投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


加茂地区森林軌道跡

 投稿者:荒獅子  投稿日:2017年 5月16日(火)19時58分0秒
  4月に「おきのくに」さんに教えていただいた情報をもとに・・ついに見つけました。
加茂地区の森林軌道跡です。
色々と調べているうちに、これは千町鉱山の鉱石を運搬するために作られた改修前の軌道跡だということがわかりました。
作られたのが大正時代なのでもちろんレールなどはありませんが、谷川沿いの大岩を削って開設された道が続いています。
加茂地区にはこういった軌道跡がまだ残っているという情報も得ました。
また機会があったら探してみたいと思います。
 

よかったですね

 投稿者:荒獅子  投稿日:2017年 5月16日(火)19時39分45秒
  >一色さま
ついに見つけられましたね。
すばらしいです。私は、もう一度六地蔵さんのところまで行けといわれても自信がありません。
10年という歳月は長いものですからね。

一色さんの写真を見て、私も当時の写真を見直してみました。
間違いなく私が見た六地蔵です。また、鉄塔監視用らしき鉄の橋の当時の写真もありました。
どうやら私も一色さんと同じルートで帰ったようです。

私も、加茂地区中心ですが、石鎚山系の集落などの風景を写真で撮り続けています。
早いものでもう40年近くになりました。
あらためて、古い写真をみると、この30~40年でずいぶんと変わったなと思います。

写真はこれからも撮り続けてホームページ等で紹介したいと思います。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
 

槌之川の六地蔵

 投稿者:一色メール  投稿日:2017年 5月12日(金)18時32分18秒
  こんにちは、昨日は休日でお天気もよかったので、槌之川の六地蔵探し四度目の挑戦、行ってきました。荒獅子さんがアップしてくれました滝の写真、あの写真を何度も何度も見ながら考えてました。そして今度こそは見つけるぞというおもいで行ってきました。
私は今まで、滝まで行けば向こう側には道はなくて、下に下りていく道があると思ってました。そしてその道は洪水などで崩れてしまい、すでにわからなくなってると思い込んでいまして、谷沿いに流された流木などで荒れた谷川をあずりながら下って行きまして、下ったところの開けた所が役場跡だと思ってました。今回は滝下まで下りると向こうに渡り少しあがり道を探しました。道らしきものがあったのでそこをドンドンと進んでいきました。するとありました。四度目の挑戦でしたので見つけた時は感動しました。六地蔵さんの前に大きめの石碑がありまして、施主が庄蔵と石に刻んでありました。中村集落に住んでおられた曽我部正喜さんのひいおじいさんが庄蔵さんという名前で明治の上期の一時期、中村集落で寺子屋をしていたそうですが、その人が建てたのかなと少し興味を覚えました。その後六地蔵さんを通りこして進んでいきましたが、役場あたりかと思われるところにつきましたがそれからは道がわかりずらくなり、谷川に下りまして谷川沿いに下り帰りました。途中、四電の鉄塔監視道用?の鉄の橋がありましたが、橋が両岸から離れ浮き上がり橋の機能は果たしてませんでした。石鎚山系の里山や山間の風景や暮らしを時間があれば写真で記録しています。どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
 

千町の棚田

 投稿者:荒獅子  投稿日:2017年 4月27日(木)18時56分31秒
  先日、千町の棚田を横から望める場所まで行ってみました。
年々耕作放棄地が増えています。
かつてのすばらしい景観は見られなくなってしまいました・・・。

