさぼるように映画を観ていたものですが、この期に及んで、
多少あの頃に戻りつつあります。
さては生き急ぎ始めたかな?


 

第150弾

 投稿者:とみたけーすけ  投稿日:2017年 9月22日(金)08時13分59秒
返信・引用
  白楽というよりは東白楽に近いお店です。

店名:とらきち家
ジャンル: 家系ラーメン
住所: 横浜市神奈川区西神奈川3-1-1
価格:650円~
営業:11:00~23:00(土日祝日~22:00)
定休:月曜日

かの六角家のならびに出来た、家系のお店。
殴りこみ、というやつでしょうか。
開店以来、ずっと人気を博しているようで、本家の六角家が霞んで見えます。

さてラーメン(650円)のお味のほうですが、パンチが効いてますね。
醤油が前面にしゃしゃり出た、はっきりした濃い口です。嫌いじゃありません。
刻みチャーシューがのった賄い飯(150円)と共に食せば、いい感じになります。

卓上には、おろしニンニクはもちろん、フライドガーリック、刻みしょうが、豆板醤、マヨネーズなどなど
ありとあらゆる味変化グッズが置かれており、食べながら楽しむことも出来ちゃいます。

白楽には他に、末廣家という行列必至の家系ラーメン店もあり、まさに群雄割拠の様相を呈しております。
でもまあ、何度も言うけど我が家には光家という強い味方が近所にあるので、知ったこっちゃありません。


 

コラム その151

 投稿者:とみたけーすけ  投稿日:2017年 9月15日(金)08時20分51秒
返信・引用
  わたくし、マリリンモンローが好きです。プチグラマーってやつですね。

お題:アンヌ隊員

以前放映していたマニアックな深夜ドラマ「怪獣倶楽部」の最終回を見ていたら、
最後に出てきたおばあちゃんに目が釘付けになりました。
もしやと思い、あわててエンドロールを確認したところ、やっぱり!

そう、この人こそ「ウルトラセブン」のアンヌ隊員こと「ひし美ゆり子」なのでありました。
絶妙なキャスティングですね。

いや~、かわゆかった。アンヌ隊員。
「ウルトラセブン」を観るたび、こんなかわいい女の人がこの世にいるんだと、こども心に感心したものです。

数十年経った今、改めて「ウルトラセブン」を観てみても、アンヌ隊員のかわゆいこと。
この人こそ、プチグラマーって言葉が良く似合います。私の好みにぴったんこ。
こどもの頃の私の目に狂いはなかったのであります。
ん、よくやったけーすけ少年。あんたはえらい。

「ウルトラマン」の時の女性隊員は、おばちゃんぽく映っていたのですが、
セブンになったらいきなりセクシーアイドルですもん。やられました。

その後のひし美ゆり子は、ホントにセクシー路線で売っていたようですね。
当時の私には知る由もありませんでした。

今でも、ヒーロー戦隊モノの女性隊員には、この手の女優さんがこどもの心を掴んでいるのでしょうや?


 

第149弾

 投稿者:とみたけーすけ  投稿日:2017年 9月 8日(金)08時03分14秒
返信・引用
  平日休みだったので、やっと行ってきました。

店名:スパイシードラゴン
ジャンル: ステーキ
住所: 横浜市保土ヶ谷区岩間町1-11-2
価格: 1,000円~
営業:11:30~15:00、18:00~0:30
定休:月曜日

こちら、いかにも街のステーキ屋さん、といった感じのお店。
十数人くらいしか入らない小さなお店です。

ここのウリはハンバーグ。「超粗挽き」なのであります。
通常のハンバーグの食感を想定していると、その噛み応えに圧倒されます。
もはやハンバーグの域を超えており、普通のステーキを食べているのとあまり変わらないほどです。

今回食したのは、私がハーフセットの「ハンバーグ200g+ロースステーキ100g」(1,700円)、
大樹がハーフセットの「ハンバーグ200g+ハラミステーキ100g」(1,500円)でした。
ライス、スープ、サラダ付き。
ソースが選べて私が「特製バターソース」、大樹が「俺のしょうゆソース」。
おろしニンニク(無料)も付けちゃいました。

いや~、食べ応え十分です。
なんか、『肉食べた~!』といった感じ。満足です。
下手にハーフセットなんて頼まなくても、超粗挽きハンバーグ200g(1,000円)でも、十分満足できそうです。


 