>一色さま
これはすごい荒れようですね。
六地蔵さんは大丈夫なんでしょうか。
また見つかったら連絡をお願いします。

石鎚村・・私もまた機会をみつけて行ってみたくなりました。
 

情報ありがとうございます

 投稿者:一色メール  投稿日:2017年 4月23日(日)17時56分11秒
  お手数かけました。荒獅子さんが書かれてた文章を頼りに、横峰寺から金の鳥居経由で郷に行き、郷のお堂から虎杖に下りず右に曲がって下りていき、学校跡の石垣下を下ると地蔵さんが見えてきまして、そこを下ると荒獅子さんが言われるように三叉路に突き当たりました。私も鉄塔まで一応下りていきましたが行き止まりのようで引き返しまして、最初来た道を右方向に下りていく道を下っていきました。所々崩れたりして道が薄くなってましたがなんとか2回とも滝が見える所までたどり着けました、一回目は滝下まで下りていきましたがそこからは道がほとんど大雨などで崩れてわからなくなってましたので、そこから谷になったまん中あたりをあずりながら下りていきました。そしたらほぼ直角に流れる本流の谷川に突き当たりました。突き当たりの右側あたりに建物の跡や釜跡がありましたこのあたりが駐在所や組合、役場あたりではなかろうかと思ってますが、、間違ってるかもしれません。 あたりを探しながら鉄の橋があるところまで探しましたが見つからなかったので、再度一週間後に試みましたが、今度は滝が見えだしたら前回よりもちょっと5~6m上の所から道を探しながら六地蔵を探しながら下りていきました。所々石の階段道?のようなところがありましたが崩れて荒れてましてさだやかではないですが、、。たぶん一回目のように滝下までおり、そこから左の方に谷沿いに下りていくのではなかろうかと考えたりします。滝下から下る道がわかりずらくなってました。谷がかなり倒木などで荒れてましたので、六地蔵があった所もひょっとしてずってしまって六地蔵も倒れて、流されてしまったのかもしれませんが、もう一度探しに行ってみようと思います。この集落には梅本八幡神社があったという事でさがしてたら、集落の下の方に壊れかけのコンクリ-ト橋がありそれを渡ると壊れた社がありました。
又よろしくお願いします。ありがとうございました。
 

こんばんは

 投稿者:荒獅子  投稿日:2017年 4月19日(水)20時16分35秒
  >一色さま

御無沙汰しております。荒獅子です。
お返事が遅くなりすいませんでした。
当時の記憶をずっと思い出しておりました。^^;
郷から槌之川へ下る途中で六地蔵を見た経緯を詳しく書いてみます。

横峰寺から郷のお堂まで戻ってきて、普通ならお堂から曲がって虎杖まで下るのですが、お堂の前を通ってまっすぐ下る道があったので、もしかしたら槌之川まで通じているのではと思い、まっすぐスギ林の中の道を進みました。しばらく下ると学校の石垣跡らしきものの下を通り(どうやら学校跡ではなかったようなのですが・・・)そこを過ぎると、お地蔵さんがありました。
その先は道が3方向に分かれていて、一番整備されていた道を進んだのですが、鉄塔で行き止まりになりました。一色さんが鉄塔まで行かれたかどうかはわかりませんが、私はそこで引き返さずそこから山中を槌之川集落の方向を目指して下りました。
道なき道を悪戦苦闘しながら5分くらい下ると古い道にでました。その道を2~3分下ると小さな滝がありましたが道が崩れていて慎重に滝の下に降りた記憶があります。滝を降りて、またしばらく道を下ると六地蔵がありました。六地蔵から槌之川集落跡までは、10分程度でしたが、道に雑木が生い茂り前に進むのも一苦労という感じで、だいぶ長い間人が通ってないように感じました。六地蔵は道のすぐそばの大きな岩のところにありました。私が通った道はおそらくメインルートではなかったのではないでしょうか。一色さんが通られた道は、私が通った道とは違う道かもしれませんね。
私が歩いた道の写真を何枚か掲載してみます。ご参考になれば幸いです。
(写真の説明)
1枚目、鉄塔から槌之川方向へ山中を下り、見つけた道
2枚目、道を下ったところにあった小さな滝
3枚目、道のところにあった六地蔵
 

旧石鎚村槌之川の六地蔵

 投稿者:一色メール  投稿日:2017年 4月17日(月)14時54分55秒
  こんにちは、何年か前にも一度メ-ルさせていただいた事があります。石鎚山系山間歩きが好きでカメラもっていろいろなところよく訪れています。昭和26年生まれの一色龍太郎といいます。最近旧石鎚村の六地蔵を探して歩いていますが、荒獅子さんのHPを昔から拝見しまして、以前に荒獅子さんも郷から槌之川へ行かれて集落の入り口あたりで六地蔵を見たと、写真入りでHPに出ていたのを見まして、私も郷集落跡のお堂横から下り、探しながら槌之川集落跡まで二度ほど行きましたが見つける事が出来ませんでした。道も薄くなってわかりにくいころもありました。荒獅子さんが行かれてあれから約10年、風雨により六地蔵が倒れ流されてしまったのかなとも思ったりしますが、今一度、荒獅子さんに六地蔵があった場所を記憶していれば、よろしければ教えていただいて、再度挑戦してみようと思っています。お手数ですがよろしければよろしくお願いします。      

おはようございます。

 投稿者:荒獅子  投稿日:2017年 3月22日(水)06時33分59秒
  ふと気が付いたら、もう3月の半ばを過ぎて下旬が近くなってきました。本当に時のたつのは早いものです。

>みーにゃんさん
前に書き込みをいただいてからあっという間に1か月が過ぎました。早咲きの桜もぼちぼち花が咲き始めて、春になりましたね。早いものです。

お父様も体調万全で北海道へ行けたら良いですね。
私にも北海道に親戚がいます。お会いしたことはないのですが、かなり前に、その親戚の方が、自分の祖先のルーツをたどって、西条市の加茂まで来られたそうです。西条市から北海道へ渡ったのは私の曽祖父の時代らしくてずいぶん前の話になりますが、祖先のルーツというのはどなたでも興味があるようですね。私の祖先も高知の山奥から出てきたようで、何度かその場所を探しにいってみたこともあるのですが、いまだにわかっていません。

私は北海道に行ったことがありません。いつかは行ってみたいと思っているのですが、今のところは頭の中で想像しているだけです。夏の北海道・・・とても雄大な景色を想像しています。
みーにゃんさんの写真楽しみにしていますよ。
 

おひさしぶりです

 投稿者:みーにゃん  投稿日:2017年 3月18日(土)23時49分43秒
  そうですね、私も、千町にしばらくぶりに行くと
道が狭く感じて、最初は怖かったです。

夏ごろ、留萌にいけると、父親も体調を整えて、
声かけしています。
父も高齢ですが、ぜひ来てくださいということで、
お声をかけてもらいました。

もっと、準備する期間があればよかったのですが、
親戚を案内する前に、父の手術や、伯母がなくなったり
もうバタバタしてて、


そうらしいです。明治に移住されたので、毎日毎日、
街から、馬車で農地を作りに、開拓。
千町の祖先も、あれだけの石積みを、毎日毎日して
千町をつくったのでしょうから、その血を感じて
くださったかとおもいます。

またまた、行った折には、写真UPいたします。
 

こんばんは

 投稿者:荒獅子  投稿日:2017年 2月19日(日)23時05分12秒
  みーにゃんさん、ご無沙汰しています。
このところ、暖かくなったり寒くなったりと・・・体調管理が大変です。
でも、季節はだんだんと春に向かっている感じがします。

ご親戚の方北海道からはるばると千町まで来られたのですね。
広大な北海道と比べて、狭い山の土地に石垣を積んで作られた棚田の風景はどのように映ったのでしょうか。
北海道も千町も先人が苦労をして開拓したところ、きっと感慨深かったと思いますよ。

千町の道、私なんかは慣れているせいか恐ろしいと思ったことは一度もないのですが、初めての方にとってはやっぱりそう感じるのでしょうか?

北海道留萌の写真ありがとうございます。さすが、北海道だけに景色が広大です。
でも、道のしるしの↓は初めて見ました。北海道ならではですね。
たしかにこの矢印がないと、どこが道で、どこが農地なのかわからないですね。

また、夏に北海道に行かれたら留萌の写真をアップして見せてください。
すばらしい雄大な風景が見られるような気がします。
 

千町に北海道からの来客です。

 投稿者:みーにゃん  投稿日:2017年 2月18日(土)03時08分3秒
編集済
  2月2日、北海道の祖母の兄の子孫の方
(お孫さん70代と奥様、と息子さん)が千町を
ぜひ見たいとのことで、ご案内しました。

近江神社まで、ご案内して、土居平の池や、大きな神社の
桜の木、近江守佑晴の碑などをご案内しました。

親戚にとって、祖父が生まれた土地ですので、
感慨深いものもあったでしょうか?

ご案内は普通車で登ったのですが、とにかく道が狭く、
落ちないかと、恐ろしかったそうです。
民家も少なくなって、もっとにぎやかな昭和40年代
くらいに、いらしたら、もっともっとおじいさんのことを
知っていらっしゃる方にも会えたのでは、、、とも
思いました。

でも、この案内を機会に、祖母の兄が、馬車で開拓したという
農地を見に、夏ごろいけたら、、、と
わたしも祖母も暮らしていた、祖母の兄、姉の子孫が暮らして
いる土地を、見てみたいと思いました。

北海道に帰られて、現在の北海道留萌の写真を送って
もらいました。
こちらが、家の前の道。
電柱の上の↓は、道のしるしだそう。


山のほうまで広がっているのが農地だそうです。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:荒獅子  投稿日:2017年 1月 1日(日)08時48分24秒
  平成29年が始まりました。
とっても暖かいお正月です。
今年も「加茂の荒獅子」のホームページをよろしくお願いします。

昨夜は、荒川の大福寺で除夜の鐘をついてきました。
 

1年間ありがとうございました。

 投稿者:荒獅子  投稿日:2016年12月31日(土)17時24分16秒
  平成28年もあと数時間になりました。
今年も「加茂の荒獅子」のホームページをご覧いただきありがとうございました。
皆様、よいお年をお迎えください。

※12月にうちぬきフェスティバルで獅子舞をしてきました。
 

掲示板の調子が???