コラム その150

 投稿者:とみたけーすけ  投稿日:2017年 9月 1日(金)08時08分4秒
返信・引用
  年をとると涙もろくなる、なんて言いますがその通りですね。

お題:涙は心の汗だ

朝ドラの「ひよっこ」はいよいよ面白く、そして時にホロリとさせていただいております。
同時に今、ネットでやっと見れるようになった「ちりとてちん」も見ておるのですが、
やっぱ最高です。格が違いますね。いい作品です。
涙が止まりません。

さて、それにしても何で年をとると涙もろくなるんでありましょうや?
調べてみますと、まずは「経験」と「共感」にあるそうで。

確かに年をとるということは、それなりにいろいろな経験を重ねるため、ドラマなどを見ていても
いちいち自分の過去と重ね合わせることが出来ます。
そして、それらに対してこれまたいちいち共感するものだから、ついつい涙腺が緩んでしまうというわけ。

もうひとつの要因は極めて現実的で、感情抑制を司る大脳の前頭葉の機能低下。
ん~、ミモフタモナイですね。

ま、確かに感情を抑えきれなくなる、というのはありますね。
電車やホームでアホみたいに怒鳴っているのって、結構おっさんが多いですもんね。
あれって、前頭葉の機能低下が産む所業なんですね。

最近では、お笑いを観ていても「こいつら頑張ってるなあ」と思っただけでウルウル来ちゃいます。
こりゃ病気かしらん、と思ってしまうほどです。

もうちょっと冷静になりませう。


 

第148弾

 投稿者:とみたけーすけ  投稿日:2017年 8月25日(金)08時08分9秒
返信・引用
  夏休み明けで、冨パパコーナー再開でございます。

店名:鶴嶺峰
ジャンル: ラーメン
住所: 横浜市鶴見区鶴見中央4-25-6
価格: ラーメン650円~
営業:11:15~15:00、18:00~23:30(曜日による)
定休:木曜日

こちら、元力士が経営するつけめん推しのお店です。
結構人気があり、いつも並んでいるのですが、伺ったときには行列がなし。
こりゃラッキー、と思ったのですが、実は最近外の行列をやめて、店内で待つことになったとのこと。
しっかりと、5~6人待ち客がいましたとさ。

食したのは、誰もが注文する鶴嶺峰つけ麺(750円)、大樹は大盛の小結(+100円)。
ちなみに大横綱(+650円)にすると、麺1.2kgだそうです。

お味のほうは、まあそこそこ。期待値が高すぎたかな?
二郎さんに慣れ親しんでいる我々からすると、おとなしい一品ですね。
よく言えば、癖のない入門編、といったところでしょうか。

サイドメニューで、チャンコ飯の炊き込みご飯だというチャンコご飯(250円)もご注文。
こちらもマイルドな感じ。決して悪くはないんだけどパンチはありません。

相当な人気店ではあるようですが、まあまあ、といったのが正直な感想でした。


 

コラム その149

 投稿者:とみたけーすけ  投稿日:2017年 8月 4日(金)08時20分45秒
返信・引用
  先日のアメトークは「おじさんたち」でしたが、身に詰まされました。

お題:五十肩

かれこれ2ヶ月近く、右肩が痛いままで参りました。
最初は寝違えたのが原因と思われ、右肩を中心に首筋から右手親指にかけて痺れるように痛んでおりました。
昔ならば、ガンガンとバレーで苛め抜けば知らぬ間に治っている、というのが定番でしたが、
年を取るとそんなんでは症状が悪化するだけ。今回こそ自分の年齢を思い知らされました。

一ヶ月を過ぎたあたりから、痛みが肩から胸に移動。右胸の筋肉あたりが傷み出しました。
このまま一生痛いままなのかしらんと、恐怖に怯えたほどです。

振り返れば、せいぜい45歳くらいまでは、バレーをしていても何とか体は動いていたのですが、
それ以降は目に見えて衰えております。
ちょっとでも普段と違う動きをしようものなら、“クキッ”ときてしまいます。
そんなときは能狂言よろしく、ソロリソロリと摺り足で腰を落ち着けて進みます。
『いよーっ、ポン!』状態なのであります。

だいたい、ちゃんとバレーをしていたのは20歳までで、その後の約20年間はバレーはおろか
運動そのものとは無縁の生活。
ひょんなことから、今のMAXに入ったのが40歳前のときでした。
でも、丸々20年のブランクはあっても、体が覚えていたので当初は何とかなっていたのですが、
50歳の声を聞いたあたりから、やっぱだめなようであります。
若かりし頃のようには参りません。

これからは身の程をわきまえて、細く長く精進して参る所存です。
南無三。


 

レンタル掲示板
/33