 投稿者:荒獅子  投稿日:2016年12月21日(水)21時55分58秒
  掲示板の調子がおかしくなりました。
noakikkさんの文章は消えてしまいましたが、写真が私の投稿した写真に重なってしまいました。
写真をもう一度掲載してみます。
 

こんばんは

 投稿者:荒獅子  投稿日:2016年12月21日(水)21時51分8秒
  今年もあと10日ほどになってしまいました。
今日は冬至ですが、とっても暖かい一日でした。

>新田さん
こんばんは。
千町の棚田のライトアップのページ、見ることができませんでした。
やはり、Facebookへの登録が必要なんでしょうか?

竹灯篭によるライトアップは、千町の棚田で過去何回かやったみたいです。
今年は所用があり見に行くことができませんでした。
昨年は見に行ったのですが、これまた所用があり真っ暗になる前に帰りました。
暗くなる前ですが、昨年の写真を掲載してみました。

西条農業高校の先生や生徒、保護者の方たち、灯篭づくりから大変だったと思います。
本当にお疲れ様でした。

>noakikkさん
ご無沙汰しております。
原因不明のトラブルで、noakikkさんの投稿が掲示板から消えてしまいました。
色々と復活を試みたのですがダメでした。大変申し訳ありません。
ちょっとご返事がおそくなりましたが、私は元気ですよ。
ライトアップには今年は行けなかったのですが、昨年見に行きました。
とっても幻想的で美しい風景でした。

千町にて40~50年ぶりのいとこ会をされたのですね。
集会所に泊まられたのですか。思い出話に花が咲いたでしょうね。
千町も昔とくらべるとずいぶんさみしくなりました。
でも、地域を盛り上げてくれる方がたくさんいて、ありがたいことだと思います。
 

千町棚田のライトアップ2

 投稿者:新田  投稿日:2016年12月18日(日)22時00分23秒
  すいません今日の愛媛新聞5面1(2月18日)にも載っていました<(_ _)>  

千町棚田のライトアップ

 投稿者:新田  投稿日:2016年12月18日(日)10時12分9秒
  西条市役所職員の方のFacebookを見ていて千町棚田でライトアップを西条農業高校の生徒が
やっていたようです
棚田のライトアップは他の地区でやっているのは時々みかけるのですが千町の棚田でもやっていたのは驚きです
下記のアドレスですがFacebookに登録していないと見られないかもしれません

https://www.facebook.com/ai.kurita.3705?pnref=lhc.friends

 

お祭り終了しました。

 投稿者:荒獅子  投稿日:2016年11月 4日(金)06時28分9秒
  今年の荒川八幡神社のお祭りも無事終了しました。
絶好のお祭り日和の中、行うことが出来ました。
関係者の皆様、お世話になりました。
獅子舞を見に来ていただいた皆様、ありがとうございました。


五反田唐獅子の皆さん、書き込みありがとうございました。
(お返事が遅くなり申し訳ありません。)
来年は40周年なんですね。
イベントも計画しているようで、楽しみですね。
これからも、お互い頑張っていきましょう。
 

無事終了

 投稿者:五反田唐獅子  投稿日:2016年10月21日(金)23時38分5秒
  ご無沙汰しております。
こちら八幡浜の秋祭り、無事に終了しました。
11/3頑張ってください(^▽^)/

来年は、保存会設立40周年になるので
ちょっとしたイベントを計画中です。
決まり次第またご案内します。
 

千町のお祭りの予定です

 投稿者:荒獅子  投稿日:2016年 9月28日(水)19時55分35秒
  千町のお祭りのスケジュールを確認しました。
やはり、10月2日(日)に行うそうです。
雨が心配ですが、それぞれの予定は次のとおりです。

(晴れの場合)
高知神社で神事のあと午前10時30分頃に神社を出発、神輿を軽トラックに積み、集落の一番下(加茂郵便局跡)から一番上(藤之石本郷集落との境)までいき、お昼前に近江神社に到着し昼食となります。そこで神事、お神楽を行い、午後2時30分頃に近江神社を出発して江神社に戻り宮入となります。
(雨の場合)
午前10時から高知神社で総神楽のお祭りをします。
なお、獅子舞については、舞う人が集まれば行うそうです。
晴れて良いお祭りができるといいですね。
 

/8